本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

今さら聞けない!GoogleピクセルとiPhoneどっちがいい?|知らずに買うと後悔する違いを徹底比較

今さら聞けない!Googleピクセルとiphoneどっちがいい?|知らずに買うと後悔する違いを徹底比較 アイキャッチ

国内シェアNo.1のiPhoneと、猛追を見せるAndroidのGoogle Pixel。OSの違いから単純比較できませんが

実際どっちがいいんでしょう?

実は両モデルが使い勝手が異なるので、知らずに買うと後悔してしまうことも…

こちらではカメラ・CPU・AI機能・画質・音質・アプリ・便利機能など、角度から両者のメリット・デメリットを比べてみました。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
人気モデル激安セール開催

auマネ活プラン加入で最大27,500円OFFの大幅値引!ラストセールの可能性があるので狙っていた人はお早めに。
※各機種の割引適用条件はこちら

 

さらに人気の実力派モデルが
最大11,000円OFFセール開始

『5G機種変更おトク割』で5,500円割引+『スペシャルセール』適用で11,000円割引となります。在庫限りとなる可能性高いのでお早めに!

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 開催中のキャンペーン一覧 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年7月1日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

 
 

目次

Googleピクセルとiphoneどっちがいい?

Googleピクセルとiphoneどっちがいい?

今や、iPhoneのライバル機種となったGoogle社製スマホ『Pixel(ピクセル)』シリーズ。スマホの約半分がiPhoneと言われる日本でも、好調な売れ行きです。

ここではiPhoneとPixelのどっちがいいか、特徴的な違いを解説します。

 

PixelとiPhoneは『OS』が異なるため比べづらい

PixelとiPhoneはOSが異なるため、単純比較しづらい

ぶっちゃけ、PixelとiPhoneはOSが異なるため、単純比較しづらいのが難点。

  • PixelのOS…Android(Google製)
  • iPhoneのOS…iOS(Apple製)

メモ

OSとは?
英語で「Operating System(オペレーティングシステム)」の略称で、直訳すると「動作システム」。スマホを動かすための、基礎部分のプログラムです。

ただ、覚えておきたいポイントとしてGoogleとAppleのスタンスの違いがあります。

  • Googleは元々「検索システム」の会社
    Android OSを独自開発しスマホメーカーへ提供
  • Appleは元々パソコンなど端末を作る会社
    自社端末用のiOSを開発、iPhoneだけで利用

この「一般向けかオリジナル路線か」というスタンスの違いがわかっていれば、比較しやすくなりますよ。

 

両者のざっくりとした特徴

iPhoneとPixel、両モデルの簡単な特徴を挙げると

  • 価格・カスタマイズ性ならPixel
  • 使いやすさ・安全性ならiPhone

と言えるでしょう。

Google製スマホのPixelは…

引用:Google store

他社のAndroidスマホのようにGoogle製アプリ(Googleマップやchromeなど)の利用料を支払う必要がありません。そのぶん他社スマホに比べて安くて高性能にできます。

さらにPixelの特徴であるカスタマイズ性は、「他社スマホも採用しているAndroid」ならでは。

 

Apple製のiPhoneは…

引用:Apple サポート

対して、iPhoneはOS・スマホともAppleが独自に開発した端末です。

世界中のユーザーからAppleに寄せられる意見と、AppStore(アプリの配信サービス)を自社で徹底管理している強みで、使いやすさと安全性に優れています。

 

Googleピクセルとiphoneを比較してみた

Googleピクセルとiphoneを比較してみた

PixelとiPhoneの違いを、比較表で見てみましょう。どっちがいいか、気になる部分を見比べてみてください。

先にご紹介した「普及重視 vs 独自路線重視」なスタンスの違いが、PixelとiPhoneのスペックの違いにも出ています。どちらもハイスペックスマホですが、チップセットと本体サイズに注目してください!

 

【標準モデル】
Pixel8とiPhone15を比較

機種名 Google Pixel 8 iPhone 15
本体画像 Pixel8本体画像 無印iPhone15ブルー画像
発売日 2023年10月12日 2023年09月22日
ディスプレイサイズ 6.2インチ 6.1インチ
容量 128GB
256G
128GB
256GB
512GB
OS Android 14  iOS 17
チップセット Google Tensor G3 (4nm) Apple A16 Bionic (4nm)
メモリ(RAM) 8GB 6GB
本体サイズ 70.8×150.5×8.9mm 71.6×147.6×7.8mm
重さ 187g 171g
メインカメラ 5,000万画素 4,800万画素
フロントカメラ 1,050万画素 1,200万画素
カラー ・Obsidian(ブラック)
・Hazel(グリーングレー)
・Rose(ピンクオレンジ)
・ブラック
・グリーン
・イエロー
・ピンク
・ブルー
電池容量 4,575mAh 3,349mAh
顔認証  〇  〇
指紋認証  〇  ×
ワイヤレス充電  〇  〇

Pixel 8とiPhone 15を比較して、どっちを選んでも後悔しないためのポイントは

・バッテリー容量を重視するかしないか

ぶっちゃけ使い方しだいで印象が変わるバッテリー容量ですが、Pixel 8はiPhone 15 Proと同じ可変リフレッシュレート(画面の滑らかさを変化させる機能)を採用しています。

大容量かつ可変リフレッシュレートでバッテリー消費を抑えるという部分では、iPhone 15より有利です。

 

【上位モデル】
Pixel8 ProとiPhone15 Pro MAXを比較

機種名 Google Pixel 8 Pro iPhone 15 Pro MAX
本体画像 Google Pixel 8 Pro本体画像 iPhone15ProMax本体画像
発売日 2023年10月12日 2023年09月22日
ディスプレイサイズ 6.7インチ 6.7インチ
容量 128GB
256GB
512GB
256GB
512GB
1TB
OS Android 14  iOS 17
チップセット Google Tensor G3 (4nm) Apple A17 Pro (3nm)
メモリ(RAM) 12GB 8GB
本体サイズ 76.5×162.6×8.8mm 76.7×159.9×8.3mm
重さ 213g 221g
メインカメラ 5,000万画素 4,800万画素
フロントカメラ 1,050万画素 1,200万画素
カラー ・Bay(スカイブルー)
・Obsidian(ブラック)
・Porcelain(ホワイト)
・ブラックチタニウム
・ホワイトチタニウム
・ブルーチタニウム
・ナチュラルチタニウム
電池容量 5,050mAh 4,422mAh
顔認証  〇  〇
指紋認証  〇  ×
ワイヤレス充電  〇  〇

Pixel 8 ProとiPhone 15 Pro MAXを比較して、どっちを選んでも後悔しないためのポイントは

・ストレージ容量を重視するかしないか

どちらもハイスペックスマホで、使いこなす人ならストレージ容量は重要なポイント。せっかくプロモデルを選ぶなら、それに見合った容量がないと宝の持ち腐れですよね。

性能面の比較は甲乙つけがたいので、必要なストレージ容量に対してのコスパ比較になるでしょう。

 

【エントリーモデル】
Pixel7aとiPhone SE3を比較

機種名 Google Pixel 7a iPhone SE3
本体画像 iPhonese3本体画像
発売日 2023年05月11日 2022年03月18日
ディスプレイサイズ 6.1インチ 4.7インチ
容量 128GB 64GB
128GB
256GB
OS Android 13 iOS 15.3
チップセット Google Tensor G2 (5nm) Apple A15 Bionic (5nm)
メモリ(RAM) 8GB 4GB
本体サイズ 72.9×152×9mm 67.3×138.4×7.3mm
重さ 194g 144g
メインカメラ 6,400万画素 1,200万画素
フロントカメラ 1,080万画素 700万画素
カラー ・Coral(ピンクオレンジ)
・Sea(スカイブルー)
・Charcoal(チャコールグレー)
・Snow(ホワイト)
・ミッドナイト
・スターライト
・レッド
電池容量 4,385mAh 2,018mAh
顔認証  〇  ×
指紋認証  〇  〇
ワイヤレス充電  〇  〇

Pixel 7aとiPhone SE3を比較して、どっちを選んでも後悔しないためのポイントは

・画面サイズを重視するかしないか

どちらもコストパフォーマンス最強と言われる2機種。最大の違いが画面サイズなので、多少重くても大画面がいいならPixel 7a、画面が小さくても軽くて持ちやすい方がいいならiPhone SE3を選ぶのがおすすめです。

 

Google Pixelのメリット(満足する点)

Google Pixelのメリット(満足する点)

iPhoneとPixelのどっちがいいかを比較するため、ここではGoogle Pixelのメリットをご紹介します。

  • 高性能なのに価格が安い
  • カスタマイズの自由度が高い
  • 指紋認証ができる

Appleが本体・OSとも作っているiPhoneのように、Googleが本体・OSを作っているPixel。

どちらも同じ体制の2機種ですが、PixelはAndroidならではの自由なスタンスが特徴です。

ピクセルの良い点

ピクセルの良い点①
高性能なのに価格が安い

Pixelのメリット1つめは、高性能なのに価格が安いこと。

iPhoneの同クラス・同GB容量と比較してみるとその差は圧倒的です。

Pixel 8とiPhone 15(128GB)価格比較
※2023/12/30時点
キャリア Pixel 8 返却プログラム利用時 iPhone 15 返却プログラム利用時
au 117,900円
→26,390円
145,640円
→71,320円
ドコモ 119,900円
→64,660円
149,490円
→75,570円
ソフトバンク 111,600円
→21,996円
145,440円
→74,640円
楽天モバイル 取り扱いなし 140,800円
→70,392円

各キャリアとも半額以下なのが分かります。

それなのにカメラ性能はiPhone 15 Proと比較していいほど高く、AI処理技術が進んでいるのが特徴。Pixel 8 ProではPixel 7のAI処理性能に比べ、150倍の計算量で生成AIを実行できるようになりました。

Pixel 8/8 Proに搭載されたAIカメラでは

  • ベストテイク
  • 消しゴムマジック
  • 動画ブースト

など、強力なAI処理で修正して撮影した写真や動画を完璧なものに変えてくれます。

 

Pixel 8 Proは本体だけでAIを実行できるようになった

2023年12月7日、Googleは高性能AI「Gemini」を発表。Pixel 8 Pro本体でAIが実行可能になりました。

Pixel 8 Proに搭載される「Gemini Nano」は、メッセージアプリでのメッセージ返信提案やレコーダーの要約(録音した会話や講義などの要約)を本体だけでおこなえるため

  • 外部サーバーでのAI処理が不要→データ漏洩を防ぐことができる
  • ネットにつながっていなくてもAIを利用できる

というメリットがあります。

 

ピクセルの良い点②
カスタマイズの自由度が高い

Pixelのメリット2つめは、カスタマイズの自由度が高いこと。

世界中のスマホメーカーが採用する『Android』のおかげでさまざまなアプリが提供されるほか、カスタマイズも柔軟に対応できるようになっています。

例えば、PixelにiPhone SEシリーズのように物理的なホームボタンはありませんが、Androidの設定でナビゲーション設定を2ボタン・3ボタン・ジェスチャーナビゲーションとカスタマイズできます。

カスタマイズ方法

  • 2ボタンナビゲーション
    • 「<」で戻る
    • 「中央ボタンタップ」でホーム画面を表示
    • 「中央ボタンを上へスワイプ」でアプリの一覧を表示
  • 3ボタンナビゲーション
    • 「<」で戻る
    • 「〇」でホーム画面を表示
    • 「□」でアプリの一覧を表示
  • ジェスチャーナビゲーション
    • 画面を下から上にスワイプでホーム画面
    • ディスプレイ左右どちらかの端から中央に向かってスワイプで戻る
    • 画面下部の補助ラインを左右にスワイプでアプリを1つずつ切り替え
    • 補助ラインから数 cm 程度上にスワイプでアプリの一覧を表示

簡単操作の3ボタンナビゲーション・サクサク操作のジェスチャーナビゲーションはそれぞれ使う人に合ったシステム。ジェスチャーナビゲーション慣れるとiPhoneの操作が面倒にすら感じてしまいます。

 

ピクセルの良い点③
指紋認証ができる

指紋認証ができる

Pixelのメリット3つめは、指紋認証ができること。

Pixelシリーズでは、Pixel Foldを含むPixel 6以降で画面内指紋認証を搭載。ポケットやカバンから取り出しながらロック解除することができて便利ですよ。

一方のiPhoneはSEシリーズ以外、iPhone X以降で指紋認証を搭載せず顔認証のみになりました。この差は地味に大きなメリットと言えそうです。

 

Google Pixelのデメリット(後悔する点)

iPhoneと比較したGoogle Pixelのデメリットも、きちんとご紹介しますね。

  • 全体的にデカい
  • Air Dropが使えない
  • 手持ちのAppleデバイスとの連携が悪くなる

iPhoneからPixelに買い替えたとき、後悔するかもしれない注意点を確認しておきましょう。

ピクセルの残念な点

ピクセルの残念な点①
全体的にデカい

全体的にデカい

Pixelのデメリット1つめは、全体的にデカいこと。

特にiPhone miniやSEシリーズなど、小さいiPhoneを使っていた人には慣れないかもしれません。

両手で操作する派の人は大丈夫と思いますが、Pixelの大きさはメリットの反面デメリットにもなりがち。

片手操作が厳しいというPixelのデメリットは、後悔しないように実機を確認しておくといいでしょう。

 

ピクセルの残念な点②
Air Dropが使えない

Air Dropが使えない

Pixelのデメリット2つめは、Air Dropが使えないこと。

似たような機能で『Nearby Share(ニアバイシェア)』という機能が使えますが、ぶっちゃけ設定が少し面倒です…Air Dropのように気軽に使える感じではありません。

Air Dropで友達と写真の送受信などをしている人は、ニアバイシェア以外の方法でやりとりしたほうが楽でしょう。

逆にWindowsのパソコンとBluetoothでデータをやりとりしたいなら、デメリットにはなりません。

 

ピクセルの残念な点③
手持ちのAppleデバイスと互換性が下がる

Pixelのデメリット3つめは、手持ちのAppleデバイスとの連携が悪くなること。

上述のAir Dropもそうですが、iPhoneとiPadやAppleウォッチなどとAndroidのPixelでは、連携できない機能が多くなります。これは周辺機器をApple製品で揃えている人が後悔しがち(忘れがち)なポイント。

PixelウォッチやPixel Budsに根こそぎ買い替えるなら問題ありませんが、デバイスをApple製品で揃えている人はデメリットに注意が必要です。

 

iPhoneのメリット(満足する点)

iPhoneのメリット(満足する点)

ここではPixelとどっちがいいか比較した、iPhoneのメリットをご紹介します。

  1. 使える期間が長い
  2. セキュリティが非常に優秀
  3. アクセサリの種類が膨大
  4. みんなが使っている

Appleが本体・OSとも徹底管理しているiPhone。

Apple1社で、Android勢とシェア争いをしている強さの秘訣を見ていきましょう。

 

iPhoneの良い点①
使える期間が長い

使える期間が長い引用:Apple サポート

iPhoneのメリット1つめは、使える期間が長いこと。PixelシリーズのOSアップデート保証が3~5年(Pixel 8シリーズは例外で7年保証)に比べて、iPhoneのiOSアップデートは約6年。

またセキュリティアップデートは、緊急アプデを含めるとさらに長期間アップデートすることもあります。
(2015年発売のiPhone 6sや2016年発売のiPhone 7・初代iPhone SE向けにiOS15.8が2023年10月25日に配信!)

 

機種変更が超カンタンで快適

クイックスタート引用:Apple サポート

『iPhone』シリーズを長く使えるポイントとして、古いiPhoneから新しいiPhoneへの機種変更(データ移行)を迷わずに済む『クイックスタート』があります。Androidのようにメーカーが違うから互換性が…という心配がなく、簡単・安心です。

iPhoneの「安心感」というメリットは、スマホを長い期間使う人に嬉しいですよね。

 

iPhoneの良い点②
セキュリティが非常に優秀

セキュリティが非常に優秀

iPhoneのメリット2つめは、セキュリティ対策が非常に優秀なこと。

3つの安心ポイント

  1. iOSがウイルス対策の仕組みを持っている
  2. AppStoreにウイルス感染したアプリがほぼない
  3. アプリ同士の連携も基本的に禁止

そもそもAppleが「iPhoneにはウイルス対策アプリ不要」というスタンスでiOS自体にセキュリティ対策をしています。

またiPhoneはAppStoreからアプリをインストールするしかなく、そのAppStoreでアプリを配布するための審査はAppleクオリティの厳しさ(AIではなく毎週500人以上が審査しています)。

加えて個人情報を覗かれたり、流出するのを防ぐ対策もガチガチ。望ましくないアプリやデバイスからのアクセスを遮断します。

これらのセキュリティ対策で、iPhoneは自由度の高いAndroidに比べて堅牢なスマホとなっているんですね。

 

iPhoneがサイドローディングOKに?どうなる安全性

サイドローディングとは…
・決まった通常の入手経路とは異なる方法でソフトウェアを端末に導入すること

EUでデジタル市場法が成立した関係で、ヨーロッパではAppStore以外からiPhoneにアプリインストールができるようになると予想されています。iOS17で、仕組みとしてはすでに存在するという報道も。

日本では、iPhoneへのマイナンバーカード搭載に向けて、サイドローディングでおこなう(AppStore以外からインストールする)ことを目論んでいます。

AppStore以外からインストールできるアプリがあったとしても「便利さとセキュリティ対策は諸刃の剣」ということは知っておきましょう。

 

iPhoneの良い点③
アクセサリの種類が膨大

iPhoneのメリット3つめは、アクセサリの種類が膨大なこと。

ケースを始めとにかく種類が圧倒的に豊富。ちょっと古いiPhoneのモデルでも、アクセサリ類を量販店で普通に買える状況です。

多くのAndroid端末では、機種の販売終了とともにアクセサリ類も在庫のみの販売となります。在庫がなくなればそこで入手不可能に。

iPhoneを長く使うなら、ケースや画面保護フィルムなどのアクセサリ類も長期間販売されているのは、安心ですよね。

 

iPhoneの良い点④
みんなが使っている

みんなが使っている

iPhoneのメリット4つめは、みんなが使っていること。周りに1人もiPhoneユーザーがいない事はほとんどないでしょう。何かトラブルがあったり、気になることがあったりするとき周りの人に聞きやすいのはiPhoneならでは。

調査会社のCounterpoint Researchによると、2023年4月~6月における日本市場でiPhoneのシェアが50%を下回ったと発表しました。それでも46%のシェアとなっていて、今でも「みんなが使っている」と言って過言ではありません。

 

iPhoneのデメリット(後悔する点)

PixelとiPhoneどっちがいいかを考えるとき、iPhoneのデメリットも把握しておくと安心です。

  1. 全体的に値段が高い
  2. ホームボタンがない
  3. キーボードにカーソルキーがない

AndroidからiPhoneに買い替えたとき、後悔するかもしれない注意点を確認しておきましょう。

 

iPhoneの残念な点①
全体的に値段が高い

iPhoneのデメリット1つめは、全体的に値段が高いこと。

Appleストアでの価格
機種名 価格(税込)
iPhone 15 124,800円~
iPhone 15 Pro 159,800円~
iPhone 15 ProMAX 189,800円~
iPhone SE3 62,800円~

ご覧のように、iPhone SE3以外は基本的に10万円越え。キャリア版はさらに3万円近くアップします。

iPhoneは長持ちする半面、気軽に買い替えるのをためらってしまう機種なのがデメリットと言ってもいいかもしれません。

 

iPhoneの残念な点②
ホームボタンがない

iPhoneのデメリット2つめは、ホームボタンがないこと。Androidでは、中央ボタンや3ボタンナビゲーションの「〇」でホーム画面に戻ることができました。

ホームボタンがない

しかしiPhoneはiPhone X以降、ホームボタンはありません。
※指紋認証を搭載するiPhone SE3にだけ、ホームボタンが残っています。

何かあったらとりあえずホームボタン!となる人には、iPhoneの基本操作はAndroidと違いすぎて戸惑うでしょう。iPhoneの基本操作は、Androidユーザーには慣れないかも…

iPhoneとPixel(Android)で、操作感がかなり違うのはデメリット(後悔しがちなポイント)と言えます。

 

iPhoneの残念な点③
キーボードにカーソルキーがない

iPhoneのデメリット3つめは、キーボードにカーソルキーがないこと。何気なく使っているカーソルキーが、iPhoneのキーボードにはありません。

キーボードにカーソルキーがない

じゃあどうやってカーソル合わせるの?というと、スペース(空白ボタン)を長押しするとカーソルがドラッグ可能な状態になり、長押ししたままカーソルを移動させる仕組みになっています。

すごく地味な違いですが、意外なほどストレスが溜まりますよ…これは、本当に慣れるまで大変です。

上述の操作感に加え、地味な操作の違いもAndroidからiPhoneに買い替えるときのデメリット(後悔しがちなポイント)と言えるでしょう。

 

まとめ。Googleピクセルとiphone結局どっちがいい?

まとめ。Googleピクセルとiphone結局どっちがいい?

Google PixelとiPhoneのざっくりとした違い、同コンセプトモデルの比較、それぞれの長所・短所を解説してきました。

単純な数値比較で測れない部分もありますし、使用感の好みもあります。優劣をつけるのは難しい両者ですが、それぞれおすすめできる人はハッキリしています!

 

Google Pixelがおすすめな人は

Google Pixelがおすすめな人は

  • 自分だけのオリジナルPixelへカスタマイズしたい人
  • AI新機能で動画や音声を編集してみたい人

Google Pixelの魅力は何といってもその自由度、そしてAIを活用した新機能の数々です。新しいものを試してみたい人、効率的にコンテンツのクオリティを上げたい人にピッタリでしょう。

  • 最新モデルを安く購入したい人
  • メーカーを決めきれないAndroidユーザーの人

スペックからは考えられない価格設定も注目。iPhoneどころかXperiaやGalaxyよりもお求めやすいです。またキャリア各社はかなり値下げ攻勢をかけているのも嬉しいポイント。

  • Windowsユーザーの人

PCがMacでなくWindowsという方は、「Nearby Share」でエアドロップのように簡単にデータ送受信できます。Windowsユーザーの方はかなり多いかと思いますので、実はかなり便利になりますよ。

\ 各キャリアのGoogle Pixelはこちら /

 

こんな人はPixelで後悔!?

写真の加工をほとんどしない人、カスタマイズせず初期設定のまま使っている人、周辺機器をApple製品で揃えている人、楽天モバイルユーザーの人(Pixel販売なし)はGoogle Pixelがちょっと使いにくいかもしれません。使用シーンを想像しながらiPhoneともう一度比べてみましょう。

 

iPhoneがおすすめな人は

iPhoneがおすすめな人は

  • 機種変更やデータ移行でいちいち迷いたくない人
  • ウイルス対策やセキュリティをお任せしたい人

iPhoneの魅力は長年培われてきた『使いやすさ・快適さ』。一度iPhoneにしてしまえば後継機にするだけので、超カンタンになり、次はどのメーカーのどのスマホにしよう…なんて考える必要はありません。

  • 周囲にiPhoneユーザーが多い人
  • Apple製品と連携して使っている人

『郷に入っては郷に従え』の精神で、周りがiPhoneだから自分もiPhone!というのも全然アリだと思います。エアドロップの共有機能は替えが効かないほど便利ですし、共通の話題をくれるコミュニケーションツールとしても使えますよね。

  • 楽天モバイルの人

楽天モバイルはGooglePixelがないため、自動的にiPhoneをおすすめ。楽天モバイルは3大キャリアに比べてiPhoneの一括価格を安く設定しているので、最新iPhoneをなるべくお得に入手したい人向き。

\ 各キャリアのiPhone 一覧はこちら /

 

こんな人はiPhoneで後悔!?

自分好みのカスタムや調整が決まっている人、Google Mapやchromeのヘビーユーザーの人、Androidのニッチなアプリを愛用していた人、とりあえずホームボタンを押しがちな人はiPhoneで不自由さを感じるかもしれません。Google Pixelか、他のAndroidを検討してみましょう。

 

関連記事:iPhoneからandroidに乗り換え!おすすめ5機種

iPhoneからandroidに乗り換え!おすすめ5機種【2024年版】 アイキャッチ
iPhoneからandroidに乗り換え!おすすめ5機種【2024年版】

続きを見る

関連記事:AndroidからiPhoneに変えて後悔すること7選&良くなること9選

AndroidからiPhone 後悔・失敗・デメリット アイキャッチ
AndroidからiPhoneに変えて後悔すること7選&良くなること9選|失敗しない!乗り換えの注意点

続きを見る

関連記事:AndroidからiPhoneへ機種変更するとき最初にやる5つの事

AndroidからiPhoneへ機種変更するとき最初にやる5つの事|データ移行できないものを把握しよう アイキャッチ
AndroidからiPhoneへ機種変更するとき最初にやる5つの事|データ移行できないものを把握しよう

続きを見る

-Google Pixel, iPhone・apple製品, スマホ比較
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.