本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

iPhoneは128GBじゃ足りない?256GBとどっちがいい|必要な容量(ストレージ)は何ギガか把握しよう

iPhoneは128GBじゃ足りない?256GBとどっちがいい|必要な容量(ストレージ)は何ギガか把握しよう アイキャッチ

iPhoneは全シリーズ合わせると64GB~1TBまでストレージ容量が選べます。中でも多くの人が選ぶのが128GBですが、

  • ぶっちゃけ128ギガで本当に足りる?
  • 256ギガとどっちにしとくべき?

買う前になるとすごく迷いますよね…

写真・動画・音楽の保存容量や、自分がどれくらいストレージを使っているか確認してどれが最適か判断しましょう。後から増やせないので要注意!

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
Galaxy S24いきなり値引き

合計最大22,000円お得!

auオンラインショップなら予約から適用OK。
(受付期間:2024年4月11日~5月31日)

【Galaxy S24機種変更おトク割】
適用条件&ご予約はこちら >>

 

さらにWeb限定で
スペシャルセール開催中

対象機種が合計最大11,000円お得!

4月1日から特典変更

機種代金の直接値引きになりました!

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

 

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

スマホトクするプログラムも使えば
かなり安く手に入ります

 

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 最新モデルも頭金0円 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年4月3日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

 

 

iPhoneは128GBだと足りない?

iPhone 12はいつまで使える? 手に持った写真

結論から言ってしまいますと、

普通に使うなら128GBでも大丈夫です

写真・動画を大量保存するなら256GBを検討しましょう。

「普通に使う」という前提が難しいかもしれません…この記事では、iPhoneの初期設定で「普通に使う」ために必要な容量と、どっちがいいか選ぶための目安をご紹介します。

 

そもそもGB(ギガ)とかストレージって何?

GB(ギガバイト)はデータの大きさ=本体に保存できるデータの最大容量を表す単位。

単位の順番では、

  • 1024バイト=1KB(キロバイト)
  • 1024KB=1MB(メガバイト)
  • 1024MB=1GB(ギガバイト)
  • 1024GB=1TB(テラバイト)

と順に大きくなります。

1枚の写真が1MBの大きさだったとしたら、1024枚を保存すると1GB必要になる…ということですね。

通信速度やスマホカメラの技術の進化でスマホの扱うデータが飛躍的に大きくなった結果、扱う単位がギガ・テラバイトまで必要になりました。
(ちなみに初代iPhoneでは、発売当初の本体容量が4GBでした)

またストレージという言葉もよく使われますが、こちらは「記憶装置・記憶領域」の意味になります。

iPhoneの記憶(保存)装置部品が128GB分の大きさのモデルを選ぶ

=iPhone 14のストレージ容量が128GBのモデルを選ぶ、

という使われ方をします。

 

現行iPhoneで選択できるGB数

iPhone14 Plus スペック

最新版のiPhoneであるiPhone 14を例にすると、以下のGBを選ぶことができます。

  • iPhone 14/Plus
    …128GB・256GB・512GBの3種類
  • iPhone 14 Pro/ProMax
    …128GB・256GB・512GB・1TBの4種類

iPhone 14(通常版)/PlusとPro/ProMaxの違いと言えば、カメラのレンズ(望遠)が増えることはご存知のとおり。ものすごく綺麗に撮影できますよね。

つまりProシリーズに1TBモデルが用意されているのは、それだけ画質の良い写真や動画のデータサイズは大きいということの裏付けでもあります。

 

128GBはどうして人気が高い?

そもそもiPhoneは、初期設定でAndroid機種に比べて大量の写真や動画を保存できます。

iOS11から写真を保存する際に「HEIF」・動画を保存する際に「HEVC」という保存方法が採用されたため、一般的な形式と比べて同程度の画質なら約半分のデータの大きさで済んでしまいます。

そのため実は128GBもあれば十分で、

  • SNSやLINEで送る写真程度の保存は問題ない
  • ストレージ容量の一番小さなモデルで価格が安い

というコストパフォーマンスの高さが人気の理由でしょう。

Twitter・Instagramへの投稿や、LINEなどのコミュニケーションアプリを使う程度の一般的な使い方でしたら、それほどiPhoneの保存容量は必要ありません。

 

iPhoneは128GBと256GBどっちがいい?

iPhone 128GBと256GBはどっちがいい?

128GBにすべきか?256GBにすべきか?

悩ましいところですが、「普通の使い方」でストレージ容量に関わる部分はこの3点になるでしょう。

  1. 写真を撮影する
  2. 動画を撮影する
  3. 音楽を聴く

重要なのは本体にデータを保存するかどうかという点です。

目安をご紹介しますが、まずは今使っているカメラの設定を確認してみましょう。

[設定]>[カメラ」>「フォーマット」と進みます

  • 「高効率」にチェックが入っていれば…
    写真データサイズを小さくできる「HEIF」で撮影する設定になっています。
  • 「互換性優先」にチェックが入っていれば…
    一般的な写真データ形式である「JPEG」で撮影する設定になっています。

JPEGは写真データサイズが大きくなるので、必要なければ高効率の設定に戻しておきましょう。

過去に撮影した写真データサイズを確認するには、写真アプリで確認したい写真を選び、「i」の文字を○で囲っているところを押します。写真の情報が出てきますので、

  • 保存した形式(HEIF・JPEG)
  • ファイルサイズ(○.〇MB)

が確認できます。

iPhoneの初期設定(HEIF:4,032×3,024ピクセル)では、1枚あたり1.5MB前後になっているのではないでしょうか。

では、概算でストレージ容量での保存数を比較してみます。

※写真1枚1.25MB、動画は初期設定で1分間あたり60MB、音楽は1曲10MBとして試算。

※すべてのストレージを保存に利用した場合の試算です。

 

128GBでどれくらい保存できる?
(写真・動画・音楽)

写真で約10万枚、動画で35時間も保存できる計算です。

写真 約102,400枚
動画 約35時間
音楽 約12,800曲

全て写真にした場合・動画にした場合…という計算ですが、128GBでも十分膨大ではないでしょうか。

 

256GBでどれくらい保存できる?
(写真・動画・音楽)

写真で約20万枚、動画で約70時間となる計算です。

写真 約204,800枚
動画 約71時間
音楽 約25,600曲

単純計算で128GBの2倍の容量になります。よほど大量に保存しない限りストレージ不足にはならなそう。

※こちらの資産はあくまでも概算です。実際に保存できる数は、少なく見積もってください!

128GBと256GB、結局どっちがいい?

正直、128GBでも問題なさそうに思えますよね。お得感という意味では128GBに軍配が上がりそうです。

ですが256GBモデルをおすすめする理由もありますので、ご紹介します。

 

128GBモデルをおすすめしたい人

  • 写真や動画はほとんど撮らない・保存しない人
  • 不必要な写真や動画をこまめに削除する人
  • 電話やメール、ネットの調べものがメインの人

上述の概算では、「すべてのストレージ容量を保存にあてた場合」の計算です。iOSやゲームなど各種アプリの保存にもストレージ容量を使ってしまいますので、実際には少なく見積もる必要があります。

 

256GBモデルをおすすめしたい人

  • 写真や動画をたくさん撮りたい・保存したい人
  • 不必要な写真や動画でも本体に保存しておきたい人
  • データ容量が必要なゲームをたくさんしたい人

256GBモデルなら、それほど写真や動画のデータが増えることを意識しなくていいでしょう。

ストレージ容量に余裕があれば、ゲームのデータで容量不足になることはないと思われます(最近のゲームアプリではアプリ本体が数百MBでも、保存データが数GBになることがあります)。

\ 各キャリアのiPhone 一覧はこちら /

 

iPhoneのGB使用状況をチェックする方法

iPhoneのストレージ容量をどれくらい使っているか調べるには?

ストレージはiOSや各種アプリの保存にも使いますので、すべての容量を写真や動画・音楽の保存に使えるわけではありません。

iPhoneにはストレージをどのように使っているのかチェックする方法がありますので、何がストレージ容量を多く使っているのか確認してみましょう。

 

iPhoneのストレージ使用状況をチェックする方法

実際に、ストレージ容量がどのような使われかたをしているか確認してみましょう。

[設定]>[一般]>[iPhoneストレージ]と進みます。

一番上に使用済み/本体容量のグラフ、画面を下にスクロールすると各アプリの使用容量が多い順番で一覧表示されます。

 

iPhoneのストレージ容量が不足するとどうなる?

iPhoneのストレージ容量が足りないとどうなる?

ストレージが足りないと、簡単にいうと

どこに何があるかはわかっているのに、部屋に物が多すぎて身動きしにくい状態

部屋(ストレージ)に保存しているもの(各種データ)を片付けないと、何をするにもスペースが足らずに最悪の場合は動けなく(不具合が出ることに)なります。

ここでは、ストレージ容量不足による困りごとと、その対処法をご紹介します。

 

ストレージ容量が足りないとできなくなること

「データの保存ができない」というと、ピンとこないかもしれません。

具体的なデメリットは

  • iOSアップデートができなくなる
  • アプリのインストールができなくなる
  • 写真や動画撮影ができなくなる
  • LINEなどのアプリで受信ができなくなる

といった症状が出てきます。

どれもかなり致命的で困ってしまいますよね。特にOSのアップデートができないのは死活問題ではないかと思います。

 

iPhoneのストレージが不足したらどうすれば?

不足した場合の対処法ですが、部屋にたくさんある荷物をどこかに預けるイメージです。

  • パソコンや外付けデバイスに移す
  • 『iCloud』などweb上のデータ保管サービスに移す
  • 大きいストレージ容量の機種に機種変更する

など、データを別の場所に移す必要があります。

長い間使っているiPhoneでしたら、広い部屋に引っ越す感覚で、ストレージ容量の大きいモデルへ機種変更してしまうのもひとつの方法です。

 

ストレージが不足しても後から増やせない!不安なら1段上を選択

iPhoneユーザーにとってストレージ容量不足への心配は、世代が進むごとに深刻になります。

カメラの高性能化、動画コンテンツの増加、アプリの進化…

便利な機能が新しく増えても、容量不足で使えなければ意味がありませんよね。特にお子さんやペットを高画質で動画撮影したい人は、ほぼ間違いなく容量不足に悩まされます。

繰り返しになりますが、ストレージ容量は動画データ以外にも使われます。余裕を持った1段階上の容量を選んでおくことをおすすめします。

 

128GBでもOK!iPhoneのストレージ容量を節約する方法

iPhoneのストレージ容量を節約する方法

上述のiPhoneデフォルト設定で写真や動画を撮影する他にも、ストレージ容量を節約する方法をご紹介します。

ストレージ容量を節約するだけでなく、機種変更の際にも楽になることが多いので、知っておく役立ちますよ。

 

写真や動画はクラウドに保存する

写真や動画のデータを本体に保存せず、ネット上のクラウドサービスに保存しておきましょう。

AppleではiCloudという保管場所を用意しており、5GBは無料で使えます。それ以上は追加料金を払う必要がありますが、本体と別の場所にデータを保存しておけば機種変更の際にも楽になります。

iCloudは最大5人の家族で利用できる保管スペースですので、ご家族にiPhoneユーザーが多ければ価値は高いです。料金をご紹介しますので、検討してみてください。

iCloud料金表
容量 月額
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1,300円

参考:iCloud+のプランと料金|https://support.apple.com/ja-jp/HT201238#ap

 

音楽や動画はダウンロードせず、サブスクを利用する

音楽や動画は、サブスクリプションサービス(定期購入/月額制)がかなり増えました。

ストリーミング再生(ネット上の動画や音楽データをiPhoneは再生するだけの仕組み)をすれば本体に保存せずに楽しめますので、ストレージ容量の節約に効果があります。

 

使っていないアプリをアンインストールする

iPhoneのストレージ使用状況をチェックする方法でご紹介したように、ストレージ容量を多く使っているアプリを調べることができます。

あまり使っていないアプリはアンインストール(削除)しておきましょう。

※アプリ削除の注意点

  • 「Appを取り除く」を選んだ場合…
    「Appのサイズ」分が減ります。データは保存されたままですので、アプリを再インストールすれば復旧はかんたんです。
  • 「Appを削除」を選んだ場合…
    「Appのサイズ」「書類とデータ」の合計が削除(アプリとデータを削除)します。間違えて選ぶとデータが失われてしまうので注意して行ってください。

自信がない場合は、まず「非使用のAppと取り除く」を有効にしてみることをおすすめします。

 

関連記事:iPhoneストレージ容量の増やし方。データ削除せず空きを作るには

iPhoneの容量不足でデータ消さずに空きを増やすには
iPhoneストレージ容量の増やし方。データ削除せず空きを作るには|なるべくお金をかけない8つの方法

続きを見る

 

まとめ。あなたに適したiPhoneのGB容量は?

では最後に、iPhoneのストレージ容量128GBモデルがおすすめな人・それ以外の容量がおすすめな人をまとめます。

 

iPhoneの128GBが適している人

こんな人は128GBでOK

  • 写真や動画の撮影はそこまでこだわらない人
  • データ・音楽・アプリを定期的に整理する人

カメラアプリを初期設定のまま、ほどほどに使う程度であれば128GBモデルはコストパフォーマンスの高い機種です。

またサブスクサービスを使えばストレージ容量の心配無用。さらにバックアップをこまめに取ればストレージ容量の節約になりますし、機種変更をする際でも安心です。

\ 各キャリアのiPhone 一覧はこちら /

 

こんな人は他のGB数がおすすめ

使い方によって必要なストレージ容量を判断した上で、余裕を持ったモデルを買っておきましょう。

具体的な使いかたから、128GB以外のストレージ容量を選んだほうがいい人を挙げてみます。

 

128GBより少なくていい人

こんな人は64GBでOK

  • 写真や動画の撮影をするたびにパソコンやクラウドサービスに移動させておく人
  • iPhoneを連絡用ツールとして電話とメールをメインに使う人

iPhoneを電話・メール・LINEなど連絡用として仕事で使うような使い方であれば、64GBでも問題はないでしょう。iPhone SEには64GBモデルが用意されています。

 

関連記事:iPhone SE3(第3世代)を一番安く買う方法

iPhone SE3(第3世代)を一番安く買う方法|どこで買うとお得?値下げセールを待つべきか解説 アイキャッチ
iPhone SE3(第3世代)を一番安く買う方法|どこで買うとお得?値下げセールを待つべきか解説

 

注意点としては、iPhoneのストレージ使用状況をチェックする方法で一覧を一番下まで確認した人はおわかりのように、「iOS」「システムデータ」の2つはiPhoneを動かすのに必要で、合計20GB前後も必要だということです。

特に「システムデータ」はiPhoneの設定から減らすことができませんので、残りの容量で何とかしなくてはいけなくなります。初期化しても、それほど減らない場合もあります。

今、使っているのがiPhoneの128GBモデルでストレージ容量に余裕があるとしても、油断は禁物です。

 

256GBより容量の大きいモデルを選んだほうがいい人

こんな人は256GB以上がおすすめ

  • 写真や動画の撮影にこだわりがあり、大量に保管しておきたい人
  • 音楽や動画を自宅からiPhone本体に移し、外出中に楽しみたい人

iPhone 13・14のPro/ProMaxであれば「4K ProRes撮影」という高画質の動画撮影ができます。

4K撮影は1分間の動画で約6GBも必要となるため、そもそも128GBモデルでは容量の問題で4K(30fps)ProRes撮影ができません。256GB以上を選びましょう。

”iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 14 Pro、およびiPhone 14 Pro Maxでは、「カメラ」 を使って、ProResの高い色忠実度と低い圧縮率により、ビデオを撮影したり編集したりできます。

ProResは、前面カメラを含むすべてのカメラで利用可能です。ProResは、シネマティック、タイムラプス、スローモーションのモードには対応していません。

注記: ProResビデオでは、ファイルサイズが大きくなります。ProResでは、128GBのiPhoneモデルを除き、最大4K(30fps)での撮影が可能です。128GBのiPhoneモデルでは、1080p(30fps)でのみ撮影できます。”

引用元:iPhoneのカメラでProResビデオを撮影する

また、自宅のDVDレコーダーやブルーレイレコーダーで録画した番組を持ち出して外出中に見るような場合も、ストレージ容量の余裕があるに越したことはないでしょう。

 

関連記事:どこで買う?iPhone14Pro/Maxを一番安く買う方法

どこで買う?iPhone14Pro/Maxを一番安く買う方法|値下げ最安値はいつか&お得なキャンペーンまとめ 写真 アイキャッチ
どこで買う?iPhone14Pro/Maxを一番安く買う方法|値下げ最安値はいつか&お得なキャンペーンまとめ

関連記事:iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)

iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)|機種変更前にやっておくことは? アイキャッチ
iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法(クイックスタート/iCloud)|機種変更前にやっておくことは?

続きを見る

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

【知らないと大損】
スマホの支払総額はオンラインが安い事実

意外と知られていませんが、携帯ショップや家電量販店で機種変更している人は損してるかもしれません。

なぜなら、スマホ本体代金のほかに『頭金』を取られることがあるから。

au頭金直営店以外のショップは『頭金』が発生するケースが多い!

頭金は地域により異なりますが、3,000円台~10,000円台。

実はこれ、

『本体代金の一部』ではなく

『本体代金に上乗せ』されています。

スマホ 頭金

つまり頭金をいくら払っても分割残金は減りません。

車や家の頭金と同じに考えると、結果的に多くのお金を支払うことになるので注意しましょう!

 

なんでオンラインの方が安くなる?

オンラインショップでスマホを購入すると、上記の分割払い時の頭金がかかりません

単純計算で、頭金の分だけ無条件で安くなるんですね。

例えばauオンラインショップならこんな感じ。

↓↓↓↓↓↓↓

※iPhone15のauオンラインショップ価格:2024年2月15日調べ

これを知っているだけで、店頭価格と比べて1万円以上の差がつくこともあるんですよ。

【iPhoneも Androidも 頭金0円】
auオンラインショップの価格を見る >>

 

auオンラインショップ8つのメリット

auオンラインショップ最大のメリットは、頭金0円なのでショップより安く機種変更ができること。

7つのメリット

  1. 分割払いの頭金が"0円"になる
  2. 『5G機種変更おトク割』で5,500円OFF
  3. 『スマホトクするプログラム』で実質激安に
  4. 午前11時45分まで注文で当日お届け(※)
  5. オンライン限定スペシャルセールがある
  6. オンライン限定のキャンペーンがある
  7. Web乗りかえなら最大22,000円OFF

(※)対象地域内。地域はこちらからご確認ください

オンラインなら自宅で全部完結。
(ポチって待ってるだけでOK)

リラックスしながら好きなだけダラダラ迷っていいんです。

思わぬ機種が安くなってたりするので、店舗にない掘り出し物が見つかるかも?

auオンラインショップは何ができる?徹底解説

 

どーーーしてもやり方がわからない!という時は、

WEBチャットサポートが対応してくれますし、ショップで有料の『店頭設定サポート』があります。

とりあえずオンラインやってみて、わからない時はショップで聞けばいいやという気軽な感じでいいんです。
(※有料サポートを使っても頭金より安いですし)

想像よりずっと簡単なので、使わないと勿体ないですよ!

↓↓↓ 2024新機種モデル入荷中 ↓↓↓

24時間手続き可能・見るだけでもOK

 

-iPhone・apple製品
-, , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.