iPhone 7の価格!ヨドバシなどの家電量販店はドコモよりも安い?

更新日:

iPhone 7を買うならドコモとヨドバシだとどっちが安いの?

iPhone 7を購入する場合、どこで買うと最安値なのかは気になるところ。

ヨドバシなどの家電量販店に行くと、「iPhoneが0円!」という魅力的なPOPが出ていたりするので、足が止まることもあります。

ココで疑問になるのが、家電量販店とドコモではどちらでiPhone 7を買ったほうが安い(お得な)のか?という点。

気になったので、ヨドバシとドコモでiPhone 7の販売価格を比較してみました。

ヨドバシカメラとドコモでのiPhone 7価格は同じ

まず前提からお伝えしますと、iPhone 7は基本的にヨドバシカメラでも、ドコモショップでも端末の価格は同じです。

これはAppleが端末価格の値引きを禁止しているので、どこのお店でも同一の価格設定になっているからです。

しかし、端末の価格は同じでも実質価格になると購入場所によって「高い」「安い」があります。

価格が変わる内容としては、

  • 事務手数料は請求されるか?
  • 頭金の支払いは必要か?
  • ポイントは還元されるか?
  • ショップ独自のキャンペーンはあるか?

という要素がありますが、できる限り余計な支払いを行わないことが、iPhone 7を最安値で買うコツとなります。

iPhone 7購入時には頭金を支払う必要がある(ドコモ・ヨドバシ共通)

ドコモとヨドバシカメラどちらも共通なのですが、店舗でスマホを購入した場合は頭金という名目でショップへの手数料を取られます。

価格は店舗によっても差がありますが、約3,000円~10,000円ほどです。

気をつけなければいけないのが、頭金は機種代金とは全くの別物なので、いくら支払っても機種の分割払い分から減ることはありません。

頭金とは別に事務手数料も取られる(ドコモ・ヨドバシ共通)

これもドコモショップ、ヨドバシカメラで共通なのですが、iPhone 7などのスマホを購入した時は、頭金とは別に「事務手数料」を請求されます。

店舗にはスタッフが在籍しているので、その方達の人件費を負担しているイメージですね。

尚、iPhoneを購入した時に支払う事務手数料はドコモ・ヨドバシ共通で

新規契約/MNP3,240円、機種変更2,160円となります。

ちなみに、ドコモのオンラインショップだと、この事務手数料も無料となります。

頭金と併せると5,000円~13,000円も節約できるのは大きいですね。

▶ドコモオンラインショップはこちら

10%の購入ポイントの還元される(ヨドバシ)

これはヨドバシカメラ限定ですが、通常の買い物と同様にiPhone 7を購入した場合でもヨドバシゴールドポイントが付与されます。

ヨドバシカメラは購入金額の10%がポイント還元されるので、10万円の場合は1万円分のポイントが付くということになります。

尚、クレジットカード払いにすると還元率が落ちたりもするので、支払い前にどれくらいのポイントが付くのかを確認しておきましょう。

家電量販店の「iPhone0円」のキャンペーンはお得なのか?

ヨドバシの携帯電話コーナーでよく見かける「iPhone0円」というポスター。

かなり魅力的に見えますが、これは裏に「NTTひかりの回線契約をして毎月5,000円払ってね」というメッセージが隠されています。

よほどの在庫処分に困っていなければ、私達がお得になることはありません。

「ちょうど自宅に光回線を引こうと思っていた」という人以外はスルーをして問題ないでしょう。

ドコモショップとヨドバシの費用を比較

ドコモショップ

ここまでドコモショップとヨドバシカメラに支払う費用を紹介してきましたが、一度まとめてみたいと思います。
※iPhone 7(32G)を機種変更した場合を想定

ドコモショップで機種変更した場合の費用
頭金 10,800円
事務手数料 2,160円
合計 12,960円

 

ヨドバシカメラで機種変更した場合の費用

頭金 9,720円
事務手数料 2,160円
ポイント還元(10%) -5,400円
合計 6,480円

 

最後にドコモオンラインショップで機種変更をした場合の費用は

頭金 0円
事務手数料 0円
合計 0円

ヨドバシはポイント還元があるので、支払う費用はドコモショップよりも安いですが、それよりもドコモのオンラインショップで購入するのが最安値ということが一目瞭然で分かると思います。

結論:iPhone 7はドコモオンラインショップが最安値

というわけで、ここではiPhone 7はドコモショップとヨドバシのどちらで買ったほうがお得か?というテーマで記事を書きましたが、結果的に

最安値はドコモオンラインショップという結論に至りました。

期間限定でオンラインショップ限定割引キャンペーンも行っていますので、

iPhone 7の購入を検討している方は絶対にチェックしておいたほうが良いですよ!

ドコモオンラインショップなら13,000円も安く機種変更ができる

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.