【ドコモオンラインショップ】新規契約・分割審査に落ちた時の対策

ドコモでスマホや携帯電話を分割で購入する際、や新規契約をする際は必ず「審査」が必要となります。

ただ、この「審査」はどのような部分を見られてどのような方法で行われるかということを詳しく知らない人も多いはず。

ここではドコモで行われる「審査」について、審査に落ちる原因と落ちてしまった場合の対処法について解説をしていこうと思います。

ドコモの審査は「契約審査」と「分割審査」の2つ

ドコモに限らず、スマートフォンを購入する時は「審査」があるのは一般的に知られていますが、審査の中にも「契約審査」と「分割審査」の2種類があることをご存知でしょうか?

「分割審査」は、10万円以上の端末を分割払いで購入する際に行われる審査で、支払能力の有無を調査され、問題が無ければ分割払いで購入することができます。

要は機種代金のみの審査ですね。

審査を行うのは、ドコモとは別の信用情報機関【CIC】で、10万円を超える機種の場合は通常より審査が厳しくなるのが特徴です。

対して「契約審査」というものは、主に新規契約や他社からのMNP時に行われる審査で、機種代金も含めた毎月の通話料をちゃんと支払うことができるかを見られます。

支払能力の有無は、ドコモが独自に行う審査で、過去の携帯料金支払状況やブラックリストの登録状況などから判断されます。

尚、「分割審査」よりも、こちらの「契約審査」の方が審査内容は厳しくなります。

基本的にこれまで携帯電話の契約をしていて、料金滞納をしたことが無い方。他キャリアの支払い状況も問題ない方であればスムーズに審査は通過するはずです。

ドコモの「分割審査」は10万円以上の機種変更が対象

「分割審査」は、機種本体を分割払いするときに行われる審査。

最近のAndroidやiPhoneなどは高額なので大半の方がこの「分割払い」でスマホを購入しているはずです。

基本的に機種代金が10万円以上になる場合の分割審査は厳しくなると言われています。

10万円以下の場合は、ドコモ側が個別信用情報機関を参照し問題なければ通過する簡易的なものですので、難易度は低めとなっています。

場合よっては審査に通らずに「審査に落ちた」となる場合がありますが、審査に落ちた場合は分割での購入を諦めるか、10万円以下の機種を選んでみましょう!

ドコモの「契約審査」は新規契約時の審査のこと

「契約審査」は、契約者がドコモに毎月の携帯料金(機種代+プラン代)を支払うことができるか?を調べるために行う審査です。

審査内容は一般的なカードローンと同じようなもので、年収や他社からの借入状況を申告した後、

  • 過去に携帯料金の未納が無いか?
  • クレジットカードの支払いに滞りが無いか?
  • ローンの返済状況は問題ないか?

という部分を中心に審査されます。

契約審査は新規契約時とMNP(他社からの乗り換え)時に行われますが、かなり細部までしっかりと調査されますので審査項目も審査時間も多くなります。

審査方法はオンラインショップでも同じ

ドコモでは「ドコモショップ店頭」「ドコモオンラインショップ」のどちらでも携帯電話の機種変更や新規契約・MNPを行うことができます。

ただ、どちらで購入した場合も「審査」は行われますし、審査内容も同じなのでどっちの審査が厳しいor緩いという事はありません。

ドコモオンラインショップで購入した場合、機種変更は約2日ほどで自宅に到着するのに対し、新規やMNPは約10日ほどの時間がかかります。

これは「契約審査」に入るまでの順番待ちが必要になるもので、新型iPhoneの発売がある9月や、ドコモ夏モデルが発売される6月はどうしても審査までの日数が掛かってしまいますのでご注意下さい。

ドコモでの審査状況を確認する方法

ドコモショップ店頭で機種変更や新規契約をした場合、在庫があれば即日渡しが基本となります。

対して、オンラインショップで購入した場合は基本的に即日渡しとはなりません。

  • 機種変更・・・約2日程度
  • 新規・MNP・・・約10日程度

これは審査時間も含めた時間ですが、上記の日数が掛かってしまいます。

ただ、オンラインショップ上では、現在の審査状況をリアルタイムで確認することができますので、確認方法を紹介しますね。

現在の審査状況を確認する場合は「ドコモオンラインショップ」の上にある、のアイコンをタップすると調べることができます。

この中に「注文履歴」という項目があるのですが、見るべき箇所は「受付状況」の部分で、ステータスが「お手続き中」になっている場合はまだ審査が完了していません。

「お手続き中」⇒「配送待ち」⇒「発送手続き中」⇒「発送済み」

という流れでステータスが変化しますので、「配送待ち」となった場合は問題なく審査が完了したと思って問題ありません。

すぐに発送手続きへと入りますので、商品の到着を待ちましょう。

いくら待っても「お手続き中」から変わらない場合は審査に落ちている可能性があるので、ドコモから連絡メールが届いていないか確認をしてみましょう。

ドコモオンラインショップで分割審査に落ちた場合の対処法

ドコモの分割審査に落ちてしまった場合、どのようにすれば審査を通過してスマホを購入することができるようになるのでしょうか?

また、次回以降の審査も1回で通過するにはどのような点に注意すべきか?について対処法をまとめてみました。

審査落ちの対処法① 分割払い以外の支払い方法にする

最も簡単な対処法は支払い方法を変更すること。

「分割払い」で審査が通らなかったのであれば、支払い方法を「一括払い」にすることで分割審査を免れることができます。

一括払いはローンを組む必要がないので、ドコモとしてもそれ以上落とす理由が無くなります。

分割審査に落ちた=ドコモで機種変更できないと思う方が多いようですが、審査に落ちてしまったら諦めずに一括払いで再度申請をしてみることをオススメします。

ただ、この方法はあくまでも「分割審査」に落ちた場合の対処法で、「契約審査」の場合は毎月の携帯代金の支払いも発生する為、一括にしただけでは審査に通らないこともあります。

審査落ちの対処法② 機種代金の値段を下げてみる

分割審査が行われるのは、一般的に購入代金が10万円以上の場合と言われています。

この「10万円」が一つの審査基準になっているので、10万円を上回るか?下回るか?によって、審査の難易度も変わってきます。

もし10万円以上のスマホを購入しようとして審査落ちした場合、10万円以下の端末に変更するのも一つの対処法です。

お金

もし、スマホケースや保護フィルムなどの付属品を一緒に購入しようとして10万円になってしまった場合、一度付属品の購入を諦めてスマホ単体で審査をしてみて下さい。

もし、今まで使っていたスマホが不要になった場合は、「下取り」に出す事もできます。

ドコモの下取りはdポイントで還元されますので、貯まったポイントで付属品を購入する方法もありますよ。

審査落ちの対処法③ 信用情報が回復するまで待つ

上の方法を試しても審査に通らない場合、あなたの信用情報に傷がついている可能性があります。

もしかして過去にクレジットカードの滞納や、携帯代金の未納などをした経験はありませんでしょうか?

信用情報が信用情報機関に登録されている日数は「約24ヶ月間」なので、回復するまでにはしばらく時間は掛かります。

ただ、毎月の支払いをしっかりと行っていると次第に信用情報が回復してきますので、まずは焦らずに信用情報の復活に取り組みましょう。

ドコモやオンラインショップで審査落ちする原因

上ではドコモの審査に落ちた場合の対処法をご紹介しましたが、そもそもどうして審査に落ちてしまうのでしょう?

原因が分からないと次回以降も機種変更のたびに審査落ちしてしまうので、潰せる原因は最初から潰しておきましょう。

ここでは一般的にドコモで審査落ちする理由をご紹介していきます。

審査落ちの原因① 携帯代金を滞納したことがある

過去に携帯代金の未納を1度でも行ったことがある場合は分割審査を通すことは非常に困難となります。

尚、滞納情報(事故情報)は各携帯キャリアで共有していますので、ドコモに限らずauやソフトバンクで滞納したことがある場合でも審査落ちしてしまいます。

キャリア間での情報共有期間は「5年間」と定められています。

次回の機種変更時には回復できているよう、毎月の携帯代金は滞りなく支払うようにしましょう。

審査落ちの原因② 個人信用情報に傷が付いている

毎月の携帯代金は遅延なく支払っている場合でも、クレジットカードの支払いやローンの延滞などはありませんでしょうか?

これらの理由により、あなたの個人信用情報に傷がついている場合でも審査落ちしてしまう可能性はあります。

ただ、キャリア間の滞納情報と比べ、こちらの個人信用情報の履歴は「24ヶ月分」しかありませんので、直近の24ヶ月をしっかり支払っていれば、次回の機種変更はスムーズに通過するはずですよ。

審査落ちの原因③ クレジットカードを利用したことが無い

クレジットカードを使うと、「クレジットカードヒストリー」信用情報機関に記録されるので、これまで使った金額や支払い情報などはすべて筒抜け状態となります。

過去にカード支払いの延滞をすると審査に通りにくくなる事は上でお伝えしましたが、逆にこれまで一度もカードを使った形跡が無い場合も同様に審査に通りにくくなります。

「クレジットカードを持っているけど、まだ使ったことが無い」という方は、普段のお買い物時など機種変更前にクレジットカードを使って信用を作っておくことも大切です。

審査落ちの原因④ 契約と短期解約を繰り返している

過去に明確な理由も無いまま、契約と短期解約を複数回繰り返してい場合でも、分割審査に落ちるケースも発生しています。

現在はドコモ側も対策を講じて改善しましたが、以前までは携帯キャリアの「MNPキャッシュバック」が目的で、不正に解約と契約を繰り返す手段が横行していました。

こういった背景から、短期間で解約をしたことがある人は分割審査に通りくい傾向にあるようです。

審査落ちの原因⑤ 年収や月収額も審査に影響する

機種購入代金が10万円を超える場合、年収や家族状況についても審査の対象となります。

ただし、収入が無い学生の方や主婦の方は、家族の年収と合算して審査を行うことができるので問題ないと思いますが、完全に収入が0の方はまず審査に通過しません。

ドコモで一括で買いやすい40,000円以下のスマホ

分割審査に落ちた場合、一括購入をすることで審査に通りやすくなることをお伝えしましたが、それでも10万円以上のスマホを一括購入するのは難しい場合もあると思います。

そういう時は、端末価格の安いスマホを狙ってみるのもありです。

ここでは4万円以下で購入できる人気のスマホを紹介しますので、価格重視で機種を選びたい方は参考にしてみてくださいね。

最安値は「AQUOS sense2(SH-01L)」

「AQUOS sense2(SH-01L)」はシャープが2018年12月14日に発売したスマートフォンで、見やすいIGZOディスプレイと、安心の防水性能を備えたモデルです。

シニア向けのらくらくホンではありませんので、幅広い年代に使える人気のスマホです。

価格は31,104円(864円×36回)と、現在ドコモで発売されているスマホの中では最安値。

色は「ゴールド」「ホワイト」「ブラック」「ピンク」の4色展開で、安定のシャープ製スマホということもあり、男女どちらからも選ばれているモデルですよ。

最新モデルなら「LG style2(L-01L)」

2019年夏モデルの中にも、4万円以下で買えるスマホはあります。

それがLGの「style2(L-01L)」という機種で、2019年7月12日に発売された、正真正銘のドコモ最新モデルです。

価格は38,880円(1,080円×36回)と、最新モデルとしてはあり得ない低価格で発売されたことで話題になりました。

ドコモ最大のバッテリー容量を持ち、少ない充電で長時間の駆動を実現しています。

ミドルレンジモデルという位置づけですが、操作性やスペックの低さは気にならない、コスパ抜群のスマホです。

少し予算オーバーだけど「Google Pixel3a」は超オススメ!

最後にもう一つだけ紹介します。

こちらも2019年夏モデルとして2019年6月7日に発売されたばかりの「Google Pixel 3a」

Googleが作ったスマホで注目度も高く、クラスとしてはミドルレンジモデルですが、実際に使用してみたところ、ハイエンドモデルと遜色ないほど高性能で驚きました。

販売価格は46,656円(1,296円×36回)と4万円を超えてしまいますが、正直この価格でこれだけ高性能のスマホは非常に珍しいほど優秀です。

Googleの最新技術を実感できますので、迷っている方はこれがおすすめですよ。

ドコモオンラインショップなら10,000円以上もお得に

ドコモオンラインショップ

機種変更・新規契約・乗り換えはドコモショップで行うよりも、ドコモオンラインショップの方がお得になることをご存知でしょうか?

審査内容はどちらも同じなのですが、オンラインショップで購入した場合は「頭金」と「事務手数料」が0円となるので、ドコモショップよりも安く購入できます。

つまり、実質の支払いは端末代金のみになりますので、ショップよりも7,000円~13,000円も安く購入ができますよ。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは「東京2020オリンピック 応援に行こうキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年7月24日(水)~2019年10月31日(木)

キャンペーン期間中は開会式のチケットや競技観戦チケットが当たったり、他では手に入らない限定応援グッズがもらえたりと超お得!

ドコモで機種変更を検討中の方は早めにチェックをしてみてくださいね。

ドコモ「東京2020オリンピック」キャンペーンの詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,500円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!