Xperia1を安く買う方法を考察!型落ちになるまで待つべき?
5/16(木)【速報】
2019年5月16日(金)12:00~ ドコモでXperia1の予約が開始しました!
発売日(6月中旬)にゲットできるよう早めに予約をしておきましょう!
【ドコモオンラインショップ】Xperia1を予約する!
5/10(金)
2019年5月17日(金)10:00~ ソフトバンクでXperia1の予約が開始します!
発売日(6月中旬)にゲットできるよう気になる方は早めの予約をおすすめします!
【ソフトバンクオンラインショップ】Xperia1を予約する!
5/13(月)
auの発表会でXperia1が「au夏モデル」として登場することが正式に発表されました!
予約開始は5月下旬、発売日は6月中旬になる見込みです。

Xperia1を安く買う方法

SONYのハイエンドモデルスマホ「Xperia1(エクスペリアワン)」は、Androidスマホの中ではトップクラスの人気を誇る機種です。

2019年2月に海外で先行発売され、日本でも2019年5月頃に発売されるという噂が出ています。(モデル名がXZ4になるかもしれません)

ということで、ここでは「Xperia1を安く買いたい」という方のために、最安値で購入する方法を紹介します!

※尚、ここに掲載されている情報は、あくまでも日本発売前の予測記事です。
メーカーから正式発表があり次第、随時情報を更新しますが「主観」の部分も含まれることをご了承下さい。

Xperia1(XZ4)の販売価格はいくらになるか予想

まず最初にXperia1が日本で発売された場合、新品端末の販売価格はいくらになるか?

Xperia1は現在海外で約999ドルで販売されていますので、この価格帯のまま日本で発売されるとすると、約11万円になると予想します。

それではまず、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の主要3キャリアでのXperia1の販売価格を比較していきましょう!

尚、この記事を書いている時点では、まだXperia1が日本で発売されていないので、Xperiaの最新モデル「Xperia XZ3」の販売価格を参考に比較表を作成しました。

3キャリアの端末価格を比較(XZ3参考)

ドコモ au ソフトバンク
一括価格 98,496円 99,360円 119,040円
分割価格 3,888円×24回
(98,496円)
4,140円×24回
(99,360円)
4,960円×24回
(119,040円)
割引額 -1,728円×24回
(-41,472円)
-1,746円×24回
(-41,904円)
-2,480円×24回
(-59,520円)
オンライン割引 -5,184円
実質価格 51,840円 57,456円 59,520円

3キャリアでXperia XZ3の端末価格を比較すると、ドコモの51,840円が最安値ということが分かります。

キャリアで購入した場合は端末自体に独自の割引が入るので、どこのキャリアでも新品の半額以下で購入することができるということですね。

Xperia1を安く購入するなら「オンラインショップ」がオススメ!

これまでスマホの機種変更や、キャリア間の乗り換えを行う場合は近くにあるショップ(ドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップ)に足を運んで手続きをしていたと思います。

しかし最近はスマホの機種変更などは、店舗に行かずにオンラインショップで行う人が増えています。

と言っても、なぜ今オンラインショップで機種変更をする人が増えているのか半信半疑だと思いますので、店舗よりもお得に機種変更ができるオンラインショップについて解説をしていこうと思います。

尚、オンラインショップは携帯3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)すべて利用できますので、自分が契約しているキャリアから行ってくださいね。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

オンラインショップなら「事務手数料」が0円

ショップで機種変更をしたことがある方はご存知だと思いますが、機種変更時には必ず「事務手数料」を請求されていたはずです。

実はこの事務手数料は、オンラインショップで機種変更をした場合は支払わなくて良いんです。つまり0円です。

下の表はドコモを例にした店舗とオンラインショップの事務手数料の比較表ですが、

機種変更の種類 店舗型のショップ オンラインショップ
ガラケー ⇒ ガラケー 2,000円 0円
スマホ ⇒ スマホ 2,000円 0円
ガラケー ⇒ スマホ 3,000円 0円

いままで普通に請求されていた事務手数料ですが、オンラインショップなら0円になる事がわかると思います。

契約内容にもよりますが、これだけでもオンラインショップ使うだけで2,000円~3,000円もお得になります

ドコモオンラインショップなら更に「頭金」も0円

今あるドコモショップの大多数では、機種変更などで新しいスマホを購入した際「頭金」という名目で5,000円~10,000円の請求をされています。

この頭金は一見すると機種代金の足しになるイメージですが、実は頭金はショップに支払う手数料なので、いくら支払っても機種代金が安くなることはありません。頭金という名前で呼ばれているのにおかしな話ですが、これが現状です。

また、頭金はショップで独自に設定できるため、同じ機種でも店舗によって金額はまちまち。ですが、どのショップでも頭金は最低5,000円は支払う必要があるのですが、オンラインショップを使うとこの頭金も0円になります。

「事務手数料」と「頭金」この2つだけでもショップで機種変更をするよりも7,000円~13,000円は浮くので、オンラインショップがいかにお得かが分かると思います。

ショップでの待ち時間が発生しない

平日はまだマシですが、土日の携帯ショップは恐ろしいほど混雑していて、簡単な料金相談や手続きでも1時間~2時間は待たされた経験は誰でもあると思います。

これはドコモ・au・ソフトバンク全てにショップに共通することで、「入店から退店まで3時間も掛かった」「休みが半日潰れた」という話は決して珍しくありません。

その点、オンラインショップはすべての手続きがネット上で完結するので、ショップに行く必要はありません。つまり待ち時間は0です。

学校や会社の休みが土日だから混んでいる時間にしかショップに行けない人や、せっかくの休みを潰したくない!という人はオンラインショップが便利ですよ。

受け取りは「自宅」と「ショップ」好きな方を選べる

一般的なオンラインショップ(通販)は自宅受け取りが基本ですが、ドコモオンラインショップは受取先を「自宅」と「ドコモショップ」から選ぶことが出来ます。

ですので、新しいスマホの初期設定に不安がある場合や、機種変更のタイミングで料金プランを変更したい場合などは受取先を最寄りのドコモショップに指定しておくと、初期設定からすべてスタッフさんがやってくれるので、自分の都合が良い日に取りに行けば機種変更が完了します。

もちろん受取先を「ドコモショップ」にした場合でも、頭金や事務手数料は0円ですよ。

オンラインショップがオススメな理由まとめ

と、ここまでドコモオンラインショップがオススメな理由を紹介しましたが、内容をまとめると

・事務手数料が無料
・ドコモは頭金も無料
・混雑しているショップに行かなくていい
・受取先を指定できる

というメリットが多くあります。

日本での販売価格は約11万円程になると予想される「Xperia1(XZ4)」ですが、オンラインショップを使えば頭金と事務手数料分が安くなりますので、店舗よりも安く機種変更をすることができることがお分かり頂けたと思います。

これまで機種変更をショップで行っていた方は、これを機にオンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか?
驚くほど簡単に機種変更ができますよ♪

Xperia1の購入にも使えるドコモのお得な割引キャンペーン

上では店舗よりもオンラインショップで機種変更をしたほうが安くなる事を解説しましたが、ドコモでは更に毎月の利用料金が割引になるキャンペーンを行っています。

家族にドコモユーザーがいる場合、同一のシェアプランに入れるだけで月額の維持費をグッと安くすることができるので、詳しく解説していきますね。

「みんなドコモ割」で家族のスマホが割引に

ドコモは2019年4月15日に6月から適用される、新しい料金体系を発表しました。

ドコモの割引プランの一つに「みんなドコモ割」という割引があるのですが、これは同一ファミリーグループ内で、音声通話のプランに加入している人数に応じて月額料金から割引が入ります。

「みんなドコモ割」の割引額

◆家族2人・・・500円/月
◆家族3人以上・1,000円/月

と、家族に3人以上ドコモユーザーがいる場合、毎月1,000円の割引になるという嬉しいプラン。

「みんなドコモ割」は基本的に新プランの「ギガホ」「ギガライト」の月額料金から割引となりますが、従来プランの「ファミリー割引」に入っていても適用になるので、わざわざ新プランに入り直す必要はありませんよ。

家族で【ギガライト】プランを使った場合

代表回線 子回線 子回線
ギガライト
(1GB以内)
2,980円 2,980円 2,980円
みんなドコモ割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
月額料金 1,980円 1,980円 1,980円

これは家族3人で使った場合、最も安くなる料金プランのシミュレーションなのですが、上で紹介した「みんなドコモ割」を使うことで、1人の通話料が1,980円になります。(端末価格は含まれていません。)

ただ、これはパケットの使用量が1GBまでという制限を付けたプランなので、現実的に考えるともう少し価格が上がると思いますが、意外とXperiaの最新モデルでも安く使えることが分かると思います。

「ファミリー」の定義は三親等以内となっているので、遠くに住んでいるおじいちゃんやお子さんも対象となりますよ。

ドコモの新プランは1人で利用しても実は安い

「家族に誰もドコモユーザーが居ないよ」という方でも安心して下さい。

上の表よりも若干高くはなりますが、それでもドコモの新プランでは1人でも月額料金が安くすることは可能です。

1人で【ギガライト】プランを使った場合

通話プラン 0円(基本プラン)
ギガライト(1GB以内) 2,980円
月額料金 2,980円

これは1人でドコモを使った場合、最も安くなる料金プランのシミュレーションですが、1人でも月額3,000円以内の通信料でXperiaの最新モデルが持てることが分かります。(端末価格は含まれていません。)

これまでは端末価格が安くなる「月々サポート」や「端末サポート」という割引があったのですが、通話料と端末代金を分けて考える分離プランとして、ドコモの新プランが登場しました。

現時点では端末割引の新プランは発表されていませんが、これから端末の方にも何らかの割引が入ると思いますので、端末代金+通話料でも安く持つことができそうです。

自分でもシミュレーションをしてみる

Xperia1 型落ちや中古になるまで待つのはどうなの?

新品のXperiaは高いから・・・という理由で型落ちになるまで待ったり、オークションなどで中古品を探したりする方もいますが、

実はこの方法は得策ではありません。

というのも、iPhoneなど流通量が多い機種であれば膨大な在庫を処分するために比較的早く型落ちになったり、キレイな中古品が出回ることがあるのですが、Xperiaはそもそもの出荷台数がiPhoneよりも少なく、また人気モデルなので思ったよりも中古に出回らない(あっても高い)のは事実です。

その2点について下で詳しく解説しますね。

Xperia1が型落ちになるのはかなり先になりそう

これまでの傾向を見ると、Xperiaシリーズが型落ちになるまでには、最短でも半年程かかります

しかも半年後に型落ちになるのは「不人気機種」だけで、在庫処分のために仕方なく値下げ販売をするのが現状。

人気機種は在庫が少ないので、販売側としても値下げ販売するメリットが無く、何年経っても型落ちにならないこともあります。

いくら発売サイクルが早いXperiaだとしても、値段が下がるまで型落ちを狙うのはナンセンス。

待っている間に早くも次の新モデル情報が出てくるので、いつまで経っても機種変更ができないというジレンマに陥ってしまいます。

そこはやはりXperiaの最新モデル。できることなら早く手にしたいですよね。

人気機種は中古になっても値段が下がりにくい

もう一つの方法はゲオやイオシスなどで「中古端末を狙う」という方法。

スマホ中古販売店に並んでいる端末は、中古といえども新品のようにキレイな状態のものが多く、新品価格よりも少しだけ安く買えます。

ただ、Xperiaは人気機種のため中古市場でもなかなか値下がりせず、発売から半年程経った「Xperia XZ3」でも、ヤフオクでは約75,000円という高値で販売されています。

ここまで値段が下がりにくいのであれば、発売当初から中古を狙うのは得策ではありません。

Xperia1を安く買う方法 まとめ

ここまでXperia1を安く買うための方法に触れてきましたが、これまでの内容をまとめると、

・Xperia1が型落ちになるのは時間が掛かる
・中古になっても値段が下がりにくい

・ドコモには割引きプランが多くあるので安く持てる
・オンラインショップなら店舗よりも10,000円以上も安くなる

特にドコモでは月額費用が安くなる新料金プランを発表したばかり。

今後は新たに端末購入の補助プランも発表される事が明らかになっているので、決してドコモだから高いという訳ではありません。

日本ではまだXperia1の発売は公式に発表されていませんが、「すぐに機種変更をしたい」という方は「ドコモwith」の対象機種であれば最安値で機種変更することができます。

尚、今回発表された新プラン導入に伴い、ドコモは2019年5月31日で「docomo with」の受付を終了するとアナウンスしています。

今ならまだ駆け込みで間に合いますので、安くスマホを持ちたい方はお急ぎ下さい!

ドコモwithの対象機種を見る