小さいiPhone機種って?大きいスマホ使いづらい人にはマジ神w

小さいサイズの小型アイフォンが欲しい

近年発表されるiPhone(アイフォーン)のサイズは常に巨大化していて、スマホでゲームをしたり映画を見たりしない人には、実は大画面はあまり求められていないんです。

ここでは「スマホはメール、LINE、音楽、通話ができれば充分」「できるだけコンパクトで軽量なiPhoneが欲しい」という方のために、

片手で持ちやすいサイズ(5.0インチ以下)の小さいiPhone機種をご紹介します

歴代iPhoneの中で最小は「iPhone SE」

これまで発売されたiPhoneの中で、最小サイズのiPhoneは「iPhone SE」です。

ディスプレイサイズはわずか4.0インチ。現在の新モデル「iPhoneXS max」のディスプレイサイズは6.5インチなので、SEが非常に小さいことが分かります。

本体の大きさはiPhone5とほぼ同じのコンパクトサイズ、なのに性能はiPhone6と同等のスペックのため、発売当時は求めるユーザーから圧倒的な支持を集めていました。

iPhoneSEの本体サイズとスペック

サイズ 123.8 x 58.6 x 7.6 mm
重量 113g
ディスプレイ 4.0インチ(1,136 x 640ピクセル)
カメラ 背面:1,200万画素 前面:120万画素

iPhoneXS maxとiPhoneSEの比較表

しかし、iPhoneSEは2016年3月31日に発売された機種。

古くなってしまったため、残念ながらiPhoneSEはすでに発売販売終了となっています。

その後も、小さいサイズのiPhoneを求める声は消えず、2019年3月に「iPhone SE2」が発売されるとの噂もありましたが、未だに明確な情報も出ず。

現時点ではiPhoneSE2が販売される可能性も絶望的なのが現状です。

今買えるオススメの小型機種は「iPhone 7」

発売から年数が経過したため、残念ながら販売中止になってしまったiPhoneSE。

それでは現在買えるiPhone機種で最も小さいサイズの端末は何なんでしょう?

答えは「iPhone7(アイフォーンセブン)」です。

iPhone7は、iPhoneSE(4.0インチ)よりも少しディスプレイサイズが大きい4.7インチですが、本体のサイズは若干大きくなった程度で、持った感じはあまり差を感じないと思います。

iPhone7のスペック

サイズ 138.3 x 67.1 x 7.1 mm
重量 138g
ディスプレイ 4.7インチ(1,334 x 750ピクセル)
カメラ 背面:1,200万画素 前面:700万画素

iPhoneSEとiPhone7の比較表

iPhone X Miniの発売はまだまだ先

海外リークの情報によると、コンパクトな手のひらサイズのiPhone「iPhone X mini」のコンセプト画像が公開されているようです。

もしこれが実現すれば、iPhoneXS maxの約40%も小さいサイズのiPhoneが誕生することになりますが、残念ながらこれはAppleが出した情報ではなく、デザイナーが作成したもの。

現時点では「こんな機種が出ればいいなー」という希望程度。「iPhone X mini」が実際に販売される可能性は極めて低いと思います。

下取りプログラム適用で最大55,000円OFF

大手キャリアには「スマホ下取りプログラム」というものがあり、現在使っているスマホを下取りに出すことで、新しい機種を低価格で使い始めることができます。

もしあなたが「今のスマホは大きすぎて使いづらい」と感じている場合は、下取りに出して新しい機種はゲットしちゃいましょう。

下取り価格は端末の破損状況にもよりますが、新しいものほど高くなりますので、少しでも早めに出したほうがお得。(下取り額の最大は55,000円)

うまく行けば0円で新機種に機種変更をすることもできますし、下取り価格のほうが多ければポイント還元が付く場合もありますよ。

iPhone以外で小さいスマホをお探しの方へ

少し話は逸れますが、Android端末にも小さいサイズのスマホはいくつかあります。

現在販売している最小の「iPhone7」以外の機種も検討している方は、以下の機種もオススメですよ。

Xperia XZ2 Compact(ドコモ)

Xperia XZ2 Compactは手のひらに収まるコンパクトサイズにも関わらず、5.0インチという大画面を有するソニーのスマートフォンです。

小さいサイズながらも高性能のカメラを搭載しているので、最高のシーンを鮮やかに残しておくことができますよ。

2018年6月22日に発売された機種ですが、まだまだ現役モデル。

機種変更なら実質10,368円で購入することができます。

Xperia XZ2 Compactの本体サイズとスペック

サイズ 135 x 65 x 12.1 mm
重量 168g
ディスプレイ 5.0インチ(1,080×2,160ピクセル)
カラー White Silver/Black/Coral Pink/Moss Green
カメラ 背面:1,920万画素 前面:500万画素

AQUOS R compact(au・SoftBank)

AQUOS R compactはシャープのコンパクトスマホですが、ベゼル幅が狭く設計されているので小さい端末サイズながら、4.9インチの大画面を搭載しています。

また、電池消費が少ない「IGZOパネル」を採用しているため、電池持ちを気にせず長時間の駆動が可能ですよ。

AQUOS R compactの本体サイズとスペック

サイズ 132 x 66 x 9.6 mm
重量 140g
ディスプレイ 4.9インチ(1,080×2,032ピクセル)
カラー ムーンホワイト/トルマリンブラック/ダイヤモンドイエロー/アメジストパープル
カメラ 背面:1,640万画素 前面:800万画素

らくらくスマートフォンなら「me」がオススメ

小さいサイズの「かんたん携帯」をお探しの方は、ドコモの「らくらくスマートフォンme」がオススメ!

小型のスマホですが、画面や文字が大きく作られているので、初めてスマホを使う方でも操作が簡単なので長く使い続けることができます。

ドコモwithの対象機種に含まれているので、毎月1,500円の割引がずーっと続きますよ。

らくらくスマートフォンmeの本体サイズとスペック

サイズ 143 x 70 x 9.3 mm
重量 143g
ディスプレイ 4.7インチ(720×1,280ピクセル)
カラー ピンク/ブラック/ゴールド
カメラ 背面:1,310万画素 前面:1,280万画素

小さいスマホに機種変更するならオンラインショップがお得

小さいスマホに機種変更をするなら、オンラインショップが絶対にお得!

オンラインショップでは、頭金と事務手数料が0円。金額にすると、約5,000円~13,000円も携帯ショップよりも安くなります。

オンラインショップなら待ち時間もありませんし、24時間いつでも好きな時間に機種変更をすることができるので、忙しい人にも嬉しいですね。

びっくりするほど簡単に機種変更が完了しますので、使った事がない方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモで開催中のキャンペーン①


ドコモオンラインショップ限定で「SPECIAL特典」開催中!


ドコモオンラインショップで対象機種へ機種変更入すると3,000dポイントがもらえるキャンペーンです。

最新のiPhone 11も対象機種に含まれるので、これから機種変更をする方はチャンスですよ!

【キャンペーン期間】
2020年2月1日(土)~

【対象機種】
iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone 8、AQUOS zero2、Xperia 5、AQUOS sense3、Galaxy A20、Galaxy Note10+、Galaxy S10、HUAWAI P30 Pro、Xperia ACE、arrows Be3、LG style2、Google Pixel3 a、らくらくスマートホンme

 SPECIAL特典の詳細を見る


ドコモで開催中のキャンペーン②


現在、ドコモオンラインショップでは、iPhone 7への機種変更で「11,000円の割引キャンペーン」を行っています。

【キャンペーン条件】
・過去6ヶ月以内に機種変更をしていない
・過去6ヶ月以内にXiからFOMAへの機種変更の回線変更をしていない
・過去6ヶ月以内に持ち込みでドコモ回線の新規契約をしていない

iPhone 7の在庫は残りわずかですので、恐らくこれが最後のチャンスになりそうです。
ホームボタン搭載の希少モデルなので、気になる方は早めにチェックしておきましょう!

ドコモ「iPhone 7割引キャンペーン」の詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

4つのゼロ

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポート(dアカウント/Apple ID/Googleアカウントの設定、ドコモアプリケーションの設定、データ移行」が有料(3,300円)となりますのでご注意ください。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!

今後はもう小さいサイズのiPhoneは出ないのか考察

iPhoneXRやXS(max)など、最近ではスマホの大型化が進み、小さいiPhoneは徐々に淘汰されている印象です。

その証拠として、2016年に小型のiPhoneSEが発売されて以来、約3年もコンパクトサイズのiPhoneが発売されていないのが現状です。

確かに大きいサイズのiPhoneは、画面も大きいので映画やゲームが快適になるというメリットはありますが、これらのメディアを使わない「シンプル派」にとっては「かさばるだけのスマホ」というイメージが付くのも無理はありません。

  • ポケットに入らない
  • 片手で操作ができない
  • 重いので手が疲れる
  • 無駄に高スペック

求めていない人からすれば、大きいスマホを持つておいうメリットを感じられず、結果としてiPhone離れ⇒iPhoneが売れないという現状になっているのも理解できます。

それでは何故Appleはユーザーの声を無視してまで、小さいサイズのiPhoneを作らないのでしょうか?

その理由を考察したところ、大きく3つの理由があると思います。

理由① 低価格販売を避けるため

小型のiPhoneを発売するということは、必然的に低価格でリリースする事が前提となります。大型のiPhoneと同じ高価格で発売しても売れませんからね…

Appleは一時期のイケイケモードから一転。今は新機種を発表してもなかなか売れない低迷期が続いており、売上を拡大するには高額のiPhoneをバンバン売っていかなければならないんです。

新モデルが発売される度に、徐々に端末価格が上がっているからも推測できますね。

一般的なスマホの所有台数は1人1台。同じ1台を売るのであれば高いiPhoneを買って欲しい。というAppleの思いが、ユーザーの願いを無視した結果に繋がっていると感じます。

理由② 関連サービスの収益源を増やすため

とある統計データによると、ディスプレイサイズが大きいスマホを持っている人は、小さいスマホを持っている人の約2倍もアプリを利用しているようです。

確かに、私も大型ディスプレイのiPhoneを使うようになってから、意図せずゲームや読書にスマホを利用する割合も高くなり、必然的にこれまで使っていなかった「楽天ブック」や「Kindle」などで書籍を購入することも多くなりました。

アプリを使う人が増えれば、その分Appleも収益源が増えるということ。

小型iPhoneよりも大型iPhoneの開発に力を入れる理由はここにもあるようです。

理由③ 部品のコストが高すぎる

近年リリースされるiPhoneには、「Face ID」や「背面ガラスパネル」「ワイヤレス充電」などコストが高い部品が使われています。

Appleとしては、このまま部品を使うことができれば製造コストを抑えることができるのですが、そうすると小型iPhoneもハイエンドモデルと同等の高価格で販売する必要があります。

そうなると当然ながら売れません。

では、どうするか?となると、現在のニーズに対応したスペックを維持しながら、小型iPhone用の部品を一から作るという莫大な時間とコストがかかります。

それだけの莫大なコストを掛けた結果、それ以上の収益を小型iPhoneから回収できるのか?となると、なかなかGo!を出せないんですね。

我々ユーザーも小型iPhoneに高スペックを求めていないので、現行モデルの廉価版でも充分なのですが…

その点もメーカー側とユーザー側の意識の乖離がありそうです。

利益も大切だけどもう少しユーザーの声も聞いて欲しい

理由を考えた結果、どれも「お金」に関わることばかり。

もちろんその他にも理由があると思いますが、最近のAppleは目先の利益ばかりに気を取られ、結果的にユーザーの声を無視するという「暴走モード」に入っている印象があります。

特にジョブズが亡くなり、AppleのCEOがティム・クックに変わってから「コレジャナイ感」が増したような気もしますね。

iPhone7がドコモwithの対象機種に追加 ※終了しました

しかもドコモでは「ドコモwith(ウィズ)」の対象機種にiPhone7が追加されたばかり。

ドコモwithなら毎月1,500円割引が無制限で続くので、

(端末価格)1,650円 -(ドコモwith割引)1,500円=150円/月×24回=3,600円

なんと実質3,600円(税抜)という破格の端末価格で、iPhone7が買えるということになります。

尚、ドコモwithは間もなく終了する予定なので、気になる方は早めにチェックをしてみてくださいね。