ドコモオンラインショップ開通手続きの流れ!機種変更も簡単

投稿日:

ドコモオンラインショップで購入した新しいスマホ。

到着した新しい端末では、自分で「開通手続き」を行う必要があります。

「開通手続き」と聞くと何だか難しい印象を受けますが、実際にやってみると意外と簡単であっさりと完了しますので、ぜひトライしてみてください。

ちなみに、自分で開通手続きするのが不安な方は、近くのドコモショップに持ち込めば店員さんが開通手続きをしてくれますよー

ドコモオンラインショップで機種変更したスマホが届いたら確認すること

ドコモオンラインショップで新しい端末を購入すると、機種変更の場合は約2日ほどで自宅に新しい端末が到着します。
※新規・MNPの場合は約10日(審査状況による)

商品が届いたら、まずは申し込んだ商品に間違いがないかを確認しましょう。

最初に確認する項目
  • 機種に間違いはないか?
  • カラーに間違いはないか?
  • オプション(付属品)はすべて揃っているか?

届いた商品に問題がなければ、早速開通手続きを行います。

新しい端末と一緒に「UIMカード」が同梱されていた場合は、購入した機種にそのUIMカードを挿入してください。

▼ドコモのUIM(SIM)カードはこんなやつです。

「UIMカード」が同梱されていなかった場合は、これまで使っていた機種からUIMカードを取り外し、新しい機種へUIMカードを挿入してください。

尚、「UIMカード」が同梱されていなかった場合は開通手続きは不要です。

スマホ賢者
開通手続きが不要な場合は、古い端末から新しい端末へUIMカードを入れ替えるだけで使い始めることができるぞい。

バックアップが取れているか必ず確認!

当然ながら、新しい端末にはデータが入っていないまっさらな状態で届きます。

UIMカードを差し替える前に、古い端末でバックアップが取れているかを確認しましょう!

バックアップの取り方/データの戻し方は↓のページを参考にしてください。

機種変更したスマホの開通手続き手順

新しいスマホと一緒にUIMカードが同梱されていた場合は、カードが新しくなるので開通手続きが必要となります。

開通手続きの方法は2種類。

A.ドコモオンラインショップで開通を行う方法(約10分)

B.電話で開通を行う方法(約5分)

どちらも24時間対応なので、ご自身がやりやすい方法でOKですが、個人的には②の「電話を使う方法」のほうが簡単です。

尚、この方法はiPhone・Androidどちらも共通の方法で、UIMカードが新しくなる場合は必ずこの開通手続きを行ってくださいね。

ドコモオンラインショップで開通を行う方法(約10分で完了)

まずは「A」の方法から。

開通手続きは端末を購入したドコモオンラインショップ から行うことができます。

利用前にdアカウント(IDとパスワード)を準備してください。

①お申込履歴をクリック

ドコモオンラインショップのTOPページにある「お申込履歴」をクリックします。

②開通手続きボタンをクリック

「購入履歴・配送状況・予約内容確認」のページに行くと、下部に「切り替え(開通)のお手続きへ」という黄色いボタンが出ていますので、このボタンをクリック。

③ご注文を確定するをクリック

画面に表示されている契約電話番号と受付確認メールを確認し、問題がなければ「ご注文を確定する」をクリックします。

「注文を確定する」とあるので通販で商品を買うイメージですが、何も購入されませんので安心してください(笑)

これでドコモオンラインショップを使った開通手続きは完了です。

スマホ賢者
1回やってしまえば次からは迷わずサクサク進められるほどイージーじゃ。

新しいスマホから電話で開通手続きを行う方法(約5分で完了)

続いて「B」の電話で開通手続きをする方法です。

電話での開通手続きはとても簡単ですので、個人的にはこちらの開通方法がおすすめです。

①購入した機種の電源を入れます

②「1580」へ電話をします。(購入した電話機以外からは発信できません)

③ネットワーク暗証番号(4桁)を入れて「#」を押します

④「開通します」というガイダンスが流れるので「1」と「#」を押します

⑤「ドコモUIMカードを開通しました」というガイダンスが流れたら開通完了です。

⑥最後にスマホの電源を切り再起動をしてください。

基本的にどちらの場合でも開通手続きを行うことができます。

どちらも10分もあれば新機種の開通ができますので、まずは気軽にトライしてみてくださいね。

ドコモオンラインショップの開通手続きには期限がある

開通手続きには「新規契約」「機種変更」「MNP」でそれぞれ異なった開通期限があります。

万が一開通手続きを忘れていても問題がない場合もありますが、期限内に開通手続きを完了させないと申し込み自体がキャンセルとなる事もあるので注意が必要です。

「機種変更」の開通期限は20日以内

ドコモオンラインショップで機種変更をした場合は、ドコモオンラインショップから商品が発送された20日以内に開通手続きを完了させる必要があります。

ただしこれはUIMカードが変わる場合のみ。新しいUIMカードが同梱されていない場合は開通手続きを行う必要はありません。

UIMカードのサイズがが変わる場合は、機種変更でも早めに開通手続きを完了させておきましょう。

「新規契約」の開通期限は15日以内

ドコモオンラインショップで新しい端末を新規契約した場合、ドコモオンラインショップから出荷された日から15日以内に開通手続きを完了させる必要があります。

一般的に新規契約は審査を含め、申込みから10日後に商品が発送されるので、そこから起算して15日以内に手続きを行っておきましょう。

「MNP(乗り換え)」の開通期限は1ヶ月以内

ドコモオンラインショップを使って、他社からのドコモへ乗り換えた場合は、商品受け取りから1ヶ月以内に開通手続きを完了させる必要があります。

新しい端末が到着しているのに開通手続きを行わないでおくと、MNP自体が無効となるのでまた一から手続きを行わなくてはならない手間が発生してしまいます。

ドコモへMNPをすることを決めたら、できる限り早めに開通手続きを行うことをおすすめします。

機種変更後に期限内で開通しなかった場合は注意!

上で紹介した開通手続き期限を過ぎてしまった場合、どのような影響が出るかをご紹介します。

これは「機種変更」「新規契約」「MNP」によってパターンが少し変わってきますが、特にMNPの場合は注意が必要です。

「機種変更」の開通期限が過ぎた場合

ドコモオンラインショップで機種変更を行い、新しい機種が届いてもユーザー側で開通手続きを行わないでおくと、ドコモが自動で開通手続きを行います

これは手元に新しい機種が届いている/届いていないに関わらずドコモが勝手に開通手続きを行うので、到着予定日に新端末が届いていない場合は早めにドコモに連絡を行ってください。

「新規契約」の開通期限が過ぎた場合

新規契約の場合も、機種変更と同様に手続きを進めないでおくとドコモが自動的に開通手続きを行います。

開通手続きを忘れていると事前連絡無しで開通がスタートしてしまうので、忘れずに自分自身で行いましょう。

「MNP」の開通期限が過ぎた場合

MNPの開通期限が過ぎた場合は、自動的にドコモが開通期限をすること無くキャンセル扱いとなってしまいます。

その場合でも支払った端末代金は戻ってこないので大幅に損をする形となります。

MNPの場合は特に忘れないよう早めに開通手続きを行うことをおすすめします。

開通手続きが不安な場合はドコモショップでも対応可

ドコモショップ

ここまで開通手続きの方法をご紹介しましたが、もし操作に不安がある場合は受取先を「自宅」ではなく「ドコモショップ」にすることで、開通手続きをショップの店員さんに行ってもらうこともできます。

また、最初は「自宅」受け取りにした場合でも、あとからドコモショップに端末とUIMカードを持ち込めば代わりに手続きを進めてくれるので、自分で開通手続きができない場合はショップで行ってもらいましょう。

オンラインショップで購入していれば、受取先をドコモショップにした場合でも、頭金や事務手数料は無料のままですし、あとから持ち込む場合でも手数料は取られません。

安く機種変更をするためにも、機種変更はオンラインショップで行うことをおすすめします。

ドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめ!

不安に思っていた開通手続きですが、流れを確認すると簡単に完了することが分かったと思います。

ドコモオンラインショップや電話であれば、自宅にいながら24時間いつでも好きなときに行うことができますし、操作に不安がある方はドコモショップに持ち込んで代わりにやってもらえるので安心ですね。

ドコモオンラインショップで機種変更をする場合、簡単に開通手続きができるだけでなく、他にもメリットは多くあります。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

キャンペーン① ドコモオンラインショップ限定では現在、 「SPECIAL特典」というキャンペーンを開催しています。
対象者は、ドコモオンラインショップでドコモ指定機種へ機種変更した人は全員3,000dポイントがもらえます。

最新のモデルも対象機種に含まれるので、これから機種変更をする方はチャンス!
 ドコモSPECIAL特典の詳細を見る
キャンペーン② ドコモオンラインショップの限定キャンペーンはもう一つ!
こっちは、型落ちモデルの機種変更がお得なキャンペーンです。
iPhone 7の在庫は残りわずかですので、恐らくこれが最後のチャンスになりそう。
人気モデルなので、気になる方は早めにチェックしておきましょう!
ドコモSPECIAL割引の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.