ドコモのギガホ割が3分でわかる|期間・加入条件をチェック!

2019年6月1日のドコモ夏モデル発売と同時に、新プラントして「ギガホ」「ギガライト」の2つのプランが誕生しました。

その中でも「ギガホ」には「ギガホ割」という割引があるので、今回は「ギガホ割」にスポットを当て、できる限り分かりやすく解説をしていこうと思います。

今のプランを継続したほうが良いのか?それとも新プランに変えたほうがいいのか?悩んでいる方にも参考になったら嬉しいです!

ドコモ公式「ギガホ割」特設ページはこちら

ドコモ「ギガホ割」の加入条件と期間

「ギガホ割」はギガホ加入者全員が受けられる割引で、最大6ヶ月間1,000円/月の割引が続きます。

機種変更や他社からのMNPだけでなく、プラン変更(機種はそのままでプランだけ変える)の方でも対象となります。

加入条件

①個人名義が法人名義での契約
②新料金プラン「ギガホ」への申し込み

割引内容

1,000円/月(プラン基本料金から割引)

受付期間

2019年5月22日(水)~2019年9月30日(月)

適用期間

最大6ヶ月間

適用開始時期

対象料金プランが適用された月から割引適用

ざっくり言うと、ギガホ割の適用条件はギガホに加入するだけなので、超シンプルです(笑)

新モデルの機種変更と合わせてプラン変更を検討している方は、下のシミュレーションを使うとすぐに毎月の携帯代が分かるので便利ですよ。

「ギガホ割」を含めた月額料金をシミュレーションする

「ギガホ割」6ヶ月を超えたら月額はいくら?

ギガホ割の割引は最大6ヶ月間ですが、気になるのは7ヶ月目以降の月額費用(維持費)ではないでしょうか?

他の割引を併用せず、純粋なギガホのみの価格は6,980円ですが「ギガホ割」適用前と割引終了後を比較するとこんな感じになります。

6ヶ月目まで 7ヶ月目以降
ギガホ基本料金 6,980円/月 6,980円/月
ギガホ割 -1,000円/月 0円
合計金額 5,980円/月 6,980円/月

あくまでもお得なのは最初の6ヶ月間だけですが、他にも併用できるキャンペーンがあるので、うまく組み合わせれば2,980円/月まで月額費用を抑えることも可能です。※端末代は除く

プラン変更の申し込みはこちら

ギガホ割と併用できるキャンペーン

最大6ヶ月の期間中、毎月1,000円の割引となる「ギガホ割」ですが、さらに月額費用が割引となるキャンペーンがあります。

これらのキャンペーンを併用することで月額料金がさらに安くなりますので、ギガホ割と一緒にチェックをしておきましょう!

「はじめてスマホ割」はスマホデビューに最適

「はじめてスマホ割」は、これまでガラケーを使っていた方が初めてスマホに機種変更をすると適用される割引です。

ドコモユーザーだけでなく、他社(au・SoftBank)からの乗り換えでも適用となるのでMNPにも最適なキャンペーンです。

割引額 -1,000円/月
割引期間 12ヶ月間

自宅のWi-Fi回線がドコモ光なら「ドコモ光セット割」

「ドコモ光セット割」は、自宅のWi-Fi回線をドコモ光にすると受けられる割引で、「ギガホ」「ギガライト」プランであれば、離れた家族も割引対象に含まれます。

また、ドコモ光セット割は、これまでシェアパックの代表回線のみしか割引を受けることができませんでしたが、ギガホ・ギガホプランでは加入者全員が割引対象となります。

3人家族であれば、家族全体で3,000円割引になるのでかなりお得ですね。

割引額 -1,000円/月
割引期間 永年

家族にドコモユーザーがいるなら「みんなドコモ割」

「みんなドコモ割」は、同じファミリー割引グループに入っている「ギガホ」「ギガライト」契約の回線数に応じて割引を受けることができます。

こちらも離れた家族も対象となるので、家族にドコモを使っている人が3人以上いると携帯代が安くなります。

割引額
1回線 割引なし
2回線 -500円/月
3回線以上 -1,000円/月
割引期間 永年

すべてのキャンペーンを使うと最大4,000円/月の割引

ギガホ割と併用することができる割引・キャンペーンをあげましたが、この

  1. ギガホ割
  2. はじめてスマホ割
  3. ドコモ光セット割
  4. みんなドコモ割

の4つの割引をすべて適用することができれば、最大で4,000円/月の割引となります。

ギガホの基本料金は6,980円ですが、これらの割引を併用することで最初の6ヶ月間は2,980円という爆安の料金プランとなります。

期間が決まっている割引キャンペーンはいずれ終了するので、割引終了後は少し料金は上がりますが、それでも他の永年割引が効いているので通常よりも安く使えますよ。

1~6ヶ月目 7~12ヶ月目 13ヶ月目以降
ギガホ 6,980円 6,980円 6,980円/月
ギガホ割 -1,000円 0円 0円
はじめてスマホ割 -1,000円 -1,000円 0円
みんなドコモ割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
割引額合計 -4,000円 -3,000円 -2,000円
月額費用 2,980円 3,980円 4,980円

ギガホ割と併用が「できない」キャンペーン

2019年6月1日(土)から開始となるドコモの新プラン「ギガホ」や「ギガライト」に伴い、従来の主要プランだった

  • シングルプラン
  • カケホーダイ
  • カケホーダイライト
  • ウルトラパック
  • ウルトラシェアパック
  • ベーシックパック
  • ベーシックシェアパック

新規受付は2019年5月31日で終了となります。

尚、現在利用しているプランは6月1日以降もそのまま継続して使うことも可能です。

新プラン(ギガホorギラライト)がお得だと感じた場合は、プラン変更を検討してみてください。

どの人がどれくらいお得になるか?は人によって状況が違うので一概には言えないのが正直なところ。シミュレーションをすることで、毎月の携帯代がどれくらいになるのかが簡単に分かりますよ。

毎月の支払いシミュレーションをやってみる

「月々サポート」適用中は新プランに変えられない?

今回発表された分離プランの影響を受け、端末の価格の一部を毎月の利用料金から割り引く「月々サポート(月サポ)」は完全に消えて無くなります。

ただし、現時点で月サポの割引を受けている方は、そのまま割引が継続されるのでご安心ください。

月サポは加入時に「24ヶ月の継続」を約束しているはずですので、現在月サポに加入している人は現実的に考えて「ギガホ」や「ギガライト」への移行は難しいでしょう。

理由としては、月サポを途中で解約すると分割割引がそこで終了するので、残りの端末の分割支払い分は実費で払い続ける必要があるから。そこまでして新プランに移るメリットはありませんよね。

現在、月サポの割引を受けている方は、24ヶ月の縛りが明けたら「ギガホ」でも「ギガライト」でも好きなプランへ移る事ができますが、「ギガホ割」には2019年9月30日までという申込期限があります。

いざ「ギガホ」へプラン変更をする時には、すでにギガホ割の期間が終わっているというカラクリが潜んでいます。これが世間から「ドコモの闇」と言われている理由の一つです。

ドコモwithの割引も終了するので注意

毎月1,500円の割引がずっと続く、お得な割引「ドコモwith」も、残念ながら2019年5月31日(金)で新規受付を終了すると発表されました。

尚、ドコモwithの割引とギガホ割は併用できないので、ギガホ又はギガライトにプラン変更した時点で、事実上ドコモwithの割引を放棄する形となります。

現在ドコモwithの割引を受けている方や、これからドコモwithへ加入をする方はその辺も考慮して「ギガホ」「ギガライト」への加入を検討することをオススメします。

【5/31受付終了】ドコモwithの詳細を見る

機種変更ならドコモオンラインショップがお得!

「ギガホ」「ギガライト」プランへの切り替えと、新モデルへの機種変更を同時に行おうと考えている方は、ドコモオンラインショップがオススメです。

というのも、ドコモショップでの機種変更は事務手数料が発生するため、機種代金に加えて7,000円~13,000円ほどの費用が別に発生してしまいます。

ドコモオンラインショップなら、この事務手数料が0円

24時間いつでも申込みができるので、自宅にいながら新モデルへの機種変更や、新プランへの契約変更を行うことができますよ。

「少しでも安く機種変更をしたい」というドコモユーザーの方。

店舗型のドコモショップよりも、7,000円~13,000円も安く機種変更できる方法を知っていますか?

あまり知られていないのですが、ドコモにはオンラインショップというものがあり、スマホやパソコンから簡単に機種変更やMNPの手続きができるんです!

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップはドコモが運営するネットショップなので安心!

もはや、混雑しているドコモショップで長時間待たされる時代は終わったんですね・・・

そして、店舗型のドコモショップとの大きな違いは、

オンラインショップは頭金と事務手数料が0円になる

という点があります。

ドコモショップで機種変更や乗り換えを行った場合、必ず頭金(5,000円~10,000円)事務手数料(2,000円~3,000円)が発生します。

↓こんなやつです。

ドコモショップの店舗で支払う頭金と事務手数料はドコモショップに対しての手数料なので、頭金を払ったとしても端末代金が安くなる訳ではありません。

しかし、オンラインショップならこの頭金と事務手数料が無料

金額にすると7,000円~13,000円も店舗で機種変更するよりも安くなります。※注:0円で機種変更ができるということではありません。

現在開催中の限定キャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは2019年6月1日(土)に行われたホームページのリニューアルを記念して「リニューアルキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年6月1日(土)~2019年6月30日(日)

キャンペーン期間中は最大で20,000dポイントがもらえたり、他では手に入らない限定グッズがもらえたり、全員に最新のワイヤレスイヤホンがもらえたりと超お得!

機種変更を検討中の方は早めにチェックをしてみてくださいね。

ドコモオンラインショップキャンペーンの詳細を見る

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を「自宅」にすれば、機種変更のたびにドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップや家電量販店まで行く時間・交通費・手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなるんです。

ただ、機種変更をするにあたり「初期設定やプランの変更などを教えてもらわないと不安だよ!」

という方もいると思います。

その時はオンラインショップで端末を注文して、受取先を「ドコモショップ」にしましょう。

ドコモショップ受け取りにすれば、面倒な初期設定やプラン変更を窓口で相談できるうえ、オンラインショップで端末を購入しているので頭金/事務手数料は無料になります。

また、仮に自宅で受け取っても後日ドコモショップに持っていけば、ショップで普段と同じサービスを受けることもできます。

下の漫画のほうが分かりやすいと思うので載せておきますね♪

引用:ドコモオンラインショップ
ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,500円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)

 

尚、ドコモオンラインショップについて不安がある方は、詳しくまとめた記事を作りましたので、こちらも確認してみてください。

ドコモオンラインショップのメリット/デメリットをぶっちゃけ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、ドコモのオンラインショップを使ったほうが絶対にお得ですよ!