ドコモはじめてスマホ割で機種変更【期間中の月額割引がヤバい】

投稿日:

ドコモ「はじめてスマホ割」は、FOMA(ガラケー)からXi(スマホ)へ機種変更をする人が使える割引です。

新料金プランの予約が始まる2019年5月22日(水)から受付開始です。

この割引を使うと、スマホの料金プランが月980円という爆安価格で持てます。これってヤバくないですか?(笑)

現在ガラケーを使っている人であれば、ドコモ以外からの乗り換えにもこの割引は使えるので、6月1日のドコモ夏モデル発売時にスマホへ機種変更を考えている方はチェックしてみて下さいね。

ドコモ「はじめてスマホ割」の詳細を見る

ドコモはじめてスマホ割の期間と割引額

2019年6月1日~運用が開始となる「ドコモはじめてスマホ割」に申し込むと、

初回適用月から最大12か月間、月額料金から1,000円の割引

が適用されます。

割引の適用開始時期は、条件を満たしていれば当月から「はじめてスマホ割」が適用となりますが、対象料金プランの適用月を「翌月から」とした場合は、はじめてスマホ割も同様に「翌月から」適用となります。

尚、対象料金プラン(ギガホ・ギガライト)を変えてしまうと、自動的にこの割引も終了となりますので、料金プランを変更する場合は12ヶ月間の割引を受けてからの方が良いですね。

はじめてスマホ割の適用条件と対象となる人

はじめてスマホ割の適用条件は、これまで「ガラケー」のプランを使っていた方が、新たに「スマホ」のプランへ変更した方が対象となります。

具体的には、これまで使っていたプランが

  • ケータイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • カケホーダイプラン
  • シンプルプラン

であれば、機種変更のタイミングで

  • ギガホ
  • ギガライト

のプランに契約変更をすることで適用となります。シンプルで分かりやすいですね。

ちなみに「ギガホ」「ギガライト」は2019年6月1日からスタートするドコモの新料金プラン。

必然的に「はじめてスマホ割」は、ドコモの新料金プランの為に復活した料金プランということになります。

ガラケーの使用期間にも条件はある

はじめてスマホ割を適用するには、「ドコモケータイ」「らくらくホン」「キッズケータイ」のどれかを最低18ヶ月間使用していることが条件となります。

なので、機種変更直前にガラケーを使い始めても、はじめてスマホ割は適用されません。

ただ、これはドコモの携帯電話を使っていた場合に限ります。auやSoftBankからドコモへ乗り換え(MNP)をした場合は、使用期間の条件は無くなります。

ドコモ以外からの乗り換えや適用可

ドコモ「はじめてスマホ割」はドコモ内での機種変更・契約変更以外にも、他社からの乗り換えでも適用となります。

乗り換えで「はじめてスマホ割」を適用するには、ドコモショップで申し込む際はスタッフに使っていた旧端末(ガラケー)を見せなければなりません。

ドコモオンラインショップで申し込む際は、本人確認書類と旧端末(ガラケー)の画像を一緒にアップロードすることで適用可能となります。

旧割引(ウェルカムスマホ割)中の場合は好きな方を選べる

「ウェルカムスマホ割」は、今回紹介している「はじめてスマホ割」の前にやっていた同様の割引サービス。

適用条件は「はじめてスマホ割」とほぼ同じですが、2019年5月31日で新規受付が終了し、差し替わるように「はじめてスマホ割」が登場しました。

これは後でも書きますが、旧割引の「ウェルカムスマホ割」をそのまま適用するか、新たに「はじめてスマホ割」に変えるかは自由に選ぶことが出来ます。

どちらの割引がお得なのか?についても、下で詳しく説明しますね。

「はじめてスマホ割」適用時の月額料金はいくら?

はじめてスマホ割が適用される料金プランは「ギガホ」「ギガライト」のどちらかであることは上でも触れましたが、それぞれの料金プランでは月額料金に若干の差があります。

基準となるのはデータ通信量がどれくらい必要か?ということですが、

ドコモ新プラン「ギガホ」適用時の料金

「ギガホ」は毎月30GBまでは超高速通信が使え、30GBを超えた場合でも1Mbpsという高速通信が継続して使えるプランです。

ギガホの基本料金は6,980円ですが、家族回線が増えると「みんなドコモ割」という割引が適用されるので、3回線以上ならお得なプランです。

みんなドコモ割+ギガホ「1人」のプラン料金

※通話料・端末代は除く

料金
ギガホ基本料金 6,980円
ギガホ割
(6ヶ月間継続)
-1,000円
みんなドコモ割 対象外
はじめてスマホ割
(12ヶ月間継続)
-1,000円
1~6ヶ月目の月額料金 3,980円
7~12ヶ月目の月額料金 4,980円
13ヶ月目~の月額料金 5,980円

みんなドコモ割+ギガホ「3人」のプラン料金

※通話料・端末代は除く

料金
ギガホ基本料金 6,980円
ギガホ割
(6ヶ月間継続)
-1,000円
みんなドコモ割 -1,000円
はじめてスマホ割
(12ヶ月間継続)
-1,000円
1~6ヶ月目の月額料金 2,980円
7~12ヶ月目の月額料金 3,980円
13ヶ月目以降の月額料金 4,980円

家族にドコモユーザーがいる場合、2回線以上を同じグループに入れることで「みんなドコモ割」が適用されます。1人で使うよりも複数人で契約した方がお得になることが分かると思います。

尚、月額30GBというのはWi-Fi環境以外でも、動画などの大容量通信を頻繁にする人になるので、家族全員がヘビーユーザーでなければあまりお得感は無いかもしれません。

毎月のデータ通信量は定まらないけど30GBは多すぎる!という方は、以下の「ギガライト」の方が合っているはずです。

ドコモ新プラン「ギガライト」適用時の料金

「ギガライト」はデータ通信量が1GB~7GBまでの段階制で、使ったギガ数に応じて料金が変わるプランです。

7GBを超えると128kbpsという超低速通信制限がかかってしまうので、Wi-Fi環境でなければかなりストレスを感じる速度。

「ギガライト」にも、みんなドコモ割という家族割引があり、2回線の場合は-500円、3回線の場合は-1,000円の割引が入ります。

~1GB 1~3GB 3~5GB 5GB~7GB
ギガライト基本料金 2,980円 3,980円 4,980円 5,980円
みんなドコモ割 2回線:-500円 3回線:-1,000円
はじめてスマホ割 -1,000円
1~12ヶ月目の月額料金 980円 1,480円 1,980円 2,980円
13ヶ月以降の月額料金 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円

どちらを選べばいいか?判断に迷う場合は、毎月のデータ通信量で決めるのも一つで、指標となるのが「7GB」の壁です。

家族間違いなく毎月7GBを超えるようであれば「ギガホ」を。7GBを超えない月がある場合は「ギガライト」を選ぶことで、月額料金を最小限に抑えることが出来ますよ。

自分でもシミュレーションしてみる

はじめてスマホ割は「ギガホ」「ギガライト」に対応

上でも解説したとおり「ギガホ」は実質パケット使い放題、「ギガライト」はデータの利用料に応じて4段階の料金があるデータプランです。

最安値は1GBの1,980円/月なので、データ通信量を1GB以内に抑えることができれば月1,980円+端末代ではじめてのスマホを持つことが出来ます。

通話料については、電話を掛けた分だけ料金がかかる「従量制」や「5分間通話無料オプション(700円)」「かけ放題オプション(1,700)」から好きなオプションを選べます。

はじめてスマホ割は、これらの料金から12ヶ月間も毎月1,000円の割引が入るので、最安だと毎月980円の料金プランで利用することができます。

別途、端末の機種代金がかかるのですが、それでも初めてスマホを持つ方は始めやすいプランなのではないでしょうか?

「はじめてスマホ割」についてもっと詳しく

はじめてスマホ割は「ウェルカムスマホ割」とどう違うの?

はじめてスマホ割と似た割引として、「ウェルカムスマホ割」という割引があります。正確には2019年5月で受付終了なので「ありました」ですが、適用条件はほぼ同じ。

ガラケーからスマホに変えた方を対象とした割引です。

尚、これまで「ウェルカムスマホ割」に加入している方は、そのまま加入し続けてもOKですし、「はじめてスマホ割」に変えてもOKです。

では、どちらの割引の方がお得なのか?両サービスを比較してみていきましょう!

「はじめてスマホ割」と「ウェルカムスマホ割」を比較!

現在「ウェルカムスマホ割」が適用されていて、新プランの「ギガホ」「ギガライト」に変更した場合、割引はそのまま引き続き利用することができます。

ただし、下の比較表を見ていただくと分かると思いますが、毎月の割引額は「ウェルカムスマホ割」の方が500円も多く、割引期間も1ヶ月長くなっています。

はじめてスマホ割 ウェルカムスマホ割
割引期間 最大12ヶ月 最大13ヶ月
割引内容 1,000円割引/月 1,500円割引/月

ですので、現在「ウェルカムスマホ割」に加入している方は、そのまま割引を継続していたほうがお得ということになります。

6月1日からの新プランへ切り替える場合は、割引はそのまま継続し「ギガホ」「ギガライト」のみ契約変更を行うことをオススメします。

新プランへの契約変更はこちらからどうぞ

ドコモでの機種変更はオンラインショップがお得!

ドコモで機種変更をする場合、ドコモショップで手続きをするよりドコモオンラインショップで行ったほうが、時間的にも金銭的にもお得になります。

これまでドコモオンラインショップを使ったことが無い方は、下の解説を読んでみてくださいね。

これまでドコモショップで機種変更をしていたことを後悔するレベルです(笑)

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ
いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.