ドコモ「iPad mini5」と「iPad Air」3月20日~予約開始!発売日にゲットする方法を紹介

iPad mini5と新型iPad Airの予約が始まった!!

ドコモでは2019年3月18日にアップルから発表されたばかりの

・iPad Air 64GB
・iPad Air 256GB
・iPad mini(第5世代) 64GB
・iPad mini(第5世代) 256GB

の予約が2019年3月20日(水)10時~開始されました。

特にiPad mini5は品薄になることが予想されます。

尚、発売日(商品お届け予定日)は2019年3月30日~予約順に発送される予定。

発売日に確実に手に入れたい方は、早めに予約をした方が良さそうです。

【3/28追記】ドコモ「Go!Go! iPad割」は2019年3月で終了
ipadの購入をサポートする、ドコモの「Go!Go! iPad割」は総額5,184円の割引が入る嬉しいキャンペーン。
ですが、残念ながら2019年3月31日(日)でキャンペーンが終了になるとアナウンスされました。

iPad購入を検討している方は、早めにチェックすることをオススメします。
Go!Go! iPad割の詳細を見る

ドコモオンラインショップで新モデルiPadを予約をする

iPad mini(第5世代)ドコモでの販売価格はいくら?

機種変更、新規契約どちらも同じ価格です。

ipad mini(第5世代) 64GB 256GB
分割支払金
(24回払い総額)
2,754円/月
(66,096円)
3,483円/月
(83,592円)
月々サポート割
(24ヶ月総額)
-1,944円/月
(-46,656円)
-1,944円/月
(-46,656円)
実質負担金
(24ヶ月総額)
810円/月
(19,440円)
1,539円/月
(36,936円)

ドコモオンラインショップで予約をする

新型 iPad Air ドコモでの販売価格はいくら?

機種変更、新規契約どちらも同じ価格です。

ipad Air 64GB 256GB
分割支払金
(24回払い総額)
3,159円/月
(75,816円)
3,888円/月
(93,312円)
月々サポート割
(24ヶ月総額)
-2,025円/月
(-48,600円)
-2,025円/月
(-48,600円)
実質負担金
(24ヶ月総額)
1,134円/月
(27,216円)
1,863円/月
(44,712円)

ドコモオンラインショップで予約をする

「iPad mini(第5世代)」4から進化した点はココ!

iPad miniは手のひらに収まる小型ボディが一番の魅力。

今回発売される「第5世代」のiPad miniは、良くも悪くも先代の「第4世代」と外観やインターフェイスに大きな変更点はありません。

しかし、機能としてはバージョンアップしている部分が多く、例えばアップルペンシル(別売り)対応などが挙げられます。

残念ながら、2018年に発売された「アップルペンシル2」には非対応なので、初代のアップルペンシルしか使えないのですが、「アップルペンシルを使いたいけど、高いiPad Proを買うしか無いのか…」と思っていた方には朗報なのではないでしょうか。

▼ アップルペンシル1はキャップを外して充電するタイプ

▼ iPad mini 5はマグネットでくっつけて充電できる「アップルペンシル2」には非対応。

チップセットは「A8」から「A12 Bionic」へ進化

また、iPad mini 5は内部も大幅に進化しています。

メインの心臓部となるチップセットが、(第4世代)A8⇒(第5世代)A12 Bionicへ変わっているため、処理能力が最大で3倍もアップしています。

そのため、これまでパソコンでしか使えなかった画像編集ソフトの「Photoshop(フォトショップ)」もiPad専用のアプリでサクサク動作するようになります。

ロック解除は「顔認証」ではなく「指紋認証」を継承

最近のiPhoneシリーズでは主流となっている、「顔認証(Face ID)」ですが、新型のiPad mini 5には搭載されず「指紋認証(Touch ID)」を第4世代から継承しています。

また、「ライトニング端子」や「イヤホンジャック端子」などもそのまま残るので、個人的にはipad mini 4の良いところを継承していると思います。

iPad mini 5の仕様・スペック

機種名 iPad mini(第5世代)
発売日 2019年3月30日(土)
価格 【Wi-Fiモデル】
(64GB)45,800円
(256GB)62,800円
【Wi-Fi+Cellularモデル】
(64GB)60,800円
(256GB)77,800円
ディスプレイサイズ 7.9インチ、Retinaディスプレイ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
本体サイズ 203.2 × 134.8 × 6.1mm
重量 【Wi-Fiモデル】300.5g
【セルラーモデル】308.2g
バッテリー Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
CPU A12 Bionic
メモリ (RAM)3GB
ストレージ容量 (ROM)64GB/256GB
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 700万画素
Siri ◯対応
ロック解除 指紋認証(Touch ID認証)
SIMカード nano SIM、eSIM
イヤホンジャック ◯あり
Apple Pencil △第1世代にのみ対応
Bluetooth ◯対応
Smart keyboard ×非対応
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

ドコモでiPad mini 5の詳細を見る

「iPad Air 3」Air 2から進化した点はココ!

エントリーモデルの「iPad(無印)」とフラグシップモデルの「iPad Pro」の中間位置にいる「iPad Air」ですが、今回発売される「iPad Air」は3代目。

2代目の「iPad Air 2」は2014年の10月に発売されたので、約4年半ぶりのリリースとなります。

それでは先代の「iPad Air2」と今回発売された「iPad Air3」にはどのような違いがあるのでしょうか?

iPad Air3となってから進化した点を挙げて行きますね。

「iPad Air3」はディスプレイサイズが大きくなった

「iPad Air」はディスプレイサイズが9.7インチから10.5インチにサイズアップ。

10.5インチのRetinaディスプレイといえば、最近販売終了となったiPad Pro 10.5と同じ。解像度も264ppiなのでpro10.5と全く同じ仕様になっているので、pro10.5の販売終了に嘆いていた方にとっては嬉しいリリースになったのではないでしょうか。

尚、Air3は外観だけでなく、使用できるオプションや内部にも進化した点はあるようです。

アップルペンシル&スマートキーボードに対応

iPad Airはアップルペンシルだけでなく、これまでiPad Proにしか対応をしていなかった「スマートキーボード」も使えるようになりました。

「スマートキーボード」は面倒なペアリングや充電が不要。本体に装着するだけで簡単に使い始めることができます。

移動時は外からの衝撃を守るケースにもなりますし、画面を立てて使えるので映画鑑賞のときなども便利。iPadの用途が大きく広がりますね。

iPad Air3はカメラレンズの突出が無くなりフラットに

「iPad Air3」のカメラの画素数は800万。対して「iPad Pro 10.5」は1,200万画素なので、Proと比べてカメラの画素数が落ちています。

しかしその分、Pro10.5で不評だったカメラレンズの出っ張りが無くなり、スッキリとしたフラットな形状になっています。

▼ iPad Pro 10.5のカメラレンズ

▼ 新型 iPad Air 3のカメラレンズ

iPad Air 3の仕様・スペック

機種名 iPad Air(第3世代)
発売日 2019年3月30日(土)
価格 【Wi-Fiモデル】
(64GB)54,800円
(256GB)71,800円
【Wi-Fi+Cellularモデル】
(64GB)69,800円
(256GB)86,800円
ディスプレイサイズ 10.5インチ、Retinaディスプレイ
解像度 2,224 x 1,668ピクセル
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
本体サイズ 250.6×174.1×6.1mm
重量 【Wi-Fiモデル】456g
【セルラーモデル】464g
バッテリー Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
CPU A12 Bionic
メモリ (RAM)3GB
ストレージ容量 (ROM)64GB/256GB
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 700万画素
Siri ◯対応
ロック解除 指紋認証(Touch ID認証)
SIMカード nano SIM、eSIM
イヤホンジャック ◯あり
Apple Pencil △第1世代にのみ対応
Bluetooth ◯対応
Smart keyboard ◯対応
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

ドコモでiPad Air 3の詳細を見る

どのiPadを選んだら良いか悩んでいる方へ

現在発売されているiPadは(iPad proを一括りにすると)全部で4種類あります。

  • iPad(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)←【NEW!】2019年3月発売
  • iPad Air(第3世代)←【NEW!】2019年3月発売
  • 12.9インチ iPad Pro(第2・第3世代)、11インチ iPad Pro、10.5インチ iPad Pro

これだけ種類が多いと、「自分はどのiPadを選べばいいの?」と悩んでしまうこともあると思います。

逆に言えば、用途や予算に合わせて自分に最適なモデルを選ぶことができますので、使用シーンに合わせて自分にピッタリのiPadを選んでみましょう。

iPadは安いものでOK!最低限の機能があれば良い人

お子さんに持たせたり、サブ機として使うので「とにかく一番安いiPadで十分」という方は、iPad(32GB)がオススメ

ハイスペックではありませんが、インターネットのブラウジングや、子供向けのゲーム・動画など、普段使いをする上では全く問題ありません。

オススメのiPadはコレ!

iPad (32GB)・・・ドコモ実質価格:5,184円

尚、iPad(32GB)の通常販売価格は57,024円ですが、ドコモでは「Go!Go! iPad割」と「端末購入サポート」という2つの割引を併用することができます。

2つの割引を合わせると、-51,840円となるので、実質5,184円というありえない低価格でiPadを購入することができますよ。

割引の適用には指定プラン加入、および2年定期契約(自動更新)が必要。途中解約時は10,260円(税込)の解約金が発生しますのでご注意下さい。

ドコモでiPad (32GB)の詳細を見る

ビジネスシーンをメインでiPadを使いたい方

報告書やプレゼン資料の作成など、iPadの使用用途が主にビジネス利用の方は、エントリーモデルのiPadだと少し不安があるかもしれません。

そんな時はミドルクラスの「iPad mini 5」や「iPad Air 2」がオススメです。

特に2019年3月に発売されたばかりの新モデルは「アップルペンシル」や「スマートキーボード」にも対応したので、会議のメモを取ったり、会議で使う資料を共有したりするのにも便利ですよ。

オススメのiPadはコレ!

iPad mini 5 (アップルペンシル対応)・・・ドコモ実質価格:19,440円

iPad Air 2(アップルペンシル、スマートキーボード対応)・・・ドコモ実質価格:27,216円

映画鑑賞や読書利用をメインでiPadを使いたい人

iPadの利用シーンが主に読書や映画鑑賞になることが想定される人は、ゴロゴロ寝転びながらでも快適な最軽量&コンパクトサイズのiPad mini 5がオススメ!

軽いので女性でも持ちやすく片手に収まるコンパクトサイズなので、長時間読書をしたり映画を見ても疲れにくいのが良いですね。

オススメのiPadはコレ!

iPad mini 5 (32GB)・・・ドコモ実質価格:19,440円

iPadをパソコン代わりに使いたい人

自宅に据え置きのパソコンが無い方や、ノートパソコン代わりにiPadを使う場合はスマートキーボード対応のiPadがオススメ。

尚、どのiPadもブルートゥース対応しているので、市販の無線キーボードでも問題ありませんが、やはりApple純正のスマートキーボードは毎回接続をしたり電池交換/充電の手間が無いのでストレス無く使えます。

頻繁に外へ持ち運びをする方は、重量わずか456gの「iPad Air」を。据え置きパソコン代わりに使う方は、ハイスペックの「iPad Pro」を選べば間違いは無いでしょう。

と言っても、最も重量がある12.9インチiPad Proでも631gしかないので、ノートパソコンよりも圧倒的に軽いんですけどね(笑)

オススメのiPadはコレ!

iPad Air 2(重量456gの軽量モデル)・・・ドコモ実質価格:27,216円

10.5インチ iPad Pro(64GB)・・・ドコモ実質価格92,016円

iPadを使ってイラストや絵を描きたい人

趣味で絵を描きたいのであれば、ApplePencilに対応し本体価格が安い最新の「iPad mini 5」がオススメ。

高性能のA12チップを搭載しているので、遅延やフリーズを気にせずサクサクと描写をすることができます。

イラストレーターの方などプロ仕様を求める場合は、ハイスペックの「iPad Pro」を選びましょう。

尚、iPad Proは「12.9インチ」「11インチ」「10.5インチ」と3種類のディスプレイサイズがあります。

頻繁にiPadを外に持ち出して使うのであれば、ディスプレイサイズが小さい「10.5インチ」が使い勝手は良いですよ。

オススメのiPadはコレ!

iPad mini 5 (32GB)・・・ドコモ実質価格:19,440円

10.5インチ iPad Pro(64GB)・・・ドコモ実質価格92,016円

音楽をメインでiPadを使いたい人

iPadを使って音楽の編集やミキシングなどを行う場合は、ある程度の高スペックが必要なので「iPad Pro」がオススメです。

iPad ProはiPadで唯一スピーカーが4つ搭載されているモデル。値段は少々高いですが大音量で音楽を流せるので、屋外利用でも活躍の幅は広がりそうです。

尚、映像クリエーターの方は最大容量が1TBもある「12.9インチiPad Pro」や「11インチiPad Pro」を選ぶと良いでしょう。

ファイルサイズが大きい動画編集もサクサク行うことができますよ。

オススメのiPadはコレ!

10.5インチ iPad Pro(64GB)・・・ドコモ実質価格92,016円

12.9インチ iPad Pro(1TB)・・・ドコモ実質価格228,744円

FPSなどのオンラインゲームをメインに使う人

パズドラやモンストなど軽量のオンラインゲームであれば、特に影響はありませんが、

一瞬の判断を要求される「荒野行動」「フォートナイト」「PUBG mobile」などのFPSゲームは大画面の方が圧倒的に有利となります。

オンラインゲームがサクサク動き、且つ大画面であれば選ぶべきiPadはA12チップを搭載した「iPad Air」もしくは高スペックの「iPad Pro」を使いたいところです。

オススメのiPadはコレ!

12.9インチ ipad Pro(64GB)・・・ドコモ実質価格139,320円

iPad Air(64GB)・・・ドコモ実質価格27,216円

ちなみにあのGACKTさんも、12.9インチのiPad ProでPUBGモバイルをやっていましたよw

動画を見ると分かりますが、耳も良いからAIMがめっちゃ上手い!
さすがミュージシャンですね~

ドコモには「月々サポート」があるのでiPadを安く購入できる

ドコモには「月々サポート」という割引があり、対象機種「iPad(第6世代) 32GB」「iPad(第6世代) 128GB」「iPad mini4 128GB」の3機種には大幅な割引が入ります。

▶ iPad 「月々サポート」の割引額

iPad (第6世代)32GB⇒-46,656円

iPad (第6世代)128GB⇒-47,304円

iPad mini4 128GB⇒-69,984円

この割引により、iPad mini 4(128GB)が実質648円というあり得ない価格でiPadを購入することができるので、iPad miniを狙っている方は必見ですよ!

648円の適用には指定プラン加入、および2年定期契約(自動更新)が必要。途中解約時は10,260円(税込)の解約金が発生しますのでご注意下さい。

実質648円「iPad mini 4(128GB)」の詳細を見る

「Go!Go! iPad割」でiPadが更に5,184円引き

ドコモでは現在、「Go!Go! iPad割」という割引キャンペーンを行っており、iPad(第6世代) が、機種代金から5,184円割引になります。

尚、「Go!Go! iPad割」上の「月々サポート」と併用ができるので、iPad(第6世代)が最大51,840円の割引となります。

計算をすると実質5,184円。かなり安くiPadをゲットすることができますよ~

実質5,184円「iPad(32GB)」の詳細を見る

オンラインショップで予約すると頭金が0円!

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら


ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは、東京ディズニーランド「ドリームキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年12月2日(月)~2020年1月31日(金)

キャンペーン期間中は、東京ディズニーランドの新施設オープンプレビューイベントに参加できる激レアチケットが抽選で当たります!

ドコモユーザー以外の方でも応募可能なので、是非チェックしてみてくださいね。

ドコモ「ドリームキャンペーン」の詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

4つのゼロ

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポート(dアカウント/Apple ID/Googleアカウントの設定、ドコモアプリケーションの設定、データ移行」が有料(3,300円)となりますのでご注意ください。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!