ドコモ端末購入サポートの解除料免除ある?期間中でも損ない方法!

投稿日:

ドコモ端末購入サポートとは?解除料が発生する条件

ドコモの端末購入サポート(端サポ)は、ドコモが指定する端末・プランで一括で購入した際、12ヶ月の継続利用を条件に端末価格を割引する制度です。

尚、端サポは2019年5月31日で新規受付を終了していますが、端末購入時に端サポの割引が適用されている方はそのまま割引が継続しているはずです。

端サポの割引を受け続けるには12ヶ月間の利用が条件となりますので、期間内に機種変更をしてしまうと解除料(解約金)が発生するのでご注意ください。

端サポ割引額返還(解除料)の発生条件

端サポ期間内に以下の事をしてしまうと、割引額返還(今まで割引した分を返してね)となってしまいます。

  • 新しく機種を購入する
  • ガラケーからスマホへ契約変更(逆も含む)
  • ドコモを解約する
  • 「パケットパック」「シェアオプション」をやめる
  • 端サポ加入条件で指定されているプラン以外への加入

割引額返還(解除料)の支払いが発生した際は、ドコモが定める解除料をドコモショップの窓口へ支払いに行かなくてはなりません。

端サポの解除料(割引額返還)はいくら?

女性

端末購入サポートを使って購入した機種を、12ヶ月以内に解約・機種変更をした場合、解除料と呼ばれる違約金が発生します。

考え方としては割引額の半分をドコモに返す形になるのですが、解除料は機種によって異なります。

分かりやすく表にするとこんな感じです。

iPhone

対象機種 割引額 解除料
iPhone X(64GB) 104,328円 52,164円
iPhone 8 Plus(64GB) 78,408円 39,204円
iPhone 8 Plus(256GB) 78,408円 39,204円
iPhone 8(64GB) 78,408円 39,204円
iPhone 8(256GB) 78,408円 39,204円
iPhone XR(64GB) 58,968円 29,484円
iPhone XR(128GB) 58,968円 29,484円
iPhone XR(256GB) 58,968円 29,484円
iPhone SE(16GB) 51,192円 25,596円

ドコモスマートフォン

対象機種 割引額 解除料
Xperia XZ2 Compact 68,688円 34,344円
Xperia XZ2 73,872円 36,936円
らくらくスマートフォン4 58,320円 29,160円
Xperia XZ1 75,816円 37,908円
Xperia XZ1 Compact 77,112円 38,556円
JOJO 125,064円 62,532円
Disney Mobile on docomo 45,360円 22,680円
Galaxy Note8 110,808円 55,404円
Galaxy S9 84,240円 42,120円
Galaxy S9+ 73,872円 36,936円
AQUOS R2 73,872円 36,936円
HUAWEI P20 Pro 88,128円 44,064円
Xperia XZ2 Premium 92,016円 46,008円
Galaxy Note8 49,896円 24,948円

もし、自分が今使っている端末の利用月は何ヶ月目か?を知りたい場合は、

①「My docomo」にログイン
②「ご契約内容の確認・変更」をクリック
③「端末購入サポート経過月数」

の手順で確認ができますよ。

ドコモ端末購入サポート期間中の注意点

 

端末購入サポートを使って割引を受けている場合、思わぬことで違約金支払いの対象となる場合があります。

端サポ期間中に、

①機種変更
②他社へのMNP
③端末の売却
④プラン変更
⑤SIMロック解除

をしようと考えている方は、契約期間に注意をしましょう!

①期間中に機種変更をする時

端サポ契約期間内に他の機種へ機種変更をすると、契約違反となり割引額の返還が必要となります。

端末購入サポートは端末に掛かっている割引のため、仮にドコモ内であっても機種変更はNGです。

②他社へ乗り換えをする時

期間中にauやソフトバンクに乗り換えをする場合は、結果的にドコモを解約する形となるので違約金が発生します。

余計な出費を抑えるためにも、MNPは端サポの割引終了後に行うのが良いでしょう。

③端末を売却する時(即解約含む)

端サポの違約金を払う覚悟で契約後に即解約。

端末を新品扱いで中古販売店に4~5万円ほどで売却し、違約金の差額(約1万円ほど)を利益とする錬金術が少し前に広まりました。

確かに、違約金を払えば端サポ期間中でも端末を売却することは出来ます。

ただ、上記の対策から端末のネットワーク利用制限を見ると「△」となり、「規制がかかっている端末」として認識されてしまいます。

ネットワーク利用制限が掛かっている端末は、買取店によっては買取不可になったり、買取額を大幅に下げられる場合もありますのでご注意ください。(ヤフオクなども同様です)

④プラン変更をした場合

端末購入サポートの割引を利用する条件には、

A.「カケホーダイ(ライト)プラン」「シンプルプラン」「データプラン」いずれかの2年定期契約

B.「パケットパック」または「シェアオプション」

AB両方の契約が必要となりますが、現在は端サポの新規受付を終了しているため入り直しはできません。

端サポ期間内に新プラン(ギガホ・ギガライト)へ移行をすると解除料が発生するのご注意ください。

⑤SIMロック解除には時間がかかる

ドコモ以外のキャリアSIMでも使えるようになる「SIMロック解除」ですが、端サポで購入した機種は注意が必要です。

というのも、端末購入サポートを割引を受けて購入した機種は、契約から100日が経過しなければSIMロック解除が出来ません。

さらに100日以上経っている場合でも、契約から14ヶ月を経過していないと手続き時に違約金が発生してしまいます。

ドコモ端末購入サポートの解約方法

端末購入サポートには「解約手続き」という概念はありません。

契約期間中に契約違反があった場合は、違約金を払う形で結果的に解約が完了します。

端サポの契約解除になる条件

・新しく機種を購入する
・契約(プラン)変更
・ドコモを解約
・「パケットパック」「シェアオプション」の廃止
・指定プラン以外への加入

を行うと端サポの契約を解約する扱いとなりますので、解約するために特に必要な手続きはありません。

ドコモオンラインショップなら端サポの解除料を免除?

端サポ期間中にどうしても機種変更をしたい方へ、解除料分がまるっとお得になる方法を紹介します。

それはドコモオンラインショップを使う方法です。

ドコモオンラインショップなら、窓口で必ず請求される「頭金」と「事務手数料」が無料

金額にすると約5,000円~20,000円もお得になります。

端サポの違約金を直接免除にすることは難しいですが、手数料分が無料になることで自己負担を少なく機種変更ができるのでオススメ!

わざわざショップに行く必要もありませんし、送料無料手続きも約15分ほどで完了するので楽ですよ。

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ
いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.