ドコモ機種変更 頭金なしの2つの方法【料金・手数料で損しない】

投稿日:

ドコモショップ

ドコモ機種変更時の「頭金」で損しないために

ドコモショップやヨドバシカメラなどの家電量販店で携帯電話の機種変更をする際、必ず請求される「頭金」

そもそも、この「頭金」って一体何なのでしょうか?

ドコモの頭金については多くの方が誤解しているようですが、

最初に結論を言いますと、「ドコモの頭金は支払うだけ損」なんです。

残念ながら、頭金があるショップで機種変更をした時点で5,000円~10,000円ほど損しているというのは紛れもない事実。

今回は意外と知られていない、ドコモの頭金について解説をしてきます。

損せず機種変更をしたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ドコモの頭金について分かりやすく解説

一般的に「頭金」とは、商品を分割払いで購入するために一部金としての支払うお金を差します。

「最初に多く支払っておけば端末代が安くなる」と端末代金の一部として考えがちですが、ドコモの「頭金」に限っては私達の認識とは少し違いがあります。

まず、ドコモの場合は頭金をいくら払っても端末価格が減らないということを覚えておいて下さい。

例えば100万円の車を購入し頭金20万円を支払う場合、あなたが今後支払う金額は80万円になりますよね?

これが一般的な頭金の考え方です。

しかし、ドコモの頭金は、例えば10万円のスマホを購入し頭金1万円を支払った場合でも、あなたが今後支払う金額は10万円です。

そうなんです。ドコモの場合は頭金を払っても端末の価格からは1円も引かれず、この場合は合計11万円も支払う必要があるということになります。

ドコモの頭金は「ショップへの手数料」という考え方

なぜドコモの頭金はいくら払っても商品代金から差し引かれないのか?

それはドコモの頭金は「ドコモショップに対して支払う手数料」という考え方をしているからです。

あなたも今までにドコモショップでプラン変更の相談や操作方法の説明など、ショップスタッフに「無償」で対応をしてもらった経験はあるはず。

しかし、ドコモショップ側もそのスタッフさん達に毎月お給料を支払わなければならないので、本来は無償で対応をすることは出来ません。

ただ、プラン相談だけで相談料を取るわけも行かないので、機種変更や新規契約をしたお客さんから「頭金」とという形で手数料を徴収しているというカラクリです。

だったら素直に「手数料」という名前にしてもらったほうが、私達も混乱しない気がするのですが、そうすると今度は「事務手数料」との区別がつきにくくなるので「頭金」と呼んでいるようですね。

ドコモの「事務手数料」と「頭金」の違い

ドコモの事務手数料とは通信回線の契約に必要な料金で、頭金とは別に設定されているのがほとんどです。

頭金の金額は店舗ごとに自由に決めることが出来ますが、事務手数料はドコモが値段を決めているので全国一律で値段が決まっています。

機種変更の手続内容 契約事務手数料
「FOMA」→「Xi」または「Xi」→「FOMA」 3,000円
「Xi」→「Xi」または「FOMA」→「FOMA」 2,000円
用語解説

FOMA…3G通信対応の携帯電話のこと

Xi(クロッシィ)…4G(LTE)対応のスマートフォンのこと

上の表を見てもらえると分かりますが、事務手数料の金額は2,000円~3,000円の範囲で設定されています。

ドコモショップで機種変更をする場合は、頭金に加えて事務手数料の支払いが必要になりますのでご注意下さい。

頭金や事務手数料の支払いは拒否できない

ドコモの頭金はショップごとに定めれれている手数料。

事務手数料はドコモの回線契約に必要な費用のため、ドコモショップで機種変更をする際は基本的に「頭金」「事務手数料」の支払いを拒否することはできません。

また、ケーズデンキやビックカメラなどの量販店でドコモの端末に機種変更を場合も、上と同様の理由でこの「頭金」と「事務手数料」の支払いが必要となります。

ドコモ機種変更「頭金」の金額はショップにより異なる

ドコモの頭金はショップに対して支払う手数料なので、同じドコモショップ、同じ機種でも店舗によって頭金の金額は変わってきます。

頭金の相場としては5,000円から10,000円の範囲で設定しているところが多く、ショップに行くとこのような料金表に記載されてあることがほとんどです。

一部ショップでは、不人気機種や型落ち機種など在庫を早く消化したいモデルは「頭金0円」で出しているところもあります。

ちなみに、ドコモオンラインショップでは頭金が存在しないので、たとえ最新モデルを購入したとしても機種に関わらず頭金は0円です。

さらに事務手数料も0円なので、お得に機種変更をするならオンラインショップの利用がオススメですよ。

ドコモ機種変更の料金・手数料の支払い方法

ドコモショップで機種変更をする際、料金や手数料の支払方法は、

  • 現金
  • クレジット払い(一括)
  • ドコモ分割払い

の3種類から選ぶことが出来ます。

尚、溜まっているポイントは機種変更時に使うこともできますが、「携帯電話本体」または「付属品」にしか使えませんのでご注意下さい。

オンラインショップの支払い方法クレジットカード払いが基本

ドコモオンラインショップで機種変更をする場合は、クレジットカード払いが基本となります。

使えるクレジットカードは非常に多く「VISA」「マスターカード」「JCB」など、主要なクレジットカード会社発行のものであれば基本的にどれでも使えます。

尚、使用するクレジットカードをdカードにするだけで、毎月の携帯料金が最大10%割引になるのでかなりお得ですよ。

dカードは年会費が無料なのでこの機会に作っておきましょう!

【iPhoneもOK】ドコモ機種変更の頭金を0円にする2つの方法

ドコモで機種変更をする際に必ず発生する「頭金」と「事務手数料」。

少しでも安く機種変更をするために、この2つの手数料を0円にする方法を紹介します。

①「頭金0円」の店舗を探す

ドコモショップ

上でも挙げたとおり、「頭金」はショップごとに自由に金額を設定することができるので、ショップでは機種によって頭金を0円にしているものがあります。

頭金が0円になる機種の特徴としては、型落ちモデルや在庫が多いモデルなどいわば売れ残った機種が多く、最新機種の場合はキャンペーンなどが絡まない限り希望は薄いですね。

どの店舗に頭金0円の機種があるかは分かりませんので、1軒1軒店舗を周るか、ショップに電話をして確認するという膨大な手間がかかってしまうというデメリットはあります。

また、頭金が0円になっても事務手数料の支払いが必要になるため、効率の面を考えるとオススメの方法ではありません。

②ドコモオンラインショップなら頭金と事務手数料が無料

ドコモのオンラインショップでは、どの機種を購入しても頭金と事務手数料が0円となります。

最新のiPhoneでも手数料が無料になりますし、ショップに比べて在庫も豊富にあるので希望する機種やカラーをゲットしやすいのが特徴。

頭金や事務手数料の支払いが「ある」「なし」では、機種変更の価格が10,000円以上も変わってきますので、安く機種変更をしたい人はオンラインショップの利用がオススメですよ。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

キャンペーン① ドコモオンラインショップ限定では現在、 「SPECIAL特典」というキャンペーンを開催しています。
対象者は、ドコモオンラインショップでドコモ指定機種へ機種変更した人は全員3,000dポイントがもらえます。

最新のモデルも対象機種に含まれるので、これから機種変更をする方はチャンス!
 ドコモSPECIAL特典の詳細を見る
キャンペーン② ドコモオンラインショップの限定キャンペーンはもう一つ!
こっちは、型落ちモデルの機種変更がお得なキャンペーンです。
iPhone 7の在庫は残りわずかですので、恐らくこれが最後のチャンスになりそう。
人気モデルなので、気になる方は早めにチェックしておきましょう!
ドコモSPECIAL割引の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.