【2020最新情報】iPhone SE2発売日はいつ?価格・予約開始日

更新日:

iPhone SE2 発売日 価格

iPhone SE2(アイフォンエスイーツー)の発売日・予約開始日・価格

iPhone SE2は、「iPhone 9」「iPhone 8s」「iPhone SE 2020」など、機種名では様々な憶測がでましたが、結局・・・

iPhone SEという名前で発売が決定しました!

iPhone SE(第2世代)の販売価格は約2万8,750円~。ドコモ・au・Softbankでは既に予約が始まっています。

スマホ賢者
コンパクトサイズのiPhoneを待っていた人にとっては朗報じゃ!
発表日 2020年4月16日(木)
予約開始日 2020年4月20日(月)
発売開始日  2020年5月11日(月) ※第一報から延期

新型iPhone SEの特徴を一言でいうと、
大きさはiPhone 8 (ホームボタン復活)で中身が iPhone 11+デュアルSIMという神機!

日本でも爆発的に売れると思うので、予約・購入はお早めに~

お得なメモ

ドコモオンラインショップで使える割引クーポンが配布されています。機種変更時にうまく活用していきましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

2018年9月に発売中止となった幻のiPhone SE2

iPhone SE2は当初、2018年の9月の発売が噂されていました。

しかし、2018年の9月は「iPhoneXR」「iPhone XS」という2つのフラグシップモデルが発表となった影響で、廉価版のSEは販売中止になった経緯があります。

そしてそこから時は流れ2019年2月・・・

突然、YouTube上にこのようなコンセプト動画がアップされた事により期待度が再燃!

動画の後半には「Coming Spring(来春)」という一文があり、ネットやSNSがざわついていました。

が、残念ながら2020年の1月現在でも、AppleからiPhone SE2についての公式発表はありません。

ここまでリリースが熱望されているiPhone SE2ですが、やはり幻の機種になってしまうのでしょうか・・・

新型iPhone SE(2020)のスペック・仕様・特徴まとめ

現在までに海外でリークされている、iPhone SE2の発表前情報をまとめました。

もちろん公式発表はされていないので確定情報ではありませんが、海外のリーク情報などを基にiPhone SE2のスペックをまとめて一覧表にしてみました。

※このスペック表は新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

ディスプレイサイズ 4.7インチ
有機ELディズプレイ
OS iOS13.4
プロセッサ A13 BIONIC
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ 32GB、128GB
本体サイズ 58.6×123.8×7.6mm
重さ 110g
アウトカメラ 1200万画素
(シングルカメラ)
インカメラ 500万画素
カラー ブラック、ホワイト、レッド
電池容量 1,700mAh
生体認証 Touch ID
充電端子 ライトニング端子
その他機能 防水・防塵性能
FeliCa機能
ワイヤレス充電

外観・サイズ感はiPhone 8を引き継ぐらしい

iPhone SE2の外観はiPhone 8の形状を引き継いだ形になると予想されています。

SEシリーズの最大のウリは何と言っても「コンパクトさ」

大型のiPhone11が発売され、型落ちとなったiPhone8の在庫を再利用してiPhone SE2に流用することは十分に考えられます。

過去に発売されたiPhone SEは「iPhone 5の流用」と言われていたので信憑性は高そうです。

スマホ賢者
SE2は多くのユーザーの熱望を受けてAppleが動いたとの噂。「流用」と言っても部品が余っていたSEの時とはすこし意味合い違うようじゃ。

デザインから「ワイヤレス充電」に対応と推測

レンダリング(CGで作られたイメージ)画像を見ると、iPhone SE2は丸みを帯びたデザインではなく、iPhone4や5のようにエッジがあるタイプ。

本体のデザインは前機種のiPhoneSEを継承していると見受けます。

背面には強化ガラスと思われる素材が見えるので、ワイヤレス充電に対応する可能性は高いです。

この背面強化ガラス設計はワイヤレス充電のためなのか?単純にデザイン性を高める為なのか?は情報が錯綜していますが、廉価版のSEにワイヤレス充電を付けるのはコスト的にどうなの?と心配になる部分でもあります。

しかし、それよりも私が気になったのは突出したアウトカメラレンズ

以前までのiPhoneは、何とかレンズを出さないように努力をしていた経緯が見受けられましたが、最近のiPhoneは開き直ってガンガン突出させてきますね。

ジョブズが今のiPhoneを見たら何て言うんだろ・・・

iPhone SE2にはノッチが付きそう

iPhone SE2はiPhoneXから継続的に採用されているノッチ(受話口の黒い切れ込み)が確認できます。

このノッチに対しては賛否両論あるようですが、前面にはセルフ撮影用のインカメラを埋め込む必要があるので、どうしてもノッチを避けることは難しいようですね。

Galaxyのようにパンチホール型になればまだマシなんですけどねー。

カメラレンズは「1つ」のシングルレンズ

最近発表された他社スマホは、デュアルレンズ(カメラレンズ2つ)、トリプルレンズ(カメラレンズ3つ)、クアッドレンズ(カメラレンズ4つ)などが続々と出ていますね。

しかし、iPhone SE2は時代の流れに乗らずカメラレンズはシングル(1つ)を突き進むようです。

まぁ、エントリーモデルなのでこの部分は致し方ない部分があります。デュアルレンズのiPhoneが良ければ、フラグシップモデルのXSやXRを使えば良いだけの話ですからね。

ちなみにカメラの画素数は先代のSEと同じ1,200万画素。インカメラは120万画素⇒500万画素にアップするようです。

指紋認証は継続。FACE IDは非搭載の見込み

iPhone SE2がiPhone 8の筐体を使うのであれば、指紋認証(Touch ID)も継承されそうです。

Face IDはマスクをしていたり、暗い場所だとうまく反応しないので、アンチ顔認証ユーザーには喜ばれるはず。

iPhoneSEまではホームボタンを使った指紋認証だったので、ぜひともTouch IDの継承は期待したいですね。

SE2はイヤホンジャックが廃止になった?

そしてこれも個人的には「改悪」となるのですが、レンダリング画像上ではイヤホン端子を確認することができませんでした。

となるとSE2もイヤホンジャック端子が廃止となり、イヤホンで音楽を聞く時はブルートゥースイヤホンを使うか、充電端子に変換プラグを差し込んで有線接続をする必要があるということです。

私は有線派なんですが、イヤホン端子が無いと充電しながら音楽を聞けなくなるのでちょっと不便。

これが防水機能を優先した結果なのでしょうかね…

FeliCa搭載なのでおサイフケータイにも対応

iPhone SE2にはFeliCaが搭載される模様です。

ということはSEには無かった「おサイフケータイ」にも対応できるので、これまでキャッシュレス決済に無縁だった方も、電車に乗る時やコンビニなど生活環境が変わるかもしれませんね。

第2世代 iPhone SEのカラバリは3色展開

新型のiPhone SEは、「黒」「白」「赤」の3です。

ブラック色

この画像を見る限り、これまでの「スペースグレー」というよりは「ブラック」に近い色合いです。

白色(ホワイトシルバー?)

「シルバー」よりは白味が強いので「ホワイト」の方がニュアンスとしては合っているかもしれません。

すこしメタリック要素も入っていますね。

レッド色(PRODUCT RED?)

iPhone限定色の「PRODUCT RED」のような色合いです。

赤は女性のみならず男性にもファンは多く、存在感のあるカラーが人気ですね。

iPhone SE2の「5G」対応に注目!

iPhone SE2の発売日は2020年というのが濃厚になっています。

2020といえば日本でも5G帯の通信が始まると言われている年でもあり、同時期に発売される(予定の)iPhone SE2も5G対応となる見方もあります。

が、私は2020年のスタート時にいきなり廉価版のiPhone SE2が5G対応となるのは非現実的かと。

ましてや他のメーカーよりも対応が遅いiPhoneなので、しばらくは4G帯での運用になると故事的には見ています。

旧iPhone SEとSE2(第2世代)の機能・スペックを比較

iPhone SE2の購入を検討している方が知りたいのは「前機種のSEとSE2は何が違うの?」という点だと思います。

というわけで、新旧iPhone SEの比較表を見てみましょう。

※SE2から新機能として追加された点や改良点は赤文字で表記しています。

iPhone SE iPhone SE2
※予測
CPU A9 A13 BIONIC
RAM 2GB 3GB
バッテリー容量 1,624mAh 1,700mAh
本体サイズ 58.6×123.8×7.6mm 58.6×123.8×7.6mm
ディスプレイサイズ 4インチ 4.2インチ
重さ 113g 110g
リアカメラ 1,200万画素
シングルレンズ
1,200万画素
シングルレンズ
インカメラ 120万画素 500万画素
カラー シルバー
スペースグレー
ゴールド
シルバー
スペースグレー
ゴールド
レッド
ブルー
ワイヤレス充電 なし 対応
防水・防塵 なし IP67
FaceID なし なし
3D Touch なし 対応
FeliCa なし 対応
販売価格 【32GB】44,800円
【128GB】 55,800円
40,000~50,000円

CPUはA13 BIONICを搭載

iPhone SE2のプロセッサには「A13 BIONIC」というCPUが搭載されています。

「A13 BIONIC」は現在の最新モデルiPhone 11に搭載されているチップ。

これが廉価版のiPhone SE2に使われるのであればかなり高スペックになりそうですね。

ただ、「11」と「SE2」で同じチップセットを使うとなると、価格が倍以上もする11を買わなくなるのでは?という懸念。

まぁ、iPhone 11と比較した場合はディスプレイサイズが違うので価格も異なり、差別化は図れるでしょう。

考え方としては、iPhone 8のチップセットが進化しカラーバリエーションが変わった。と考えておけば良いと思います。

SEと本体サイズは同じでもディスプレイサイズがアップ

iPhone SE2はの本体サイズは、SEと同じ「58.6×123.8×7.6mm」なのにも関わらず、ディスプレイサイズは4.0インチ⇒4.2インチとサイズアップしています。

これはベゼル(画面フチの黒枠)が細くなった影響で、SEよりも視認性が上がっていることを裏付けています。

とは言っても4.2インチのディスプレイサイズはゲームや映画視聴を主とする方には少し小さいかも。ニュースやSNS用途メインの方はかなり使いやすいはずです。

コンパクトサイズの筐体なので、スキニージーンズの後ろポケットにスッと入るのもスタイリッシュで良いですね。

バッテリー容量が1,700mAhって少なくない?

iPhone SE2の電池容量は1,700mAh程になるという情報が出ています。

3,000mAhが主流となっている最近のハイエンドモデルと比べるとかなり控えめ。

それでも先代のiPhoneSEの電池容量は1,600mAhだったので、電池容量はほんのすこしだけアップした形になります。

機種名 電池容量
iPhone SE 1,600mAh
iPhone SE2 1,700mAh
iPhone8 1,821mAh
iPhone7 1,960mAh
iPhone XS 2,659mAh
iPhone8 Plus 2,691mAh
iPhone X 2,716mAh
iPhone7 Plus 2,900mAh
iPhone XR 2,945mAh
iPhone XS Max 3,179mAh

ちなみに、iPhoneXRは2,945mAh、iPhoneXS Maxは3,179mAhなので、SE2の1,700mAhは少し物足りなさがあるかもしれません。

ただ、SE2はCPUの性能がアップしている為、バッテリーが低容量でもCPUでカバーすることで平均的な駆動時間を実現できるようです。

iPhone SE2の発売日と予約開始日

第2世代iPhone SEの発売日と予約開始日も確定になりました。

ちなみに過去モデルの発表会日と発売日は以下の表の通りでした。

機種名 発表会日 発売日
iPhone4 2010年6月7日(月) 2010年6月24日(木)
iPhone4s 2011年10月5日(水) 2011年10月14日(金)
iPhone5 2012年9月12日(水) 2012年9月21日(金)
iPhone5s 2013年9月10日(火) 2013年9月20日(金)
iPhone6 2014年9月10日(水) 2014年9月19日(金)
iPhone6s 2015年9月9日(水) 2015年9月25日(金)
iPhone SE 2016年3月21日(月) 2016年3月31日(木)
iPhone7 2016年9月7日(水) 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月12日(火) 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年9月12日(火) 2017年11月3日(金)
iPhoneXR 2018年9月12日(水) 2018年10月26日(金)
iPhoneXS/XS Max 2018年9月12日(水) 2018年9月14日(金)

そして、2020年に発売される新型iPhone SEは、

iPhone SE 発表:
2020年4月16日(木)

iPhone SE 発売日:
2020年5月11日(月)

となっています。
※コロナウィルスの影響で発売日が多少延期になることも考えられます。

各キャリアの公式HPでは既に予約が開始され、ツイッター上では予約完了報告が飛び交っています。

iPhone SE2の値段は約2万円台~とお手頃価格に

今回発売されるiPhone SEの容量は「64GB」「128GB」「256GB」の3種類あり、各キャリアとも、正式に販売価格が発表されました。

販売価格 割引価格
(実質負担額)
ドコモ 64GB:57,024円
128GB:62,568円
256GB:75,240円
64GB:38,016円
128GB:41,712円
256GB:50,160円
au 64GB:55,270円
128GB:61,250円
256GB:75,215円
64GB:28,750円
128GB:31,970円
256GB:39,215円
Softbank 64GB:57,600円
128GB:64,080円
256GB:78,480円
64GB:28,800円
128GB:32,040円
256GB:39,240円

最安値はauの「かえトクプログラム」を適用した場合の、64GB(28,750円)ですね。

割引が入った場合はドコモに少し割高感がありますが、通常の販売価格はキャリアの差はほぼありませんでした。

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ
いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

以下の記事は発売前の予測情報です↓

【12/16追記】
2019年12月10日付のYahooニュースでは、「iPhone SE2の価格が4万6千円以下に?」という記事も出ていました。


引用:Yahooニュース

低価格が最大のウリであるSEシリーズ。

本当にこれくらいの価格で出るのであれば、かなり売れる気がしますが、そうなると主力であるiPhone 11や次期モデルのiPhone 12が売れなくなってしまいそう・・・

個人的にはiPhone SE2の価格はもう1~2割り程度高くなると見ています。

iPhone SE2は「iPhone XE」「iPhone 9」として発売される可能性もある

実はこのiPhone SE2とは別に、「iPhone XE」「iPhoneX SE」という新機種の情報も少しずつ出始めています。

また、一説によると飛び番になっていた「iPhone 9」として発売されるのでは?という噂もあります。

上の筐体はイタリア人デザイナーが公開した、iPhoneXEのイメージ画像なのですが、角ばった直線的なデザインなど、どことなくiPhoneSEの面影を継承している印象を受けます。

このiPhone XEは2020年3月にリリースされると台湾のメディアが報じられており、ネット上では「iPhone SE2の代わりにこのXEが発表されるのでは?」という推測も飛び交っているほど。

というのも、このiPhone XEのスペックをみて驚いたのですが、

  • 発売日は2020年3月
  • ディスプレイサイズは4.7インチ
  • 価格は73,000円
  • シングルカメラ
  • ストレージ容量は128GB
  • ホームボタンを搭載

あれ?これってリークされているiPhone SE2のスペックとかなり似てる。(てか、ほぼ同じ)

もしかしてこの「iPhone XE」というモデルが、本当にiPhone SE2の代わりに発売される機種なんじゃ・・・と思ってしまいますね。

【まとめ】iPhone SE2は2020年に出る?まだ出ない?

ここまでリーク情報やネット上に広がっている噂から、iPhone SE2について触れてきましたが、

結局のところ、最も知りたいのはiPhone SE2は「出るの?」「出ないの?」という点だと思います。

最終的な答えはApple側しか知りえない情報ですが、私は2020年の春にかなりの高確率で発売されると踏んでいます。

iPhoneSE2

現に海外のリーク情報も次々と出てきていますので、2020年3月には何らかの発表があることを期待しています!

もしかすると、機種名が変わる可能性がありますが、コンパクトサイズで廉価版のiPhoneはぜひ発売して欲しいですね。

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.