本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

AQUOS sense3から機種変更するなら?おすすめ3選|データ移行のやり方も解説

AQUOS sense3から機種変更するなら?おすすめ3選|データ移行のやり方も解説 アイキャッチ

2019年11月1日に登場したAQUOS sense3。もうすぐ発売から4年が経過し、そろそろ買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか。

いまAQUOS sense3から機種変更をするなら、おすすめは以下の3機種。

この記事では、これらの機種をおすすめする理由やそれぞれの価格などについて詳しく解説していきます。AQUOS sense3を使用中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
期間限定・新生活応援セール中

機種限定で大幅値下げ&最大16,500円OFF!

 

さらに3/31まで春の機種変更フェア

※一部モデルはストレージ容量指定があります

条件は超カンタン
(ほぼ誰でも適用できます)

  1. 対象機種へ au Online Shop から機種変更し
  2. 対象料金プランと故障紛失サポートに加入
  3. 詳しい条件&対象機種はこちら >>
 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

 

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

 

スマホトクするプログラムで
新機種がいきなり激安

例えばiPhone15なら、諸々の組み合わせで
7万円くらい安くなりました。

 

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

 

【 最新モデルも頭金0円 】
au オンラインショップを見てみる >>

 

AQUOS sense3から機種変更するなら①
AQUOS sense8

AQUOS sense8の値下げ時期はいつ?

AQUOS sense7は2023年11月に発売されたシリーズ最新機種です。AQUOS sense3と同シリーズのため、機種変更後も違和感なく使用することができるでしょう。

6.1インチの大画面でありながら本体重量は159gと、AQUOS sense3よりも軽くなっています。最新機能を備えながら6万円台で購入できるリーズナブルさが魅力の機種です。

 

AQUOS sense8がおすすめの理由

  • リーズナブルでコスパの高いスペック
  • ハイエンドモデルに迫るカメラ性能
  • 省エネディスプレイと大容量バッテリーで電池長持ち
  • マスク対応顔認証と指紋認証の両方に対応
  • 防水・防塵・耐衝撃性能を備えたポップカラーのボディ

AQUOS sense3と比較すると、処理速度、カメラ機能、バッテリー容量などすべてにおいて進化しています。

特にカメラ機能は前作よりも大幅に向上。機種代金を抑えつつ、カメラ機能にもこだわりたい方には大変おすすめの機種です。

 

AQUOS sense3とAQUOS sense8の比較

機種名 AQUOS sense3 AQUOS sense7
本体画像 AQUOS sense3
発売日 2019年11月01日 2023年11月09日
ディスプレイサイズ 5.5インチ 6.1インチ
OS Android 9 Android 12 
チップセット Qualcomm Snapdragon 630 SDM 630 Qualcomm Snapdragon 6 Gen 1 
メモリ(RAM) 4GB 6GB
本体サイズ 70×147×8.9mm 71×153×8.4mm
重さ 167g 159g
メインカメラ 1,200万画素 5,030万画素
フロントカメラ 800万画素 800万画素
カラー ・ライトカッパー
・ブラック
・シルバーホワイト
・ディープピンク
・ソフトピンク
・ペールグリーン
・コバルトブラック
・ライトカッパー
・ブルー※
(※ドコモオンライン限定)
電池容量 4,000mAh 5,000mAh
顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電 × ×

 

AQUOS sense8を買うならどこがいい?

2023年12月30日時点の販売価格は以下の通りでした。

キャリア 一括購入
価格
端末購入プログラム
適用価格
au
※オンライン限定販売
59,800円 33,600円
ドコモ 62,150円 41,030円
ソフトバンク
楽天モバイル 63,800円 31,896円

※au:他社からの乗り換え22,000円割引、新規契約11,000円割引、機種変更で適用条件を満たした場合5,000円割引
※ソフトバンク:他社からの乗り換え21,984円割引
※楽天モバイル:初めての申し込みで9,000円相当の特典

キャリア版はドコモ・au(オンライン限定)・楽天モバイルのほか格安SIMのUQモバイル・J:COMモバイルが取り扱います。これまでsenseシリーズの取り扱いがあったソフトバンクは現時点で取り扱わないようです。

また分割で買うなら、各キャリアの返却プログラムで買うのが現実的。キャンペーンやプログラムを駆使すればほぼ半額で安く購入できます!

 

/ 各キャリアのオンラインショップはこちら ╲

 

AQUOS sense3から機種変更するなら②
Google Pixel 7a

Google Pixel 7a Coral

2023年5月発売のGoogle Pixel 7aは「消しゴムマジック」でお馴染みのGoogle Pixelシリーズ最新機種です。

「a」シリーズは廉価版という位置づけですが、そうは思えないハイスペックさで大変コストパフォーマンスの高い機種となっています。

 

Google Pixel 7aがおすすめの理由

  • シリーズ最新・最上位モデルのGoogle Pixel 7 Proと同じチップセットを搭載
  • Android OSの最新版「Android 13」を搭載
  • 新機能「ボケ補正」でボケた写真を修正できる
  • 顔認証と指紋認証の両方に対応
  • ワイヤレス充電に対応

6万円台で購入できる機種とは思えない性能の高さです。消しゴムマジックやボケ補正などの写真編集機能がかなり充実しているので、キレイな写真が簡単に撮れますよ!

 

AQUOS sense3とGoogle Pixel 7aの比較

機種名 AQUOS sense3 Google Pixel 7a
本体画像 AQUOS sense3 Google Pixel 7a Coral
発売日 2019年11月01日 2023年05月11日
ディスプレイサイズ 5.5インチ 6.1インチ
OS Android 9  Android 13
チップセット Qualcomm Snapdragon 630 SDM630 Google Tensor G2
メモリ(RAM) 4GB 8GB
本体サイズ 70×147×8.9mm 72.9×152×9.0mm
重さ 167g 194g
メインカメラ 1,200万画素 6,400万画素/1,300万画素
フロントカメラ 800万画素 1,300万画素
カラー ・ライトカッパー
・ブラック
・シルバーホワイト
・ディープピンク
・ソフトピンク
・Coral
・Sea
・Charcoal
・Snow
電池容量 4,000mAh 4,385mAh
顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電 ×

 

Google Pixel 7aを買うならどこがいい?

2024年1月26日時点の販売価格は以下の通りでした。

キャリア 一括購入
価格
端末購入プログラム
適用価格
au 47,500円 16,547円
ドコモ 63,217円 22,033円
ソフトバンク 64,080円 22,008円
楽天モバイル

※ドコモ:他社からの乗り換え22,000円割引、新規契約20,000ポイント進呈
※au:他社
からの乗り換え22,000円割引、新規契約11,000円割引、機種変更で適用条件を満たした場合5,000円割引
※ソフトバンク:他社からの乗り換え21,984円割引

一括購入価格はauが最安値、端末購入プログラム適用価格はauとソフトバンクがほぼ同額で最安値となっています。

 

/ 各キャリアのオンラインショップはこちら ╲

 

AQUOS sense3から機種変更するなら③
Galaxy A54

Galaxy A54

Galaxy A54は2023年5月発売のAシリーズ最新機種です。

明るく見やすい6.4インチの大画面有機ELディスプレイを搭載。屋外での使用が多い方や、大画面スマホが欲しい方にはおすすめの機種です。

 

Galaxy A54おすすめの理由

  • OSアップデート4年間、セキュリティアップデート5年間サポートで長く使える
  • 輝度が25%アップしたディスプレイで太陽光の下でもよく見える
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載、急速充電にも対応
  • 顔認証と指紋認証の両方に対応
  • センサーサイズが1/1.56インチに大型化し、暗所での撮影にも強い

ミドル機としてはカメラの性能が良く、それでいて7万円前後と手に取りやすい価格となっています。

基本性能も高く、普段使いに必要な機能が揃った万人受けする機種と言えるでしょう。

 

AQUOS sense3とGalaxy A54の比較

機種名 AQUOS sense3 Galaxy A54
本体画像 AQUOS sense3 Galaxy A54
発売日 2019年11月01日 2023年05月25日
ディスプレイサイズ 5.5インチ 6.4インチ
OS Android 9  One UI 5.1(Based on Android  13)
チップセット Qualcomm Snapdragon 630 SDM 630 Exynos 1380
メモリ(RAM) 4GB 6GB
本体サイズ 70×147×8.9mm 76.7×158.2×8.2mm
重さ 167g 201g
メインカメラ 1,200万画素 5,000万画素/1,200万画素/500万画素
フロントカメラ 800万画素 3,200万画素
カラー ・ライトカッパー
・ブラック
・シルバーホワイト
・ディープピンク
・ソフトピンク
・オーサムバイオレット
・オーサムホワイト
・オーサムグラファイト
電池容量 4,000mAh 5,000mAh
顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電 × ×

 

Galaxy A54を買うならどこがいい?

2023年12月30日時点の販売価格は以下の通りでした。

キャリア 一括購入
価格
端末購入プログラム
適用価格
au 55,800円 22,100円
ドコモ 69,850円 51,370円
ソフトバンク
楽天モバイル

※au:他社からの乗り換え22,000円割引、新規契約11,000円割引、機種変更で適用条件を満たした場合5,000円割引

Galaxy A54 5Gのauとドコモの価格を比較すると、auが一括購入価格で安価。またauは端末購入プログラム適用価格でも2万円台と圧倒的に安くなっています。

これらの価格を見ると、一括購入・端末購入プログラム利用どちらの場合でもauがおトク。購入時に乗り換えてしまってもアリかもしれません。

 

/ 各キャリアのオンラインショップはこちら ╲

 

AQUOS sense3の買い替えどきは?

AQUOS sense3の買い替えどきは?

2019年秋に発売されたAQUOS sense3は、まもなく登場から4年が経過します。スマホの寿命は長くて5年と言われているので、そろそろ買い替えを検討すべきでしょう。

また、AQUOS sense3は、

  • OSのサポートが終了している
  • 機種自体が古く、スペックが低い

という点からも、なるべく早く機種変更することをおすすめします。

 

OSのサポートが終了している

2023年10月時点のAndroidOSの最新バージョンはAndroid14です。しかし、AQUOS sense3のOS更新は、2021年6月のAndroid11へのバージョンアップを最後に終了しています。

OSを更新できないと

  • セキュリティ面のリスクが高まる
  • 最新アプリが使えない場合がある

などの問題が生じます。特にセキュリティ面が深刻で、氏名・住所・カード番号などの個人情報が漏洩する危険性があるので、そのまま使い続けることはおすすめできません。

 

機種自体が古く、スペックが低い

AQUOS sense3を使っていると、他の人と比べてアプリの動作が遅かったり、フリーズすることが多かったり…ということはありませんか?

おそらくそれはスペックの問題です。最新スマホとの性能差はかなり大きいので、使っていてストレスを感じることもあるのではないでしょうか。

また、機種自体の寿命も近いのでバッテリー持ちが悪かったり、動作不良が気になったりと様々な不具合が起きてきます。

ポイント

完全に動かなくなってからだとデータ移行が非常に面倒になります。大きな不具合がなかったとしても、修理サポート終了までには買い替えが無難です。

修理はドコモ・auとも2025年までは受付可能ですが、OSサポートが終了した古いスマホに高い修理代を払うよりは、新しいスマホに買い替えた方がストレスから解放されておすすめです。

 

関連記事:AQUOS sense3はいつまで使える?現役で使い倒すためには

AQUOS sense3はいつまで使える?現役で使い倒すためには アイキャッチ
AQUOS sense3はいつまで使える?現役で使い倒すためには

続きを見る

 

AQUOS sense3を機種変更するときのデータ移行

AQUOS sense3を機種変更するときのデータ移行

AndroidからAndroidへのデータ移行は、実はそれほど難しいものではありません。しかしAndroidはメーカーも機種も多種多様で、データ移行の方法も多いので複雑に感じてしまいますよね。

ここでは、おすすめのデータ移行方法をいくつがご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめのデータ移行方法

AndroidからAndroidへのデータ移行でおすすめの方法は以下の2つです。

では、それぞれについて解説していきます。

 

1.Googleアカウントを利用する方法

1つ目は、Googleアカウントに旧端末のデータをバックアップし、新端末で復元する方法です。

クラウドを利用した方法なので、普段からバックアップを取っていれば旧端末が手元になくても大丈夫ですよ。Googleアカウントを利用したバックアップ・復元の手順はとても簡単です。

  1. 旧端末でバックアップを取る
    「設定」アプリ>「Googleアカウント」>「バックアップ」>「今すぐバックアップ」
  2. 新端末で復元する
    「設定」アプリ>「Googleアカウント」>Gmailとパスワードを入力しログイン

たったこれだけの操作で新端末へのデータ移行が完了します。

ただし、この方法で移行できないデータは個別で引き継ぐ必要があるので注意しましょう。詳しくは個別に引き継ぎ作業が必要なデータで解説しています。

また、Googleアカウントは15GBまでしか無料で利用できない点にも注意が必要です。写真や動画などが多い方は、有料プランに申し込む、microSDカードに保存するなどの方法でデータ移行を行いましょう。

ただし、最近はmicroSDカードに対応していない機種も多いです。今回おすすめしたGoogle Pixel 7aもmicroSDカードには対応していません。

 

2.旧端末と新端末をケーブルまたはワイヤレスで接続する方法

2つ目は、旧端末と新端末を直接接続してデータを移行する方法です。

この方法は旧端末が手元にある場合にしか利用できませんが、セットアップのタイミングで簡単にデータ移行ができるのでおすすめですよ。手順は以下の通りです。

  1. (新端末がGalaxyの場合)旧端末に専用アプリをインストールして初期設定を済ませる
    新端末がGalaxyの場合は専用アプリ「Smart Switch」が必要になります。アプリインストール後、初期設定を済ませておきましょう。AQUOS、Google Pixelの場合、専用アプリは必要ありません。
  2. 新端末の電源を入れ、Wi-Fiに接続する
    通信量が大きくなるので、Wi-Fi接続をおすすめします。
  3. 旧端末と新端末を接続する
    画面の指示に従って、旧端末と新端末をUSB Type-Cケーブルまたはワイヤレスで接続します。
  4. セットアップが完了次第、旧端末から新端末にデータがコピーされる
    移行したいデータを選択し、コピーを開始します。セットアップ完了後にデータがコピーされるので、コピー完了まで接続を切らないようにしましょう。

Googleアカウントでの移行と同じく、この方法で移行できないデータは個別で引き継ぐ必要があります詳しくは個別に引き継ぎ作業が必要なデータで解説しています。

 

個別に引き継ぎ作業が必要なデータ

上記の方法ではデータ移行ができず、個別に引き継ぎ作業が必要となるデータもあります。代表的なものとしては、

  • LINE
  • ゲームアプリ
  • おサイフケータイ

などが挙げられます。

これらのデータを移行するには、旧端末で引き継ぎ設定をする必要があります。事前準備をしっかりとして、確実にデータを引き継げるように注意しましょう。

 

関連記事:Androidの機種変更前にやること一覧

Androidの機種変更前にやること一覧|データやアプリで一括移行できるもの・できないもの アイキャッチ
Androidの機種変更前にやること一覧|データやアプリで一括移行できるもの・できないもの

続きを見る

関連記事:LINE機種変更時の引き継ぎ・移行準備(Android編)

LINEの機種変更時の引き継ぎ・移行準備(Android編)|トーク履歴のバックアップは忘れずに アイキャッチ
LINE機種変更時の引き継ぎ・移行準備(Android編)|トーク履歴のバックアップは忘れずに

続きを見る

 

まとめ

AQUOS sense3はOSサポートが終了していることから、なるべく早めの機種変更をおすすめします。

機種変更をするなら以下の3機種をおすすめします。

●AQUOS sense8
同じシリーズの後継機種なので、機種変更後も違和感なく使用できる

●Google Pixel 7a
高性能でありながら6万円台で購入できてコスパが高い

●Galaxy A54
基本性能が高く、普段使いに必要な機能が揃った万人受けする機種

購入価格は各キャリアによって異なります。キャンペーンを行っている場合もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

スマホは手続きをする場所で支払い総額が違う!

ドコモオンラインショップ

いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

ショップでは、機種代金の他に「頭金」を請求されます。
※頭金の金額は1万円~2万円が一般的。

ドコモ頭金


この頭金、実はいくら支払っても端末の分割金額は減りません。

車や家の頭金と同じに考えると、結果的に多くのお金を取られますので注意しましょう!

スマホ 頭金

ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この分割払い時の頭金がかかりません。
ドコモであれば事務手数料も無料になります。

ドコモ頭金2

ドコモオンラインショップは事務手数料・頭金がかからない

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、事務手数料が無料、頭金も不要になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金がかからない
24時間365日機種変更ができる

・ショップに行く必要がない
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない

わざわざドコモショップに行かなくても、自宅でスマホから同じ手続きができます。

購入した端末は自宅に送られてくるので、外出する必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費を考えると、オンラインショップの方が圧倒的にお得ですよ。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

-AQUOS
-, , , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.