本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

ケーズデンキでやってるiPhoneスマホ機種変更キャンペーン|一括0円セールや1円投げ売りってまだあるの?

ケーズデンキでやってるiPhoneスマホ機種変更キャンペーン|一括0円セールや1円投げ売りってまだあるの? アイキャッチ

ケーズデンキで1円や24円といった激安価格でiPhoneが販売されているのを見たことはありませんか?

「最近iPhoneが高くなっているけど、ケーズデンキなら安く買えるの?」

と興味を持っている方も多いかと思います。

この記事では、ケーズデンキでの機種変更について

  • いつ・どこで・どんなiPhoneキャンペーンを実施しているのか
  • ポイント付与や現金値引きの対象になるのか
  • 機種変更をするときの注意点

などについて解説していきます。ケーズデンキでの機種変更を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
期間限定・新生活応援セール中

機種限定で大幅値下げ&最大16,500円OFF!

 

さらに3/31まで春の機種変更フェア

※一部モデルはストレージ容量指定があります

条件は超カンタン
(ほぼ誰でも適用できます)

  1. 対象機種へ au Online Shop から機種変更し
  2. 対象料金プランと故障紛失サポートに加入
  3. 詳しい条件&対象機種はこちら >>
 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

 

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

 

スマホトクするプログラムで
新機種がいきなり激安

例えばiPhone15なら、諸々の組み合わせで
7万円くらい安くなりました。

 

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

 

【 最新モデルも頭金0円 】
au オンラインショップを見てみる >>

 

ケーズデンキのスマホ機種変更キャンペーン

ケーズデンキでは、時期や店舗によってiPhoneやAndroidを安く購入できるキャンペーンやセールを実施しています。

キャンペーンやセールによる割引は、大きく分けて以下の2種類。

  • 店舗が行うセール・キャンペーン
  • スマホ1円・24円キャンペーン

キャリアショップよりも大きな割引額で、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 

店舗が行うセール・キャンペーン

時期によって実施される様々なセールのことです。家電の決算セールなどと同じですね。

  • 機種限定セール
  • 在庫限りの処分価格
  • 店舗限定セール
  • 期間限定セール
  • オープン記念セール

といった限定セールは、大型連休などに集中しやすいです。この時期を狙えばiPhoneだって安く購入できるかもしれませんよ。

 

スマホ1円・24円キャンペーン

家電量販店といえば「スマホ1円キャンペーン」が有名ですよね。しかしこちらは公正取引委員会の指摘により、実施されることはかなり少なくなっています。

さらに、2023年12月27日より新たな値引き規制が施行されることに決まりました。

この規制により端末値引き価格が制限されることになるので、端末の返却が不要な「一括1円」キャンペーンは2023年のクリスマスセールがラストチャンスとなる可能性が高いです。

一方、現在も一部店舗で行われていることが多い「実質24円」での販売については正直微妙なところです。

今後も続く可能性もありますが、24円キャンペーンを確実に利用したいのなら新規制の施行前に機種変更をしておく方が無難だと言えるでしょう。

スマホ1円・24円キャンペーンについては新たな値引き規制の施行で、1円・24円キャンペーンはなくなる?で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

 

ケーズデンキでiPhone一括0円・1円投げ売りってある?

iPhoneの1円キャンペーンは、公正取引委員会の指摘により現在はほとんど見かけなくなりました。

Androidであれば、

  • AQUOS wish2
  • AQUOS sense7 plus
  • Xperia 10 Ⅳ

などが一括1円で販売されていたようです。

一方、iPhoneの場合は「実質24円(月々1円×24ヶ月、2年後返却)」のような販売方法がとられていることが多いようです。

なお、AndroidでもiPhoneでも、「1円」や「24円」で購入できるのは乗り換えか新規契約の場合のみです。さらに新規契約の場合は年齢制限があるなど、条件がやや厳しめの印象がありました。

 

実質24円はどんな仕組み?

なぜ「実質24円」という激安価格でiPhoneを販売できるのか、不思議ですよね。実はこの実質24円のiPhoneは各キャリアの『端末購入プログラム』の利用を前提としているのです。

端末購入プログラムとは

あらかじめ約2年後の残価を決めておき、48ヶ月などの分割払いで購入した端末を2年後に返却することで、残りの支払いが全額免除されるというもの。

簡単にいうと、2年間24円で端末をレンタル(リース)しているイメージですね。

実質24円はどんな仕組み?

2年後に端末を返却しなければ残価を分割で支払うことになり、結果的に24円にはなりません。

また、返却時に端末が故障している場合は別途費用が発生したり、損傷が激しい場合はプログラムが適用されず残債と同額の違約金が必要となったりするケースもあるので注意が必要です。

 

キャンペーン告知はないので、店舗をこまめにチェックしよう

これらのキャンペーンは繁華街にある店舗や土日祝日などで集客が見込める場合に実施されることが多いのですが、折込チラシなどでのキャンペーン告知はあまりありません。

店頭へ直接見に行かなければキャンペーン情報を知ることができないので、興味がある方は近隣店舗をこまめにチェックしてみてくださいね。

ただし!2023年12月に新たな値引き規制が施行されます。それによって1円・24円キャンペーンは今後なくなる可能性も…?

 

新たな値引き規制の施行で、1円・24円キャンペーンはなくなる?

新たな値引き規制の施行で、1円・24円キャンペーンはなくなる?

2023年12月27日より新たな値引き規制が施行されることに決まりました。それにより、スマホ1円・24円キャンペーンはなくなるのでしょうか。

 

「一括1円」キャンペーンはクリスマスがラストチャンス?

現在は「回線契約を条件とした割引」のみ上限が定められているため、「回線契約を条件としない割引」として大幅値引きを行うことで「一括1円」での販売が可能となっています。

しかし、新たな値引き規制では回線契約の有無にかかわらず、端末値引き価格が上限4万円に制限されることになりました。

そのため、端末の返却が不要な「一括1円」キャンペーンはクリスマスセールがラストチャンスになる可能性が高いのです。

 

「実質24円」はまだ続くかも?

一方、端末購入プログラムを利用した「実質24円」キャンペーンについては正直微妙なところです。

実質24円はどんな仕組み?で説明したとおり、「実質24円」での販売は、端末本体の値引き+端末返却による「残価額」の支払い免除で成り立っています。残価額を高く設定すれば、端末本体を大幅値引きする必要はありません。そのため、新たな規制の抜け道として今後も続いていくのではないかと予想されます。

しかし、残価額があまりにも高い場合は、割引とみなされ規制の対象となる可能性も…。24円キャンペーンを利用したいのなら、やはりクリスマスセールまでが確実ですね。

 

関連記事:ヨドバシカメラで機種変更!キャンペーン割引やポイント還元は?メリット・デメリットを解説

ヨドバシ 機種変更 キャンペーン
ヨドバシカメラで機種変更!キャンペーン割引や1円投げ売りは?|ポイント還元のメリット・デメリットを解説

続きを見る

関連記事:ヤマダ電機で行われているiPhone機種変更キャンペーンは?

ヤマダ電機で行われているiPhone機種変更キャンペーンは?|1円スマホや値引きセールの状況 アイキャッチ
ヤマダ電機で行われているiPhone機種変更キャンペーンは?|1円スマホや値引きセールの状況

続きを見る

関連記事:エディオンのiPhone機種変更キャンペーン&安く買う方法

エディオンのiPhone機種変更キャンペーン&安く買う方法|スマホ1円投げ売りはいつまで買える? アイキャッチ
エディオンのiPhone機種変更キャンペーン&安く買う方法|スマホ1円投げ売りはいつまで買える?

続きを見る

 

ケーズデンキでスマホを買ったらポイントは付く?

ケーズデンキでスマホを買ったらポイントは付く?引用:あんしんパスポートアプリ | ケーズデンキ

ケーズデンキには、そもそもポイント制度がありません。

その代わりにその場で現金値引きとなる会員サービス「あんしんパスポート」を利用することができます。

 

あんしんパスポートとは?

ケーズデンキの「あんしんパスポート」を利用すると、

  • 販売価格から現金値引きされる
  • 長期無料保証に自動加入できる
  • 商品リコール発生時には連絡がある
  • 過去に購入した商品の消耗品を調べてもらえる

などのサービスを受けることができます。

入会費・年会費無料の会員サービスなので、ケーズデンキを利用するならぜひ加入しておきましょう!

従来の紙カード以外にアプリもあります。アプリではクーポンも配信されているので、さらにお得に利用できちゃいますよ。

 

ケーズデンキの現金値引きはスマホも対象になる?

ケーズデンキの現金値引きはスマホも対象になる?

ケーズデンキではパソコン・スマホ・タブレットなど、一部商品は現金値引きの対象外となっているようです。

”※ パソコン本体、携帯電話、iPadなどのタブレット、Apple Watch 及びプリペイドカードなどの商品券類、
『日替り商品』『台数限定商品』『特別提供品』『指定価格商品』は対象外となります。”

引用:ケーズデンキあんしんパスポートご利用案内

残念ながらスマホは対象外なので、あんしんパスポートを利用した現金値引きは受けられません…

ただし、

  • 会員限定価格として、あらかじめ価格が安く設定されている
  • 他の家電との抱き合わせ購入で、家電側を大幅値引きしてもらえる

などのケースはあるようですよ。

※抱き合わせ値引きが受けられるかは、その時の状況や店員さんとの交渉次第な部分もあるようです。ダメもとで聞いてみるのはアリかと思います!

 

ケーズデンキでの機種変更にデメリットはあるか

交渉次第ではスマホが安く購入できるかもしれないケーズデンキですが、どうしても家電量販店ならではの注意点も存在します。

  • 事務手数料がかかる(3,850円)
  • 頭金が必要な場合がある(3,000~8,000円程度)
  • 手続きに時間がかかる(1~2時間程度)
  • 有料プランやオプションを勧められる

ケーズデンキは頭金不要の店舗が多いようですが、念のため購入前に店舗へ確認しておくことをおすすめします。これはケーズデンキに限ったことではなく、店頭でスマホを購入する場合はどこでも要注意ですよ!

 

ポイント

このような店頭購入のデメリットを解消できるおすすめの方法があります。

それはキャリアのオンラインショップから直接購入することです。

 

キャリアのオンラインショップなら頭金0円!

au・ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルで発売中

各キャリアのオンラインショップなら、店頭購入でのデメリットを解消してお得に機種変更ができますよ。オンラインショップのおすすめポイントを4つご紹介します。

おすすめポイント

  • 頭金がかからない(0円)
  • 3850円する事務手数料が無料(※auのみ事務手数料が必要)
  • 24時間受付、待ち時間は0分
  • 煩わしい勧誘を受けることがない

特に、頭金が0円になるのは大きなメリットです。店頭購入であれば機種代金にプラスして、

  • 頭金:相場は3,000~8,000円程度
  • 事務手数料:3850円

これだけの金額がかかります。合計すると1万円を超えるので結構な金額ですよね?

でもキャリアのオンラインショップなら余計な手数料は0円でOK!

機種本体の値引きがなくても、不必要な手数料を支払わなくていいのでオンラインショップの方がお得になることもありますよ。

\ 各キャリアのオンラインショップはこちら /

 

ケーズデンキで機種変更するとき必要なもの

ケーズデンキで機種変更するとき必要なもの

ケーズデンキでの機種変更に必要なものは、各キャリアショップで機種変更する場合と同じです。

  • 契約者の本人確認書類
  • 事務手数料(税込3,850円)
  • 端末購入代金(分割払いの場合は不要)
  • 現在使っているスマホ・携帯電話

他社から乗り換え(MNP)の場合は上記に加えて

  • 契約者名義のクレジットカード
  • MNP予約番号(事前に取得しておく)

本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカードなどが利用できます。詳しくは各キャリア公式サイトにてご確認ください。

※3大キャリアとも、健康保険証は本人確認書類としては受付不可となりました(未成年者除く)

 

ケーズデンキだと一部の手続きができない

ケーズデンキなどの家電量販店にあるのは、あくまでもキャリアの「代理店」です。そのため

  • オプションの廃止
  • 月額利用料の支払い方法変更・住所変更

といった手続きはケーズデンキではできません。

まとめての手続きを希望される場合は、キャリアショップで機種変更を行うようにしましょう。

 

データ移行はやってもらえる?

ケーズデンキの公式サイトでは、データ移行についての情報は確認できませんでした。

X(旧Twitter)では、「サービスでデータ移行してもらった」「データ移行の方法を教えてくれた」などの声がある一方、「データ移行はできないと言われた」との声も。店舗によって取り扱いが違う可能性が高いので、利用店舗へ直接確認してみましょう。

 

参考

※今回記事を執筆するにあたりケーズデンキについていろいろと調べたのですが、ケーズデンキは接客レベルが高いとの口コミが多かったです。データ移行以外にも不安なことがある場合は、気軽に相談してみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

ケーズデンキでは、時期や店舗によってiPhoneやAndroidを安く購入できるキャンペーンやセールを実施しています。しかし実質1円のような販売方法はケーズに限らず今後見られなくなるかもしれません。

またケーズデンキで機種変更する前に知っておきたいこととして

  • 「実質24円」のスマホは、2年後に返却しなければ24円にはならない
  • 携帯電話は現金値引きの対象にならなそう
  • 手数料(税込3,850円)がかかる可能性があるので要事前確認
  • 店舗によっては頭金がかかる(3,000~8,000円程度)
  • データ移行や初期設定は要相談
  • 一部の手続きができない

といったことが挙げられます。

スマホを返却前提にしても問題ないか・機種代金以外の費用は必要かを確認して、

  • トータル的に本当にお得なのか?
  • オンラインショップの方がお得にならないか?

などしっかりと判断して、お得に機種変更を行いましょう!

また価格比較の意味でも、キャリアのオンラインショップとどっちが安いか確認しておくのもおすすめ。Web限定のセールをやっていることもあるので上手に活用してくださいね。

\ 各キャリアのオンラインショップはこちら /

 

-iPhone・apple製品, 豆知識・コラム
-, , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.