【2019最新情報】iPhoneSE2発売日はいつ?価格・予約開始日

iPhone SE2(アイフォンエスイーツー)の発売日・予約開始日・価格

季節が秋に近づいてくると風物詩のように噂が始まる「iPhone SE2」

2019年の今年も9月に発売される新型iPhone(iPhone11?)の発売に合わせて、iPhone SE2の同時リリースを期待する声が高まっています。

現在出ている噂をまとめると、iPhone SE2の価格は約7万円

発売日は2020年3月になる見込みです。

 発売日/予約開始日(予想)はこちら

iPhone SE2の販売価格(予想)はこちら

ここでは現在飛び交っているiPhoneSE2の噂やリーク情報を基に、個人的な視点でデザイン・スペック・発売日・値段などをまとめています。

予測情報も含まれますので、あくまでも公式発表前の「噂」程度で見て頂ければと思います。

2018年9月に発売中止となった幻のアイフォンSE2

iPhoneSE2は当初、2018年の9月の発売が噂されていました。

しかし、2018年の9月は「iPhoneXR」「iPhone XS」という2つのフラグシップモデルが発表となった影響で、廉価版のSEは販売中止になった経緯があります。

そしてそこから時は流れ2019年2月・・・

突然、YouTube上にこのようなコンセプト動画がアップされた事により期待度が再燃!

動画の後半には「Coming Spring(来春)」という一文があり、ネットやSNSがざわついていました。

が、残念ながら2019年の7月現在でも、AppleからiPhone SE2についての公式発表はありません。

ここまでリリースが熱望されているiPhone SE2ですが、やはり幻の機種になってしまうのでしょうか・・・

iPhone SE2のスペック・仕様・特徴まとめ

現在までに海外でリークされている、iPhoneSE2の発表前情報をまとめました。

もちろん公式発表はされていないので確定情報ではありませんが、海外のリーク情報などを基にiPhone SE2のスペックをまとめて一覧表にしてみました。

※このスペック表は新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

ディスプレイサイズ 4.7インチLCD
OS iOS13
プロセッサ A12 BIONIC
メモリ(RAM) 2GB
メモリ(ROM) 32GB、128GB
ストレージ容量 32GB、128GB
本体サイズ 58.6×123.8×7.6mm
重さ 110g
アウトカメラ シングルカメラ、1200万画素
インカメラ シングルカメラ、500万画素
カラー シルバー、グレー、ゴールド、レッド、ブルー
電池容量 1,700mAh
生体認証 FACE ID
充電端子 ライトニング端子
その他 防水機能(IP67)、FeliCa機能、ワイヤレス充電

デザインから「ワイヤレス充電」に対応と推測

レンダリング(CGで作られたイメージ)画像を見ると、iPhoneSE2は丸みを帯びたデザインではなく、iPhone4や5のようにエッジがあるタイプ。

本体のデザインは前機種のiPhoneSEを継承していると見受けます。

背面には強化ガラスと思われる素材が見えるので、ワイヤレス充電に対応する可能性は高いです。

この背面強化ガラス設計はワイヤレス充電のためなのか?単純にデザイン性を高める為なのか?は情報が錯綜していますが、廉価版のSEにワイヤレス充電を付けるのはコスト的にどうなの?と心配になる部分でもあります。

しかし、それよりも私が気になったのは突出したアウトカメラレンズ

以前までのiPhoneは、何とかレンズを出さないように努力をしていた経緯が見受けられましたが、最近のiPhoneは開き直ってガンガン突出させてきますね。

ジョブズが今のiPhoneを見たら何て言うんだろ・・・

iPhone SE2には「X」で不評だったノッチが付くかも…

iPhoneSE2はiPhoneXシリーズでも採用された、ノッチ(受話口の黒い切れ込み)が確認できます。

このノッチに対しては賛否両論あるようですが、前面にはセルフ撮影用のインカメラを埋め込む必要があるので、どうしてもノッチを避けることは難しいようですね。

もしくは、Galaxyのようにパンチホール型になればまだマシなんですけどねー。

カメラレンズは「1つ」のシングルレンズ

最近発表された他社スマホは、デュアルレンズ(カメラレンズ2つ)、トリプルレンズ(カメラレンズ3つ)、クアッドレンズ(カメラレンズ4つ)などが続々と出ていますね。

しかし、iPhoneSE2は時代の流れに乗らずカメラレンズはシングル(1つ)を突き進むようです。

まぁ、エントリーモデルなのでこの部分は致し方ない部分があります。デュアルレンズのiPhoneが良ければ、フラグシップモデルのXSやXRを使えば良いだけの話ですからね。

ちなみにカメラの画素数は先代のSEと同じ1,200万画素。インカメラは120万画素⇒500万画素にアップするようです。

指紋認証は廃止。ロック解除はFACE IDのみ?

iPhoneSE2では指紋認証(Touch ID)が廃止され、顔認証(Face ID)でのロック解除となる模様です。

ホームボタンが廃止されたため、ディスプレイサイズが大きくなるのは嬉しいですが、Face IDに抵抗がある人は「改悪」というイメージがあるかもしれません。

iPhoneSEまではホームボタンを使った指紋認証だったので、少しだけホームボタンの継承を期待していたのですがこれも時代の波。

とは言ってもロック解除がFACE IDのみは現実的ではないので、ホームボタンが廃止されてもディスプレイ指紋認証の採用はありそうですね。

SE2はイヤホンジャックが廃止になった?

そしてこれも個人的には「改悪」となるのですが、レンダリング画像上ではイヤホン端子を確認することができませんでした。

となるとSE2もイヤホンジャック端子が廃止となり、イヤホンで音楽を聞く時はブルートゥースイヤホンを使うか、充電端子に変換プラグを差し込んで有線接続をする必要があるということです。

私は有線派なんですが、イヤホン端子が無いと充電しながら音楽を聞けなくなるのでちょっと不便。

これが防水機能を優先した結果なのでしょうかね…

FeliCa搭載なのでおサイフケータイにも対応

iPhoneSE2にはFeliCaが搭載される模様です。

ということはSEには無かった「おサイフケータイ」にも対応できるので、これまでキャッシュレス決済に無縁だった方も、電車に乗る時やコンビニなど生活環境が変わるかもしれませんね。

iPhone SE2のカラーは「5色」を確認

コンセプト動画を見るとiPhoneSE2は、「黒」「白」「青」「ゴールド」「赤」の5色を確認することができました。

ブラック色(スペースグレー?)

この画像を見る限り、これまでの「スペースグレー」というよりは「ブラック」に近い色合いです。

白色(ホワイトシルバー?)

「シルバー」よりは白味が強いので「ホワイト」の方がニュアンスとしては合っているかもしれません。

すこしメタリック要素も入っていますね。

ゴールド色

定番の「ゴールド」です。

人気色なので最近はiPhoneのレギュラーカラーとして定着してきましたね。

レッド色(PRODUCT RED?)

iPhone限定色の「PRODUCT RED」のような色合いです。

赤は女性のみならず男性にもファンは多く、存在感のあるカラーが人気ですね。

ブルー色

追加情報として登場した「ブルー」色です。

青色はiPhoneXRでもありましたが、意外と人気色なのでiPhone SE2のカラバリとして登場するのもありだと思います。

お子さんに持たせる場合でも不自然では無いカラーリングですね。

尚、iPhoneSEにあった「ピンク」は現時点では確認することができませんでした。

このカラーバリエーションで意外だったのは「ブルー」色がラインナップに含まれていたこと。

「ブルー」や「レッド」があるということは、iPhoneXRのように「イエロー」「コーラル」など、今後も追加で多様なカラバリ展開が期待できますね。

↑iPhoneXRのカラーバリエーション

iPhone SE2は5Gに非対応になるはず

iPhone SE2の発売日は2020年というのが現在の大方の予想になっています。

2020といえば日本でも5G帯の通信が始まると言われている年でもあり、同時期に発売される(予定の)iPhone SE2も5G対応となる見方もあります。

が、私は2020年のスタート時にいきなり廉価版のiPhone SE2が5G対応となるのは非現実的かと。

ましてや他のメーカーよりも対応が遅いiPhoneなので、しばらくは4G帯での運用になると見ています。

iPhone SEとSE2の機能・スペックを比較

iPhoneSE2の購入を検討している方が知りたいのは「前機種のSEとSE2は何が違うの?」という点だと思います。

というわけで、新旧iPhone SEの比較表を見てみましょう。

※SE2から新機能として追加された点や改良点は赤文字で表記しています。

iPhoneSE iPhone SE2
CPU A9 A12 BIONIC
RAM 2GB 2GB
バッテリー容量 1,624mAh 1,700mAh
本体サイズ 58.6×123.8×7.6mm 58.6×123.8×7.6mm
ディスプレイサイズ 4インチ 4.2インチ
重さ 113g 110g
リアカメラ 1,200万画素
シングルレンズ
1,200万画素
シングルレンズ
インカメラ 120万画素 500万画素
カラー シルバー
スペースグレー
ゴールド
シルバー
スペースグレー
ゴールド
レッド
ブルー
ワイヤレス充電 なし 対応
防水・防塵 なし IP67
FaceID なし 対応
3D Touch なし 対応
FeliCa なし 対応
販売価格 【32GB】44,800円
【128GB】 55,800円
【32GB】69,800円
【128GB】79,800円

CPUはA12 BIONICを搭載か?

iPhone SE2のプロセッサには「A12 BIONIC」というCPUが搭載されると噂されています。

「A12 BIONIC」は現在の最新モデルiPhone XRやiPhone XSに搭載されているチップ。

これが廉価版のiPhone SE2に使われるのであればかなり高スペックになりそうですね。

ちなみに2019年の秋に発売される予定の「iPhone 11」には、もう一つ上の「A13 BIONIC」が搭載されるようなので、ここでハイエンドモデルとの差別化を図る狙いなのかもしれません。

SEと本体サイズは同じでもディスプレイサイズがアップ

iPhoneSE2はの本体サイズは、SEと同じ「58.6×123.8×7.6mm」なのにも関わらず、ディスプレイサイズは4.0インチ⇒4.2インチとサイズアップしています。

これはベゼル(画面フチの黒枠)が細くなった影響で、SEよりも視認性が上がっていることを裏付けています。

とは言っても4.2インチのディスプレイサイズはゲームや映画視聴を主とする方には少し小さいかも。ニュースやSNS用途メインの方はかなり使いやすいはずです。

コンパクトサイズの筐体なので、スキニージーンズの後ろポケットにスッと入るのもスタイリッシュで良いですね。

バッテリー容量が1,700mAhって少なくない?

iPhoneSE2の電池容量は1,700mAh程になるという情報が出ています。

3,000mAhが主流となっている最近のハイエンドモデルと比べるとかなり控えめ。

それでも先代のiPhoneSEの電池容量は1,600mAhだったので、電池容量はほんのすこしだけアップした形になります。

機種名 電池容量
iPhone SE 1,600mAh
iPhone SE2 1,700mAh
iPhone8 1,821mAh
iPhone7 1,960mAh
iPhone XS 2,659mAh
iPhone8 Plus 2,691mAh
iPhone X 2,716mAh
iPhone7 Plus 2,900mAh
iPhone XR 2,945mAh
iPhone XS Max 3,179mAh

ちなみに、iPhoneXRは2,945mAh、iPhoneXS Maxは3,179mAhなので、SE2の1,700mAhは少し物足りなさがあるかもしれません。

ただ、SE2はCPUの性能がアップしている為、バッテリーが低容量でもCPUでカバーすることで平均的な駆動時間を実現できるようです。

iPhone SE2の発売日と予約開始日はいつ?

iPhone SE2の発売日と予約開始日はいつになるのでしょうか?

Appleからの正式発表はまだまだ先になると思いますので、過去モデルのiPhoneの発表時期から、iPhone SE2の発売日と予約開始日を考察してみようと思います。

ちなみに過去モデルの発表会日と発売日は以下の表の通りでした。

機種名 発表会日 発売日
iPhone4 2010年6月7日(月) 2010年6月24日(木)
iPhone4s 2011年10月5日(水) 2011年10月14日(金)
iPhone5 2012年9月12日(水) 2012年9月21日(金)
iPhone5s 2013年9月10日(火) 2013年9月20日(金)
iPhone6 2014年9月10日(水) 2014年9月19日(金)
iPhone6s 2015年9月9日(水) 2015年9月25日(金)
iPhone SE 2016年3月21日(月) 2016年3月31日(木)
iPhone7 2016年9月7日(水) 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月12日(火) 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年9月12日(火) 2017年11月3日(金)
iPhoneXR 2018年9月12日(水) 2018年10月26日(金)
iPhoneXS/XS Max 2018年9月12日(水) 2018年9月14日(金)

ここで注目して欲しいのが、歴代iPhoneの発売日が(初代iPhone4を除き)ほぼ9月に集中していること。そして、先代のiPhone SEは3月に発売されています。

尚、2019年の9月には「iPhone11(仮称)」の発売が確実にありますので、iPhone SE2が同時期に発売されるとは考えにくいです。

iPhone11とiPhone SE2が同時期に発売されたら恐らくiPhone11は売れないでしょう。値段が超高いですからね。

ということも踏まえて、iPhone SE2の発表日と発売日を大胆予測すると・・・

iPhone SE2 発表会:2020年3月16日(月)※予想

iPhone SE2 発売日:2020年3月31日(火)※予想

iPhone SE2はiPhone11の発売から半年の期間を空け、2020年3月になると見ています。

下で詳しく触れますが、ちょうどその時期に「iPhone XE」の発売も噂されているので、もしかすると名称が「iPhone SE2」ではなく「iPhone XE」となる可能性もありますが、新型iPadも発表されるこの時期にiPhoneの廉価版が出る可能性は充分に高いです。

尚、iPhoneの予約開始日時は、毎年発表会と同週の金曜日の16:01になるのが通例。

つまり、

2020年3月20日(金)16:01に予約開始

になると思われます。

この日はちょうど日本では「春分の日」で祝日。覚えやすくて良いかもしれませんね。

iPhone SE2の値段は約7万円台とかなり高い予想

上の表にも掲載しましたが、iPhoneSEのメモリ容量は「32GB」と「128GB」の2種類が発売されると思われます。

iPhone SE2の販売価格はそれぞれ、

  • iPhone SE2(32GB)・・・69,800円
  • iPhone SE2(128GB)・79,800円

と、廉価版のiPhoneにしてはちょっと高めの値段設定になっていますね。

ちなみに、iPhoneSEは32GBが44,800円、128GBが55,800円だったので、各容量で2万円ほど値上がりをしていることになります。

低価格が最大のウリであるSEシリーズですが、これではミドルレンジモデルのiPhoneXとそこまで値段が変わりませんね…

ワイヤレス充電やFace IDなど、もっと機能を削って低価格で出したほうが良かったんじゃ…

iPhoneSE2は「iPhone XE」として発売される可能性もある

実はこのiPhone SE2とは別に、「iPhone XE」「iPhoneX SE」という新機種の情報も少しずつ出始めています。

上の筐体はイタリア人デザイナーが公開した、iPhoneXEのイメージ画像なのですが、角ばった直線的なデザインなど、どことなくiPhoneSEの面影を継承している印象を受けます。

このiPhone XEは2020年3月にリリースされると台湾のメディアが報じられており、ネット上では「iPhone SE2の代わりにこのXEが発表されるのでは?」という推測も飛び交っているほど。

というのも、このiPhone XEのスペックをみて驚いたのですが、

  • 発売日は2020年3月
  • ディスプレイサイズは4.7インチ
  • 価格は73,000円
  • シングルカメラ
  • ストレージ容量は128GB
  • ホームボタンを搭載

あれ?iPhone SE2のスペックとかなり似てる。(てか、ほぼ同じ)

もしかしてこの「iPhone XE」というモデルが、本当にiPhoneSE2の代わりに発売される機種なんじゃ・・・と思ってしまいますね。

【まとめ】iPhone SE2は2019年に出る?まだ出ない?

ここまでリーク情報やネット上に広がっている噂から、iPhone SE2について触れてきましたが、

結局のところ、最も知りたいのはiPhoneSE2は「出るの?」「出ないの?」という点だと思います。

最終的な答えはApple側しか知りえない情報ですが、私は少なくても2019年内の発売は無いと踏んでいます。

理由としては9月に控えている新型iPhoneの発売を控え、ここでiPhone SE2を発売するメリットがApple側に無いからです。

ただ、iPhoneSE2の発売が完全に頓挫したとは思っていません。

現に海外のリーク情報も次々と出てきていますので、2020年には何らかの発表があることを期待しています!

もしかすると、機種名が変わる可能性がありますが、コンパクトサイズで廉価版のiPhoneはぜひ発売して欲しいですね。