本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

3万円から!中学生おすすめスマホ機種ランキング(iPhone・Android)|ドコモ・au・ソフトバンク

3万円から!中学生おすすめスマホ機種ランキング(iPhone・Android)|ドコモ・au・ソフトバンク アイキャッチ

中学生の入学・進級でスマホを購入するならコレ!必要なスペックは備えつつ価格の安い機種をご紹介。

  • スマホ=iPhoneじゃなきゃダメ?
  • Androidだとダサいってマジ?
  • どんな機能があると便利?

親世代からは見えない「ある部分」にも切り込んだ、おすすめ機種のランキングをまとめています。

中学生のスマホ選びのポイント

中学生のスマホ選びのポイント

中学生にスマホを持たせるのなら、どのような機種が良いのでしょうか。

機種選びのポイントを3つご紹介します。

では、それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

iPhoneか、Androidか?

Androidか、iPhoneか?

まずは大人がスマホを選ぶときと同様、iPhoneにするのかAndroidにするのかが問題となります。

これは好みの問題なのでどちらを選んでも良いのですが、迷ったならとりあえずiPhoneが無難かと思います。

(※理由は後述する中学生の間でAndroidは「ダサい」のか?で詳しく解説しています)

 

卒業まで使えるか?

卒業まで使えるか?

入学祝いで新しいスマホを買ってもらうという子が多いかと思います。スマホの買い替えサイクルは3年程度が一般的ですので、中学入学~卒業、高校入学~卒業というサイクルでの買い替えがおすすめ。

中学の途中で購入した場合は、そのまま高校卒業まで長く使える機種を選ぶのも経済的ですね。

 

機能制限をかけられるか?

機能制限をかけられるか?

中学生のスマホ選びで重要となるポイントは、機能制限をかけられるかどうかです。

初めて子どもにスマホを持たせるときには

  • ゲーム内課金などによる高額請求
  • 有害サイトへのアクセス
  • 不審者と繋がったり、トラブルに巻き込まれたりする

など心配が尽きませんよね。こういった危険から子どもを守るためにも、機能制限をかけられる機種を選んで活用するようにしましょう。

 

3万円台から!中学生におすすめのスマホ機種ランキング

では2024年1月現在、中学生におすすめのスマホ機種を5つご紹介していきます。

それぞれのスペックや特徴について簡単に解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.iPhone SE3

iPhone SE3

2022年3月発売のiPhone SE3は、コンパクトなサイズ感で根強い人気を誇るiPhone SEシリーズ最新モデル。小さいながらもパワフルな処理能力と数々の便利機能を備えています。

 

おすすめの理由

  • 6万円台で購入できるiPhone
  • コンパクトで扱いやすい
  • OSサポートが長いので当分使える

性能がそこそこで、すべてにおいて及第点。大人だとスペックに物足りなさを感じる方も多いかもしれませんが、はじめてスマホを持つ中学生にはピッタリの機種です。

小型機ゆえ他のiPhoneシリーズよりもバッテリー容量は小さめですが、かえって使い過ぎ防止になるので良いかもしれませんね。

iPhone SE3のスペック

機種名 iPhone SE3
本体画像 iPhone SE3
ディスプレイサイズ 4.7インチ
容量 64GB
128GB
256GB
本体サイズ 67.3×138.4×7.3mm
重さ 144g
メインカメラ 1,200万画素
フロントカメラ 700万画素
カラー ・ミッドナイト
・スターライト
・レッド
電池容量 2,018mAh

iPhone SE3は4大キャリアにて取り扱い中。カラーやGB容量によって一部品切れが出ているようなので、好みのカラーやGB容量があれば早めのチェックをおすすめします。

 

2.Google Pixel 7a

2023年5月発売のGoogle Pixel 7aは、Google「a」シリーズの最新機種。「a」シリーズは廉価版という位置づけですが、そうは思えないハイスペックさで大変コストパフォーマンスの高い機種となっています。

 

おすすめの理由

  • 6万円台の機種とは思えない性能の高さ
  • 消しゴムマジックやボケ補正など写真・動画の編集機能が充実
  • 価格の割に高級感のあるデザイン

カメラ性能や画像編集機能が優れているため、写真を綺麗に撮りたい若者からの人気が高いです。

見た目が上位機種のGoogle Pixel 7とよく似ていて高級感があるので、「自分のスマホだけ安っぽい…」と感じることもないでしょう。

Google Pixel 7aのスペック

機種名 Google Pixel 7a
本体画像
ディスプレイサイズ 6.1インチ
容量 128GB
本体サイズ 72.9×152×9.0mm
重さ 194g
メインカメラ 6,400万画素/1,300万画素
フロントカメラ 1,300万画素
カラー ・Coral
・Sea
・Charcoal
・Snow
電池容量 4,385mAh

Google Pixel 7aは3大キャリアにて取り扱い中。これまでドコモはPixelの取り扱いがありませんでしたが、こちらのPixel 7aから取り扱いが始まっています。

 

3.AQUOS sense8

2023年11月発売のAQUOS sense8は、AQUOS senseシリーズの最新機種。最新機能を備えながら6万円台で購入できるリーズナブルさが魅力です。

 

おすすめの理由

  • ブルーライトを約50%カットした新素材ディスプレイで目に優しい
  • 電池の劣化を抑える充電技術でバッテリー寿命が長い
  • 6万円台のミドル機としてはカメラ性能が高い

元々のバッテリー容量が大きい上に、3年間使っても電池寿命90%以上を保てる設計なので長く使うことができます。

ライトカッパーやペールグリーンなど、可愛らしいカラー展開があるのも嬉しいですね。

AQUOS sense8のスペック

機種名 AQUOS sense8
本体画像
ディスプレイサイズ 6.1インチ
容量 128GB
本体サイズ 71×153×8.4mm
重さ 159g
メインカメラ 5,030万画素
フロントカメラ 800万画素
カラー ・ペールグリーン
・ライトカッパー
・コバルトブラック
・ブルー※
(※ドコモオンライン限定)
電池容量 5,000mAh

AQUOS sense8はソフトバンクを除くキャリアにて取り扱い中。au、ドコモでは発売直後から販売ランキング上位をキープし続ける人気機種。今回もカラーによって欠品が出るかもしれないのでお早めに。

 

4.AQUOS wish3

2023年8月発売のAQUOS wish3は、AQUOS Wishシリーズの最新機種。senseシリーズよりも安価な最廉価グレードで、いわゆる「かんたんスマホ」に近いモデル。

 

おすすめの理由

  • 3万円台で購入できる
  • ジュニアモード搭載で初めてでも使いやすい
  • 大きすぎず中学生でも持ちやすいサイズ感

スマホゲームをする方には正直おすすめできないスペックですが、メールやネット検索などの普段使いをする分には困りません。

中学生の間は最低限の使用に抑えてほしいという場合にはおすすめの機種ですよ。

AQUOS wish3のスペック

機種名 AQUOS wish3
本体画像
ディスプレイサイズ 5.7インチ
容量 64GB
本体サイズ 70×147×8.9mm
重さ 161g
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
カラー ・グリーン
・ホワイト
・ブラック
・ピンク※
(※ワイモバイル限定)
電池容量 3,730mAh

AQUOS wish3はauを除くキャリアにて取り扱い中。大人から子ども・お年寄りまで誰にでも使いやすいスマホです。慣れたら普通のスマホのように使えるので、買い換えの必要がないのもお得ですね。

 

5.iPhone 14

iPhone 14は2022年9月発売のiPhoneスタンダードモデル。iPhone 15の発売により型落ち機種となったため、お得に購入できるチャンスも多いですよ。

 

おすすめの理由

  • 型落ちで値下がり傾向にある
  • ハイスペック機種
  • OSサポートが長いので当分使える

12~13万円のハイスペック機種なので、ハッキリ言うと中学生には高級品過ぎるかと思います。ただ高校卒業まで6年間使い続けるのであればコスパは悪くはないので、長く大切に使うことができる子にはおすすめ。

iPhone 14のスペック

機種名 iPhone 14
本体画像
ディスプレイサイズ 6.1インチ
容量 128GB
256GB
512GB
本体サイズ 71.5×146.7×7.8mm
重さ 172g
メインカメラ 1,200万画素
フロントカメラ 1,200万画素
カラー ・ミッドナイト
・スターライト
・レッド
・ブルー
・パープル
・イエロー
電池容量 3,279mAh

iPhone 14は4大キャリアにて取り扱い中。2024年1月現在は在庫がかなりタイトになっています。ここからは早い者勝ちになってくるのでまずはキャリア在庫を確認しておきましょう。

 

関連記事:【auのスマホデビュー】980円で子どもに携帯を持たせる方法

【auのスマホデビュー】980円で子どもに携帯を持たせる方法|スマホスタートプランを活用しよう アイキャッチ
【auのスマホデビュー】980円で子どもに携帯を持たせる方法|スマホスタートプランを活用しよう

続きを見る

関連記事:スマホデビューの割引プラン比較(au・ドコモ・ソフトバンク)

スマホデビューの割引プラン比較(au・ドコモ・ソフトバンク)|子どもの学割で大幅に安くなる方法! アイキャッチ
スマホデビューの割引プラン比較(au・ドコモ・ソフトバンク)|子どもの学割で大幅に安くなる方法!

続きを見る

 

中学生の間でAndroidは『ダサい』のか?

中学生の間でAndroidは『ダサい』のか?

iPhoneかAndroidか?で「迷ったときはiPhoneにしておくのが無難」とお伝えしました。

なぜiPhoneが無難なのでしょうか…実は、中学生の間では「Androidはダサい」という風潮があるようなのです。(※諸説あります)

NTTドコモモバイル社会研究所の調査(2022年)によると、中学生のスマホ所有率は76%。そしてスマホを所有する中学生のうち6割以上がiPhoneを所有しているそうです。

親や兄姉からのお下がりでiPhoneを使う子も多く、スマホ=iPhoneと考えている子も多いのだと思います。

 

なぜAndroidは不人気という風潮が広まっているのか?

しかし、iPhoneを使っている子が多いからといって「ダサい」とまで言わなくても…と思いますよね。どうして中学生にはAndroidは不人気なのでしょうか。

不人気の理由としては、

などが挙げられます。

 

1.iPhoneの話題に入れない

さきほど説明したとおりAndroid人口自体が少ないので、仲の良い友達がみんなiPhoneを使っているというケースも出てくるかと思います。そうなると「iPhoneの話題になると自分だけ話に入れない…」ということに。

大人ならそれほど気になりませんが、中学生だと友達の話題についていけないと嫌ですよね。

2.メッセージアプリの吹き出しの色が違う

iPhoneとAndroidでメッセージアプリの吹き出しの色が違う点も、不人気とされる理由の一つのようです。

iPhoneのメッセージアプリでやり取りをすると、吹き出しが緑になる場合と青になる場合があります。

メッセージアプリの吹き出しの色が違う引用:https://mobile.line.me/guide/article/0139.html

これは、

  • SMS(電話番号でのやり取り):緑
  • MMS(メールアドレスでのやり取り):緑
  • iMessage(Apple製品同士のやり取り):青

という違いによるものです。(実際には設定や電波状況などでApple製品でも緑になる場合もあります。)

メッセージアプリでグループを作ったとき、緑の吹き出しの人がいるとiMessageでのやり取りができません。そのため吹き出しが緑だとグループに入れてもらえない…というトラブルが起きるケースもあるようです。

3.文字・絵文字が違う

iPhoneとAndroidでは使える文字フォントや絵文字も違います。そのため、自分が送った絵文字がiPhoneを使っている友達にどう見えているのかがわかりません。

X(旧Twitter)でわかりやすく比較してくださっている方がいたので引用させていただきます。

  • 「かわいい絵文字のつもりで使っていたのに、実は全然かわいくなかった」
  • 「顔の絵文字が全然違ったから感情が伝わらなかった」

となることも…。

また、Instagramのストーリーでは投稿者が使った文字や絵文字がそのまま表示されます。iPhoneユーザーにとっては見慣れない文字や絵文字であることもあり、「Androidの文字や絵文字は変」と言われて恥ずかしい思いをすることもあるようです。

4.ケースやアクセサリの種類が少ない

iPhoneはケースやアクセサリの種類が圧倒的に多く、デザインも豊富です。

一方、Androidは種類が少なく、デザインも無難なものが中心。大人ならシンプルなもので十分だという方が多いと思いますが、中学生だとやっぱり好きなデザインを選びたいですよね。

5.airdropが使えない

iPhone同士であれば、写真を送信するときにairdropを使うことができます。

しかしairdropはiPhoneのみの機能なので、AndroidはLINEなど別の方法で送ってもらうしかありません。友達に余計な手間をかけさせてしまう上に、「あとで送るね」と言われてそのまま忘れられてしまうこともあるかもしれません。

 

Androidが不人気なのは、友達と同じことができないから

中学生にAndroidを積極的に欲しがらないのは、「友達と同じことができない」というのが大きいと思います。スペックや価格の問題ではありません。

さきほども紹介したNTTドコモモバイル社会研究所の調査(2022年)によると、iPhoneを所有している比率は男子より女子の方が高い傾向にあるそうです。おそらく女子の方が「友達と一緒」ということを重視している子が多いからではないでしょうか。

 

Android否定派の意見

ではここで、X(旧Twitter)で見つけたAndroid否定派の意見を見てみましょう。

「smsの緑文字」は、おそらく緑の吹き出しのことかと思います。緑の吹き出しや文字・絵文字の違いは、やはり嫌だと思っている方もいるようですね。

Instagramのストーリーに関しては、画質が悪くなるという意見も多かったです。

 

Android肯定派の意見

次は、Android肯定派の意見を見ていきましょう。

Android肯定派は「Androidの方がいい」というよりは「Androidでもいい」という方が多そうですね。

「中学生に高額なスマホを持たせるのは良くない」「本人の意向次第」といった意見が見られました。

 

関連記事:子どもにスマホ、何歳から持たせる?買ってから後悔しないために

子どもにスマホ、何歳から持たせる?買ってから後悔しないために|小学校から持つデメリット&よくあるトラブル アイキャッチ
子どもにスマホ、何歳から持たせる?買ってから後悔しないために|小学校から持つデメリット&よくあるトラブル

続きを見る

 

結局、中学生のスマホはiPhoneか?Androidか?

ここまで中学生におすすめのスマホや、Androidがダサいと言われる理由について解説してきました。

では結局、中学生にはiPhoneとAndroidどちらを持たせるべきなのでしょうか。

親子ともに特にこだわりがないのなら、やはりiPhoneが無難かと思います。

 

無難なのは、やはりiPhone

無難なのは、やはりiPhone

Androidを使っているという理由だけで、

  • iPhoneの方が友達を作りやすかった?
  • ひょっとしてAndroidで恥ずかしがってる?

と心配になるくらいなら、多数派のiPhoneを選んでおく方が安心でしょう。

入学してから購入する場合、友達がどんなスマホを使っているかによって機種を選んでも良いかもしれません。お子さんの希望をぜひ聞いてあげてください。

また、校則でスマホを学校に持っていけない場合は特にこだわる必要はないかもしれませんが、

  • iMessageが使えない
  • 文字・絵文字が違う

などは、自宅で使う場合にも問題となるので注意しましょう。

 

iPhoneは高額。できるだけお得に購入しよう!

友達との兼ね合いや本人の希望を大事にしてあげたい…でも、そうは言ってもiPhoneはやはり高額ですよね。

iPhone SE3なら6万円台で購入できますが、「小さい」「ホームボタンがダサい」などと言われることもあるようです。(大人だとそこが良くてSEシリーズを選ぶ人も多いのですが…。)

iPhoneを購入するときは、

  • 型落ちモデルを選ぶ
  • 値下げキャンペーンを活用する

などの方法で、できるだけお得に手に入れるようにしましょう!

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

【知らないと大損】
スマホの支払総額はオンラインが安い事実

意外と知られていませんが、携帯ショップや家電量販店で機種変更している人は損してるかもしれません。

なぜなら、スマホ本体代金のほかに『頭金』を取られることがあるから。

au頭金直営店以外のショップは『頭金』が発生するケースが多い!

頭金は地域により異なりますが、3,000円台~10,000円台。

実はこれ、

『本体代金の一部』ではなく

『本体代金に上乗せ』されています。

スマホ 頭金

つまり頭金をいくら払っても分割残金は減りません。

車や家の頭金と同じに考えると、結果的に多くのお金を支払うことになるので注意しましょう!

 

なんでオンラインの方が安くなる?

オンラインショップでスマホを購入すると、上記の分割払い時の頭金がかかりません

単純計算で、頭金の分だけ無条件で安くなるんですね。

例えばauオンラインショップならこんな感じ。

↓↓↓↓↓↓↓

※iPhone15のauオンラインショップ価格:2024年2月15日調べ

これを知っているだけで、店頭価格と比べて1万円以上の差がつくこともあるんですよ。

【iPhoneも Androidも 頭金0円】
auオンラインショップの価格を見る >>

 

auオンラインショップ8つのメリット

auオンラインショップ最大のメリットは、頭金0円なのでショップより安く機種変更ができること。

7つのメリット

  1. 分割払いの頭金が"0円"になる
  2. 『5G機種変更おトク割』で5,500円OFF
  3. 『スマホトクするプログラム』で実質激安に
  4. 午前11時45分まで注文で当日お届け(※)
  5. オンライン限定スペシャルセールがある
  6. オンライン限定のキャンペーンがある
  7. Web乗りかえなら最大22,000円OFF

(※)対象地域内。地域はこちらからご確認ください

オンラインなら自宅で全部完結。
(ポチって待ってるだけでOK)

リラックスしながら好きなだけダラダラ迷っていいんです。

思わぬ機種が安くなってたりするので、店舗にない掘り出し物が見つかるかも?

auオンラインショップは何ができる?徹底解説

 

どーーーしてもやり方がわからない!という時は、

WEBチャットサポートが対応してくれますし、ショップで有料の『店頭設定サポート』があります。

とりあえずオンラインやってみて、わからない時はショップで聞けばいいやという気軽な感じでいいんです。
(※有料サポートを使っても頭金より安いですし)

想像よりずっと簡単なので、使わないと勿体ないですよ!

↓↓↓ 2024新機種モデル入荷中 ↓↓↓

24時間手続き可能・見るだけでもOK

 

-スマホ比較
-, , , , , , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.