ギャラクシーノート10の予約日はいつ?価格と発売日を予想!

サムスンの次のモデルとなる「Galaxy Note10(ギャラクシーノートテン)」ですが、現在出ているリーク情報や、海外の噂を中心にスペック等をご紹介します。

尚、気になる日本での発売日(予約開始日)と販売価格ですが、

《予約開始日》2019年10月18日(金)
《発売日》2019年10月31日(木)
《販売価格》約150,000円~

と私は予想していますので、その根拠についても下で詳しく説明しますね。

※尚、ここに掲載されている情報は、あくまでも発表前の予測となります。
メーカーから正式発表があり次第、随時情報を更新しますが「主観」の部分も含まれることをご了承下さい。

ギャラクシーノート10の新機能とスペック

Galaxy note10
ディスプレイ 6.28インチ
6.75インチ
QHD AMOLEDディスプレイ
OS Android9.0 Pie
プロセッサ Snapdragon 8150 もしくは
Exynos9820
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ容量 128GB
256GB
512GB
外部メモリ 不明
メインカメラ トリプルレンズカメラ
1,200万画素+1,600万画素+1,300万画素
サブカメラ ポップアップカメラ
1,200万画素
生体認証 指紋認証、虹彩認証、顔認識
防水/防塵性能 ◯ IP68
バッテリー容量 4100mAh
本体サイズ 不明
重量 不明
カラー 不明
その他 5G通信に対応
ワイヤレス充電(逆充電)に対応

ディスプレイのサイズは2種類ありそう

Galaxy Note10のディスプレイサイズは「6.28インチ」と「6.75インチ」という2種類のリーク情報が確認されています。

現在日本でも発売されている、Galaxy Note 9のディスプレイサイズは「6.4インチ」なので、それを基準に「大きい」「小さい」の2種類をリリースするようです。

「6.28インチ」の小さい画面の方がGalaxy Note 10e
「6.75インチ」の大きい画面がGalaxy Note10

という別々の機種で発売される噂もありますので、ハイエンド&ミドルレンジで差別化をする可能性もあります。

極限までのベゼルレス化で表示領域アップ

Galaxy Note10のレンダリング画像を見ると、上下までディスプレイの表示領域が広がり、極限までベゼルレス化していることが見て取れます。

Galaxy Note9は上下に黒い部分が残っていましたが、これは筐体上部にインカメラのレンズがあるので、どうしてもこれ以上ディスプレイサイズを大きくすることができなかったんですね。

ではNote10のインカメラレンズはどこに行ったのさ?と疑問に思いませんか?

実は以外なところからひょっこり出てきます(笑)

インカメラはホップアップ式?

Note10はディスプレイ部からインカメラを取り、カメラ撮影時に筐体上部からひょっこり顔を出す「ホップアップ式」を採用するようです。

他社のスマホはインカメラの部分だけ切り込みが入る「ノッチ式」や、レンズ部分だけを丸くくり抜く「パンチホール式」などが主流となっていますが、この方法だとディスプレイの表示領域が欠けたり、一部表示しない部分もあるので結構不評だったりもします。

今回Note10に採用される「ホップアップ式」のサブカメラがメジャーになれば、ベゼルレス化を待望するユーザーが歓喜しそうですね。

自撮りやTV電話を使わない私にとっては、もはやサブカメラは不要なのでホップアップ式になってくれたら嬉しいです。

顔+指紋+虹彩のトリプル認証は継続しそう

歴代のNoteシリーズでお馴染みとなっている「顔」「指紋」「虹彩」のトリプル認証でのロック解除は引き続き採用しそうです。

特に虹彩(こうさい)は目の中にある線状の膜で、仮に同じDNAを持っている一卵性双生児でも膜のパターンは違い、偽造は難しいと言われています。

話は少し逸れますが、2019年2月から海外で発売されているGalaxy S10には、精度が高いと言われる「超音波式」のディスプレイ指紋認証センサーが採用されました。

しかし、海外の動画投稿サイトには、ワイングラスから採取した指紋を3Dで形成し、透明な板に印刷をしたものでも、GalaxyS10のロック解除ができる様子をアップしています。

I attempted to fool the new Samsung Galaxy S10’s ultrasonic fingerprint scanner by using 3d printing. I succeeded.

こんな事をするのはルパンだけかと思っていましたが、少なくともiPhoneのような「静電式」の指紋認証には無い脆弱性が明るみになり、SAMSUNGはより強固な認証方法の採用を迫られるかもしれませんね。

搭載プロセッサの情報は迷走中のようだ

Galaxy Note10に搭載するプロセッサの情報は、現時点で大きく2つが候補に上がっているようです。

1つはこれまでのNoteシリーズにも搭載されている「スナップドラゴン」の8150。そしてもう一つがSAMSUNGが開発したチップ「Exynos9820」です。

尚、どちらのチップもiPhoneに使われている「A12バイオニック」やHUAWEY社の「Kirin980」に劣らない性能を持っていて、どちらのチップが採用されるかは今後明らかになると思います。

SAMSUNGとしては自社チップを搭載したスマホでリリースしたい気持ちはあるでしょうね。

Note10はもちろんSペンに対応

Noteシリーズの代名詞となる「Sペン」にももちろん対応します。

従来式と同様にSペンは本体へ収納可能ですし、Note9で好評だった「リモコンシャッター」の機能も継承されると見ています。

しかし、一部レンダリング画像にはSペンにカメラレンズが仕込まれているのですが…

日本でこれを発売すると色々と面倒くさいことになりそうなので、恐らく実現は難しいかと。

ただ、前モデルよりもディスプレイサイズが大きくなっているようなので、メモ書きや絵描きなどでSペンを使う用途は増えそうですね。

Note10は「5G対応版」と「LTE版」があるらしい

韓国電子新聞の情報によると、Galaxy Note10は5G通信に対応すると報じられています。

ただ、現時点では日本のように5Gのインフラが整備されていない国も多くあるので、同じNote10だとしても「5G版」と「4G(LTE)版」の2パターンが用意されるということ。

となれば、Note10はディスプレイサイズが違う2種類(Note10とNote10e)があるので、

①6.28インチ「4G(LTE)」タイプ・・Note10e(4G)
②6.75インチ「4G(LTE)」タイプ・・Note10(4G)
③6.28インチ「5G」タイプ・・Note10e(5G)
④6.75インチ「5G」タイプ・・Note10(5G)

のように合計4機種が同時リリースされる見込みです。

まぁ、日本で買えるのは①と②だけなんですけどね・・・

ギャラクシーノート10の価格はいくら?

そして気になるのが、ギャラクシーノート10は一体いくらで販売されるのか?という点ではないでしょうか?

これまでのNoteシリーズの販売価格の傾向や、海外の情報を基にGalaxy Note10が日本で発売された場合の販売価格を考察してみましょう。

まずソースとして参考にしたのが、海外のモバイルニュースサイト。

《和訳》
サムスンギャラクシーノート9は最も低い構成のために899ポンドで売りに出されました、そしてその後継者が値下げをすると疑う理由はありません。

この記事によるとNote10はNote9が販売された時の価格(899ポンド≒約130,000円)よりも上になると推測。

ということはNote10の日本販売価格は安くても約13万円。機能が大幅に進化した最新モデルということを考えると、15万円~が妥当な線ではないでしょうか。

尚、2018年10月に発売されたNote9の販売価格は、現在999ドル≒約111,000円まで下がっていますが、半年経ってもあまり値下がりはしないんですね。

Galaxy Note10の予約開始日/発売日は2019年10月?

これまでの傾向から、Galaxy Note10が海外で発売された場合、数ヶ月遅れで日本でも発売されています。

ちなみにNote8、Note9の日本での発売日は以下の通り。

Galaxy Note8(ギャラクシーノート8)
発売日:2017年10月26日(木)
Galaxy Note9(ギャラクシーノート9)
発売日:2018年10月25日(木)

この流れを見ると、毎年10月の最終木曜日にNoteシリーズが日本で発売されていることが分かります。

ということは、Note10も2019年10月の最終木曜日に発売されるはず!(安易)

 

ということで、2019年10月のカレンダーを調べてみると・・・

 

ここだ!!

ということで、日本でGalaxy Note10が発売されるとしたら、発売日は

2019年10月31日(木)※予想

になると私は思っています。

尚、予約開始日は例年、発売の約2週間ほど前なので、

2019年10月18日(金)予約開始 ※予想

ただ、大前提としてこの予想はGalaxy Note10が日本で発売された場合の予測です。

現時点では発売されるかも未定の状態なので、その辺はご了承ください。

値段次第のところはあるけど、きっと日本で発売したら売れると思うけどなー|д゚)チラッ

Galaxy Note10 ドコモの在庫状況

※発売開始後、情報が入り次第こちらに掲載致します。

 

すぐに機種変更したい人は「Note9」がオススメ!

日本での発売がいつになるかわからない「Galaxy Note10」の発売を待つよりも、最新機種の「Note 9」を安く買えるキャンペーンを狙ってみてはいかがでしょうか?

いまドコモでは2018年10月に発売された「Note9」に2つの大きな割引が入るので、実質46,008円引きで購入することができます。

割引① 月々サポート -40,824円
割引② SPECIAL特典(オンライン限定) -5,184円
割引額合計 -46,008円

この割引を適用することで、総額121,176円のNote9が、月額3,348円×24回=80,352円まで安くなります。

割引の適用には指定プラン加入、および2年定期契約(自動更新)が必要。途中解約時は10,260円(税込)の解約金が発生しますのでご注意下さい。

さらに今使っているスマホを下取りに出せば、最大で54,000円分のポイントも付くので超お得ですよ。

ちなみに「Note10」と「Note9」のスペックを比較するとこんな感じです。

Galaxy note10 Galaxy Note 9
ディスプレイ 6.28インチ
6.75インチ
QHD AMOLEDディスプレイ
6.2インチ
Quad HD+/QHD+
OS Android9.0 Pie Android 8.1
プロセッサ Snapdragon 8150 もしくは
Exynos9820
Snapdragon 845
メモリ(RAM) 6GB 6GB
ストレージ容量 128GB
256GB
512GB
128GB
512GB
外部メモリ 不明 microSDXC(512GB)
メインカメラ トリプルレンズカメラ
1,200万画素+1,600万画素+1,300万画素
ダブルレンズカメラ
1,220万画素+1,220万画素
サブカメラ ポップアップカメラ
1,200万画素
広角レンズ 77+望遠レンズ
生体認証 指紋認証、虹彩認証、顔認識 指紋認証、虹彩認証、顔認識
防水/防塵性能 ◯ IP68 ◯ IP68
バッテリー容量 4100mAh 4000mAh
本体サイズ 不明 76.4×161.9×8.8(mm)
重量 不明 201g
カラー 不明 ブラック/ブルー/パープル

上でも書きましたが、Note10の発売は早くても2019年の10月後半

そして海外で発売があっても、日本では発売しない可能性も充分にあります。

もし現在、新しいスマホへ機種変更を考えているのであれば、安く購入できる「Galaxy Note9」が絶対にお得です!

SPECIAL特典の割引は期間が決まっていますので、気になる方は早めにチェックをすることをオススメします。