Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)の予約開始日情報!ドコモでも販売はある?

サムスンがGalaxy Fold(ギャラクシーフォールド)を発表!

従来のスマホの形に少し飽きてきたあなた。

サムスンからとんでもなく変態的な 画期的なスマホが発表されました。

米サンフランシスコで開催したイベント「Galaxy Unpacked」において、2019年2月21日(木)に発表されたサムスンの新機種は「Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)」

「Fold」は日本語に翻訳すると「折り曲げる」という意味がありますが、

Galaxy Foldはその名の通り折りたたみ可能なスマホ

広げるとSAMSUNG史上過去最大の液晶サイズとなり、タブレットの性能を兼ねた新しいスマホです。

閉じるとめっちゃスリム!

Galaxy Foldは折りたたみ部分を閉じると4.6インチ(11.7センチ)サイズのコンパクトなスマホになります。

通常のスマホとして使うのであれば、折りたたんだままのサイズで普段使いは十分に可能。

これくらい幅が狭ければ、ピチッとしたスキニージンズのポケットにも入りやすそうですね。

広げるとSAMSUNG史上最大サイズのタブレットに!

閉じるとスリムなGalaxy Foldですが、広げるとSAMSUNG史上最も大きなタブレットに変わります。

タブレットにした時にサイズは7.3インチ(18.5センチ)なので、iPad mini(7.9インチ)とほぼ同サイズですね。

そしてiPadのマルチウィンドウと同様に、1画面で同時に複数のアプリを展開できます。

最大で3つのアプリまで同時起動でき、開いているアプリ間でドラック&ドロップも直感的に可能。

これなら、新しいラーメン屋さんに行く時など「口コミ」と「地図」を見ながら「SNSでシェア」が一画面でできますね!

プライベートでもビジネスシーンでも活躍しそうです。

ゲームも大画面でできる

タブレットなのでもちろんゲームにも対応。

Galaxy Foldは高スペックが要求されるゲームでも快適に動作するよう、高性能の次世代APチップセットと実行12GBメモリを搭載しています。

画面はレースゲーム(ASPHALT)ですが、パズドラやポケモンGOなどの定番ゲームを始め、

荒野行動やPUBGモバイルなど、瞬時の判断が要求されるFPSなども快適にプレイすることができます。

小画面と大画面の継続性もあるので、最初は小画面でゲームをしていたけど「やっぱり大きい画面の方がやりやすい」となった場合は、端末を開くだけで引き続きゲームを継続することが可能。

終了⇒再起動をする必要がないのは使い勝手が良さそうですね。

カメラの数は驚異の「6つ」

Galaxy Foldには合計で6つもカメラレンズが付いています。

背面には3つのカメラレンズ。

タブレットモードにした時の内側には2つのカメラレンズ

スマホモードにした時のレシーバー付近に1つのカメラレンズ

3ヶ所に6つのカメラレンズがあることで、閉じた状態でも開いた状態でもカメラの撮影ができるということ。

シャッターチャンスを逃さずにカメラ撮影を行うことができます。

電池の数は2つあるけど物足りない?

Galaxy Foldには2つの電池パック(デュアルバッテリーシステム)が搭載されています。

厳密には折りたたみになったことで、左右に電池パックを分ける構造が必要になったのですが、残念ながら電池パックが2つになった=電池の容量が2倍になったわけではありません。

Image: Samsung

Galaxy Foldの電池容量は2つ合わせても4,380mAh

現在発売されているGalaxy Note9は4,000mAhなので多少はバッテリー容量が増えた形になりますが、

常にタブレットモードメインで使う方はモバイルバッテリーの携行が必要となるかもしれません。

逆にスマホメインであれば電池容量の心配は不要。Galaxy9よりも長時間の駆動が期待できます。

指紋認証はサイドに配置

Galaxy Foldの指紋認証センサーはどこにあるの?と探してみたらココにありました!

Galaxy Foldの指紋認証は端末を閉じた状態(スマホモード)にして持った時に、ちょうど右手の親指が当たるところに設計されています。

指紋認証のたびに持ち替える必要が無いので、すぐに使いたい時にも便利で良いですね。

Galaxy Foldのスペック

機種名 Galaxy Fold(ギャラクシー フォールド)
OS Android 9 Pie
CPU 7nm 64bit オクタコア
RAM/ROM 12GB RAM(LPDDR4x)、512GB(UFS3.0)/micro SDスロットなし
メモリ 12GB RAM(LPDDR4x)
ストレージ 512GB (UFS3.0)
メイン画面 メインディスプレイ:7.3” QXGA +ダイナミックAMOLED(4.2:3)
カバー画面 カバーディスプレイ:4.6” HD +スーパーAMOLED(21:9)
背面カメラ 16MPウルトラワイドカメラ(F2.2)/12MP広角カメラ(デュアルピクセルAF、OIS、F1.5 / F2.4)/12MPテレフォトカメラ(PDAF、OIS、F2.4、2倍光学ズーム)
前面カメラ 10MP Selfieカメラ(F2.2)/8MP RGB深度カメラ(F1.9)
内側カメラ 10MP Selfie Camera, F2.2/8MP RGB Depth Camera, F1.9
バッテリー 4380 mAh
充電 有線/無線急速充電
その他 Samsung Pay対応、 Samsung Health, Bixby

Galaxy Foldのカラバリは4色展開

Image: Samsung

今回発表されたGalaxy Foldのカラーバリエーションは、「Space Silver」「Cosmos Black」「Martian Green」「Astro Blue」の4種類。

簡単に言うと「シルバー」「黒」「緑」「青」の4色となります。

Galaxyらしいカラバリとも言えますが、白やピンクを出さないのはターゲットを一般ではなくハイエンドユーザー向けにしているからなのかもしれません。

販売価格は破格の22万円!

今回発表されたGalaxy Foldは「LTE版」と「5G版」の2パターンを展開する予定。

そして、気になる価格は1,980ドル≒22万円

スマホとしてはかなり高いけど、11.7センチサイズのスマホと18.5センチサイズのタブレットが1台で持ち運べることを考えると、まぁまぁ及第点かと。

ちなみに世界のSAMSUNGファンは発表されるなり「絶対買うわ!!」と言っているようですが、一般的に普及するのは同時に発表された「GalaxyS10」になりそうですね。

Galaxy Foldの日本での発売日はいつ?

Galaxy Foldは当初2019年4月26日に海外で先行発売される予定でしたが、レビュアーが保護シートだと思って誤って剥がしてしまったり、ディスプレイの隙間に異物が入り込んで液晶が割れてしまったりという不具合が多く見つかったため発売直前に発売延期を発表。

不具合箇所の改良を重ねて、2019年9月の発売再開に向けて動いているようです。

尚、現時点では日本でいつ発売されるかは未定です。

日本での5Gの周波数帯は現在まだ割り当たっていない状態。日本での5G端末の導入は早くても2020年の春と言われているので、仮にGalaxy Foldが日本で発売になった場合は、先にLTE版のみがリリースされることが予測されます。

Galaxy Foldの予約はいつから開始される?

※情報が入り次第こちらに掲載致します。

 

Galaxy Foldはドコモオンラインショップでも買える?

これまでの傾向ですと、Galaxyシリーズはドコモとauで販売されているので、Galaxy Foldも同様にドコモとauで販売される線が濃厚です。

情報が入り次第、発売日と同様にこちらに掲載しますが、Twitterでも最新情報を発信していますので、フォローをお願いします。