auからドコモに乗り換える手順!違約金を払っても月額が安くなった!

ここではauからドコモにMNPを使って乗り換えを検討している方へ、乗り換え手順や費用、そして乗り換えに最適なタイミングをご紹介します。

また、「まだ2年縛りの途中だけどauからドコモに機種変更したい」という方にも、電話番号を変えずお得にドコモへ移る方法もあります。

ドコモは月額料金が高い!というのは一昔前の話。

今はどのキャリアよりも安く端末が購入できますし、家族でパケット量を分け合える事もできますので、毎月の携帯代をグッと抑えることもできます。

今回はそのあたりも含めて解説をしていきますね!

【ドコモ公式】違約金が実質「0円」になるキャンペーンはこちら

auからドコモに乗り換える手順

まずはauからドコモに乗り換える手順を簡単に説明しますね。

auからドコモに乗り換えるための手順は、

  1. auに電話してドコモへ移る旨を伝える
  2. MNP予約番号を教えてもらう(メモに控える)
  3. ドコモオンラインショップで機種変更をする
auの電話番号
0077-75-470(受付時間 9:00~20:00)

と、たった3ステップで完了します。

所要時間は約15分とあっけないほど楽に乗り換え手続きが終わりますよ。

そして今は「ドコモオンラインショップ」があるので、わざわざショップに行く必要が無いんですよね。

自宅にいながらスマホだけですべての手続が完了するので超便利ですよ。

尚、MNP電話で聞いた「MNP予約番号」の有効期限は発行日を含めて15日間です。有効期限が切れてしまうと、もう一度電話をして再取得が必要となるので、早めに手続を行っておきましょう。

ドコモで開通手続きをするまでau携帯を使えます

また、auでMNP予約番号を取得しても、すぐに今使っている携帯が使えなくなるわけではありません。

ドコモでの乗り換え手続きが完了し、新しい端末で開通の手続きが終わるまでauの携帯を使い続けることができます。

また、ドコモでの開通手続きが完了したタイミングで、auの携帯は使うことができなくなりますので、改めてauの解約手続きをする必要はありませんよ。

オンラインショップで機種を探してみる

2年未満で乗り換えた時の解約金はいくら?

auの「2年縛り」が切れる契約更新月は、契約満了月から3ヶ月間です。(例:12月に契約をした場合は2年後の12月~2月が契約更新月)
※以前まで更新期間は「2ヶ月間」だったのですが、2019年3月から更新期間が「3ヶ月間」に延長となりました。

この3ヶ月間であれば、auから他社へ乗り換えをしても違約金が発生しません。

逆にこの3ヶ月間以外にauを出る場合は「契約解除料」が発生し、違約金9,500円を支払わなくてはなりません。

廃止の申し出をしないと自動更新となるので、4年目・6年目・8年目・・・も同様に更新期間外は違約金が発生します。

※契約内容やauを使い続けている期間が長い場合は、解約金(違約金)が安くなります。「誰でも割」と「家族割」の両方を10年以上利用している場合は3,000円。「1年契約年割 」など1年縛りの解約金も3,000円となります。

自分の解約月がいつか調べる方法

今使っている携帯の解約月が分からない場合は「My au(https://www.au.com/my-au/)」にアクセスして調べることができます。

スマホの場合、左上のメニューから「ご契約内容の確認・変更」を選択すると、いまあなたがauのスマホを契約をしてから何ヶ月経過しているか?を調べることができますよ。

auからドコモにMNPする時の費用はいくら?

auからドコモに乗り換え(MNP)する場合、契約更新月の内外に関わらず、必ずauからの転出手数料3,000円が発生します。

それと同様に、ドコモへ対しても転入手数料(新規契約手数料)が3,000円発生します。つまり、

auの契約更新月に乗り換える場合・・・15,500円
auの契約更新月に乗り換える場合・・・6,000円

が必要になります。

契約更新月外に転出をするとお金が発生するのは分かりますが、契約更新月内でも手数料が発生するんですね。

auからドコモに乗り換えるベストタイミングはいつ?

auからドコモにMNPをする場合、やはり「一番お得なタイミングに乗り換えをしたい」と思うのは誰でも同じ。

乗り換えのタイミングを間違えて損をすることは避けたいですよね。

auからドコモに乗り換える時のベストタイミングは、

  • 機種代金の支払いが完済している
  • 契約更新月の3ヶ月間内
  • 月末(解約月の日割り計算が無いため)

本来であればこのすべてをクリアをしているのが理想。

ただし、ドコモでは頻繁にキャンペーンを行っていることがあるので、結果的に違約金を支払っても乗り換えをした方が安くなる場合もあります。

現在開催しているドコモのキャンペーンを確認し、もし狙っている端末が安く購入できるのであればすぐに機種変更するのがベストタイミングとなります。

ドコモからauへの乗り換えは2年縛りの解約月を待ったほうが得?

2年縛りの途中で乗り換えをすると、auに対して9,500円の解約金が発生する事を上で書きましたが、それでは解約月まで待ってから乗り換えしたほうがお得なのでしょうか?

実際に計算をしてみて分かったのですがに、

auに違約金を払ってもドコモへ乗り換えしたほうがお得

となるケースもありました。

というわけで、ここではauに解約金を払ってもお得になる乗り換え方法をご紹介したいと思います。

auに支払う「解約違約金」をおさらい

それではもう一度、2年縛り中にドコモへ乗り換えをした場合の違約金と手数料がいくらになるのか?

「おさらい」をしていきましょう。

乗り換え時にauへ支払う金額

2年縛り途中の違約金 9,500円
MNP転出費用 3,000円

乗り換え時にドコモへ支払う金額

MNP転入費用(新規契約手数料) 3,000円

auで定められた契約解除月以外にドコモへ乗り換えをすると、16,000円の余分な費用が発生してしまうということになります。

逆に考えると、ドコモに乗り換えたことで差額の16,000円を回収することができれば、乗り換えに掛かった費用を帳消しにできるということになります。

大事なのはドコモに乗り換えて何ヶ月目にこの16,000円を回収できるか?という点になると思いますので、毎月の費用を累計で計算し表にまとめてみました。

ここでは例として公平に比較できるよう、同じ機種・同じ条件でシミュレーションをしてみました。

auとドコモ月額費用比較の条件
・機種 iphon8(64GB)
・通話プラン 5分以内のかけ放題
・パケットプラン 20GBのプラン
・割引サービス適用
・下取り機種なし
au
iPhone 8 (64GB) 3,810円
 auピタットプラン シンプル(~5GB) 7,480円
auスマートバリュー -1,000円
合計 10,290円
ドコモ(1人で乗り換え)
iPhone 8 (64GB) 3,699円
シンプルプラン(スマホ) 1,058円
ベーシックパック(~5GB) 5,400円
インターネット接続サービス 324円
月々サポート -2,889円
合計 7,592円

同じ条件でauとドコモを比較した場合、1ヶ月で2,698円もドコモが安いことが分かります。

つまり、ドコモに乗り換えをして5.9ヶ月でauに支払う16,000円の違約金&乗り換え手数料がペイ。6ヶ月以降は使い続けるほどドコモのほうがお得ということになります。

もちろんお使いの機種やプランによってもこの差額は変わってきますし、乗り換えをするのであれば最新機種に変えるのが一般的だと思います。

自分でも簡単にシミュレーションをすることができますので、現在のスマホ料金と見比べて見てはいかがでしょうか?

【ドコモ】自分でもシミュレーションしてみる

家族がドコモを使っているなら更にお得

もしあなたの家族にドコモユーザーがいるのであれば、「シェアパック」というオプションを使うことで、かなり安く乗り換えをすることができます。

上と同じ条件で、ドコモのiPhone8(64GB)に乗り換えた場合、

au
iPhone 8 (64GB) 3,810円
 auピタットプラン シンプル(~5GB) 7,480円
auスマートバリュー -1,000円
合計 10,290円
ドコモ(シェアオプションで乗り換え)
iPhone 8 (64GB) 3,699円
シンプルプラン(スマホ) 1,058円
シェアオプション 540円
インターネット接続サービス 324円
月々サポート -2,889円
合計 2,732円

ドコモのシェアオプションを使うと、何と毎月2,732円という低価格で乗り換えをすることができます。

auの月額料金と比較すると、その差額は毎月7,558円も安くなります。

つまりauに違約金&乗り換え手数料の16,000円を支払ったとしても、わずか2ヶ月でペイできることになります。

3ヶ月目以降は「ドコモに乗り換えて良かった!」と、あなたが笑顔になっている姿が想像できます(笑)

ドコモの「シェアパック」は、既にドコモユーザーの家族を「親回線」とし、新しくあなたの端末を「子回線」にすることで、パケットを分け合って使えるプラン。

請求先も「親回線」と「子回線」を分かることができますし、パケットを使わなかった分は他の家族が使うことができるので、非常に人気のオプションなんですよ。

ドコモシェアパックの詳細を見る

auからドコモに乗り換えるデメリット

auからドコモに乗り換えをすることで、毎月の電話料金が安くなることは分かりましたが、料金以外のデメリットにはどのようなものがあるかと言うと、

①貯まったauポイントが使えなくなる
②auのキャリアメールが使えなくなる
③長期優待割引特典がなくなる

それではauを転出する時のデメリットを一つずつ解説していきますね。

①貯まっているauポイントはauウォレットにチャージ

現在auポイントや未使用のauスマートパス特典が残っている場合、乗り換えをした時点で使えなくなってしまいます。

auスマートパス特典はドコモに引き継ぐことができませんので、解約前に使い切っておきましょう。

貯まっているauポイントは解約すると消滅してしまいますが、その前にauウォレットのプリペイドカードを作り、そこにポイントを移行して乗り換え後も使うことができますよ。

②キャリアメールは転送をしておく

ドコモに乗り換えると、これまで使っていたauのキャリアメール(xxxx@ezweb.ne.jp)が使えなくなり、新たにxxxx@docomo.ne.jpのアドレスが付与されます。

受信できなくて困るメールがあれば、事前に別のアドレスを伝えておきましょう。

③15年以上のauユーザーには特典がありますが・・・

もしあなたがauを15年以上使っている場合、今も長期優待割引を受けていると思います。
これは月額基本料から15%割引となるのですが、金額にすると約300円ほどの割引なので、そこまで大きい痛手ではないはず。

15年も使ってもらっているんだから、もう少し割引をしてあげたらauからの出る人も少なくなると思うんですけどね・・・

auからドコモに乗り換えるメリット

上ではauから転出する際のデメリットを挙げましたが、実はauからドコモに乗り換えをする場合は、メリットのほうが圧倒的に多いんです。

その中でも特に魅力的なメリットを3つご紹介します。

①ドコモの乗り換え特典が使える
②au機種も下取りをしてもらえる
③オンライン限定のキャンペーンがある

それではメリットについても一つずつ解説していきますね。

①ドコモには乗り換え特典が多数ある

ドコモショップ

ドコモには独自の「乗り換えキャンペーン」が多く用意されており、他社からのMNP希望者を受け入れやすくしています。

中には併用できるキャンペーンもあるので、毎月の携帯代がかなりお得になりますよ。

ドコモの学割2019

25歳以下であれば学生でなくても利用できる割引で、毎月1,500円の割引を最大13ヶ月受けることができます。

また同一シェアグループの家族に対しても、1人あたり2,500円分のdポイントが貰えるので、4人家族でドコモを使用していれば10,000円分もポイントが貰えるキャンペーンです。

適用条件:ドコモ指定プランへの加入が必要
キャンペーン期間:12月1日~5月31日

家族まとめて割

家族が一緒に2台以上のスマホを購入すると、1台あたり5,184円割引となります。

ドコモショップの場合は、同一日に同一店舗で2台以上買わないと適用となりませんが、ドコモオンラインショップで購入した場合は、期間内に2台購入すれば対象となるので条件はかなり緩くなります。

適用条件:ドコモ指定機種の購入が必要

ドコモのご家族紹介特典

他社からドコモに乗り換える家族を紹介すると、一人紹介するごとに10,000円分のdポイントが貰えます。

適用条件:キャンペーンへのエントリー、対象機種の購入が必要

ドコモwith(ウィズ)

ドコモが指定する機種を購入すると、その機種を機種変更するまでずっと毎月1,500円の割引が続きます。

指定機種には最新機種から人気のiPhoneも含まれるので、かなり魅力的なプランです。

適用条件:ドコモ指定機種の購入

ウェルカムスマホ割

ガラケーから初めてスマホにする場合、月額使用料から1,500円の割引となり、割引期間は最大13ヶ月間も続きます。

「ドコモウィズ」との併用もできるので、合わせると毎月3,000円の割引となります。

適用条件:ドコモ指定プランへの加入、指定機種の購入

②他社のスマホも下取りができる

auやソフトバンクでも古くなった端末の下取りをすることができますが、どちらも下取りの条件が「自社で契約した端末のみ」という決まりがあります。

対してドコモは、自社以外で契約したスマホ以外も下取りが可能。しかも、最大で55,000円という高値で引き取って貰えます。(端末購入代金から割引)

下取り価格は最新モデルのほうが高く、端末の破損状況によっても変動しますが、他社携帯も下取りをしてもらえると、複数店舗を回る手間もなくなるので助かりますね。

ドコモ下取りプログラムの詳細を見る

③オンライン限定のキャンペーンがアツい!

ドコモでは定期的に「オンラインショップ限定キャンペーン」を行っています。

今は「スペシャル特典」というキャンペーンを開催していて、対象機種の購入で5,184円の割引を受けることができます。

ドコモスペシャル特典の対象機種
・iPhone XS/XS Max/XR
・Google Pixel 3/3 XL
・Xperia XZ3/XZ2シリーズ/XZシリーズ
・GALAXY S9シリーズ/GALAXY Note 9/GALAXY Note 8
・HUAWEI P20 Pro
・AQUOS R2/EVER
・V30+L-01

※2019年5月31日(金)までの期間限定キャンペーンです。

対象機種を見ると分かりますが、中には最新モデルも含まれているお得なキャンペーンです。

このキャンペーンは、店舗型のドコモショップでは行っていませんので、auから乗り換える場合はオンラインショップを使ったほうが絶対にお得ですよ!

ドコモオンラインショップはこちら

auからドコモへの乗り換えはオンラインショップがお得

auからドコモへ乗り換える場合、店舗型のドコモショップよりも、ドコモオンラインショップを使うほうが圧倒的にお得です。

頭金や事務手数料が0円なので、ドコモショップで手続きするよりも10,000円は確実にお得になります。

そして24時間いつでも手続きができるので、待ち時間もありません。

新しい端末は宅配便で届くので、受取先も自宅や勤務先など好きな場所を選べますし、設定が不安な場合はドコモショップ受け取りにしてショップ店員さんにサポートしてもらうこともできます。

ぜひお得に乗り換えをしてみてはいかがでしょうか?

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは「東京2020オリンピック 応援に行こうキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年7月24日(水)~2019年10月31日(木)

キャンペーン期間中は開会式のチケットや競技観戦チケットが当たったり、他では手に入らない限定応援グッズがもらえたりと超お得!

ドコモで機種変更を検討中の方は早めにチェックをしてみてくださいね。

ドコモ「東京2020オリンピック」キャンペーンの詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,500円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!