iPhone13 どこで買う?販売店舗よりお得に買う方法は?

 

iPhone13を購入したいけど、お得に購入する方法を探していませんか?
この記事はスマホをお得に購入するための紹介やメリット、デメリットについてまとめています。
参考Photo:Tech Limited/Twitter

こんな方におすすめ

  • iPhone13をお得に購入したい
  • スマホは店舗とネットの違いを知ったうえで検討したい

iPhone13 どこで買う?おすすめの購入先はオンライン

スマホ悩む男性

iPhone13を購入したいと考えたとき候補としてあげられるのは下の5つだと思います。

購入先

・公式オンラインショップ
・携帯ショップ(キャリア)
・家電量販店
・中古販売店
・フリマアプリ

その中でもオススメはドコモオンラインショップです。

簡単に特徴を表にまとめてみました。

価格の
安さ
待ち
時間
在庫数 相談 下取り
携帯ショップ × ×
家電量販店 ×
中古販売店 × ×
フリマアプリ × ×
オンラインショップ

この比較表を見ると一目瞭然。

ここからはなぜドコモオンラインショップで買うのがオススメなのか、
逆に店舗で購入したほうがいい人はどんな人なのか詳しく解説していきます。

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

店舗ではなくオンラインショップがオススメの理由

オンラインショップがオススメのポイントは5点あります。

オススメポイント

・オンラインショップは在庫が豊富!
・24時間受付、待ち時間は0分!
・3000円以上する事務手数料が無料!
・高額な頭金なし!
・煩わしい勧誘を受けることもない!

販売店との大きな違いは2つあります。

ココがポイント

時間的メリット

金銭的メリット

 

ここから詳しく解説していきます。

オンラインショップを使う時間的メリット

まずは時間面についてのメリットをお伝えします。

 

在庫が豊富

オンラインショップでスマートフォンを購入しようとした時を思い出してください。

・売り切れで違う機種を購入した。
・複数店舗探したけど在庫切れで諦めた。
・欲しい色がなくて仕方がなく他の色にした。

このようなことはありませんでしたか?

ドコモオンラインショップは全国に配送できるように在庫数を潤沢に持っています。

店舗に在庫がなくてもオンラインなら在庫があるという事も少なくありません。

 

待ち時間ゼロ、24時間対応可能

仕事で忙しくて販売店になかなかいけないという方も多いのではないでしょうか?

オンラインならその心配はありません。

24時間、待ち時間なしで欲しいスマートフォンを購入できます。

これなら普段から忙しい社会人や学生も時間を気にせず購入できますね。

 

オンラインショップを利用する金銭的メリット

ここからは金銭面についてのメリットをお伝えします。

 

オンラインショップは事務手数料が無料になる

店舗でiPhone13 を買おうと思ったときは事務手数料3,300円が必ず発生します。

ドコモオンラインショップで購入すれば事務手数料が「無料」になります。

 

 

高額な頭金の支払いが不要

スマホ購入するのに頭金が必要なんですよね?
ゆうしゃLv1
スマホ賢者
オンラインで買えば頭金は不要じゃぞ!

ここで言う頭金とは機種を買うために絶対に必要な費用ではなく、
ショップの利益となる料金。言わば「手数料」なのです。

ドコモオンラインショップ頭金が無料です。

店舗によって異なりますが
頭金の相場は5,000~15,000円程度。

15,000円安く買えると考えると非常に大きいポイントですよね。

 

煩わしい勧誘無し

販売店でスタッフにオプションの契約をオススメされたことはありませんか?

オンラインは契約・オプションは自分で決められるので

必要ないと感じたプランの契約は不要です。

ここまではメリットについて紹介してきました。
それではデメリットについても触れていきましょう。

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

オンラインショップのデメリット

スマホ悩む女性

良いところをたくさん紹介してきましたが、次は気になるデメリットについてです。
大きく分けて3点の気になるところがあります。

 

注意ポイント

相談して購入することができない
購入したその日に新しいスマホは利用できない
端末を触れることが出来ない

詳しく解説していきます。
このデメリットが気にならなければ、オンラインでの購入は良いこと尽くしです。

 

スマホについて相談ができない

分からないことがあっても店員さんに質問することができません。

この対策としてドコモオンラインでは画面右側に「チャットで質問する」という項目が設けてあります。

専属のオペレーターが解説してくれるので非常に安心です。

 

電話での問い合わせもあります。
・ドコモの携帯からお問い合わせ:151
・一般電話:0120-800-0000

チャットでの問い合わせに抵抗がある人はぜひそちらも利用してください。

 

購入したスマホは手元に届くまで使えない

 

スマホ賢者
仕事などで急ぎなら店舗での購入がオススメじゃ

オンラインでスマートフォンを購入した場合、

手元に届くまでタイムラグがあります。

一般的に2日~10日と言われています。

今すぐスマホを入手したいという方は販売店に向かいましょう。

 

端末に触れられない

実際に触れてみて持ってみたときの感触や重量、操作性を確認したい人も多いはず、
当然ですがオンラインでは端末に触れることはできません

欲しい機種をどうしても試してみたいという方は、最寄りのドコモショップ等に向かいましょう。

機種を触るだけなら予約等は不要ですし、すぐに確認できるので待ち時間はかかりません。

ここまではオンラインショップで購入するメリット・デメリットに触れてきました。
続いては店舗で購入する場合どういった店舗があるのか紹介いたします。

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

代表的な販売店(各キャリア・ヤマダ電機・ケーズデンキ・ヨドバシカメラなど)

店舗で購入するとなれば様々な店舗があります。
店舗の場合大きく分けて家電量販店と販売店に分けられます。

家電量販店 キャリア
  • ヤマダ電機
  • ケーズデンキ
  • ヨドバシカメラ
  • エディオン
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • コジマ など
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル

皆さんの家の近くにもあるようなメジャーな店舗ばかりかと思います。
ここからは店舗で購入するメリット・デメリットを紹介します。

 

iPhone13を店舗で購入するメリット

ここからはiPhone13をどこで買うか迷った時に店舗で購入するメリットを紹介します。

店舗おすすめポイント

・スマホに触れられる
・相談してスマホを購入できる
・面倒な事務手続きをやってもらえる
・購入後すぐに使える

基本的にオンラインで出来ないことがメリットになっています。

【+ 詳しい詳細はコチラをクリック+】

販売店ならスマホに直接触れられる

常に持ち歩くスマホだからこそ、使用感や重さは気になるところ。

実際にスマホに触れて使用感を確認できるのが販売店の良いところだと思います。

スタッフに最適なプランを相談できる

自分では最適と思っていても、他に良いプランがあったり、オプションがあったりと提案してくれるので
月々の料金が安くできることも。

その場で相談できて教えてもらえるのは店舗ならでのポイントです

事務手続きはスタッフにお任せ

データの移行とかバックアップとかさっぱりです・・・
ゆうしゃLv1
スマホ賢者
店舗スタッフがその点はサポートしてくれるので安心じゃ!

SIMの差し替えやデータのバックアップ、データ移行といった

事務手続きはスタッフが対応してくれます。

やり方がよく分からないという人は店舗に任せるのが良いかと思います。

購入後にすぐ使用可能

オンラインで購入すると手元に届くまでタイムラグがありますが、

店舗で購入すればそのまま持ち帰ることができます。

仕事ですぐに使いたい、急いでいるという方はオンラインがオススメです。

店舗でiPhone13を購入するデメリット

ここからはiPhone13を店舗で購入するデメリットを紹介します。
デメリットは2点です。

 

注意ポイント

・手数料・頭金が発生する
・待ち時間が発生する

 

【+ 詳しい詳細はコチラをクリック+】

事務手数料・頭金が発生する

オンラインのメリットの部分でも触れましたが、「頭金」と「事務手数料」が発生してしまいます。

例えば頭金が12,000円とします。
事務手数料は3,300円なので

手数料=15,300円

かなり高額になりますね。
頭金は機種や販売店によって異なるので一概には言えませんが、5,000円以上かかると思ってもらって差支えないです。

待ち時間が発生する

予約してドコモショップに向かっても、

待ち時間が発生します。

機種変更にしかり、新規契約にしかり、それなりの時間がかかってしまいます。
予約しても予定通りに進まないこともあるので後の予定に支障が出てしまうかもしれません。

ここまでは店舗購入のメリットデメリットを紹介しました。
続いては中古でiPhone13を購入するメリットとデメリットを紹介します。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

代表的な中古販売店とスマホアプリ(メルカリ・ゲオ・ブックオフなど)

中古品を購入するとなれば様々な店舗があります。
中古品を購入する場合大きく分けて中古販売店とスマートフォンアプリに分けられます。

中古販売店 フリマアプリ
  • ゲオ
  • ソフマップ
  • ブックオフ
  • じゃんぱら
  • ドスパラ など
  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ
  • ジモティー など

ここからは中古スマートフォンを購入するメリット・デメリットを紹介します。

 

中古でiPhone13を購入するメリット

ここからはどこで買うか迷った際に中古でXperia Ace IIを購入するメリットを紹介していきます。
メリットは2つあります。

 

中古品ポイント

・安く購入できる
・生産終了品が見つかる可能性がある

 

【+ 詳しい詳細はコチラをクリック+】

安く購入できる

中古品なので

安く購入できるのが何よりもメリットだと思います。

美品が見つかることもありますし、未使用品があることもあります。

生産終了品が手に入る

生産していない機種が中古品なら見つかることもあります。

諦めきれない時は中古市場を確認するのも手です。

安く欲しい機種が手に入るのは非常に魅力的ですが、もちろんデメリットもあります。
ここからは中古スマホを購入するにあたり、注意すべき点をお伝えします。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

中古でiPhone13を購入するデメリット

安く欲しい機種が手に入るのは魅力的ですが、気になるデメリットが大きいのも事実です。
特に気になるデメリットは3つあります。

 

注意ポイント

・バッテリーの劣化でモバイルバッテリーが手放せない
・個人間取引のトラブルで不良品をつかまされた
・購入後すぐに故障しても保証を受けられなかった

それぞれ解説していきます。

【+ 詳しい詳細はコチラをクリック+】

バッテリーが劣化している

中古品なので使用されていた物になります。

持ち主がどんな使い方をしていたのかはわかりません。

バッテリー持ちに影響を与えるような使い方をしている可能性があります。
バッテリー交換にも費用がかかるので割高になることも。

個人間のトラブルの可能性がある

フリマアプリなどで購入した場合

トラブルになる可能性もあります。

端末代金を払い終わってない状態で中古品として市場に出回り、いわゆる「赤ロム」になり使用できなくなる可能性もあります。

赤ロムとは?

ネットワーク利用制限をかけられたスマホのこと。
通話やデータ通信、キャリアメールといったサービスが利用不可。
本体代金の不払いや不正行為のあるスマホが考えられる。

保証を受けられない

中古品は保証が受けられないことも多く、

中古ショップで購入したとしても保証は半年や1年程度です。
何かあった場合に修理費用等でかなり高くつくこともあります。

中古スマホのメリット・デメリットについて解説してきました。
では、iPhone13の情報をまとめていきます。

iPhone13発売日予測 2021年は9月中旬から下旬か

歴代の新型iPhoneは9月中盤~後半に発売されることが多いです。
例年の新作発表は9月なのでiPhone13も発売は恐らく9月と推測されます。

機種 発売日
iPhone8 2017/09/22
iPhoneXS 2018/09/21
iPhone11 2019/09/20
iPhone12 2020/10/23

iPhone12だけ例外でコロナウイルスの影響で生産が間に合わず1ヶ月伸びて発売しています。
恐らく9月上旬には新作の情報が公式サイトに出てくると思います。

続いては発売前に噂されている情報をざっくりとまとめました。

 

iPhone13発売前の性能情報まとめ

ここでは有名なリーカーであるジョン・プロッサー氏などがあげている情報をまとめていきます。

予測ポイント

・新作iPhoneの名称は「iPhone13」「iPhone12s」の可能性
・iPhone13販売価格
・デザイン
・カメラが大幅にアップグレード
・バッテリー性能の向上
・端子はLightning継続かワイヤレス充電か?

 

【+ 詳しい詳細はコチラをクリック+】

新作iphoneの名称は「iPhone13」「iPhone12s」の可能性

iPhone9が発売されず、iPhoneXという名称で発売された経緯があるので、
名称は「iPhone13」「iphone12s」この二つになる可能性が高いです。

冒頭でもお伝えしましたが海外では13という数字は不吉な数字なので避ける可能性も大いにあります。

iPhone13販売価格

端末価格はGizchinaがiPhone13 Pro予想価格です。
日本円に換算すると以下の通りになります。

iPhone13販売価格

128GB:約119,000円
256GB:約129,000円
512GB:約154,000円
1TB:約201,000円

iPhone13デザイン予測

あくまでイメージデータですが、
著名リーカーのJon Prosser氏が発表したのCADデータを基に、Ian Zelbo氏がイメージ画像を作成して公開しています。

噂されているカラーは下記の5つになります。

iPhone13カラー予測

・マッドブラック
・ブロンズ
・オレンジ
・ブルー
・ピンク

オレンジとブルーが追加されるのではないかという情報が出ています。
iPhone12のパープルのように遅れてピンクが発表になるという情報もあります。
最近の傾向を見るとカラフルな色が増えたので上記カラーにシルバー系というラインナップになると予測しています。

カメラが大幅アップデート

上記はiPhone13 Pro Maxのイメージ画像だが、カメラが斜めについている。
これらのカメラはiPhone12とり以下の機能が強化されているという。

ポイント

・手振れ補正システム
・動画でも背景をぼかすポートレート機能
・カメラのハードウェアが大幅アップデート
・広角カメラに1.5Fレンズ搭載、暗所の撮影やボケ味が向上

バッテリー性能の向上

バッテリーが最大18%向上するのではないかと予想が出ています。
この予想を立てているのがiPhoneの数々の情報を的中させてきたL0vetodream氏です。
iPhone12は逆に減らされていたので大幅な方針転換です。

充電端子は上位機は完全ワイヤレスか?

情報が錯そうしていますが、ライトニング継続かワイヤレス充電か意見が分かれているようです。
タイプCに取って代わられているライトニングですが、どちらも可能性として十分考えられるかと思ます。
情報筋の見立てでは上位モデルはワイヤレス、下位モデルではライトニングの採用との見方も出ています。

寝ながら充電しつつスマホを使いたい私としてはちょっと不便になるかもしれません。

ノッチの小型化

スマホ画面の上部にあるインカメラが配置してある〇部分のことをノッチといいます。
これが小さくなると予測されています。
小さくなればその分画面を大きくできるので動画などを楽しめますね。
iPhone12発売の際にはこの部分が小さくなると予想されていましたが、変化がなかったので今回はノッチの小型化に期待が高まっているようです

駆け足になりましたが新型iphone13の性能予想をしてきました。
発売が待ち遠しいですね。

では、結局どこで買うのが一番お得なのでしょうか?

 

Xperia Ace II オススメはドコモオンラインでの購入

ドコモオンラインショップ

いろいろ説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
それぞれ特徴があり、一長一短ですが、私がオススメしたいのは

ドコモオンラインショップ」です

ドコモオンラインショップでXperia Ace IIを買うとこれだけのメリットがあります。

ポイント

・オンラインショップは在庫が豊富!
・24時間受付、待ち時間は0分!
・3000円以上する事務手数料が無料!
・高額な頭金なし!
・煩わしい勧誘を受けることもない!

 

スマホはネットで買う時代

あなたはまだ貴重な時間を使って機種変更しますか?
ドコモオンラインショップで在庫を確認することができればその場で購入することも可能です。

もしオンラインショップに在庫がなくても、オンライン上で実店舗の在庫を確認する事もできるのは便利ですよね。

賢くオンラインショップを活用して快適なスマートフォンライフをお過ごしください!

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

-Apple
-, , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2022 All Rights Reserved.