ソフトバンクのウルトラギガモンスター+が終了へ!代わりになるSNS使い放題プランはある?

総務省が「動画SNS見放題」プランを規制

スマホの「動画SNS見放題」プランに対して、ついに国からのメスが入りました。

これは2019年2月19日(火)に報じられたもので、

携帯電話事業者が、特定の動画サイトやSNSを利用した際のデータ通信量を料金プランの通信容量から差し引かず、見放題にする「ゼロレーティング(カウントフリー)」という仕組みについて、総務省は電気通信事業法に基づく指針を作って一部を規制する方針を固めた。

引用:ヤフーニュース

総務省は今回の「カウントフリー」を発表する際、具体的なキャリア名やサービス名を挙げていないものの、この規制はソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」というプランに対して向けられた規制ということがハッキリと分かります。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」って何?

 

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は、2018年9月6日にサービスがスタートしたばかりの新しいプラン。

下記10サービスに限り「どれだけ使ってもノーカウント」つまり、容量を気にせずギガ使い放題というハードユーザーには嬉しいプランなんです。

  1. YouTube(動画)
  2. Abema TV(動画)
  3. TVer(動画)
  4. GYAO!(動画)
  5. hulu(動画)
  6. LINE(SNS)
  7. Twitter(SNS)
  8. インスタグラム(SNS)
  9. Facebook(SNS)
  10. TikTok(SNS)

言われてみると、この10サービス以外の動画配信サービス(ニコニコ動画、Netflixなど)からしたら、かなり公平性を欠くプランだと思うので、今回の総務省の規制もあながち「やりすぎ」では無いかと。

この「ウルトラギガモンスター+」は25歳以下の学生をターゲットにしたプランで、「毎月の通信制限を気にせずに外でも動画を楽しめる」と人気だっただけに、今回の規制に対して不満の声も多く出ているようですね。

SoftBankユーザーからは不満の声も?

Twitterや掲示板などには、今回の総務省の規制による不満の口コミが多く書き込まれていたのが印象的でした。

今まさにそのプランを使っているけど国は何がしたいの?通信料金値下げしろ、でも動画SNS見放題はダメねってなにそれ。なんか不都合なことでもあるの?
日本政府何がしたいの?動画SNS見放題を国が規制する意味がわかんないんだけど
動画SNS見放題を一部規制へって総務省さんよ。もっと他に規制や緩和せなあかんことあるやろ!
国は通信料を安くしろと言ってるのに今度は動画SNS見放題を潰しに来るのか。
動画SNS見放題、特定サイトだけ贔屓するなら全体の料金見直せーや

今回の規制は、特に学生などのSoftBankユーザーからの不満が多く、

中には「ウルトラギガモンスター+」プランがあるからSoftBankにMNP(のりかえ)したのに…このプランが無いならドコモに戻る!

という声も上がっているようですね。

SoftBankからの乗り換えするならどこが良い?

今回槍玉に挙げられている「ウルトラギガモンスター+」というプランは、SoftBankがいち早く導入したもので、LINEモバイルやBIGLOBE MOBILEにも同様のサービスがあるものの、ドコモやauなどの大手キャリアは導入していません。
(ドコモやauはこうなることが分かっていたから参入しなかったのかは不明ですが…)

今回の規制により「ウルトラギガモンスター+」プランが廃止、または「動画SNS使い放題」が使えなくなった場合、似たようなプランを展開しているキャリアはあるのでしょうか?

調べた見たところ「使い放題」ではないものの、ドコモの学割+シェアパックであれば、毎月のギガ数を気にせずに動画やSNSのを楽しむことができます。

家族にドコモユーザーがいる場合は、25歳以下であれば「ドコモの学割」が使えますので、子回線を280円/月で追加できますし、25歳以上でもドコモwithの対象機種に機種変更することで、同じく280円/月で利用できますよ。

また、最近はドコモでもSIMロック解除に対応しましたので、お手持ちのSoftBank端末をそのままにドコモSIMや格安SIMを使うことも可能です。

今回の「動画SNS見放題」規制は、これから総務省の有識者会議に掛けられるようですが、おそらく近い内に施行になることはほぼ間違いないでしょう。

外でも我慢せずパケット通信を楽しみたい方は、早めに次のプラン候補を探しておいたほうが良いかもしれませんね。

SoftBankショップで機種変更をお考えの方へ

ソフトバンクショップ店舗よりも3,000円~10,000円も安く機種変更をする方法をご存知ですか?

まだあまり知られていないのですが、ソフトバンクにはオンラインショップというものがあり、パソコンかスマホからインターネット上で機種変更/新規契約/他社からの乗り換え(MNP)が出来るんです!

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ソフトバンクオンラインショップはソフトバンク公式運営するネットショップで、契約の変更だけでなく、最新のスマホやiPhone、アクセサリー、オプション品などを購入することができます。

店舗型のソフトバンクショップとオンラインショップの大きな違いは、

オンラインショップは頭金を支払わなくてもいい

という点があります。

ソフトバンクショップで機種変更や乗り換えを行った場合、必ず頭金(3,000円~10,000円)が発生します。

↓こんなやつです。

これは店舗型のauショップに対しての手数料なので、仮に頭金を支払ったとしても端末代金が安くなるわけではありません。

しかし、オンラインショップならこの頭金が無料

金額にすると3,000円~10,000円もお得になります。

店舗型のショップでは店員さんが対応するので手数料が発生するのは理解できますが、端末代金が安くならないのであれば払いたくは無いですよね。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ソフトバンクショプ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を自宅にすれば、機種変更のたびにソフトバンクショプで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ソフトバンクショプや家電量販店まで行く時間・交通費・手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなるんです。

サイトの利用方法がわからない場合は、オペレートチャットというサービスがあるので、不明な点や使い方をリアルタイムで教えてくれます。

ソフトバンクオンラインショップの中に、↑のようなバナーがあるので、このバナーを押すとオペレートチャットが使用できます。

これを使えば、購入前の疑問がすべてクリアになると思います。

そして、「初期設定やプランの変更などを教えてもらわないと不安だよ!」

という購入後の不安がある方は、オンラインショップで端末を注文して、受取先を「ソフトバンクショプ」にしましょう。

ソフトバンクショプ受け取りにすれば、面倒な初期設定やプラン変更を相談できるけど、オンラインショップで端末を購入しているので頭金は無料になります。

仮に自宅で受け取っても、後日ソフトバンクショプに持っていけば、普段と同じサービスを受けることもできます。

下の漫画のほうが分かりやすいと思うので載せておきますね♪

引用:ソフトバンクオンラインショップ

auオンラインショップについて不安がある方は、メリット/デメリットをまとめた記事を作りましたので、こちらも確認してみてください。

⇒ソフトバンクオンラインショップで機種変更する10のメリット!店舗と何が違うの?

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のauショプに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている人は、オンラインショップを使ったほうが絶対にお得ですよ!