本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

Galaxy S23 FEの対応バンド。ドコモでも使える?|SIMフリーなので端末のみ購入してもOK

Galaxy S23 FEの対応バンド。ドコモでも使える?|SIMフリーなので端末のみ購入してもOK アイキャッチ

2024年2月にauから発売されたGalaxy S23 FE。これがかなり評判いいんですがドコモで売っていないんですね。現時点ではau専売のようです。

ではドコモやソフトバンク、楽天モバイルの人はauに乗り換えないとダメでしょうか?こちらでは

  • Galaxy S23 FEはドコモ回線や他社回線で使えるか?
  • Galaxy S23 FEをauユーザー以外が買う方法

をテーマにまとめています。

結論を言うと、スペック上はドコモ周波数帯に対応しています。しかしauへの乗り換え割引がめちゃくちゃ大きいので、この機種を使う間だけauにしちゃって良いかもしれません。

※端末の動作保証を行うものではありません。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
Galaxy S24いきなり値引き

合計最大22,000円お得!

auオンラインショップなら予約から適用OK。
(受付期間:2024年4月11日~5月31日)

【Galaxy S24機種変更おトク割】
適用条件&ご予約はこちら >>

 

さらにWeb限定で
スペシャルセール開催中

対象機種が合計最大11,000円お得!

4月1日から特典変更

機種代金の直接値引きになりました!

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

 

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

スマホトクするプログラムも使えば
かなり安く手に入ります

 

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 最新モデルも頭金0円 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年4月3日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

 

 

Galaxy S23 FEの対応バンドは?

Galaxy S23 FE

Galaxy S23 FEはau専売モデルですがSIMロックはされておらず、SIMフリーで販売されています。つまりキャリアに縛られることなくドコモやソフトバンクのSIMを差し込むことができます。

しかし快適に通信するなら『周波数』も確認が必要。端末とキャリアの周波数帯(対応バンド)が合わないと、電波をうまくキャッチできないことがあるからです。

ではGalaxy S23 FEの場合はどうでしょうか?

 

S23FEの対応周波数帯

2024年2月20日現在、auではGalaxy S23 FEの対応周波数が公開されていませんでした。スペック表には『今後公開予定』との表記があります。

しかし探してみるとSamsung公式サイトに記載がありました。

4G
LTE(FDD)
B1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B20(800), B21(1500), B26(850), B28(700), B66(AWS-3)
4G
LTE(TDD)
B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5G
FDD Sub6
N1(2100), N3(1800), N5(850), N28(700), N66(AWS-3)
5G
TDD Sub6
N41(2500), N77(3700), N78(3500), N79(4500)

こちらとドコモや各キャリアの利用している周波数帯を照らし合わせると、バンドの対応状況が分かります。

 

各キャリアの4G LTE割当

700MHz帯 800MHz帯 900MHz帯 1.5GHz帯 1.7GHz帯 2.0GHz帯 3.5GHz帯
バンド28 バンド18/26 バンド19/26 バンド8 バンド11 バンド21 バンド3 バンド1 バンド42
KDDI(au)
NTTドコモ
ソフトバンク
楽天モバイル

引用:総務省|携帯端末の対応周波数等について(PDF)

ピンク色のバンドが対応しています。LTEプラチナバンドはB8/B18/B19/B28。auで使用できるのはもちろんドコモ、ソフトバンクも幅広く対応しています。楽天モバイルは一見少ないですが、auローミングのBand18に対応しています。
※端末の動作保証を行うものではありません。

 

各キャリアの利用する5G周波数

3.7GHz帯 4.5GHz帯 28GHz帯
n77 n78 n79 n257
KDDI(au)
NTTドコモ
ソフトバンク
楽天モバイル

引用:総務省|携帯端末の対応周波数等について(PDF)

ピンク色のバンドが対応しています。5G Sub6はn77/78/79対応。ドコモ5Gのn79をはじめ、3キャリアで対応しています。
※端末の動作保証を行うものではありません。

 

Galaxy S23 FEはドコモで使える?

Galaxy S23 FEはドコモで使える?

2024年2月20日現在、ドコモ公式サイトの対応機種ページにGalaxy S23 FEの名前はありません。

というのもこちらは2023年発売機種までしか掲載されておらず、2024年発売モデルはまだ未掲載。そのため『対応しています』という公式アナウンスは現時点で得られていません。

当サイトとしては
・ドコモの周波数帯には対応している
・対応機種として公式発表はされていない
という2点をお伝えできればと思います。

 

ドコモにこだわりがなければ、乗り換えもアリ

前述のとおりGalaxy S23 FEはau専売。つまりau回線なら問題なく使えるというお墨付きがあるわけです。

もしあなたが

「キャリアから公式声明がないと不安」

「別にドコモじゃなくても困らない」

という場合は、Galaxy S23 FEを使う間だけでもauに乗り換えてしまってもアリ。

なぜなら、これだけで機種代が22,000円割引になるから!

 

 

どういうカラクリかというと
auは他社から乗り換えで22,000円OFFになる『au Online Shop お得割』という仕組みがあります。

これが適用されると

・機種代金: 88,000円
・値引き額:-22,000円
―――――――――――――――――――――――――――
・差引代金: 66,000円

という感じになります。

やり方は簡単で、auへ『MNP乗り換え』するだけ。
(※電話番号は変わりません)

ちょっとした簡単な手続きだけでスマホが2万円以上安くなるなら悪くない話じゃないでしょうか。

乗り換えた場合の価格は公式サイトから料金シミュレーションできるので、乗り換え前に覗いてみて下さいね。

【乗換22,000円OFFシミュレーション】
auオンラインショップでS23 FEを見る >>

 

ドコモユーザーがGalaxy S23 FEを購入するには

ドコモユーザーがGalaxy S23 FEを購入するには

これまでGalaxyシリーズは豊富に扱ってきたドコモですが、Galaxy S23 FEは発売されていません。

なぜか?という話は大人の事情もあるのでしょうが、ドコモではほぼ同じタイミングでXperia 10 V Fun Editionの発売を発表しています。

ひょっとしたら爽やかなミストグレーが、商品的にやや被ってしまうのを懸念したのかもしれませんね。

 

購入できるキャリアはauのみ

購入できるキャリアはauのみ

前述のとおり、Galaxy S23 FEは現時点でau専売。価格は以下のようになっています。どの購入方法でも割引が適用されますが、乗り換え割が一番お得になっていますね。

Galaxy S23 FE
購入方法 本体価格 割引適用 スマホトクする
プログラム
機種変更 88,000円  -5,500円
実質47,400円
(2,080円× 1回)
(2,060円×22回)

※35,100円お得!
新規契約 88,000円  -11,000円 実質41,900円
(1,838円× 1回)
(1,821円×22回)
※35,100円お得!
au以外から
乗り換え
MNP
88,000円  -22,000円 実質30,900円
(1,354円× 1回)
(1,343円×22回)
※35,100円お得! 
端末のみ
購入
88,000円  ※購入時に
ご確認ください
※購入時に
ご確認ください

なおauへ乗り換えせず、回線契約なしで端末のみ購入することもできます。端末のみ購入すると割引適用されないことが多いですが、『スマホトクするプログラム』で激安入手できるのが嬉しいですね。

スマホトクするプログラムとは

スマホトクするプログラム

分割払い購入で利用できるプログラム。

13~25ヶ月目に端末を返却することで、残りの支払いが免除される仕組み

ドコモで言うところの『いつでもカエドキプログラム』みたいなもので、これだけで機種代金が実質半額近くなるはず。興味ある場合は値段をシミュレーションしてみて下さいね。

【au Online Shop】
Galaxy S23 FEの詳細はこちら >>

 

他社・Samsung公式は直接販売なし

SamsungのHPからもSIMフリー版の直接販売はないようで、販売サイトへ進むとauのGalaxy S23 FE購入ページへ誘導されていました。

元々Galaxyの取り扱いがないソフトバンクはもちろん、ドコモ・楽天モバイルも現状出ていません。現時点ではauのみの取り扱いと考えて良いでしょう。

このほかグローバル版(海外版)の日本未発売モデルは、一部の通販サイトで購入可能です。
※グローバル版は対応周波数が一部異なる場合があります

 

au版はSIMフリー!他社キャリアユーザーでもOK

キャリア経由で購入すると心配なのがSIMロックかと思います。

SIMロックとは

かんたんに言うと、SIMロックがかかっている端末は購入したキャリア以外で利用できません

しかしGalaxy S23 FEをauから購入してもSIMロックはかかっていません。いちいち解除の手続きをしなくていいのは嬉しいですね。

\ お得なオンライン購入はこちら /

 

Galaxy S23 FEの端末のみ購入する方法

Galaxy S23 FEの端末のみ購入する方法

こちらでは、auオンラインショップでGalaxy S23 FEの端末のみ購入する流れをまとめました。

 

auオンラインショップで端末のみ購入する流れ

かんたんにauオンラインショップで端末のみ(白ロム)の購入手順をまとめると、以下のようになります。

※au IDでログインしていない状態からのご紹介になります。

  1. auオンラインショップにアクセスする
  2. 機種の販売ページにアクセスする
  3. 「カートに入れる」の下にある
    「機種のみご購入の場合はこちら」
    を選択する
    auオンラインショップでは端末のみ購入する手順
  4. 事前に作成したau IDでログイン
    または au IDを新規作成する
  5. 機種購入サポート(スマホトクするプログラム)、補償サービスの有無、支払方法(分割or一括)を選択
  6. Pontaポイントを利用するなら入力する
  7. 契約者情報を入力、本人確認書類をアップロードする
  8. 受け取り場所・お届け日を選択する
  9. 「ご注文内容確認用パスワード」を設定する
  10. 支払い方法を設定する
  11. 購入完了

前述のとおり、端末のみ購入でも『スマホトクするプログラム』を利用してお得に入手することができます。

 

端末のみ購入時に必要なもの

auオンラインショップでは、より自分に合った支払い方法を選ぶことができるようになりました。

  1. au ID / パスワード
    ※au IDを事前登録する場合はこちら >>
  2. 本人確認書類
    ※免許証、マイナンバーカード、在留カードなど
  3. 本人名義のクレジットカード or 金融機関口座
    ※利用可能なクレジットカードはこちら >>
    ※利用可能な金融機関はこちら >>

au IDは購入時に一緒に作ることができるので、事前作成は絶対ではありません。

本人確認書類は、写真を撮ってアップロードします。画像の氏名・住所・生年月日は、申し込み時の内容と一致している必要があります。

クレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)設定済のカードをご利用ください。

 

関連記事:auオンラインショップで端末のみ(白ロム)を購入する方法

auオンラインショップで端末のみ(白ロム)を購入する方法|スマホ単体でも購入可能に! アイキャッチ
auオンラインショップで端末のみ(白ロム)を購入する方法|スマホ単体でも購入可能に!

続きを見る

 

Galaxy S23 FEのスペック

Galaxy S23 FEの発表済みスペックです。Android 14搭載で高性能チップセット・RAM8GBでサクサク挙動。カメラは3つのレンズで超広角~望遠まで対応します。

機種名 Galaxy S23 FE
本体画像 Galaxy S23 FE
発売日 2024年2月9日
ディスプレイサイズ 約6.4インチ
OS Android 14
チップセット Snapdragon® 8 Gen 1
容量(ROM) 256GB
メモリ(RAM) 8GB
本体サイズ 約76×158×8.2×mm
重さ 209g
メインカメラ 超広角:約1,200万画素
広角:約5,000万画素
望遠:約800万画素
フロントカメラ 約1,000万画素
カラー ・ミント
・クリーム
・グラファイト
電池容量 4,500mAh
顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電

基本操作説明はau公式YouTubeで解説されています。

 

端末のみ購入が不安な場合は

不安な場合は乗り換えた方が無難

どうしても今のキャリアと適合するか不安な場合は、いっそauへ乗り換えてしまうのが一番確実。

というのも2つのメリットが大きすぎるんですよね。

  • 発売元の回線なら周波数の心配がまったくない
  • 乗り換え割で22,000円割引になる

例えばですが

「Galaxy S23 FE利用中だけauに…」

というのも全然アリだと思いますので、この機会に最新Galaxyをお得に堪能してみて下さいね。

\ お得なオンライン購入はこちら /

 

関連記事:ドコモからau乗り換えに必要なもの(番号そのままMNP手順)

ドコモからau乗り換えに必要なもの(番号そのままMNP手順)|何が変わる?知らずに後悔する前に準備! アイキャッチ
ドコモからau乗り換えに必要なもの(番号そのままMNP手順)|何が変わる?知らずに後悔する前に準備!

続きを見る

-Galaxy
-, , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.