ドコモ機種変更応援プログラム解説!利用料300円払うメリットある?

ドコモの「機種変更応援プログラム」は、月額利用料300円を支払うことで、24回の分割支払い終了を待たずに機種変更をすることができるサービス。

結論を先に言いますと、このプログラムは、これから先もドコモを使う人は利用料を払っても損をしない仕組みになっているのでメリットはあります。

逆に近いうちに他社へ乗り換えをする予定の方は損をしてしまうので入らないほうが良いですね。

という訳でここでは「機種変更応援プログラム」について詳しく解説をしていこうと思います!

尚、このプログラムは端末購入時しか申し込みが出来ないので、必ず機種変更をする前にチェックをしておきましょう。

ドコモ「機種変更応援プログラム」新規受付は2019年5月31日(金)で終了となり、6月1日(土)からは新しく「スマホおかえしプログラム」が開始されます。

適用条件や仕組みが若干異なりますので、詳しくは以下の「ドコモ公式サイト」でご確認ください。

【~5/31(金)】「機種変更応援プログラム」の詳細を見る
【6/1(土)~】「スマホおかえしプログラム」の詳細を見る

ドコモ「機種変更応援プログラム」とは?

ドコモの「機種変更応援プログラム」は、毎月300円の利用料を支払うことで、機種変更時に最大27,000ポイントを受けられるサービスです。

それともう一つ、これまで24回の分割払い中は機種変更を行うことが出来ませんでしたが、このプログラムに加入することで、最短13ヶ月で機種変更をすることが出来ます。

尚、受け取れるポイント額は最大で27,000円分ですが、毎月減少するので25ヶ月目では9,000円まで目減りしてしまいます。

ただし、9,000円分より下には減額されないようになっているので、月300円×24回=7,200円を支払っても、私達が損をしない仕組みになっています。

下の表を見ると、機種変更の時期が早ければ早いほど得をするということが分かると思います。

利用月 13~18ヶ月目
(iPhoneのみ)
19ヶ月目 20ヶ月目 21ヶ月目
ポイント還元額 21,000円 21,000円 18,000円 15,000円
利用月 22ヶ月目 23ヶ月目 24ヶ月目 25ヶ月目
ポイント還元額 12,000円 9,000円 9,000円 9,000円

ただし、このプログラムを使う場合、機種変更時に古い端末は回収されてしまうので、タイミングの見極めは重要です。

また、24回の支払いを行った後で、仮に「機種変更をしない」となった場合でもこれまで支払った7,200円分は全額ポイントで返却されるので安心してください。

受け取ったポイントは、次回の機種変更時に端末値引きに充当されるので無駄になることはありませんよ。

ドコモ「機種変更応援プログラム」の詳細を見る

機種変更応援プログラム「プラス」との違い

ドコモには「機種変更応援プログラム」の他にも、「機種変更応援プログラムプラスという非常に名前が似ているサービスがもう一つあります。

機種変更応援プログラムプラスは、月額利用料が無料で還元ポイントも最大60,000円分と非常に多いのが魅力的ですが、対象機種は、

  1. iPhone XS
  2. iPhone XS Max
  3. iPhone XR

と、iPhoneの最新3モデルのみに限定されています。

これから上記3機種への機種変更を考えている方は、「機種変更応援プログラムプラスに加入したほうが次回の機種変更が超お得になりますよ。

【ドコモ】機種変更応援プログラム「プラス」の詳細を見る

機種変更応援プログラムの適用条件

ドコモの「機種変更応援プログラム」に加入できる条件は2つあり

・対象機種の購入
・Xi(スマホ)契約が必要

となりますので、すべての機種変更が対象となるわけではありませんのでご注意ください。

ちなみに対象となる機種

  • arrows NX(F-01K)
  • V30+(L-01K)
  • JOJO(L-02K)
  • Galaxy Note8(SC-01K)
  • Xperia XZ1(SO-01K)
  • Xperia XZ1(Compact SO-02K)
  • MZ-01K
  • Xperia XZ2(SO-03K)
  • Xperia XZ2 Premium(SO-04K)
  • Xperia XZ2 Compact(SO-05K)
  • Galaxy S9(SC-02K)
  • Galaxy S9+(SC-03K)
  • AQUOS R2(SH-03K)
  • HUAWEI P20 Pro(HW-01K)
  • Xperia XZ3(SO-01L)
  • Galaxy Note9(SC-01L)
  • Google Pixel 3
  • Google Pixel 3 XL
  • Disney Mobile on docomo(DM-01K)

と、非常に豊富。

中には最新モデルも含まれているので「機種変更したい機種がない」という事態にはならないはずです。

【ドコモ公式】機種変更応援プログラムの対象モデル一覧はこちら

ドコモに返却する端末の状態にも条件はある

また、次回機種変更時はこれまで使っていた端末をドコモに返却する必要があり、その際は、

  • 破損や水濡れが無く正常に動く状態
  • 電話代金の未払いが無い状態
  • 18ヶ月以上同一機種を利用している
  • 19ヶ月目以降の機種変更
    ※プログラム加入日を1ヶ月目として起算

以上の条件を満たしている必要があります。

破損や水濡れ、故障などある場合はこのプログラムが適用されない場合があるので、端末の取り扱いには注意が必要です。

機種変更応援プログラムの申し込みは端末購入時のみ

ドコモの「機種変更応援プログラム」に加入できるタイミングは、機種変更を行った時のみとなります。

後から「やっぱりプログラムに入ります」ということは出来ませんので、機種変更前に内容をチェックしておきましょう。

機種変更応援プログラムは途中で解約できる?

機種変更応援プログラムに加入した後は、いつでも途中解約をすることが出来ます。

ただし日割り計算はしないので、仮に加入日が1日だけでもしっかりと300円が請求されます。

少しでも損をするのを避けるために、解約と加入のタイミングは日付を見て行いましょう。可能であれば加入は月初。解約は月末がオススメです。

「ギガホ」「ギガライト」との併用は不可

ドコモが2019年6月1日から開始する新プラン「ギガホ」「ギラライト」に加入した場合は、この機種変更応援プログラムを使うことは出来ません。

代わりに「スマホおかえしプログラム」という新サービスがスタートするので、そちらに入る必要があります。

「スマホおかえしプログラム」については、別の記事で解説をしているので、良かったら以下のページから確認してみて下さいね。

機種変更応援プログラムのメリット・デメリット

それではドコモ「機種変更応援プログラム」のメリット・デメリットの両方をまとめて紹介していきます。

サービスにはそれぞれメリットとデメリットがつきもので、このプログラムも例外ではありません。

双方を確認し、自分に合っているか?利用料を払っても加入すべきか?をしっかりと見極めていきましょう。

機種変更応援プログラムのメリット

下取り価格が保証されている

機種変更応援プログラムのポイント還元額は最大で27,000ポイントですが、最も低くても9,000ポイントを下回ることはありません。

これが下取りだったり、中古スマホ買取店に持ち込んだ場合は、古い機種だと買取額が500円という事もよくあります。

どんなに古い機種でも25ヶ月で機種変更をすれば9,000円の値がつきますし、仮に25ヶ月で機種変更をしなかった場合は、支払った利用料の7,200円が全額戻ってきます。

12ヶ月ごとに最新機種を使える

このプログラムを使う最大のメリットは、「1年ごとに最新モデルを使える」という点です(iPhoneの場合)。

ドコモでは毎年約2回(iPhoneは年1回)必ず新モデルがリリースされるので、話題の最新機種をお得に使えるのは良いですね。

新しい機種が好きな方や、常に最新のスマホ技術に触れていたい方にはうってつけのプログラムだと思います。

支払った利用料分は損をしない

上でも紹介したとおり、「機種変更応援プログラム」は毎月300円の利用料がかかりますので、24ヶ月加入をした場合の総額は7,200円となります。

もし、加入から12ヶ月以内という短い期間で機種変更をした場合は、支払った金額をポイントで全額返還されますし、逆に25ヶ月以降に機種変更をした場合も7,200円分のポイントが返ってきます。

私達が決して損をしない仕組みになっているので、悩んでいる方は加入しても問題は無いでしょう。

ただ、下でも解説しますが、他社へ乗り換えをした場合は支払った金額は戻ってきませんので、MNPの予定がある方は加入をしないほうが無難です。

機種変更応援プログラムのデメリット

ここまでは機種変更応援プログラムのメリットを紹介しましたが、メリットがあるということは当然デメリットもあります。

こちらもメリットと併せて確認していきましょう。

使っていた端末を手元に残せない

機種変更応援プログラムを利用する場合、次の機種変更時に使っていた端末をドコモが回収をするのが条件となっています。

なので「もしかしたら今後使うかも」とか「予備として持っておきたい」という方には適しません。

感覚的には「スマホのレンタル」というイメージなので、いずれ返却するのでキレイに使わなければならない。というプレッシャーを極度に感じる方は避けたほうが無難です。

端末に不具合があると回収不可に

端末回収時に、液晶割れなどの破損や水濡れ、故障がある場合は回収対象外となってしまい、プログラムを利用することが出来ない場合もあります。

その場合は「特典を利用しない」という形になるので、支払った利用料はポイントで全額返金されますが、お得に機種変更とはなりません。

還元ポイントの用途は限定される

プログラムを利用して獲得したポイントは、次回の機種変更時の割引として使うことが出来ます。つまり用途が決まったポイントです。

dポイントとは違い、街やコンビニでの買い物に使えないのは少し残念ですね。

「スマホおかえしプログラム」と「機種変更応援プログラム」の違い

ドコモでは2019年6月1日からスタートする新プラン、「ギガホ」「ギガライト」の登場に伴い、機種変更応援プログラムの新規受付を終了し、新しく「スマホおかえしプログラム」の受付を開始しました。

「スマホおかえしプログラム」は通常24回払いの端末分割金を金利・手数料無料で「36回」まで伸ばすことができるので、1ヶ月あたりの負担が少なくなります。

そして、24回払いが終わった後に機種変更⇒端末をドコモが回収すると、残り12回分の分割金は支払わなくても良いという新しい形の下取りプログラムです。

機種変更応援プログラム スマホおかえしプログラム
内容 ポイント還元 端末代金の割引
特典 最大27,000円分のポイント付与 最大12回分の分割支払いが不要
月額利用料 300円 無料
適用条件 端末の回収 対象スマホを36回払いで購入
端末の回収
対象機種 ドコモ指定機種 ドコモ指定機種
事前申し込み 必要 必要
詳細 ドコモ公式サイト ドコモ公式サイト

つまり最新モデルが3分の2の価格で購入できるので、新しいスマホを安く買いたい方にとってはかなり魅力的なプログラムですね。

【ドコモ公式】スマホおかえしプログラムの詳細はこちら

ドコモ「下取りプログラム」と「機種変更応援プログラム」の違い

ドコモの機種変更に使えるプログラムとして、もう一つ「下取りプログラム」というものがあります。

これは、次回機種変更のタイミングで今使っている機種を下取りに出すと、携帯電話機の購入代金から最大52,000円の割引が入るというもの。

毎月の利用料はかかりませんし、機種変更の期限が無いのは良いのですが、古くなった機種や画面割れがあったりすると、買取額の下限が300円や600円まで下がってしまいます。

「機種変更応援プログラム」と「下取りプログラム」比較表

機種変更応援プログラム 下取りプログラム
内容 ポイント還元 携帯電話の購入代金割引
特典 最大27,000円分のポイント付与 最大52,000円の割引
月額利用料 300円 無料
適用条件 端末の回収 端末の回収
dポイントクラブ加入
対象機種 ドコモ指定機種 全機種(他社スマホ含む)
事前申し込み 必要 不要
詳細 ドコモ公式サイト ドコモ公式サイト

尚、下取りプログラムの下取り価格は毎月変動しますので、最新の買取額はドコモの公式サイトで確認をしてみてください。

高く下取りされるようでしたら、こちらのプログラムを使ったほうがお得に機種変更をすることができますよ。

【ドコモ公式】最新の下取り価格を見る

利用料300円を払っても「機種変更応援プログラム」に加入するメリットはある?

ここまで「機種変更応援プログラム」について紹介してきましたが、このページの内容をまとめると、

  • 利用料は最大で7,200円(月300円×24回)
  • 機種変更時の還元ポイントは27,000円~9,000円
  • 25ヶ月以内に機種変更をしなければ利用料全額をポイントで返金
  • 特典のポイントは次回の機種変更時に利用できる

ですので、しばらくはドコモを使い続ける予定という人にとっては、決して損をしない仕組みになっています。

ネックになってくるのは「端末の回収」の部分で、端末が破損していたり故障したりすると適用外となるのでここは注意が必要です。

この部分さえ問題なければ、毎年新しいスマホを使えるという最大のメリットがあるので、新しいスマホが好きな方は利用しない手はありませんね。

機種変更応援プログラムの詳細を見る

機種変更応援プログラムはこんな人におすすめ

機種変更応援プログラムをオススメできる人の特徴をまとめると、

  • 機種変更をしたら古い端末は不要
  • 2年以内に機種変更をすることが多い
  • 今後もドコモを使い続ける予定

このような人は月額300円を払っても、「機種変更応援プログラム」に加入するメリットは充分にあると言えます。

他にも似たようなプログラムに「ドコモ下取りプログラム(利用料無料)」や「スマホおかえしプログラム(利用料無料)」というものもあるので、自分に合っているプログラムに加入するのが一番良いと思いますよ。

【ドコモ公式】毎月の携帯代をシミュレーションをしてみる

機種変更はドコモオンラインショップが絶対にお得!

ドコモオンラインショップ

ドコモで機種変更をするのであれば、ドコモオンラインショップを使うのが最もお得です。

私がオススメする理由としては、

  • 通常3,000円の事務手数料が無料になる
  • ドコモショップへ来店しなくても良い
  • 24時間いつでも好きな時に手続きができる
  • オンラインショップ限定の割引キャンペーンもある

わざわざドコモショップへ来店する手間や、待ち時間が発生しないという時間的なメリットだけでなく、事務手数料やオンライン限定割引などの金銭的なメリットも多いので、ショップで機種変更をするよりも圧倒的にお得です。

ドコモが運営しているオンラインショップなので安心ですし、プランなどの相談をしたい方は購入機種の受取先を「自宅」ではなく「ドコモショップ」にすることも可能ですよ。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら


ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは、東京ディズニーランド「ドリームキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年12月2日(月)~2020年1月31日(金)

キャンペーン期間中は、東京ディズニーランドの新施設オープンプレビューイベントに参加できる激レアチケットが抽選で当たります!

ドコモユーザー以外の方でも応募可能なので、是非チェックしてみてくださいね。

ドコモ「ドリームキャンペーン」の詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

4つのゼロ

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポート(dアカウント/Apple ID/Googleアカウントの設定、ドコモアプリケーションの設定、データ移行」が有料(3,300円)となりますのでご注意ください。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!