【アップルケア】iPhone保証は損?代わるスマホ保険みっけw

iPhoneの保険「アップルケアプラス」に入ると損!?

これまでに6台のiPhoneを買い替えてきた私が、新しいiPhoneに機種変更する時に必ず直面する

「保証(アップルケア)に加入するか問題」

自然故障であれば1年間のメーカー保証を使えますが、万一の落下や水没などの時に実費を請求されるのは痛い!

もちろん加入してた方が安心だけど、スマホの保険に22,800円(iPhone11の場合)も払いたくない・・・

そんな事を考え、結局私はiPhone11の機種変更時Apple Care+には入りませんでした!

私がアップルの保険に入らなかった理由は以下の通り

私がApple Care+に加入しなかった理由①一括22,800円は高すぎる
②頑丈なスマホケースを装着しているので落下破損の心配は少ない
③強化ガラスの保護フィルムを貼っているので画面はまず割れない
④iPhone11は防水性能が上がっているので水没しにくい
⑤もっと良いスマホ保険を見つけちゃったw

結論から言うと最大の理由はなのですが(笑)

ケースや保護ガラスを装着しているとは言っても、それでも「絶対」はありません。

という訳で万が一のことを考え、アップルケア以外のスマホ保険を探してみたところ・・・

実は民間の保険会社がやっている月額が安くて保証が充実している「モバイル保険」というものを見つけちゃったんです!

メリットが多すぎたのでモバイル保険に入った

モバイル保険」は月額700円で加入できるスマホの保険。

修理金額が年10万円以内であれば自己負担はありませんし、年10万円に到達するまで何度でも保険が適用されます。

モバイル保険のメリットをまとめるとこんな感じです↓

モバイル保険のメリット
  • 月額700円という保険料の安さ
  • 修理代金10万以内なら自己負担額0円
  • 年間10万円以内なら何度でも使える
  • スマホ以外のモバイル機器も保険対象
  • 追加料金なしで1契約3台まで登録できる
  • 破損・水没・盗難にも対応
  • いつでも好きな時に保険を解約できる

逆にデメリットはこれだけ↓

モバイル保険のデメリット
  • 紛失の場合は保険対象外
  • 修理不能の場合は25,000円までの保証
  • 国内で起きた事故のみ対応

AppleCare+と比較するとこんなに違いました!

モバイル保険 Apple
名称 モバイル保険 AppleCare+
対象機器 スマホ
タブレット
ノートバソコン
スマートウォッチ
音楽プレイヤー
携帯ゲーム機
モバイルルーター
Apple製品
契約台数 1契約3機種まで
(主端末1台、副端末2台)
1契約1機種
月額料金 700円 1,066円~1,900円
保証内容 主端末:年10万円まで
副端末:年3万円まで
代替機と交換 
自己負担額 0円 3,400円~11,800円 
保証回数 無制限  年2回まで
水没  ○  ○
破損  ○  ○
紛失   ×  ○
盗難  ○  ○

アップルケアよりも掛け金は少ないのに、修理が必要になっても免責を超えた自己負担は10万円を超えなければ発生しないんです。

さらに1契約で3台まで登録できるので、家族のスマホやノートパソコンなども一緒に保険登録しちゃいましたよ(*´ω`*)

10万円の修理ってどこまで対応できるのか?

月額700円の掛け金で10万円まで保証のモバイル保険。

具体的に10万円の修理ってどこまで対応できるのでしょう?

iPhone11の修理金額を例で見ますと、

iPhone11の修理金額
(例:ドコモ参考)
液晶割れ 21,800円
その他修理 43,800円

と、10万円までの保証であれば年に2回分の修理はカバーできるという事になります。

他にも携帯ゲーム機やノートパソコンも保証対象に含まれるので、実費で修理することを考えれば損じゃないと思いませんか?

AppleCare+(For iPhone)の保証内容

それでは「AppleCare+(アップルケアプラス)」の保証内容をおさらいも兼ねて確認してみましょう!

「アップルケア」と「アップルケアプラス」は根本的に違う

アップルケアプラスを解説する前に、多くの方が勘違いしている事の補足から。

iPhoneを購入した場合は必ず「1年間の製品保証」「90日間の無料電話サポート」が全機種に付いています。

ただ、この保証は自然故障に限定され、破損や水没などユーザー過失の場合は実費での修理が必要となります。

この保証のことを「アップルケア」と言っている人が多いのですが、これはいわゆる「メーカー保証」

厳密には「アップルケア」は現在Apple TVにしか適用されていないため、「iPhoneにアップルケアを適用・・・」というのはそもそも間違いなんです。

賢者賢者

「AppleCare Protection Plan」の事を略して「アップルケア」と言っている者もおるが、これはMac(パソコン)に適用される保証。ゴッチャにならんように。

アップルケアプラス(AppleCare+)とは?

話を戻しますね。

「アップルケアプラス」はiPhoneに付けられる保証で、上で紹介した「1年間の製品保証」と「90日間の無料電話サポート」を2年間に延長するプランです。

加えて、ユーザー過失の「破損修理を2回まで保証(修理代金の割引)」、代替機が最短で届く「エクスプレス交換サービス」が利用できるようになります。

アップルケア+の保証内容

  • 保証期間を1年から2年に延長
  • 電話サポート期間延長
  • エクスプレス交換サービス

アップルケアプラスの加入料金は機種によって異なり、支払い方法は一括払いのみとなっています。

AppleCare+加入料
iPhone 11 Pro Max  22,800円
iPhone 11 Pro  22,800円
iPhone 11 16,800円
モバイル保険
(全機種共通)
16,800円(分割可)

尚、アップルケアプラスはいつでも好きな時に加入できるわけではなく、端末購入後30日間しか申し込むことができません。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアでも申し込み可能ですが、キャリアでの加入は端末を購入時のみに限定されます。

賢者賢者

Apple Care+はあとから「やっぱり入りたい」と言っても一切受け付けてもらえんのじゃ。事前に「入る」「入らない」は決めておいたほうが良いぞい

アップルケアプラス加入時の修理金額

それではiPhone11シリーズを例として、アップルケアプラス加入時と非加入時の修理金額の違いを見ていきましょう。

ここでは分かりやすいようにモバイル保険も入れて比較してみますね。

液晶割れの修理金額

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro MAX
AppleCare+未加入 21,800円 30,400円 35,800円
AppleCare+加入 3,400円
モバイル保険 0円

iPhone11は保険に加入していないと、液晶割れでも2万~3.5万円の高額修理となってしまいます。

アップルケアプラスに加入していた場合は機種の区別なく一律3,400円ですが、モバイル保険の場合は0円

モバイル保険は年間10万円まで0円で修理ができるので、逆に言えば年3回までは液晶割れを0円で修理できるということになります。年3回も液晶割れさせることはまず無いと思いますが・・・(汗)

液晶割れ以外の修理金額

続いて液晶割れ以外の修理金額です。

液晶割れ以外の修理とは、本体の破損や水没などのユーザー過失修理を指します。

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro MAX
AppleCare+未加入 43,800円 59,800円 64,800円
AppleCare+加入 11,800円
モバイル保険 0円

アップルケアプラスに加入していると、液晶割れ以外の過失修理でも一律11,800円の支払いが必要となります。

対してモバイル保険なら負担額は0円

毎月700円の保険料を払っておけば、以降はスマホ修理代金の費用を気にすることはありませんね。

スマホを安心して使うために「保険」は必要!

スマホを破損させたり水に落としたりという事は滅多にありません。それでも「万が一」は誰にでも起こります。

保険に入っていなかったために、10万円近くをかけて書い直す事を考えるとゾッとしませんか?

スマホへの保険料をあまりかけたくない方は、私も加入した「モバイル保険」はオススメですよ。

モバイル保険についてまとめるとこんな感じです。

POINT!

  • 保険料は月額700円(年払いも可)
  • スマホ以外のモバイル機器も登録できる
  • 主端末と副端末で計3台まで登録可
  • 主端末の上限は10万円/年まで保証
  • 副端末の上限は2台合計で3万円/年まで保証
  • いつでも解約ができる

モバイル保険はオンラインで簡単に加入することが可能。

「○年縛り」のような最低利用月もありませんので、解約したい時はオンラインでいつでも簡単に手続きができます。

購入から1年が経過したり、端末が動かなくなると加入できなくなりますので、落下や水没が心配な方は早めに入っておきましょう!

ちなみに私は保険料=安心料だと思い、割り切って加入しています( ´∀`)b