Galaxy Note10+ドコモの発売日&価格情報│2019年10月

2019年10月11日(金)ドコモが「2019年冬モデル/2020年春モデル」を発表。

ラインナップには、「Galaxy Note10+(ギャラクシーノートテンプラス)」(SC-01M)も含まれており、前作のNote9から約1年ぶりの発売。

日本での発売日(予約開始日)と販売価格は…

《予約開始日》2019年10月11日(金)
《発売日》2019年10月18日(金)
《販売価格》約121,176円

発表されています。

尚、前作のNote9同様、Galaxy 10+の販売キャリアは「ドコモ」と「au」の2社となります。ソフトバンクユーザーは残念ながら今回もお預けとなっていまいましたね。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ギャラクシーノート10+(SC-01M)のスペックを比較

まずはGalaxy Note10+のスペックから見ていきましょう。

違いを比較しやすいよう、海外で既に発売されている「Galaxy Note10」のスペックも掲載します。

Galaxy note10
※日本未発売
Galaxy note10+
※ドコモ/auで発売
ディスプレイ 6.3インチ
有機ELディスプレイ
6.8インチ
有機ELディスプレイ
OS Android9
プロセッサ Snapdragon855
メモリ(RAM) 8GB(LTE)
12GB(5Gモデル)
12GB
ストレージ容量 256GB
メインカメラ トリプルカメラ
(超広角・広角・望遠)
クアッドカメラ
(超広角・広角・望遠・ToF)
フロントカメラ 1,000万画素 Selfieカメラ
生体認証 超音波指紋認証、顔認識
防水/防塵性能 ◯ IP68
バッテリー容量 3,500mAh 4,300mAh
本体サイズ 151 × 71.8 × 7.9(mm) 162.3 × 77.2 × 7.9(mm)
重量 168g 197g
カラー オーラグロー、ブラック、ホワイト、ピンク、レッド ブラック、ホワイト
その他 Sペン付属、高速ワイヤレス充電、ワイヤレスパワーシェア、Bluetooth V5.0

Galaxy Note10/10+ SAMSUNG公式動画

Galaxy Note10+ディスプレイのサイズは6.8インチ

海外で発売されたGalaxy Note10のディスプレイサイズは「6.3インチ」。

対して、日本発売の「Note 10+」のディスプレイサイズは「6.8インチ」と海外モデルよりも若干ディスプレイが大きくなっています。

ちなみに前作の「Galaxy Note 9」のディスプレイサイズは「6.4インチ」でしたので、前作よりも画面が大きくなっていますが本体は「薄く」&「軽く」なっているようです。

ディスプレイ上部は極限までベゼルレス化

Galaxy Note10+は、可能な限り画面のフチを取り払ったベゼルレスディスプレイが特徴的なモデルです。

筐体の幅ギリギリまでディスプレイ領域が広がっているので、特にカメラ撮影をした時はまるで風景をそのまま切り取ったような錯覚になるほどベゼル幅が気にならない設計になっています。

尚、インカメラは中央部分のパンチホール式を採用しています。

発表前までこの部分は、ノッチ式になるか?ホップアップ式を採用?という様々な憶測が飛び交いましたが、結局パンチホール式で落ち着いたようですね。

生体認証は「顔」と「指紋」のダブル認証

Galaxy Note10/10+の生体認証は「顔認証」と「超音波指紋センサー」のダブル認証方式を採用しています。

もちろんどちらか一方でも設定できますし、認証が上手く行かない場合は、パターン・PIN・パスワードでもロック解除可能です。

尚、歴代のNoteシリーズで採用されていた「虹彩認証」の搭載はなし。今回は指紋と顔のダブル認証になりそうです。

搭載するプロセッサは2種類を確認

Galaxy Note10のプロセッサはQualcomm社の「スナップドラゴン855」です。

「A12バイオニック」やHuawei社の「Kirin980」に劣らない性能を持っていて、日本でもこのチップセットが採用される見込みです。

SAMSUNGとしては自社チップを搭載したスマホでリリースしたい気持ちはあるでしょうね。

ギャラクシーNote10 Plus(SC-01M)のSペンが超進化している

Noteシリーズの代名詞となる「Sペン」にももちろん対応します。

従来式と同様にSペンは本体へ収納可能ですし、Note9で好評だった「リモコンシャッター」などの遠隔操作にも対応しています。

筆圧は4,096段階で認識するので、お子さまの簡単なお絵かきから本格的な絵画作成まで、幅広い用途で使用できます。

防水性能搭載のSペンで遠隔操作が進化

Sペンのボタンスイッチを長押しでカメラが起動、1回クリックでシャッター、2回クリックでインカメラ切り替えなど、Sペンのジェスチャーだけで様々な操作に対応しています。

まるで指揮者にでもなったかのように、スマホを自由に遠隔操作できるのは便利ですし、何よりも楽しいですよ。

ギャラクシーノート10プラスの特徴・仕様

ドコモのスマホ史上最大バッテリー容量

Galaxy Note10+に搭載されているバッテリーサイズは「4,300mAh」と、これまで発売されたドコモのスマホの中でも最大です。

バッテリー容量が大きいということは電池の持ちも長くなっています。

さらに、45Wの急速充電器も付属しているため、充電時間が早いのも特徴。電池が空の状態でも1時間で満充電が可能です。

外部メモリ(SDカード)は1TBまで対応

Galaxy Note10+は従来同様SDカードにデータを保存することができます。

これまでは512GBまでのメモリーカードが主流でしたが、Note10+では「1TB」までのSDカード対応となりました。

本体メモリ(ストレージ)容量が256GBなので不安でしたが、外部メモリを使うことで容量不足の心配はなさそうです。

Galaxy Note10+の本体カラーは「2色」

Galaxy Note10+の本体カラーは「オーラブラック」「オーラホワイト」の2色

海外モデルのGalaxy Note10は5色とバリエーション豊かでしたが、日本モデルのNote10+は無難な人気カラーのみとなりました。

Galaxy Note10/10+からイヤホンジャックが消えた!

今回発表されたGalaxy Note10/10+には、Note9まであったイヤホンジャック端子がキレイに無くなっています。

このため、Note10ユーザーは有線イヤホンを直差しして音楽を聞くことが出来ず、無線イヤホンかUSB Type-C接続でイヤホンを使う形となります。

どうしても3.5mmジャックに刺してイヤホンを使いたかった・・・という方は涙を飲んで前モデルのNote9で我慢するしかなさそうです。

Galaxy Note10+(プラス)はレンズ4つのクアッドカメラ

Note10+は縦に3つのレンズ(広角・超広角・望遠)に加え、深度カメラ(ToFレンズ)搭載なので、3レンズ+1レンズの4レンズ(クアッドカメラ)となります。

Galaxy note10+
カメラ位置
カメラ名称 ①1,600万画素(超広角)
②1,200万画素(広角)
③1,200万画素(望遠)
④DepthVision(深度)

Galaxy Note10+に採用されている④のDepth visionカメラは日本語に直すと「深度カメラ」

④のレンズとセンサーで被写体まで距離を測って撮影することができるので、「近くにあるもの」「遠くにあるもの」の認識が可能になり、よりキレイに背景ボケの撮影をすることが出来ます。

動画撮影も背景ボケの撮影ができる

良い感じに背景をぼかして被写体を浮き立たせる撮影ができる「ポートレートモード」は一般的に静止画が対象となりますが、Galaxy S10+では動画も背景ぼかしに対応しています。

このような撮影ができるのも、4つ目のカメラとして新しく搭載された「深度カメラ」があるおかげなんですね。

動画撮影時でも狙った音を逃さない

動画撮影時にズームをすると、ズームをした場所の音を拾う「オーディオズーム機能」を搭載しています。

これにより、演奏や講義(演説)など周りの騒音を気にせずに狙った音を撮影することができます。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ギャラクシーノート10 ドコモ・auの販売価格はいくら?

Galaxy Note10+の販売価格は、キャリアによって違いがあります。

販売価格 割引プログラム適用価格
ドコモ(SC-01M) 121,176円
(3,366円×36回)
80,784円
(3,366円×24回)
au(SCV45) 118,800円
(2,475円×48回)
59,400円
(2,475円×24回)

やはり人気のGalaxy Noteシリーズなので10万円を超えてきます。

ただ、ドコモには「スマホおかえしプログラム」があるので約3割引

auでは「アップグレードプログラムDX 」が使えるので約半額で購入することができるのでお得!

一括購入でも金額は変わりませんが、割引プログラムを使うことができないのでご注意ください。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

Galaxy Note10の予約開始日/発売日はいつ?

これまでの傾向から、Galaxy Note10が海外で発売された場合、数ヶ月遅れで日本でも発売されています。

ちなみに過去モデルのGalaxy Note8、Note9の日本での発売日はそれぞれ以下の通りでした。

Galaxy Note8(ギャラクシーノート8)
発売日:2017年10月26日(木)
Galaxy Note9(ギャラクシーノート9)
発売日:2018年10月25日(木)

この流れを見ると、毎年10月の最終木曜日にNoteシリーズが日本で発売されていることが分かります。

ということで、私はGalaxy Note10+の発売日を2019年10月31日(木)と予想していましたが、2週間前倒しで

【発売日】2019年10月25日(金)

と発表されました。

尚、予約開始日は例年どおり発売の約2週間前なので、

【予約開始】2019年10月11日(金)

です。人気モデルなので気になる方は早めにチェックをしておきましょう!

Galaxy Note10+の予約>購入>応募でGalaxy Budsもらえる

2019年夏モデルで好評だった、Galaxyのワイヤレスイヤホンプレゼントキャンペーンですが、今回も行われるようです。

このGalaxy Budsは耳へのフィット感も良く、音質もかなり良い高品質のイヤホンです

普通に購入すると14,000円もするのですが、Galaxy Note10+を予約購入しキャンペーンに応募すると必ずもらえます

2019年10月24日(木)までに予約した方が対象。発売が開始されると同時にキャンペーンが終了となるのでお早めに!

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは「東京2020オリンピック 応援に行こうキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年7月24日(水)~2019年10月31日(木)

キャンペーン期間中は開会式のチケットや競技観戦チケットが当たったり、他では手に入らない限定応援グッズがもらえたりと超お得!

ドコモで機種変更を検討中の方は早めにチェックをしてみてくださいね。

ドコモ「東京2020オリンピック」キャンペーンの詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,500円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!

Galaxy Note10 ドコモの在庫状況

※ドコモで発売開始後、情報が入り次第こちらに掲載致します。