iPhone11と8の違いを徹底比較|2019年買うならどっち?

2019年9月20日(金)待望のiPhone11が発売されました。

そして、これまでと同様に新型iPhoneが発売される直前には旧モデルが値下げが行われ、iPhone8にも大幅に割引が入っています。

ここではiPhone11とiPhone8を様々な切り口から徹底比較し、2019年のいま機種変更をするならどっちの機種を買うべきか?について詳しく解説をしていきます。

iPhone8と11の販売価格を比較(ドコモ・au・SoftBank・Apple)

カレンダー

まずは2機種の本体価格(値段)から比較していきましょう。

上でもお伝えしましたが、iPhoneは新モデルが発売される直前に旧モデルに対して割引が入ります。

いわゆる「在庫処分」ですね。

iPhone8にもこの割引が入っており、2019年9月14日から割引価格で販売されています。

iPhone8の本体価格を比較

まずはiPhone8の販売価格から見ていきましょう。

iPhone8は「ドコモ」「au」「SoftBank」の主要キャリアと「Apple」で購入することができますが、購入場所によって若干ですが価格がことなります。

ドコモの販売価格

通常販売価格 おかえしプログラム適用価格
64GB 67,320円
(1,870円×36回)
44,880円
(1,870円×24回)

ドコモ購入できるiPhone8は現在「64GB」のみです。

発売当初よりも大幅に割引が入っており、スマホおかえしプログラムを適用すると4万円台で購入することができます。

auの販売価格

通常販売価格 アップデートプログラム適用価格
64GB 74,880円
(1,560円×48回)
37,440円
(1,560円×24回)
256GB 105,408円
(2,196円×48回)
52,704円
(2,196円×24回)

auでは「64GB」「256GB」を購入することができます。

iPhone8は「アップデートプログラムEX」の対象機種に含まれていますので、仮に24回でプログラムを使った場合は半額で購入可能です。

ソフトバンクの販売価格

通常販売価格 トクするサポート適用価格
64GB 80,640円
(1,680円×48回)
40,320円
(1,680円×24回)
256GB 93,600円
(1,950円×48回)
46,800円
(1,950円×24回)

SoftBankでも「64GB」と「256GB」の2種類が販売されています。

24回の支払いが完了した時点で「トクするサポート」を利用することで、半額で購入することが可能です。

Appleの販売価格

通常販売価格 端末割引
64GB 52,800円
128GB 57,800円

Appleでは「64GB」と「128GB」のiPhone8を購入することができます。

キャリアと違って端末の割引はなく、一括購入が原則となります。

iPhone11の本体価格を比較

続いてiPhone11の販売価格を見ていきましょう。

iPhone11は発売当初は「前モデルのXSと同額くらいになるのでは?」という見方がありましたが、実際にはiPhoneXSの発売当時よりも約1割ほど低価格で発売されました。

ドコモの販売価格

通常販売価格 おかえしプログラム適用価格
64GB 87,120円
(2,420円×36回)
58,080円
(2,420円×24回)
128GB 95,040円
(2,640円×36回)
63,360円
(2,640円×24回)
256GB 106,920円
(2,970円×36回)
71,280円
(2,970円×24回)

ドコモでは3種類の容量全てが購入することができます。

スマホおかえしプログラムを使うことで、64GBのiPhone8(44,880円)との差額が約1.5万円程度になるため、新モデルでもそこまで価格差があるわけではありません。

auの販売価格

通常販売価格 アップデートプログラム適用価格
64GB 90,720円
(1,890円×48回)
45,360円
(1,890円×24回)
128GB 96,480円
(2,010円×48回)
48,240円
(2,010円×24回)
256GB 109,440円
(2,280円×48回)
54,720円
(2,280円×24回)

auでも「64GB」「128GB」「256GB」の全容量が揃っています。

iPhone11も「アップデートプログラムEX」の対象機種なので、最大半額で購入することができます。

ソフトバンクの販売価格

通常販売価格 トクするサポート適用価格
64GB 89,280円
(1,860円×48回)
44,640円
(1,860円×24回)
128GB 95,040円
(1,980円×48回)
47,520円
(1,980円×24回)
256GB 108,000円
(2,250円×48回)
54,000円
(2,250円×24回)

SoftBankでは割引を使うと5万円以内でiPhone11を使うことができます。

3キャリアの中ではSoftBankが最安値。乗り換えを検討している方は月額費用が安いキャリアを選ぶのも一つの方法です。

Appleの販売価格

通常販売価格 分割価格
64GB 74,800円 74,800円
(3,428円×24回)
128GB 79,800円 79,800円
(3,658円×36回)
256GB 90,800円 90,800円
(4,162円×24回)

Appleで購入した場合、回線の契約が不要になる代わりに、端末代金はほぼ定価で購入することになります。

分割での支払いも可能ですが、割引が入らないので一括払いの価格と差はありません。

iPhone11と8の販売価格まとめ
  • iPhone8の最安値はauの64GB「37,440円」
  • iPhone11の最安値はSoftBankの64GB「44,640円」
  • 各キャリアには半額で買えるプログラムがある
  • Appleは割引が入らない

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

iPhone11とiPhone8のスペックを比較

続いて、iPhone11とiPhone8のスペックの違いを見ていきたいと思います。

iPhone11 iPhone8
ディスプレイ 6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
4.7インチ
Retina HDディスプレイ
OS iOS13 iOS11(初期)
プロセッサ A13 Bionic A11 Bionic
メモリ(RAM) 4GB 2GB
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB 64GB、128GB
メインカメラ デュアル12MPカメラ
(超広角、広角)
シングル12MPカメラ
(広角)
サブカメラ 1200万画素 700万画素
生体認証 Face ID Touch ID
防水/防塵性能 水深2メートルで最大30分間の耐水性能 水深1メートルで最大30分間の耐水性能
バッテリー容量 3,110mAh 2,675mAh
本体サイズ 150.9 × 75.7 × 8.3(mm) 138.4 × 67.3 × 7.3(mm)
重量 194g 148g
カラー パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド シルバー、スペースグレイ、ゴールド

スペックを比較すると、やはり3世代前のiPhone11は全ての項目においてスペックが大幅にアップしています。

処理速度(CPU性能)の差は大きくある

iPhone8と11の処理速度を比べてみると、体感できるほど違いがあります。

理由はiPhone11のチップセットがA11⇒A13と2段階もアップしているので、画面が固まる心配は不要。高負荷のゲームをしていてもサクサクと動きます。

iPhone11 iPhone8
プロセッサ A13 Bionic A11 Bionic
Aututuスコア
(総合)
456650 234057

ただ、iPhone8は動きが遅くてイライラするかと言われればそうではありません。

あくまでも11と比較した場合は差がありますが、メールやLINE、インターネット、ツムツムなどの軽量ゲームの使用が主であれば、チップセット性能の違いは感じないレベルです。

動画編集やリアルな3Dゲームを行う方は、処理能力の高い「iPhone11」を。

極めて一般的な使用用途の方は「iPhone8」を選んでも問題ありません。

ストレージ容量「256GB」があるのはiPhone11

iPhoneは本体に保存できるデータ容量が大きいほど、端末の値段も比例して高額になります。

  • iPhone8の保存容量は「64GB」「128GB」の2種類
  • iPhone11の保存容量は「64GB」「128GB」「256GB」の3種類あります。

つまり、256GBの本体容量が必要な場合は、必然的にiPhone11を選ぶことになります。

iPhone11 iPhone8
ストレージ容量 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB

iPhoneはSDカードなどの外部メディアに対応していませんが、「iCloud」と呼ばれるクラウドサービスで容量を増やすことができます。(+50GB/月140円)

ですので本体容量が少ないモデルを購入しても、あとからクラウドで容量を増やすことは可能です。

いま現在、本体にどれくらいのデータ容量を使っているのか?を調べる場合は、今使っているiPhoneの「設定」⇒「一般」⇒「iPhoneストレージ」で確認ができますよ。

iPhone8と11 カメラ性能の違い

iPhone8とiPhone11のカメラを比較した場合、大きく違うのが「カメラレンズの数」です。

iPhone8は「広角レンズ」の1つだけですが、iPhone11には「広角」「超広角」の2レンズが搭載されています。

超広角レンズは、自分が後ろに下がらなくても「引き」の写真を撮影することが出来るので、狭い室内や広い公園の全景を撮影したい時には便利です。

逆にiPhone8はズーム機能に定評があるので、望遠撮影を使うことが多い方はiPhone8の方が適しています。

総合的なカメラ性能でみると、やはり最新のA13チップセットとイメージセンサを搭載しているiPhone11に軍配が上がります。

カメラ性能を重視するならiPhone11を選ぶべきでしょう。

バッテリー持ちはiPhone11の方が良い

次に電池(バッテリー)の持ちで比較していきましょう。

バッテリー持ちの良さは単純にバッテリーの大きさだけでは決まりません。

もちろんバッテリーが大きいほうが長持ちをしますが、ディスプレイの種類やCPU(iPhoneの頭脳)によっても大きく変わってきます。

iPhone11 iPhone8
バッテリー容量 3,110mAh 2,675mAh
ビデオ再生 最大17時間 最大13時間
音楽再生 最大65時間 最大40時間

iPhone11に搭載されているCPUは省電力の部分も進化しており、さらに消費電力が少ないディスプレイが使われているため、iPhone8よりも電池持ちは良くなっています。

iPhone8はあまり電池持ちが良くないモデルなので、毎日の充電は必須になります。1~2年は問題ありませんが、3年以降も使う場合は電池パックを交換するか、モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要があるかもしれません。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

iPhone8とiPhone11の性能や外観の違い

続いて、iPhone8とiPhone11の性能(内面)とデザイン(外観)を見ていきましょう。

iPhone11はフロント面からホームボタンが消えた

iPhone8とiPhone11を比較すると、iPhone11にはディスプレイ下部のホームボタンが無くなっていることが分かると思います。

8までのロック解除はホームボタンに指を乗せて指紋認証を行っていましたが、11ではホームボタンが廃止され「顔認証」でのロック解除となりました。

iPhone11でHOME画面に戻る際は画面下からスワイプするのですが、ホームボタンが無くなっても使っていくうちに意外とすぐに慣れますよ。

ディスプレイサイズが大きいのは「iPhone11」

iPhone11にはホームボタンがついていないため、その分ディスプレイの面積が大きくなっています。

iPhone11 iPhone8
ディスプレイサイズ 6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
4.7インチ
Retina HDディスプレイ

さらにiPhone11には有機ELディスプレイが採用されているため、2機種を比較すると色の鮮やかさは違います。

本体の重さが軽いのは「iPhone8」

iPhone11はバッテリーの容量が増えたこともあり、iPhone8よりも約50gほど重くなっています。

iPhone11 iPhone8
本体重量 194g 148g

わずか50gの差ですが、スマホは毎日持ち運ぶものなので軽いほうが使いやすいのは確かです。

片手で操作をする時も軽いほうが使いやすいですね。

カラーバリエーションは「iPhone11」の方が豊富

iPhone8のカラーバリエーションは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」の3色

iPhone11のカラーバリエーションは「パープル」「イエロー」「グリーン」「ブラック」「ホワイト」「レッド」の6色もあります。

iPhone11 iPhone8
本体カラー パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド シルバー、スペースグレイ、ゴールド

本体カラーは自分が好きなものを選ぶのが良いですが、本体カラーが機種選びのメインになることは少ないかと。

今は色々なタイプのスマホケースが発売されているので、まずは使用用途や目的に合わせて機種を選ぶと失敗が少ないと思います。

音質は明らかに違う

iPhone11のスピーカーは「空間オーディオ」対応となり、ドルビーアトモスの立体音響を体感することができます。

さらに5.1chや7.1chにも対応しているので、映画や音楽でこれまでスマホで味わえなかった臨場感を楽しめます。

iPhone8のスピーカーは「低音が良く聴こえる」と定評がありますが、iPhone11と比べるとどうしても魅力が薄れてしまいます。

衝撃・防水性能が高いのは「iPhone11」

どちらの機種にも防水性能はついているので、日常生活の水滴であれば特に気にせずに使うことができます。

ただ、iPhone11は素材にダイヤモンドの次に硬いガラスが使われていたりなど、落下の衝撃や水没から守るために様々な工夫がされています。

ガラスの割れや本体に傷が付くのを避けたい方は「iPhone11」のほうが安心できると思います。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

【まとめ】iPhone8と11どっちを買うべきか?

最後にiPhone8とiPhone11の違いをまとめてみます。

iPhoneは使う人によって「良い」「悪い」があるので、自分の目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

下では、どちらが良いか選びやすいように「オススメな人」の一例を紹介します。

iPhone8がおすすめな人はこんな人

iPhone8がオススメな人
  • 値段が安く普段使いできればOK
  • コンパクトで片手で持ちやすい機種が良い人
  • 重量が軽いiPhoneを使いたい人
  • 顔認証より指紋認証の方が使いやすい人

iPhone8のディスプレイは4.7インチのコンパクトサイズで、片手で操作することに適しています。

カメラはシングルですが、画質もキレイなので旅先の思い出や料理などを撮影する分には全く問題ありません。

↓iPhone8で撮影

さらにホームボタンが搭載された最後のモデルのため、ホームボタンが使いやすい方や顔認証を嫌う方など、愛用者はまだまだ多いです。

4万円台で購入できるのは恐らく今が最後。

あとは絶版(販売終了)になってしまうので、新品の在庫があるうちにチェックしておくことをおすすめします。

iPhone11がおすすめな人はこんな人

iPhone11がオススメな人
  • ディスプレイは大きいほうが使いやすい人
  • iPhoneの最新モデルを使いたい人
  • 液晶はキレイで鮮やかなほうが良い人
  • 256GBの本体容量は必要な人
  • 本体カラーの選択肢は多いほうが良い人
  • カメラの使用頻度が高い人

iPhone11は2019年に発売されたiPhoneの最新モデル。

スタンダードモデルなので、ハイエンドモデルの「Pro」シリーズよりも安く購入できます。

しかし、iPhone11に搭載されているチップセットはすべて同じもの。約16万円のProと同じ性能を持っています。

2つのカメラレンズでぼかし撮影もキレイですし、本体カラーが6色もあるのでお気に入りの色が見つかるはずですよ。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

iPhoneへの機種変更はオンラインショップだと安い

オンラインショップで機種変更をすると、頭金の支払いが不要になるため、店舗よりも約5,000円~10,000円も安く機種変更ができます。(ドコモなら事務手数料も無料)

オンラインショップで注文した商品は送料無料で自宅に送られてきますし、開通手続きはSIMカードを差し替えるだけなので簡単。

忙しい方や混雑してるショップに行くのが面倒な方は、自宅でサクッと機種変更してみてはいかがでしょうか?

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

ドコモで開催中のキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは「東京2020オリンピック 応援に行こうキャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間:2019年7月24日(水)~2019年10月31日(木)

キャンペーン期間中は開会式のチケットや競技観戦チケットが当たったり、他では手に入らない限定応援グッズがもらえたりと超お得!

ドコモで機種変更を検討中の方は早めにチェックをしてみてくださいね。

ドコモ「東京2020オリンピック」キャンペーンの詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,500円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!

尚、iPhone11 Proと8 Plusを実機で比較したレビューは↓に掲載しています。