いつ?Huawei P30 Proドコモの発売日・予約開始情報!販売価格は10万超えの噂

Huawei P30Pro日本での発売前のリーク情報をまとめ

日本での発売が期待される、Huawei(ファーウェイ)の「P30 Pro」

P30シリーズとして「Lite」や無印の「P30」の発売は濃厚となっていますが、「P30 pro」の正式な発表は未だにありません。

Twitterなどでは、毎日のように数々の情報がリークされているので、現在までに噂されている情報をまとめました。

オンラインショップなら機種変更の頭金が「0円」
docomoオンラインショップこちら
auオンラインショップこちら
SoftBankオンラインショップこちら

Huawei P30 Proのスペック(仕様・機能)

これまでに分かっている「P30 Pro」のスペック・仕様・機能はこのようになっています。

OS Android9.0
ディスプレイ 6.5インチ有機ELディスプレイ
プロセッサ Kirin 980
メモリ 8GB/12GB(RAM)
ストレージ 128GB
カメラ 3,200万画素/光学ズーム10倍
生体認証 画面指紋認証
バッテリー容量 不明
本体サイズ 不明
重量 不明

防水・防塵機能やFeliCa搭載の有無は今のところ不明。電池パックの容量については近いうちに明らかになりそうです。

このスペック表を見て一番驚いたのがRAM(Random Access Memory)の容量

12GBという大容量は一般的なパソコンと同等のサイズなので、正直スマホにここまでのメモリが必要なのかは分かりませんが、これだけRAMが多いのであればサクサク快適に操作ができそうですね。

HUAWEI P30 Proの「ノッチ」はどっち?

SNSでリークされているレンダリング画像(CGのイメージ画像)では、様々なノッチ部分(インカメラの切れ込み)の形が見受けられます。

この中でも最有力なのが、インカメラをセンターに据えた「水滴小型」のノッチデザイン。

この他にもiPhoneXシリーズのようなノッチデザインや、レンズ部分だけ丸くくり抜いた「パンチホール型」のデザインも散見されました。

カメラレンズの数は3つ?4つ?望遠ズームレンズ搭載の噂も

P30 Proの前身となるP20 Proはカメラレンズを3つ搭載した「トリプルカメラ」が話題となりました。

当然ながら次のP30 Proにも「トリプルカメラ」が採用となることは濃厚なのですが、
噂では「クアッドカメラ(カメラレンズ4つ)」になるのでは?という話もあります。

また、ファーウェイのヴァイスプレジデントClement Wong氏の発言として、
「P30 proのカメラにはこれまでにはなかった何かがある」という意味深な発言を報じているいることから、もしかするとデジカメに搭載されるような物理的なズームレンズが搭載されるのでは?

という見解も出ています。

仮にスマホに望遠レンズが搭載されることができれば、確かにこれまでに無いカメラ機能となりますね。

↑P30 Proを使って望遠撮影されたと思われる月の画像。
写真の左下には「HUAWEI PRO」の文字が見えます。

Qi規格のワイヤレス充電も搭載?

P30 ProはP20 Proには搭載されていなかった、Qi規格のワイヤレス充電にも対応しそうです。

しかも、充電がカラカラの状態でも、30分の充電で85%まで急速チャージが可能とも言われております。

同じくファーウェイから発売されている「Mate 20 Pro」で好評だった、逆充電が使えるかは分かりませんが、更なるPシリーズの進化を体感できそうですね。

カラーバリエーションは3色で確定か?

これまでに確認できたP30 proのカラーバリエーションは3色。

何色と言っていいのかは不明ですが、レンダリング画像を見る限りでは「黒」「水色」「青」が確認できます。

また、Twitterにはレンダリング画像ではなく、P30 proの「実機」と思われる写真を発見!

何故か本体にBMWのシールが貼ってあるので(映り込み防止?)正確には分かりませんが、青系の本体カラーが見て取れます。

新カラー「サンライズレッド」の画像がリーク(NEW!)

【追記】2019年3月14日のツイートで新しい色の情報が出ました。

この色の名前は「サンライズレッド」というようで、どちらかと言うと「オレンジ」に近いカラーです。

ハイエンド端末にオレンジ系を採用するのはかなり珍しいと思いますが、それよりも私が気になったのは、端末の底が真っ平らなこと!

どうやらこれはスマホを立てて使う為に敢えてこの形状にしているようですが、「スマホを立てて使う時っていつ?」と思ってしまいます…汗

あと、この画像を見る限りでは、カメラレンズは3つで落ち着きそうですね。

最初は右の小さい黒丸もカメランレンズだと思い、「クアッドレンズきた!」と思いましたが、どうやらこれはToFセンサーのようです。

そして個人的に気になっていた「ノッチ」ですが、3月末に発表を控えているこの時期で変更が無いことを見ると、やはり「水滴型」になりそうです。

ファーウェイ P30 Proの価格はいくらになるのか?

Huaweiの最新技術が集結したスマホ「P30 Pro」ですが、やはり気になるのは販売価格ですよね。

現時点ではあくまでも噂レベルの情報ですが、P30 Proの販売価格は899ドル≒100,560円になりそうという見方が出ています。

まぁ、ファーウェイのハイエンドスマホなので10万円超えは想定の範囲内。

むしろ機能面も加味してiPhoneと比べると「思ったより少し安いかな?」と感じました。

メーカーからの正式な販売価格発表を待ちましょう。

Huawei P30 Proはドコモで発売はある?

今回ご紹介したHuawei P30 Proは、海外で発売されることはほぼ間違いないでしょう。

しかし、気になるのが日本での発売はあるのか?そして日本のキャリアはどこで取り扱うのか?という点だと思います。

 

ちなみに日本で発売がほぼ確定している、廉価版の「P30Lite」は2019年5月頃に日本で発売になる見込み。

キャリアは格安スマホのUQモバイルで発売される線が濃厚です。

 

ですが、ミドルレンジの「P30」と上位機種の「P30 Pro」の日本での発売日は未定。

現在ドコモではP20proを発売していますが、以前ニュースでも大きく報じられた「スパイ疑惑」の影響で、今後はドコモからHuawei製品を発売しないかも。という見方も出ています。

2019/3/14追記
Huaweiは2019年3月26日にフランスでイベントを開催することを発表。
当日は「P30 Lite」「P30」「P30 pro」などの新作スマホをお披露目するのでは?という期待が高まっています。
日本での発売もあるか?Huaweiの発表に注目ですね。

Huawei P30 Pro ドコモの在庫状況

※発売開始、情報が入り次第こちらに掲載致します。

Twitterでも最新のキャンペーン情報やクーポン発行情報を発信しています。
見逃さないためにも「スマホの賢者」アカウントのフォローをしておいて下さいね。

発売日が未定なP30 Proを待つよりもP20がオススメ!

これから正式発表を迎える「P30 Pro」ですが、現時点では日本で発売されるかどうかは不明です。

早ければ2019年の夏モデルとして登場するかもしれませんが、現実的には2019年の秋冬モデル。もしくは2020年にズレ込むことも十分にありえます。

発売日がいつになるか分からない新機種を待つよりも、現在発売されているHuawei P20 Proがオススメです。

P20 Proは「世界最高のスマホカメラ」と呼ばれ、いち早くトリプルカメラレンズを搭載した機種。

P20Proで撮影した写真はかなり美しく、しかも光学3倍/5倍のハイブリッドズームも付いているので、遠くの被写体でもキレイに残すことができます。

※HUAWEI P20 Proで撮影した画像↓※クリックで拡大

Photo:Teppei Hoshida tries HUAWEI P20 Pro

リークされたP30 Proのスペックと比較する限りでは、性能に大きな差もありませんし、発売当初よりも大幅に値下げをしているので今が狙い目ですよ。

しかも今ならドコモでは「月額サポート」と「オンラインショップSPECIAL特典」の併用ができるので、月々432円×24回=実質10,368円で機種変更ができます。

割引キャンペーンには期限がありますので、気になる方は早めにチェックすることをオススメします!

ドコモオンラインショップで「P20 Pro」の詳細を見る

まだドコモショップで機種変更しているの?

「少しでも安く機種変更をしたい」「お得に乗り換えをしたい」というドコモユーザーの方。

ドコモショップよりも、7,000円~13,000円も安く機種変更できる方法を知っていますか?

あまり知られていないのですが、ドコモにはオンラインショップというものがあり、スマホやパソコンからインターネット上で機種変更/新規契約/他社からの乗り換え(MNP)が出来るんです!

⇒ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップはドコモが運営するネットショップで、契約の変更だけでなく、最新のスマホやiPhone、アクセサリー、オプション品などを購入することができます。

店舗型のドコモショプとの大きな違いは、

オンラインショップは頭金と事務手数料を支払わなくてもいい

という点があります。

ドコモショップで機種変更や乗り換えを行った場合、必ず頭金(5,000円~10,000円)事務手数料(2,000円~3,000円)が発生します。

↓こんなやつです。

これは店舗型ドコモショップに対しての手数料なので、頭金を払ったとしても端末代金が安くなるわけではありません。

しかし、オンラインショップならこの頭金と事務手数料が無料

金額にすると7,000円~13,000円もお得になります。

店舗型のショップでは店員さんが対応するので手数料が発生するのは理解できますが、私達からしたら端末代金が安くならないのであれば払いたくは無いですよね。

現在開催中の限定キャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは端末代金が5,184円も安くなる「ドコモスペシャルキャンペーン」という限定キャンペーンを行っています。


キャンペーン期間:2019年2月1日(金)~2019年5月31日(金)

⇒キャンペーンの詳細はこちら

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショプ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を自宅にすれば、機種変更のたびにドコモショプで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショプや家電量販店まで行く時間・交通費・手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなるんです。

ただ、機種変更をするにあたり「初期設定やプランの変更などを教えてもらわないと不安だよ!」

という方もいると思います。/

その時はオンラインショップで端末を注文して、受取先を「ドコモショプ」にしましょう。

ドコモショプ受け取りにすれば、面倒な初期設定やプラン変更を相談できるけど、オンラインショップで端末を購入しているので頭金/事務手数料は無料になります。

仮に自宅で受け取っても後日ドコモショプに持っていけば、普段と同じサービスを受けることもできます。

下の漫画のほうが分かりやすいと思うので載せておきますね♪

引用:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップについて不安がある方は、メリット/デメリットをまとめた記事を作りましたので、こちらも確認してみてください。

⇒ドコモオンラインショップで機種変更をするメリットとデメリット

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショプに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている人は、ドコモのオンラインショップを使ったほうが絶対にお得ですよ!