iPhone11(アイフォンイレブン)の発売日はいつ?値段が超高い噂はホント?

アイフォンイレブン(iPhone11)の発売日・予約開始日・価格

2019年の今年もiPhone新モデルの情報が少しずつ集まってきました。

iPhoneXS/XRの次の機種は順当に行くと「iPhone11(アイフォンイレブン)」というモデル名になり、2019年も9月に発表・10月発売となる見込みです。

気になるiPhone11の価格は8万円~16万円とモデルによって幅がありそうで、現在までにディスプレイサイズが違う3モデルの情報を確認しています。

 iPhone11の販売価格(予想)はこちら

発売日/予約開始日(予想)はこちら

TwitterなどのSNSでは、毎日のようにiPhone11の情報がリークされているので、デザイン・スペック・発売日・値段など現在までに噂されている情報をまとめました。

iPhone11のデザインと新機能(スペック)まとめ

まずはiPhoneの新モデル「iPhone11(仮称)」のスペックや新しく追加されそうな機能から見ていきましょう。

もちろん公式発表はされていないので確定情報ではありませんが、海外のリーク情報などを基にiPhone11のスペックをまとめて一覧表にしてみました。

尚、このスペック表は新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

iPhone11(アイフォンイレブン)のスペック表

iPhone11
ディスプレイ 5.8インチ、6.1インチ、6.5インチ
有機ELディスプレイ
OS iOS13
プロセッサ A13 BIONIC
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
外部メモリ
メインカメラ トリプルレンズ
1,200万画素
サブカメラ 1,000万画素
生体認証 顔認証、指紋認証
防水/防塵性能 IP68
バッテリー容量 4,000mAh
本体サイズ 143.6×70.9×7.9(mm)
重量 180g
カラー 白、黒、赤、ゴールド

iPhone11はエッジを取り入れたデザインか?

iPhone11のレンダリング画像(CGで作ったイメージ画像)を見ると、これまでの丸みがあるデザインからエッジのある角ばった形に変わっています。

一昔前のiPhone5のような形状で、側面が真っ平ら担っているので、iPhoneを立てて使うこともできそうです。

充電端子は、MACにも採用されている「Type Cポート」が使われていて、スピーカー穴は向かって右側のみに確認できました。

一説には「iPhone11は引き続きライトニングケーブルが使われる」という見方もあるようで、どちらが採用されるかはこれから明らかにされそうです。

個人的にはケーブルを買い直す手間を考えても、従来のライトニング方式のままが良いと思っています。

また、別の画像を見ると、充電端子の横に充電ランプのようなものがあるのですが・・・

さすがにiPhoneに充電ランプは無いかな・・・

発売前の情報はリークされた情報の他にも、レンダリング画像を作成したデザイナーの「願望」が含まれているのが面白いんですよね。

iPhone11のカメラレンズは3つの「トリプルカメラ」に?

最近はiPhone関連のリーク情報の的中率が高いので、iPhone11のトリプルカメラ実装はかなり信憑性は高いと見ています。

3つのカメラレンズの並びは縦並びの説もありますが、ハイエンドモデルは上の写真のように三角形のレンズ配置になりそうです。

スペックによってカメラレンズの形状が変わるのは新しい試みですね。

個人的にはカメラレンズの出っ張りが気になりますが、もはや仕方のないこと。

スタイリシュさよりも機能性を優先した結果でしょう。

トリプルカメラの内部パーツ画像がリーク

ツイッターではiPhone11の内部部品と思われるパーツ画像が投稿されています。

この銀色のパーツは、iPhone11のカメラ部分に使用されるものと見られ、この画像を見る限りでは丸い穴が3つ開いているのでカメラレンズはやはりトリプルレンズになる可能性が非常に高いです。

尚、トリプルレンズは縦並び?それとも三角形?と色々な憶測が飛び交っていますが、少なくとも三角形のモデルは登場しそうです。

カラーバリエーションは4色を確認

レンダリング画像から見て取れるカラバリは「白」「黒」「赤」「ゴールド」の4色展開。

表面の色は各色共通で「黒」のみとなっているのは、XRやXSと同じですね。

個人的にはスペースグレイ色がラインナップに無いのは少し悲しいですが、iPhoneXR/XSのように、スペックによってカラバリは変わる可能性もあります。

これから9月の新機種発表までの間に新色のリーク情報は増えそうです。

ディスプレイサイズに大画面も追加される?

iPhone11のディスプレイサイズは、現在判明しているだけで「4.7インチ」「5.0インチ」「5.5インチ」の3種類があるようです。

ちなみに4.7インチはiPhone6~8と同じ大きさ。

5.5インチはiPhone6~8のPLUSと同じ大きさです。

これだけ見るとiPhoneXS MAXの大画面6.5インチサイズが無いのですが、スマホの大画面化が進む現代に小さいディスプレイのみのラインナップを出すことは考えにくい。

おそらく今後はiPhoneXSと同じ5.8インチや、XS Maxと同等の6.5インチ大画面サイズの情報も出てくると思っています。

iPhone11のメモリ容量(ROM)も安定の3種類か?

ここ数年に発売されたiPhoneの容量(ROM)を見ると、「64GB」「256GB」「512GB」の3種類展開となっているので、iPhone11も過去の例に漏れず3種類のメモリ容量となりそうです。

現実的な線から考えると「128GB」「256GB」「512GB」になりそうですが、これ以上の大幅な容量アップは無いと思っています。

1,024GBの噂もありますが、iCloudの普及も必要ですので、さすがにiPhoneで1TB超えは出してこないでしょう。

プロセッサは「A13」を採用?6GBは物足りないのか?

iPhone11に搭載されるCPUは「A13」というチップセットが採用されそうです。

現在の最新モデルに搭載されている「A12」に比べても省電力性が上がっているようで、更に電池持ちの向上が期待できます。

気になるメモリ量は、iPhoneXやXsのRAMは3GB、XS MAXで4GBが搭載されましたが、iPhone11はXS MAXから2GBアップの6GBとなる見込みです。

6GBと聞くと、そこまで容量が多い印象はありませんが、HUAWEIの最新モデル「 P30 Pro」のメモリ12GBがやりすぎなんです。12GBって一般的なパソコンと同等レベルですよ。オーバースペックとまでは言いませんが、そんなに積んで何をするの?と思ってしまいます。

個人的にはスマホのメモリは6GBでも充分だと思っています。

バッテリーは過去最大容量の4,000mAh?

新モデルが発売されるたびiPhoneの機能は少しずつ進化していますが、それに伴い毎回つきまとうのが「バッテリー持ち」という課題です。

ちなみにこれまでに発売された、歴代iPhoneモデルの電池容量は以下の通り。

機種名 電池容量
iPhone7 1,960mAh
iPhone7 Plus 2,900mAh
iPhone8 1,821mAh
iPhone8 Plus 2,691mAh
iPhone X 2,716mAh
iPhone XR 2,945mAh
iPhone XS 2,659mAh
iPhone XS Max 3,179mAh

と、新モデルになるにつれ電池容量がアップしているiPhoneシリーズですが、iPhone11の電池容量はなんと4,000mAhと大幅にアップされるようです。

「どうせ少しずつ容量アップしても、電池持ちガーって言うんでしょ?」というAppleのヤケクソ感も垣間見えますが、本当に4,000mAhを積むことができれば電池持ちは大幅に改善しそうですね。

しかも従来のワイヤレス充電「Qi(チー)」とは違い、充電器の上に置かなくても充電ができる「Pi(パイ)」という新技術が採用される見込み。

「Pi」は充電器から30cm以内であれば常に充電をすることができるので、充電ケーブルや電池容量を気にせずに快適な操作ができます。

しかも4台のスマホを同時に充電できるようです。

更にワイヤレス充電の高速化にも着目されていて、最新機種のiPhone XSはフル充電までの時間を30分も短縮したことで話題になりましたが、iPhone11はそれよりもさらに高速化が期待できます。

もはやワイヤレス充電でも、有線充電並みの速度で充電が完了する時代に来ているんですね。

iPhone11もR(アール)やS(エス)MAX(マックス)の発売はあるのか?

2018年に発売されたiPhoneは、「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS MAX」と3機種のラインナップで発売されました。

リーク情報によると、iPhone11も「R」「S」「S MAX」の3機種で発売される線が濃厚となっております。

この3機種の大きな違いは、カメラレンズの数とディスプレイで、それぞれ以下のような分類になりそうです。

iPhone11 R
⇒LCDディスプレイ、カメラレンズは2つ
iPhone11 XS
⇒有機ELディスプレイ、カメラレンズは2つ
iPhone11 XS MAX
⇒有機ELディスプレイ、カメラレンズは3つ

モデルによって細かい違いはあると思いますが、エントリーモデルの「R」、ミドルレンジモデルの「S」、ハイエンドモデルの「S MAX」と考えると自然ですね。

iPhone11の大きいサイズはPLUS(プラス)ではなくMAX?

これまでAppleは、iPhone8までは画面の大きいタイプを「PLUS(プラス)」として発売してきましたが、XSシリーズから突然「MAX(マックス)」へモデル名を変更してきました。

私は「Maxってなんかダサい。iPhone11 PLUS」でもいいじゃん?と思ったのですが、実は「PLUS」と「MAX」の違いはAppleなりに意味があるらしいです。

PLUSが採用されたiPhone6~8は、無印のiPhoneに何らかの機能が追加(PLUS)されたモデルなので、機種名にPLUSが付いているのですが、iPhoneXSには機能の追加はナシ。

じゃあ何で差別化しよう?と考えた時に違いとして出せるのが「画面の大きさ」だったので、「画面の大きさがMAXIMUM」いう意味で「MAX」としたようです。※諸説あります

これによりiPhone11も「iPhone11 PLUS(プラス)」ではなく、「iPhone11 XS MAX」として発売されると考えられます。

ロック解除は顔認証+指紋認証の2段構えになりそう

iPhoneXから搭載された顔認証「Face ID」ですが、iPhone11では認証精度がかなり進化し、ロック解除のスピードが従来機の2倍の速さになるようです。

一方では最近発表されたGalaxyS10のように、ディスプレイに指紋認証機能を埋め込んだ「ディスプレイ内指紋センサー」をiPhone11にも搭載するのでは?という見方も出ています。

もしかするとアイフォン11では、「FACE ID」と「指紋認証」のダブル認証が採用になるかもしれません。

「顔」と「指」のどちらでもロック解除ができるようになると、マスクをしている時などは便利になりますが、両方の認証が必須になると使いずらさは倍増します…

セキュリティ面に異常なこだわりを持つ、AppleCEOのティム・クックならありえない話でもないので怖いですね。

iPhone11がプロジェクターになる?

2019/4/18、これまで数多くの新型iPhoneのコンセプト動画をアップしているConceptsiPhoneが、新たにiPhone11のコンセプト動画をYouTubeにアップしたので、ここでシェアしたいと思います。

iPhone11のデザインや外観は、上で紹介したものと大きく変わらないのですが、

驚いたのは、iPhone本体から上下で合計4つの光が放たれ、上2つから出ている光を壁に向けることで、何とiPhone11がプロジェクターになるというイメージ動画でした。

iPhoneの画面には「プロジェクションモード」と表示され、下から出ている2つの光は机に照射することで、机がキーボード代わりになるというもの。

イメージとしては少し前に話題になった、SONYの「XperiaTouch」を彷彿させる仕様です。

↑机に光を照射してゲームができる「Xperia Touch」

話をiPhone11に戻しますと、もしiPhoneがプロジェクターとして使うことができれば、ビジネスシーンだけでなくエンタメの用途も広がりそうです。

iPhoneから発せられた光を、白い壁に投射すれば大画面でブラウジングも楽しめますし、

大迫力でゲームや映画を楽しむこともできます。
(キーボードの文字がゲームに合わせて自動で変わるのも良いですね)

しかし、個人的にはこの「プロジェクションモード」が採用される可能性はかなり低いと見ています。

少なくともiPhone11には搭載されないと思っていますが、本当にこういう機能があったら面白いですね。

折りたたみ式の「iPhone Fold」発売は2020年以降か

当初は「iPhone11は折りたたみ式になる」との噂もありましたが、この機種は「iPhone Fold(アイフォンフォールド)」としてiPhone11とは別に販売されるようです。

一部では「iPhone11 Fold」とも呼ばれていますが、おそらく2019年内の販売は無いでしょう。

私はFoldの発売は早くても2020年になると読んでいます。

GalaxyやHUAWEIがいち早く折りたたみ式スマホを発表する中、ここでもiPhoneは後手に回る形となります。

iPhone11は残念ながら5G非対応

5G対応が期待されていたiPhone11ですが、iPhone11は2019年に発売される見込みのため5G対応は見送られそうです。

早ければ2020年リリースのiPhoneから5G対応となる見込みなので、恐らくiPhone12以降の新モデルからになるのではないでしょうか。

アジアメーカーの「HUAWEI」や「SAMSUNG」などは、既に5G対応スマホが現実的になっている中、ここでもAppleは遅れを取りそうです。

iPhone11の発売日と予約開始日はいつ?

iPhone11の発売日と予約開始日はいつになるのでしょうか?

Appleからの正式発表はまだまだ先になると思いますので、過去モデルのiPhoneの発表時期から、iPhone11の発売日を考察してみようと思います。

ちなみに過去モデルの発表会日と発売日は以下の表の通りでした。

機種名 発表会日 発売日
iPhone4 2010年6月7日(月) 2010年6月24日(木)
iPhone4s 2011年10月5日(水) 2011年10月14日(金)
iPhone5 2012年9月12日(水) 2012年9月21日(金)
iPhone5s 2013年9月10日(火) 2013年9月20日(金)
iPhone6 2014年9月10日(水) 2014年9月19日(金)
iPhone6s 2015年9月9日(水) 2015年9月25日(金)
iPhone7 2016年9月7日(水) 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月12日(火) 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年9月12日(火) 2017年11月3日(金)
iPhoneXR 2018年9月12日(水) 2018年10月26日(金)
iPhoneXS/XS Max 2018年9月12日(水) 2018年9月14日(金)

これまでの傾向を見ると、例年9月10日付近の火曜日か水曜日に発表会を行い、翌週の金曜日から予約開始という流れになっています。

というわけでiPhone11の発表日と発売日をズバリ予言すると、

iPhone11発表会:2019年9月11日(水)※予想

iPhone11発売日:2019年9月20日(金)※予想

になると私は見ております。

尚、iPhoneの予約開始日時は、毎年発表会と同週の金曜日の16:01になるのが通例。

つまり、

2019年9月13日(金)16:01に予約開始

になると思われます。

13日の金曜日なので少し縁起が悪い気がしますが、逆に覚えやすくて良いかもしれませんね(笑)

iPhone11の価格は8万円~16万円になると予想

iPhone11のおおよその発売日は分かったのですが、気になるのは端末の価格だと思います。

あくまでも推察ですが、過去に発売されたiPhoneモデルの傾向からディスプレイサイズを加味して以下の値段になるのでは無いかと思います。
※機種名は仮称です

iPhone11R(iPhoneXRの後継モデルとして)
⇒LCDディスプレイの「R」は廉価版の位置づけとなるので、iPhoneXR発売価格とほぼ同等の約84,800円~101,800円ほどの値段になると予想。
iPhone11S(iPhoneXSの後継モデルとして)
⇒有機ELディスプレイを採用した「S」は、ディスプレイサイズも大きくなるので上の「R」よりも高めになると予想されます。約112,800円~152,800円の価格帯となりそうです。
iPhone11S MAX(iPhoneXS MAXの後継モデルとして)
⇒有機ELディスプレイに加えて、カメラレンズを3つ搭載した最上位モデルは値段も最上位。XS MAX発売時の値段から考えても、約124,800円~164,800円と15万円を越えてくると予測します。

上で挙げたモデル別の価格はあくまでも推測ですが、それにしてもiPhoneの端末価格は年々高くなりますね。

16万円超えのスマホになると、端末代金だけでも毎月6,800円×24回払い。これに通信料が加わると軽く1万2千円/月は越えてきます。

以前よりもiPhoneの新モデルが発売時の売れ行きが伸びず、しばらく待つと値下げ価格になってしまう理由は、最新モデルの機能と価格設定が合致していないからとも取れます。

事実、現在の最新機種であるiPhoneXR/iPhoneXSも、発売時からは考えられないほどの価格に値下げされていますからね。

ドコモ割引価格で販売中のiPhoneシリーズ

2019年の秋に発売される予定の「iPhone11」ですが、手にできるのはまだまだ先ですね。

満を持して発表されても、今度は価格がネックとなり泣く泣く見送ってしまう人も出るかもしれません。それくらい最近のiPhoneは価格が高いんです。

値下げを待つよりも、現在の最新機種であるiPhoneXR/XSを割引価格で使ってみてはいかがでしょうか?

リークされたiPhone11のスペックと比較する限りでは、性能に大きな差もありませんし、今なら大幅に値下げをしているのでかなり狙い目ですよ。

【ドコモオンラインショップ】iPhoneの販売価格

機種名 容量 販売価格(36回払い) おかえしプログラム
適用価格(24回払い)
公式サイト
iPhone Xs Max 64GB 3,942円 × 36回
(141,912円)
3,942円 × 24回
(94,608円)
詳細を見る
256GB 4,482円 × 36回
(161,352円)
4,482円 × 24回
(107,568円)
詳細を見る
512GB 4,644円 × 36回
(167,184円)
4,644円 × 24回
(111,456円)
詳細を見る
iPhone Xs 64GB 3,564円 × 36回
(128,304円)
3,564円 × 24回
(85,536円)
詳細を見る
256GB 4,104円 × 36回
(147,744円)
4,104円 × 24回
(98,496円)
詳細を見る
512GB 4,266円 × 36回
(153,576円)
4,266円 × 24回
(102,384円)
詳細を見る
iPhone XR 64GB 2,754円 × 36回
(99,144円)
2,754円 × 24回
(66,096円)
詳細を見る
128GB 2,916円 × 36回
(104,976円)
2,916円 × 24回
(69,984円)
詳細を見る
256GB 3,240円 × 36回
(116,640円)
3,240円 × 24回
(77,760円)
詳細を見る
iPhone X 64GB 3,240円 × 36回
(116,640円)
3,240円 × 24回
(77,760円)
詳細を見る
iPhone 8 64GB 2,214円 × 36回
(79,704円)
2,214円 × 24回
(53,136円)
詳細を見る
iPhone 7 32GB 1,188円 × 36回
(42,768円)
詳細を見る
iPhone 6s 32GB 1,188円 × 36回
(42,768円)
詳細を見る

対象機種が5,184円引きになる「スペシャル特典」 ※終了しました

ドコモでは「月々サポート割引」と「オンラインショップSPECIAL特典」の併用ができるので、iPhoneXRでも月々3,240円×24回=実質77,760円で機種変更ができます。

AppleStoreで買うよりもかなり安いですし、さらに前機種の「iPhoneX」や「iPhone8」ならもっと安くなります。

iPhone7に至っては、ドコモwithの対象機種になったので実質42,768円まで値下がりしています。

このお得なキャンペーンは2019年5月31日(金)までとなっています。

アイフォン11は「ドコモwith」の対象機種に含まれません ※終了しました

ドコモには「ドコモwith」という、毎月1,500円の割引が半永久的に続くお得なキャンペーンがあります。

ドコモwithの割引が適用されるのは、ドコモが指定した対応機種を購入した場合に限るのですが、対応機種は基本的に型落ちや在庫処分の対象となるモデルが選ばれます。

そして、残念なことにこの「ドコモwith」は2019年5月31日で受付を終了することが公式でアナウンスされているため、iPhone11はドコモwithに対象機種になることはありません。

iPhoneであれば、「iPhone6s」と「iPhone7」が対象機種に含まれているので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。