本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

iPhoneのクイックスタートできないとき(データ移行失敗)|やり直しできる?引き継げないものもあるので注意

iPhoneのクイックスタートできないとき(データ移行失敗)|やり直しできる?引き継げないものもあるので注意 アイキャッチ

iPhoneのデータ移行で、もっともカンタンでおすすめなのはクイックスタート。

新旧iPhoneを並べて無線で接続するデータ移行の方法で、初期設定からデータ移行まで自動的におこなってくれる・事前にバックアップがいらないのが特徴です。

ただ、その特徴からクイックスタートができないケースも。

この記事では

  • iPhoneでクイックスタートできないときの対応策
  • クイックスタートに失敗したらやり直しできる?
  • クイックスタートで引き継げないもの

など、クイックスタートができない場合の対応策や注意事項を解説します。ぜひ、参考にしてください。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
超最新モデルが激安スタート

2024年春夏モデルが発表直後から大幅値引き!期間限定なので狙っていた人はお早めに。
※Google Pixel 8aの適用条件はこちら
※Xperia 1 VIの適用条件はこちら
※Galaxy S23 FEの適用条件はこちら

 

さらにオンライン限定で
最大27,500円OFFセール開始

『5G機種変更おトク割』で5,500円割引+『auマネ活プラン』加入で11,000円~最大22,000円割引となります(※)。期間限定なので狙っていた人はお早めに!
※対象期間:2024年5月10日~6月30日まで
※「auマネ活プラン5G」シリーズ以外の場合スペシャルセールは5,500円割引

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 開催中のキャンペーン一覧 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年6月14日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

目次

iPhoneでクイックスタートできないときの対応策

iPhoneでクイックスタートできないときの対応策

iPhoneのクイックスタート機能はワイヤレスでカンタンにデータ移行できる特徴から、以下のような理由で失敗してしまう(クイックスタートできない)ことがあります。

  • クイックスタートするiOSバージョン条件
    …新旧iPhoneとも、iOSのバージョンが12.4以上必要
  • ワイヤレスデータ移行を行うための環境作り
    …新旧iPhoneとも、Bluetooth・Wi-Fi接続ができる環境
  • Bluetoothで通信する際の注意点
    …クイックスタート作業中の、新旧iPhoneの距離
  • データ移行に時間がかかることによる注意点
    …クイックスタート作業中の、新旧iPhoneのバッテリー残量
  • クイックスタートで移行するデータ量の注意点
    …新iPhoneのストレージ容量

まず、「クイックスタートできない理由」の解説と「クイックスタートができないときの対応策」をご紹介していきますね。

 

iOSのバージョンを確認

OSアップデート

クイックスタートを利用するための前提として、新旧iPhoneともiOSのバージョンが12.4以上という条件があります。

クイックスタートを開始するための必須条件ですが、データ移行をする際は「新旧iPhoneとも、最新版のiOSのバージョンまでアップデートしておく」ことが基本です。

その理由は、新旧iPhoneでiOSのバージョンが揃っていないと、データに不整合が出てくる可能性があるから。iOSはバージョンが違うと、さまざなな基本機能が変わります。クイックスタートを始める前に、アップデートしてiOSのバージョンを揃えておきましょう。

関連記事:iPhoneをアップデートできないとどうなる?iOS更新してないと起こる事

iPhoneをアップデートできないとどうなる?iOS更新してないと起こる事|古い機種は対象外になることも アイキャッチ
iPhoneをアップデートできないとどうなる?iOS更新してないと起こる事|古い機種は対象外になることも

続きを見る

 

Bluetooth が有効になっているか確認する

Bluetooth

クイックスタートを開始するときに、Bluetoothで新旧iPhoneが接続されます。そのため、新旧iPhoneともBluetoothが使えることが大前提です。

ワイヤレスヘッドホンなどのアクセサリ類を持っていないとBluetoothをオン(有効)にする機会がない人は、クイックスタートを開始する前にBluetooth機能をオンにしておきましょう。

コントロールセンターから、Bluetoothのマークをタップして青くするだけなので、カンタンですよ。

 

iPhone同士を近づけてみる

iPhone同士を近づけたり、他のiPhoneやiPadなどのデバイスを遠ざけるとBluetooth接続しやすくなります。

iPhoneのBluetoothは、有効範囲が約10メートル。意外に広い範囲で接続相手を探してしまうため、Bluetoothがオンになっている機器が少ない場所・かつ新旧iPhoneを隣り合わせくらいに近づけた状態のほうが認識しやすくなります。

意外なところでは、電子レンジやコードレス電話などが発生する電波がBluetooth接続を邪魔することも。キッチンの近くではクイックスタートをしないほうが無難です。

 

バッテリーが十分にあるか確認する

スマホ 充電

新旧iPhoneのバッテリーが十分にある状態かを、確認してからクイックスタートを開始しましょう。基本的には、電源につないでからおこなうのがおすすめ。

クイックスタートの途中でiPhoneのバッテリーが切れてしまうと、クイックスタートは失敗してしまいます。

クイックスタートのバッテリー切れ対策として、「2台のiPhoneを隣り合わせで充電できる場所」ということも重要です。

 

容量が十分にあるか確認する

クイックスタートは「データのコピー」になるため、新旧iPhoneのストレージ容量を確認することも重要。

旧iPhoneが512GBモデル・新iPhoneが128GBモデルのようなケースでは、旧iPhoneで実際に使っていたストレージ容量によってクイックスタートできる・できない状況がでてきます。

新iPhoneのストレージ容量よりも移行するデータのほうが多ければ、そもそもクイックスタートができません。データ移行に必要なストレージ容量が新iPhoneにあるか、確認しておきましょう。

関連記事:iPhoneは128GBじゃ足りない?256GBとどっちがいい

iPhoneは128GBじゃ足りない?256GBとどっちがいい|必要な容量(ストレージ)は何ギガか把握しよう アイキャッチ
iPhoneは128GBじゃ足りない?256GBとどっちがいい|必要な容量(ストレージ)は何ギガか把握しよう

続きを見る

 

移行元iPhoneのApple IDを確認する

移行元(旧iPhone)のApple IDが設定されていないと、そもそもクイックスタートが利用できません。

Apple IDはアプリの取得など、さまざまなケースで必要になるため未設定のままというのは珍しいです。ですが、以前は携帯ショップで機種変更すると「iPhoneは売るだけの商品で、すべてのサポートはAppleにお任せ」という時代がありました。

よくわからないままiPhoneに機種変更してしまった年配の人では、Apple IDが未設定・もしくはログアウト状態なことも。移行元のiPhoneにApple IDが設定されている状態かを、注意・確認しておきましょう。

 

iPhoneを再起動してみる

クイックスタートを始めようとしても旧iPhone側で起動しないケースでは、iPhoneを再起動すると正常に始まることがあります。

原因は「クイックスタートを開始するのに不都合な状態にある」という不安定な状況のため、再起動でリセットして、クイックスタートに問題の無い状態にするという流れです。

通常の電源オフ後に再度電源オン、もしくは強制再起動のどちらかでリフレッシュしてあげましょう。

 

iPhoneを強制再起動する方法

iPhoneがフリーズ(操作を受け付けない状態)になってしまったときにも、強制再起動は必要です。

iPhoneを強制再起動する方法は機種によって手順が違うため、ご紹介しておきますね。

iPhoneを強制再起動する手順(iPhone 8以降)

  1. 音量を上げるボタンを押してから素早くはなす
  2. 音量を下げるボタンを押してから素早くはなす
  3. サイドボタンを押さえたままにする
  4. Appleロゴが表示されたら、サイドボタンを放す

表現が難しいですが、①②を順にチョンチョンと押したあと、③で長押しのイメージです。

iPhone 7を強制再起動する手順

  1. 音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンの両方を同時に押さえたままにする
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放す

iPhone 6s・iPhone SE(第1世代)を強制再起動する手順

  1. スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンの両方を同時に押さえたままにする
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放す

 

クイックスタートを諦めて別の方法を試す

どうしてもクイックスタートができないケースでは、諦めて別の方法を試すほうが早いです。

iPhoneのデータ移行方法は、クイックスタートの他にも用意されています。自分でデータ移行する以外にも、有料にはなりますがショップに依頼する方法も。

時間と手間を考えて、新iPhoneが早く使える方法を選んでくださいね。

 

iPhoneのクイックスタートに失敗したらやり直しできる?

iPhoneのクイックスタートに失敗したらやり直しできる?

クイックスタートを失敗したらどうしよう?と思われるかもしれませんが、iPhoneのクイックスタートは失敗してもやり直すことができるので、安心してください。

「とりあえずiPhone安かったからショップや家電量販店で機種変だけして、データ移行は帰って自分でする」というケースでも、クイックスタートできない状態(動作確認後に初期化されていない)になっていることが多いです。「クイックスタートのやり直し」と同じ状況のため、サクッと初期化してしまいましょう。

ここでは、iPhoneのクイックスタートで失敗した場合のやり直しについて解説します。

 

クイックスタートに失敗してもやり直しは可能

iPhoneのクイックスタートは、「新iPhoneが初期設定されておらず、使えない状態」から開始するという前提のため、意外と気軽にやり直しができるようになっています。

たとえ失敗しても

新iPhoneを「こんにちは」と表示されている、あの初期設定画面に戻す(初期化する)だけでOK

初期化というと「データが全部消える!」と気後れしてしまうかもしれませんが、旧iPhone(移行元)と違い、まだ使っていないiPhoneです。気軽に「初期化の方法を覚える」つもりで試してみてくださいね。

※旧iPhoneを初期化してしまうと、データが消えてしまいます。間違えて旧iPhoneを初期化しないように注意してください!

 

クイックスタートをやり直す手順

クイックスタートをやり直す手順は、以下のような流れです(iOSのバージョンで表示は多少変わります)。

  1. 新iPhoneの画面から「設定」アプリを起動する
  2. 「一般」>「転送または [デバイス] をリセット」の順にタップする
  3. 「転送またはiPhoneをリセット」をタップする
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする
  5. 「続ける」をタップする
  6. 「パスコード」を入力する
  7. Apple IDのパスワードを入力する。
  8. 「iPhoneを消去」をタップする
  9. 新しいiPhoneの再起動が終了したら完了

手順⑨で初期化が完了すると、新しいiPhoneが再起動しiPhoneに「こんにちは」と表示されます。

この状態が「iPhoneが初期化された状態」です。もう一度クイックスタートができるようになりましたので、再度試してみて下さい。

 

iPhoneのクイックスタートで時間がかかりすぎるとき

iPhoneのクイックスタートで時間がかかりすぎるとき

クイックスタートは

  • 旧iPhoneのデータが多い
  • Wi-Fi環境が不安定

これらの理由で、時間がかかりすぎることも。せっかくの新iPhoneですので、早く使いたいですよね。

ここでは、クイックスタートに時間がかかりすぎないようにする事前の確認や準備方法を解説します。

 

移行元のiPhoneのデータ量が多いと、時間がかかりがち

クイックスタートは「データのコピー」なので、旧iPhoneのデータが多いと、それだけ時間がかかります。引っ越し前に不用品を断捨離する感覚で、移行元iPhoneの不必要なデータを整理しておきましょう。

  • 不要な写真や動画データ
  • 使っていないアプリ

そもそも引っ越しの荷物が少なければ、前の部屋での梱包・新しい部屋での荷解きも少なくなりますよね。

不用品を捨てたり(削除)、どこかに預けておく(外部サービスにバックアップ)イメージです。クイックスタートの前に、不要なデータは極力減らしておきましょう。

 

Wi-Fiが不安定だとデータをスムーズに送受信できないことがある

クイックスタートがスムーズに終わるには、データを運ぶWi-Fi環境の良し悪し(不安定にならない)も重要。

Wi-Fi環境の速度を表す単位が「bps(ビットパーセカンド:1秒間に運べるデータ量)」なのは、ご存知の通り。

この1秒間に運ぶ量は、電子レンジやBluetoothスピーカーなどの家電の出す電波・他の家から出ているWi-Fi電波で邪魔されると、少なくなったり切断・接続を繰り返すような不安定な状態になってしまいます。

Wi-Fi環境が不安定だと

データをスムーズに送受信できない→クイックスタートに時間がかかるという悪循環にハマってしまうので、注意してくださいね。

 

事前にデータをiCloudに移したり、通信環境を確認しておくと早い

ここまで解説したように、クイックスタートを早く終わらせるには

  • クイックスタートの前に旧iPhoneのデータを極力減らす
  • 安定したWi-Fi環境下でクイックスタートをおこなう

この2点が重要です。コツとしては、事前に写真や動画データをiCloudに移しておくことをおすすめします。

また、クイックスタートではiOSのバージョンアップ・移行後の新iPhoneでアプリのダウンロードもおこないます。クイックスタートを早く終わらせるには、Wi-Fi環境の速度が特に重要です。

Wi-Fiの速度が急に遅くなったり切断されてしまうような環境ではないことを、事前に確認しておきましょう。

 

クイックスタートできない時、代わりにデータ移行する方法

クイックスタートできない時、代わりにデータ移行する方法

クイックスタートができない時、代わりにデータ移行をする方法としては

  • iCloud
  • iTunes
  • キャリアのデータ移行サービス

これらも用意されています。

iCloud・iTunesともに「旧iPhoneのデータをバックアップして、新iPhoneで復元する」方法になります。

それぞれ、バックアップ・復元するやり方をご紹介していきますね。

 

iCloud

iCloudを使ったデータ移行のやり方としては、手順が

①旧iPhoneのバックアップを取る
②新iPhoneでバックアップデータから復元する

という2段階にわかれます。

 

旧iPhoneをiCloudにバックアップする手順

旧iPhoneのデータをiCloudにバックアップする手順は、以下のとおりです。

  1. 旧iPhoneで「設定」>「自分のユーザー名(Apple ID)」とタップする
  2. 「iCloud」をタップする
  3. 「iCloudバックアップ」をタップする
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップする

バックアップ作成後、「今すぐバックアップを作成」の下にバックアップの日時が表示されます。

最新の日時になっているか、確認しておきましょう。

 

新iPhoneでiCloudのバックアップデータから復元する手順

新iPhoneでiCloudのバックアップデータから復元する手順は、以下のとおりです。

  1. 「こんにちは」と表示されている画面から、画面の指示に従いWi-Fi等の設定に進む
  2. 「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」をタップする
  3. Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインする
  4. バックアップを選択すると、データの復元がスタートする
  5. 「続ける」を押して「iCloud」のパスワードを入力後、画面の指示に従い各種設定をする

 

iTunes

iTunesを使ったデータ移行のやり方も、手順が

①旧iPhoneのバックアップを取る
②新iPhoneでバックアップデータから復元する

という2段階にわかれます。

 

旧iPhoneをiTunesにバックアップする手順

旧iPhoneのデータをiTunesにバックアップする手順は、以下のとおりです。

  1. 旧iPhoneをパソコン(iTunes)に接続する
  2. 「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら、「信頼」をタップする
  3. iTunesの画面左上にあるiPhoneのアイコンをクリックする
  4. 「ローカルバックアップを暗号化」をクリックし、パスワードを設定する
  5. 「今すぐバックアップ」をクリックする

バックアップ作成後、最新のバックアップの日時が表示されます。更新されているか、確認しておきましょう。

 

新iPhoneでiTunesのバックアップデータから復元する手順

新iPhoneでiTunesのバックアップデータから復元する手順は、以下のとおりです。

  1. 新iPhoneをパソコン(iTunes)に接続する
  2. 「新しいiPhoneへようこそ」画面が表示され、「このバックアップを復元」からバックアップを選択し、「続ける」をクリックする
  3. バックアップのロックを解除するパスワード(バックアップ手順④で入力したパスワード)を入力して復元を開始する
  4. 復元完了後に新しいiPhoneで設定アシスタントが表示されるので、画面をスライドして「続ける」をタップする
  5. 案内に従って「Touch ID」や「iCloud」の設定をする
  6. 「ようこそiPhoneへ」の画面で「さあ、はじめよう!」をタップすると、ホーム画面を表示する※画面上部に「同期中」のアイコンが表示されているとiTunesから音楽などが転送中なので、iTunesとの接続は解除せずにそのまま待ってください。

 

キャリアのデータ移行サービス

どうしてもクイックスタートができない場合・自分でデータ移行するのが面倒な場合、有料にはなりますが、各キャリアのショップでデータ移行サービスを利用する(店頭でスタッフさんにやってもらう)のも、1つの方法です。

au ・ベーシックパック
・アプリパック
・コンプリートパック
ベーシックパック(データ移行、Eメール、SMS、アドレス帳、画像/動画):4,015円
アプリパック(アプリのアカウント設定、指定のアプリから最大3つ選択):2,200円
コンプリートパック(ベーシックパック+アプリパック):5,115円
ドコモ ・初期設定サポート アカウント設定・ドコモサービス初期設定:2,200円
データ移行:3,300円
ソフトバンク ・店頭スマホサポート データ移行:3,960円
各種設定:1,100円/件・4件セットで3,960円
楽天モバイル ・データ移行サポート アカウント移行:1,100円/回
LINEのデータ移行:1,650円/回
製品に保存したデータの移行:2,200円/回

どこまでの内容(データ・アプリ設定)が移行できるかは、変わるケースもあります。移行したいデータやアプリ設定がサービスに含まれているかどうか、事前に各キャリアのサイトで確認しておきましょう。

 

関連記事:iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)

iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)|機種変更前にやっておくことは? アイキャッチ
iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)|機種変更前にやっておくことは?

続きを見る

 

iPhoneのクイックスタートで引き継げないものは?

iPhoneのクイックスタートで引き継げないものは?

iPhoneのクイックスタートでデータを引き継げないものは、以下のとおり。

  • LINEのトーク履歴
  • PayPayなど決済アプリ・交通系アプリ
  • 一部のゲーム
  • App Storeで配信が停止・終了しているアプリ
  • iTunesでダウンロードした音楽や動画
  • Apple Payに登録したカード情報

おおまかに言えば、お金が関係するもの・データ引き継ぎが独自のアプリ・App Storeで配信終了のアプリには要注意です。

iTunesからダウンロードしたものは、再ダウンロードすればいいだけなので心配ありません。

データ移行できないものについて、どうすればいいかを解説していきますね。

 

LINEのトーク履歴

LINEのトーク履歴は引き継ぎできませんが、別途カンタンに引き継ぎする方法が用意されています。

LINEのトーク履歴の引き継ぎは、「かんたん引き継ぎQRコード」と「トークのバックアップ」の2種類。

「かんたん引き継ぎQRコード」では、クイックスタートのようにカンタン操作で14日分の履歴を引き継ぎすることができます。「トークのバックアップ」では、それ以前のデータを含めたものを保存・復元する方法です。

どの程度の過去データが必要かで、どちらにするか選んでくださいね。

 

PayPayなど決済アプリ・交通系アプリ

クイックスタートが終わったあと、PayPayなどの決済アプリや交通系アプリでは再ログインが必要になるケースがほとんどです。

起動時に自動ログインできるアプリ(サービス)が多いですが、「ログアウトしている状態」になっています。念のため、ユーザーIDとパスワードは確認しておいてくださいね。

注意ポイント

特にSuica・PASMO・ICOCAのような交通系ICカードを継続利用するケースでは「Apple Payと紐付けできるのは1台だけ」ということに注意が必要です。

旧iPhoneの紐付けを解除しないと、新iPhoneでは引き続き利用できません。

交通系アプリかiPhoneの「Wallet」アプリで旧iPhoneのデータを削除後、新iPhoneで引き継ぎ・利用開始という手順になります。決済に使うクレジットカード情報も含めて、各サービスの引き継ぎ手順はしっかりと確認しておきましょう。

 

一部のゲーム(データ引き継ぎ関連のボタンがあるアプリは要注意)

ゲームのアプリも自動ログインできるものが多いですが、一部のゲームでは独自のデータ引き継ぎ手順を用意している場合も。

ゲームデータの移行に失敗すると精神的な苦痛が大きいので、「このゲームは機種変更してもログインするだけでアカウントが引き続き使えるか」という部分はしっかりと調べておいてくださいね。

 

App Storeで配信が停止・終了しているアプリ

App Storeで配信が停止・終了しているアプリは、クイックスタートで引き継ぎができません。

クイックスタートでは新iPhoneと移行したアプリをあらためて紐づけるため、①いったんアプリの情報のみを移行②アプリ本体を後でダウンロードします。

そこでApp Storeで配信が停止・終了しているアプリはダウンロードができないので引き続き使えない、という流れです。配信が終わったアプリをよく使っている人は、代わりになるアプリを探しておきましょう。

 

iTunesでダウンロードした音楽や動画

iTunes Storeアプリで購入・ダウンロードした音楽や動画のデータは、移行せずに再ダウンロードすることになります。

クイックスタート終了後、Apple Payや生体認証を再設定し、iTunes Storeアプリで再ダウンロードしておきましょう。

 

Apple Payに登録したカード情報

Apple Payに登録しているカード情報は、クイックスタートを進めていくと途中で出てくる「カードを追加」という画面で、セキュリティコード(クレジットカード裏面に書いてある数字3or4桁)の入力が必要です。

旧iPhoneで登録していたクレジットカード情報自体は移行されますが、セキュリティコードが必要という流れになっています。覚えていない人は、手元に用意しておきましょう。

クイックスタートの作業完了後、iPhoneの「Wallet」アプリで登録し直すこともできます(iCloudから復元する手順でも登録し直しです)ので、急ぎでなければ後回しにしても大丈夫ですよ。

 

関連記事:iPhone買い替えベストタイミングは3つ(時期・寿命・年数)

iPhone買い替えベストタイミングは3つ(時期・寿命・年数)|使用2年目の3月・10月は狙い目! アイキャッチ
iPhone買い替え時期のベストタイミングは?(寿命・年数)|使用2年目の3月・10月は狙い目!

続きを見る

 

\ 各キャリアのiPhone 一覧はこちら /

 

-iPhone・apple製品
-, , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.