本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

Galaxy S8の寿命は何年?バッテリー劣化のサインはコレだ!

Galaxy S8の寿命は何年?バッテリー劣化のサインはコレだ! アイキャッチ

ここではGalaxy S8が何年使えるか?スマホの寿命をカンタン解説。

新しい機種へ買い替えをするタイミングなど参考にご確認ください。

※2024年3月29日時点の情報です。最新の情報は必ず公式サイトご確認ください。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
超最新モデルが激安スタート

2024年春夏モデルが発表直後から大幅値引き!期間限定なので狙っていた人はお早めに。
※Google Pixel 8aの適用条件はこちら
※Xperia 1 VIの適用条件はこちら
※Galaxy S23 FEの適用条件はこちら

 

さらにオンライン限定で
最大27,500円OFFセール開始

『5G機種変更おトク割』で5,500円割引+『auマネ活プラン』加入で11,000円~最大22,000円割引となります(※)。期間限定なので狙っていた人はお早めに!
※対象期間:2024年5月10日~6月30日まで
※「auマネ活プラン5G」シリーズ以外の場合スペシャルセールは5,500円割引

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 開催中のキャンペーン一覧 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年6月14日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

Galaxy S8の平均寿命は約4~5年

GalaxyS8

使用頻度や利用状況によっても変わりますが、Galaxy S8の平均寿命は

平均約4~5年

と言われています。

余談ですが、Androidスマホは正式に発表していないものの、AppleはiPhoneの寿命を「3年」と公表しています。

実はスマホって端末の価格が高い割に寿命が短いんですよね・・・

4~5年でただちに使用できなくなるわけではありませんが、以下のサインが出できたら寿命が近づいていると思っておきましょう。

寿命が近づいているサイン

・充電がすぐに減る
・突然シャットダウンする
・画面が暗い、反応しない
・ネット接続が遅い
・非対応のアプリが増えた

尚、これらの症状が出る一番の原因は「バッテリーの劣化」です。

 

一番わかりやすい寿命サインはバッテリーの劣化

スマホは寿命が近づくと、充電や電池関連で様々な症状が出てきます。

スマホ賢者
バッテリーは使えば使うほど劣化する消耗品。バッテリーの寿命は約1~2年と本体の寿命よりもさらに短いのじゃ。

まだ充電残っているのに満充電にしたり、充電したまま長時間の動画視聴やゲームをする事もあるかと思いますが、こういった使い方を繰り返すとどうしてもバッテリーは劣化しやすくなります。

◆電池パックが膨らんできたら危険信号
電池が劣化したままの状態で使い続けると、徐々に電池が膨らんできて画面を押し上げてげてきます。
特に発熱を伴う場合は出火の危険もあるので、この状態になる前にすぐ交換をしましょう。

 

Galaxy S8のバッテリー交換費用

バッテリー劣化が原因の場合、バッテリー交換で一時的に改善することはあります。

Galaxy S8バッテリー交換費用相場

9,800円~14,000円
※スマホ修理業者HP参考の相場価格

ただし、バッテリー交換で一時的に改善しても1~2年でまた同症状が出る可能性が高いので、あくまでも一時的な延命と考えておきましょう。

また、端末が古くなると使えるアプリが少なくなったり、メーカーサポートが終了になります。

完全に寿命を迎える前に今から買い替えの準備を進めておくことをオススメします。

\ 各キャリアのオンラインショップはこちら /

 

ポイント

急にスマホが使えなくなると連絡手段が無くなりますし、写真やアドレスのデータが消える場合もあります。異変を感じたらまずはデータのバックアップを!

 

Galaxyのアップデートは約4年で終了

Galaxyを使っていると定期的に「アップデートをしますか?」というメッセージが出ると思います。

Androidのアップデートを行うことで、不具合の改善や新機能の追加となるので案内が出たらアップデートは積極的に行いましょう。

注意

メーカー(SAMSUNG)がアップデートを約束しているのは発売から4年まで。以降は基本的にアップデート対象外機種になってしまいます。

対象外になっても使い続けることはできますが、セキュリティ面や動作に不安が残ります。

寿命とは少し違いますが、これもスマホを買い換えるタイミングの目安です。

 

Galaxy S8から機種変更するなら?

Galaxy S23

おススメは2023年4月発売のGalaxy S23。Galaxy S8の後継機で、性能面で大幅な進歩があります。

●カメラ性能UP!さらにキレイ&自然に撮影
Galaxy S10の1200万画素からS23では5000万画素に増え、低照度環境での撮影性能も向上しています。デジタルズームはGalaxy S10の10倍 ⇒ S23では最大30倍となり、より詳細な撮影が可能になりました。

●長持ちバッテリー&サポート保障
電池容量はさほど増えていないように見えますが、新開発の省エネ技術で使用時間が大幅に延長。新しいプロセッサーは電力効率が高いため、バッテリー寿命も長くもちます。

またGalaxy S23は4世代のOSバージョンアップが保証されているので、長く使える1台になりました。

 

Galaxy S23のスペック

機種名 Galaxy S23
本体画像
発売日 2023年02月17日
ディスプレイサイズ 6.1インチ
OS One UI 5.1 (Android 13)
チップセット Snapdragon 8 Gen 2
(4nm)
容量 128GB
256GB
メモリ(RAM) 8GB
本体サイズ 70.9 × 146.3 × 7.6mm
重さ 168g
メインカメラ 5000万画素
フロントカメラ 1200万画素
カラー ・Lavender
・Cream
・Phantom Black
・Green
・Lime
・Graphite
電池容量 3900mAh
顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電

Galaxy S8が発売されたのは2017年で、S23が発売されたのは6年後の2023年。プロセッサーとバッテリーは6年で大幅に進化しています。

またS23へ機種変更すれば性能UPだけでなく、5G通信と最新バージョンのAndroid OSに対応する大きなメリットがあります。

 

Galaxy S23を買うならどこがいい?

2024年1月26日時点の販売価格は以下の通りでした。

キャリア 一括購入
価格
端末購入プログラム
適用価格
au 114,800円
→109,300円
5,500円割引
2,580円× 1回
2,560円×22回
(総額58,900円)

※50,400円お得!
ドコモ 136,620円
3,185円×23回
(総額73,260円)

※63,360円お得!
ソフトバンク
なし

なし
楽天モバイル 147,700円
→6,000円割引!
→3,000Pt還元!

なし
※通常の分割

一括購入の価格を見るとauが安いです。また楽天モバイルは147,700円と少々高価に設定されています。一括購入を検討している方にとっては、ドコモかauの選択がより経済的と言えるでしょう。

さらに、分割払いを利用した端末購入プログラムを見てみると、auの58,900円が最も低価格で、分割購入を考えている方にはauが最も手頃な選択となりそうです。

 

/ 各キャリアのオンラインショップはこちら ╲

-Galaxy
-, , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.