ドコモ新料金プランの発表会まとめ!ギガホ/ギガライトで月額が安くなる

投稿日:

NTTドコモは2019年4月15日15時から、新プランの発表会を実施しました。

ドコモは2018年11月に開催された決算説明会で、通信料金を最大4割ほど値下げすることを発表していて、年間で最大4000億円規模の顧客還元を実施することを明らかにしていた通り、プランによっては今より月額維持費が安くなります

これまでドコモのプランは、端末代金と通話料が一緒になったプランでしたが、「今後は端末代金と通信料金を切り離した分離プラン」が中心になると発表。

今まではごちゃごちゃして分かりづらかったドコモの料金プランですが、今回の新プランではここも改善して「データ量が多いプラン」「データ量が少ないプラン」というように、超シンプルなプラン体系なっています。

新料金プランの適用には3回線以上の契約、および2年定期契約(自動更新)が必要。
途中解約時は10,260円(税込)の解約金が発生しますのでご注意下さい。

2019年4月15日(月) ドコモ発表内容まとめ

今回の発表をざっくり言うと・・・

  1. シンプルでお得なプラン
  2. パケット使い放題の新プラン「ギガホ」
  3. パケットは使った分だけのプラン「ギガライト」
  4. 「みんなドコモ割」で家族みんながお得に
  5. ドコモ回線の継続で毎年dポイントがもらえる「ずっとドコモ特典」

①シンプルでお得な料金プラン

これまでドコモのプランは「基本プラン」「ISP(インターネット接続)」「パケットパック」をどれにするかを一つ一つユーザーが選べるプランでしたが、今回発表された新プランはすべてがセットになったパックプランとなります。

従って、音声通話はどのプランを選んでも同じ共通の通話プランが適用となりますが、「電話はかけ放題が良い!」という人は、別途オプションでかけ放題プランを後から付けることもできます。

共通の通話プラン

・20円/30秒の通話料金が発生する
・家族間の音声通話は無料

必要な人だけの通話オプション

①「5分通話無料オプション」
⇒5分以内の通話が無料になる(700円/月)

②「かけ放題オプション」
⇒国内通話が完全無料になる(1,700円/月)

また、家族で使える「シェアパックプラン」も一人ひとりで好きなプランを選択できるようになりましたので、シェアパックオプションに加入する必要は無くなりました。

② パケット使い放題の新プラン「ギガホ」

今回発表された「ギガホ」はネットが使い放題になるドコモの新プラン。最大30GBの超高速通信を6,980円/月で使い放題になります。
※2019年9月30日までにプラン変更をすると、6ヶ月間は1,000円引きの5,980円/月となります(ギガホ割)

また、月30GBを超えた場合でも、1Mbpsという高速通信でずっと使い続けることができます。これまで通信制限がかかると、128kbpsの超低速通信になっていましたが、この部分が改善しています。

外でもガンガン動画を見たい人や、頻繁にSNSを使う人などには嬉しいプランとなりそうです。

後でも触れますが、「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」を併用することで、「ギガホ」を入れても毎月の利用料金を安くすることができます。

③ パケットは使った分だけのプラン「ギガライト」

ドコモでもパケットは使った分だけの請求となる「ギガライト」が登場しました。

パケットの金額は使ったギガ数によって変動し、1GB、3GB、5GB、7GBで利用料金が変わります。

ギガライトの料金体系

・~1GB・・・・1,980円/月
・1GB~3GB・・2,980円/月
・3GB~5GB・・3,980円/月
・5GB~7GB・・4,980円/月
※7GB以上を使うと転送量の制限が入ります(最大128kbps)
「みんなドコモ割」(3回線以上)適用時の月額料金です。

auの「ピタットプラン」や、ソフトバンクの「ミニモンスター」と同じ仕組みですが、パケットをあまり使わない方だと1,980円/月で使うことができます。

パケット使用量は月によって「使う月」「使わない月」がある。という人には良いですね。

また、毎月のパケット量が必ず5GBを超える方なら上で紹介した「ギガホ」の方がお得になります。

尚、「ギガライト」では、初めてスマホを持つ方に向けて「はじめてのスマホ割」が適用となり、最大12ヶ月間も1,000円/月の割引を受けることができます。

④ 「みんなドコモ割」で家族みんながお得に

今回発表された新プラン「ギガホ」「ギガライト」に家族の誰かが加入した場合、家族の人数によって毎月の利用料金が割引されます。

みんなドコモ割の割引額

・1回線・・・・割引なし
・2回線・・・・500円割引/月
・3回線以上・・1,000円割引/月

「みんなドコモ割」は、家族全員が「ギガホ」「ギガライト」に加入する必要はありません。

従来の「シンプルプラン」や「カケホーダイプラン」でも割引の対象となりますし、離れて暮らしている家族にも適用になるので、家族の中にドコモ以外のユーザーがいる場合は、今回の新プランに合わせてドコモにまとめたほうがお得になりますよ。

「みんなドコモ割」が対象となるプラン

ギガホ/ギガホライト/ケータイプラン/カケホーダイプラン/シンプルプラン/タイプXi/タイプXiにねん/タイプLL/タイプL/タイプM/タイプSS/タイプシンプル/タイプリミット/タイプビジネス/ファミリーワイド/リミットプラス/

また、家庭用の光回線「ドコモ光」に加入している場合、「ドコモ光セット割」という割引サービスが適用されます。

これまでは家族でも「シェアパックオプション」に加入していない場合は、家族割を受けることができませんでしたが、新プランでは家族でそれぞれプランが違っても適用されます。

ドコモ回線の継続で毎年dポイントがもらえる「ずっとドコモ特典」

上で紹介した新料金プラン(ギガホ、ギガライト、ケータイプラン)を契約していると、毎年の誕生月に各ステージに応じたdポイントがもらえます

上限は最大3,000ポイントですが、これまでドコモでは長期利用のメリットが無かったので、ちょっとしたボーナスが増える事になります。

dポイントクラブのステージ もらえるdポイント数
1stステージ 500pt
2ndステージ 1,000pt
3rdステージ 1,500pt
4thステージ 2,000pt
プラチナステージ 3,000pt

※「ずっとドコモ特典」でもらえるdポイントは期間と用途が限定されています。
「データプラス」および「キッズケータイプラン」をご契約の場合は対象外となります。

新プランは6月から!今のプランをそのまま使い続けてもOK

今回発表された新プランは2019年6月1日(土)~適用が開始されます。

とは言っても、現在のドコモユーザーがすべて新プランへ強制加入されることはありません。

「現在のプランの方が良い!」という人は、6月以降も今のプランをそのまま使うことができます。

4/15(月)の発表後から、料金シミュレーションが新しくなっていましたので、

自分でも実際にシミュレーションをしてみて、毎月の携帯料金が安くなるようだったら新プランへ移行を検討してみましょう。

新プランでシミュレーションしてみる!

ドコモwith廃止のアナウンスは無かった

ドコモwithは、対象機種の購入で毎月の通信料金から1,500円/月の割引が入るお得なプラン。

割引期間に制限が無く、機種変更をするまでずっと割引が続くため「安くスマホを持ちたい」という人にとって、非常に人気なのですが・・・

以前から「間もなくドコモwithが廃止か?」と噂されておりましたが、今回の発表では特に触れられる事はありませんでした。

ただ、今回発表された新プランでは「ドコモwith」と「月サポ(月々サポート)」「端サポ(端末サポート)」との併用はできなくなります。

また、現在ドコモwithで割引を受けている方が新プランに移行をすると、その時点でドコモwithの割引が終了となるので注意が必要です。

機種変更はオンラインショップがお得!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

キャンペーン① ドコモオンラインショップ限定では現在、 「SPECIAL特典」というキャンペーンを開催しています。
対象者は、ドコモオンラインショップでドコモ指定機種へ機種変更した人は全員3,000dポイントがもらえます。

最新のモデルも対象機種に含まれるので、これから機種変更をする方はチャンス!
 ドコモSPECIAL特典の詳細を見る
キャンペーン② ドコモオンラインショップの限定キャンペーンはもう一つ!
こっちは、型落ちモデルの機種変更がお得なキャンペーンです。
iPhone 7の在庫は残りわずかですので、恐らくこれが最後のチャンスになりそう。
人気モデルなので、気になる方は早めにチェックしておきましょう!
ドコモSPECIAL割引の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.