本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

イオンモバイルのメリット・デメリット。店舗があるのは大きな強み|支払方法がクレカしかないので確認を

イオンモバイルのメリット・デメリット。店舗があるのは大きな強み|支払方法がクレカしかないので確認を アイキャッチ

PR:LINEMO、ahamo

イオンモバイルは長年にわたり存在していますが、その評価はどうでしょうか?

一般認知度が高いショッピングモールブランド・イオンが背後にいることで信頼感がありますが、「格安SIMとして本当に良いのか?」という疑問も持たれるかもしれません。

本記事では、イオンモバイルの基本的な情報から、メリットとデメリットまで詳しく解説します。

イオンモバイルとは?

イオンモバイルは、皆さんもご存じの通り全国展開している大型ショッピングモール「イオン」が提供する格安SIMサービス。2014年にスタートした格安SIM市場の老舗で、今でもその人気を保っています。

その特徴として真っ先に挙げられるのが、実店舗でのサポート体制。

新たなサービスやプランに対して、直接話して教えてほしい・理解しやすく解説してほしいというニーズに対応するため、店舗にて相談や手続きが可能になっています。

またイオンモバイルは他の格安SIMと比べて大々的なキャンペーンは少ないのですが、それは家族向けのサービスに力を入れているからです。

家族全員で一緒に利用することで特典を享受できるプランが豊富に用意されていますよ。

 

イオンモバイルのメリット

イオンモバイルのメリット

イオンモバイルは店舗ネットワークを生かしたサービスだけでなく、痒い所に手が届く料金プランや安定した回線も魅力。

  1. 料金は格安SIMの中でも安い方
  2. 余ったギガは翌月末まで繰り越せる
  3. 全国のイオン店頭で申し込みができる
  4. イオンネットスーパーで使えるクーポンがもらえる
  5. ドコモ回線かau回線の好きな方を選べる

1つずつ解説していきます。

 

①料金は格安SIMの中でも安い方

イオンモバイルは、1GB刻みに細分化されたデータ容量による料金設定。一人一人の使い方に合わせて無駄のないプランを選ぶことができます。

まず、「音声プラン」の料金設定を見てみましょう。

音声プラン

さいてきプラン
容量 月額料金(税込)
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
さいてきプランMORIMORI
容量 月額料金(税込)
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円
やさしいプラン(60歳以上限定)
容量 月額料金(税込)
0.2GB 748円
3GB 858円
6GB 1,188円
8GB 1,408円

音声プランは主にお一人様向けで、ご覧のように1GB単位でかなり細かく刻んで無駄なく節約できます。もっと使いたい!という人は10GB刻みの『MORIMORI』があります。ほかの格安SIM業者はもっと大雑把な区分けしかしていないので、こちらもうれしいですね。

さらに60歳以上の方限定で「やさしいプラン」も提供されています。通話や簡単なネット利用程度であれば、これが最もコストパフォーマンスが良い選択となります。プランの容量も細かく設定されており、無駄なく利用することができますよ。

 

シェアプラン

※下記料金+利用人数に応じた追加料金(2人目・3人目:220円、4人目・5人目:440円)となります。

さいてきプラン
容量 シェア月額料金(税込)
1GB 1,188円
2GB 1,298円
3GB 1,408円
4GB 1,518円
5GB 1,628円
6GB 1,738円
7GB 1,848円
8GB 1,958円
9GB 2,068円
10GB 2,178円
さいてきプランMORIMORI
容量 シェア月額料金(税込)
20GB 2,288円
30GB 3,388円
40GB 4,488円
50GB 5,588円
やさしいプラン(60歳以上限定)
容量 シェア月額料金(税込)
3GB 1,188円
6GB 1,518円
8GB 1,738円

「シェアプラン」は基本のプラン料金に220円を追加するだけで、もう一人利用者(SIM)を追加することができます。(4人目・5人目の利用はさらに220円追加)

例えば、5GBプランが1,628円なら、追加220円で合計1,848円となり、二人で5GBを共有することができます。

このプランでは最大で5人まで追加(+1,320円)して利用することができ、無駄なくデータ容量を活用することが可能ですよ。

このほか、ネット利用だけに特化した「データプラン」もあります。これは音声通話が不要な人向けのプランで、「音声プラン」よりも200〜300円程度安く利用することができます。

これらの点から見ても、イオンモバイルの料金設定は格安SIMの中でも非常に手頃な部類に入ることがわかります。ユーザーのライフスタイルや使用量に合わせて、最適なプランを選ぶことが可能ですよ。

 

②余ったギガは翌月末まで繰り越せる

イオンモバイルでは余ったデータ量が自動的に翌月まで繰り越されるという、非常にユーザーフレンドリーなシステムを採用しています。

これにより、データの無駄を減らし、コストパフォーマンスを高めることが可能となります。何より申し込みなどの手続きも必要なく、自動的に繰り越し処理が行われるのが便利ですね。

もし「シェアプラン」を選択している場合、家族間で余ったデータ量を分け合うこともできますよ。

 

③全国のイオン店頭で申し込みができる

イオンモバイルの一つの大きな魅力は、全国のイオンの店舗で申し込みが可能であるという点です。

格安SIMの提供業者の中には、店舗を持たないところも多く、直接手続きを行う機会が少ないのが現状です。しかし、イオンモバイルならではの故障修理対応や、店員さんによる分かりやすいフォローもありますよ。

  • 初めての格安SIM利用する方
  • 初めての乗り換えを考えている方

にとっては、手続きの不安を解消できる大きなメリット。店舗申し込みならば、スタッフと直接対話しながら自分にぴったりと合ったプランを選択できますよね。

イオンモバイルではスマホとSIMカードをセットで契約すれば、その場で利用可能な状態のスマホを手に入れることができます。初期設定の手間を省けますし、初めてスマホを触る人にも優しいサービス。

 

④イオンネットスーパーで使えるクーポンがもらえる

イオンモバイルは、そのキャンペーンもまた非常に魅力的。利用者に対してさまざまな形での特典を提供し、よりお得にサービスを利用できる環境を整えています。

以下のツイートのような感じで、クーポンが配布されますよ!

https://twitter.com/AEON_MOBILE/status/1664829375165104128

 

⑤au回線かドコモ回線かの好きな方を選べる

イオンモバイルは大手キャリアから提供される信頼性の高い回線を利用しているため、通信の安定性と範囲が特徴。

具体的には

  • au回線
  • ドコモ回線

をサービス提供エリアとしています

もし、両キャリアのどちらかの端末をお持ちであれば、そのままイオンモバイルに乗り換えて利用することも可能です。料金はどちらのキャリアも同じとなっています。

キャリアの通信エリア人口カバー率は99%以上と非常に広範囲にわたるため、大変な山奥や離島など特別な場所以外なら『繋がらない』という心配はぼありません。通信速度についても心配無用で、動画視聴やゲーム、SNSでもストレスを感じることは少ないでしょう。

また高速通信のON/OFF機能も搭載されていて、データ容量を節約しながら使うことも可能です。

 

イオンモバイルのデメリット

メリットの多いイオンモバイルですが、キャリアに慣れている人はちょっと戸惑うことがあるかもしれません。

  1. 端末代金が高い
  2. 通信速度が遅くなることがある
  3. キャリアメールを引き継げない
  4. 料金プランが細かすぎる
  5. 支払方法が限られている

中にはデメリットというほどのものではない点もありますが、注意点として挙げておきます。

 

①端末代金が高い

イオンモバイルでは、通信プランに申し込む際に同時にスマホの購入も可能ですが、その取り扱い端末はキャリアほど充実していません。

●種類が少ない
取り扱いのある最新機種の数はそれほど多くないのが現状です。最新のスマホを手に入れたい場合、メーカーや他の携帯電話会社から直接購入することが推奨されています。

ただし、その際には必ず事前に該当の機種がイオンモバイルに対応しているかどうかを確認しましょう。一部の機種はイオンモバイルのネットワークに対応していない可能性があるためです。

●値段がやや高い
他の格安SIM提供業者と比較すると、イオンモバイルでは端末の価格がやや高めに設定されている傾向にあります。また、取り扱いのある機種の中にはやや旧式のものも含まれています。

最新の機能を備えたスマホを求めるユーザーは、これらの点を考慮に入れて選択する必要があります。

 

②通信速度が遅くなることがある

イオンモバイルの平均下り速度は50Mbpsを超える高速な通信が可能ですが、実際の利用環境によっては速度が遅くなることがあります。

特に影響を受けやすいのが、利用する場所や時間帯です。場所によっては電波状況が悪いため通信速度が低下することがあり、また時間帯としては昼間や夜間など、多くの人がインターネットを利用する時間帯は通信速度が遅くなりやすいとされています。

これは格安SIM全般に言えることで、大手キャリアのユーザーが多い時間帯は速度制限を受けることがあるためです。そのため、動画視聴などのデータ通信が重い作業を行う際は、時間帯をずらすなどの工夫が必要かもしれません。

③キャリアメールを引き継げない

イオンモバイルへの乗り換えを考えている方の中には、現在のキャリアのメールアドレスをこれからも引き続き使いたいと考えている方もいるでしょう。しかしイオンモバイルでは、キャリアメールの引き継ぎは基本的にサポートされていません。

具体的には、docomoやau、SoftBankなどのキャリアで提供されているメールアドレスをイオンモバイルに直接移行することはできません。したがって、これまでのキャリアメールアドレスを活用して通信を行いたい場合、各キャリアが提供するメールアドレス持ち運びサービスを利用する必要があります。

各キャリアの「メールアドレス持ち運び」のサービスは以下のとおり。

キャリア サービス
au auメール持ち運び
ドコモ ドコモメール持ち運び
ソフトバンク・ワイモバイル メールアドレス持ち運び
楽天モバイル 楽メール持ち運び

 

④料金プランが細かすぎる

イオンモバイルは、その料金プランの細かさがユーザーにとっては一見メリットのように思えますが、一方で「どのプランを選んだらいいのか迷ってしまう」というデメリットもあります。

特に、データ容量が1GB単位で細かく設定されているため、自分のスマホの利用状況に最適なプランを見つけるのが難しい場合があります。

さらに、一部のユーザーからは、「無制限の使い放題プランがないのが不便」という声も聞かれます。データを気にせずに利用したい方にとっては、やはりこの点がデメリットとなり得ます。

 

⑤支払方法が限られている

イオンモバイルの利用料金の支払い方法はイオンマークの付いたクレジットカード、VISA、JCB、マスターカードのみ利用可能という点です。つまり、これらのクレジットカードを持っていない方は新たに作成する必要があります。

口座振替による支払いは受け付けていません。イオンのクレジットカードを持っていない人や、口座振替を主な支払い手段としている人にとっては、少々不便な面があります。

 

⑥キャリア決済ができない

格安SIMの中にはキャリア決済(毎月の利用料金とまとめて他のサービスの料金を支払う方法)ができない会社がいくつかあります。

イオンモバイルも残念ながらキャリア決済に対応しておらず、その都度支払方法を選ぶことになります。管理しやすくするためにも、月額料金の支払いに設定したイオンカードを事前に紐づけておくのがおすすめ。

 

関連記事:格安スマホのデメリット。知らないと後悔する10個の注意点

格安スマホのデメリット。知らないと後悔する10個の注意点|オンライン手続きが苦手な人はおすすめしません アイキャッチ
格安スマホのデメリット。知らないと後悔する10個の注意点|オンライン手続きが苦手な人はおすすめしません

続きを見る

 

イオンモバイルがおすすめな人・やめておいた方がいい人

イオンモバイルのメリット・デメリットをそれぞれ挙げてきました。料金プランがかなり細かく設定できる反面、そこまでシビアに気にしていない人にとっては煩わしさを感じるかもしれません。

またSIM乗り換えとともに機種変更もしたい人にとって、最新スマホの取り扱いの少なさ・値段の高さは気になります。自分で端末を用意すれば問題ありませんが、面倒な部分もありました。

それでも、店舗で様々な手続きができるのは大きな魅力。またシェアプランをうまく活用すればファミリー利用で大幅なコストダウンができるのは間違いないでしょう。

 

イオンモバイルがおすすめなのは?

イオンモバイルが特におすすめなのは、以下のような方々です。

  • 近くにイオンがある人
  • 対面サポートを受けたい人
  • 料金を安くしたい人
  • 家族でシェアプランを使いたい人
  • ギガをあまり使わない人

 イオンモバイルは全国のイオン内で手続きができ、専門のスタッフが丁寧にサポートしてくれます。初期設定や契約手続きなど、一人で行うには難しい作業も店舗スタッフがサポートしてくれます。

またデータ容量ごとに非常に細かく料金が設定されているので、自分の使い方に合わせてプランを選べば無駄なくお得に利用できます。シェアプランなら家族や友人とデータ容量を共有できるので、一人で全てのデータを使い切ることがないという方におすすめです。

通話やメール、Web閲覧程度であれば、少ないデータ容量でも十分に利用することが可能です。

 

イオンモバイルの詳細はこちら

 

イオンモバイルをやめておいた方がいい人は?

一方、イオンモバイルを避けた方が良いのは、以下のような方々です。

  • ギガ容量を気にせず使いたい人
  • 対面サポートが不要な人
  • いつでも安定した高速通信を重視する人
  • 端末代金に敏感な人

イオンモバイルなどの格安SIMは、大手キャリアと比べて込み合う時間帯に通信速度が遅くなりがち。大量のデータを使いたい、動画視聴やオンラインゲームを頻繁に行う方には不向きかもしれません。

通信速度の安定性を最優先に考える方は、ahamopovoLINEMOなどキャリアのサブブランドも視野に入れてみてください。

特に店舗で対面サポートを必要としない、自分でプラン選びや初期設定を行いたいという方は他の格安SIM業者でも同等のサービスを受けられる場合があります。

 

関連記事:ドコモからahamoにする致命的なデメリット!知らないと後悔

ドコモからahamoにする致命的なデメリット!知らないと後悔|機種変更と乗り換えの順番がめんどくさい アイキャッチ
ドコモからahamoにする致命的なデメリット!知らないと後悔|機種変更と乗り換えの順番がめんどくさい

続きを見る

関連記事:povoのデメリット・不便な点・後悔まとめ!失敗したくない人へ

povoのデメリット・不便な点・後悔まとめ!失敗したくない人へ|メリットあるが注意点も アイキャッチ
povoのメリットデメリットまとめ!失敗・後悔したくない人へ|データ量を把握できている人には超おススメ

続きを見る

関連記事:LINEMOのメリットとデメリット。知らないと後悔することも

LINEMOにして後悔する前に。知っておくべきデメリット9つ|乗り換えてメリット多いのはこんな人 アイキャッチ
LINEMOにして後悔する前に。知っておくべきデメリット9つ|乗り換えてメリット多いのはこんな人

続きを見る

関連記事:IIJmio(みおふぉん)ってどう?メリット6つとデメリット5つ

IIJmio(みおふぉん)ってどう?メリット6つとデメリット5つ|料金重視&家族で乗り換えならおすすめ アイキャッチ
IIJmio(みおふぉん)ってどう?メリット6つとデメリット5つ|料金重視&家族で乗り換えならおすすめ

続きを見る

関連記事:知らないと後悔!mineo(マイネオ)のメリット・デメリット

知らないと後悔!mineo(マイネオ)のメリット・デメリット|6つの注意点を把握しておこう アイキャッチ
知らないと後悔!mineo(マイネオ)のメリット・デメリット|6つの注意点を把握しておこう

続きを見る

 

\ 端末をお得に購入したい場合はこちら /

 

有名な格安SIMをざっくり比較(料金順)

有名な格安SIMをざっくり比較(料金順)

  1. 1GB~3GBの料金順
  2. 3GB~10GBの料金順
  3. 10GB~20GBの料金順
  4. 20GB~の料金順

で見やすくタブ分けされています。普段のデータ使用量と照らし合わせてご参照ください。

※家族割・シェア割は加味しておりません。ご家族で乗り換えを検討中の方は、各サービスサイトにてお得な割引情報をご確認ください♪

①1GB~3GBの料金順②3GB~10GBの料金順③10GB~20GBの料金順④20GB~の料金順

サービス名 データ量:料金 対応回線
NUROモバイル ロゴNUROモバイル ~3GB:792円
ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ロゴIIJmio ~2GB:850円
~5GB:990円
ドコモ
au
LINEMO ロゴLINEMO ~3GB:990円 ソフトバンク
povo ロゴpovo2.0 1GB:390円
3GB:990円
au
楽天モバイルのロゴ楽天モバイル ~3GB:1,078円 楽天
JCOMモバイル ロゴJ:COMモバイル ~1GB:1,078円
~5GB:1,628円
au
イオンモバイル ロゴイオンモバイル ~1GB:858円
~2GB:968円
~3GB:1,078円
ドコモ
au
mineo ロゴmineo ~1GB:1,298円
~5GB:1,518円
ドコモ
au
ソフトバンク
UQモバイル ロゴUQモバイル 1GB以下:2,277円
~4GB:2,365円
au
ワイモバイル ロゴY!mobile ~4GB:2,365円 ソフトバンク
ahamo ロゴahamo ~20GB:2,970円 ドコモ

※上部タブ切替で大容量プランの料金を比較できます。

サービス名 データ量:料金 対応回線
NUROモバイル ロゴNUROモバイル ~5GB:990円
~10GB:1,485円
ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ロゴIIJmio ~5GB:990円
~10GB:1,500円
ドコモ
au
イオンモバイル ロゴイオンモバイル ~5GB:1,298円
~10GB:1848円
ドコモ
au
mineo ロゴmineo ~5GB:1,518円
~10GB:1,958円
ドコモ
au
ソフトバンク
JCOMモバイル ロゴJ:COMモバイル ~5GB:1,628円
~10GB:2,178円
au
楽天モバイルのロゴ楽天モバイル ~20GB:2,178円 楽天
povo ロゴpovo2.0 ~20GB:2,700円
au
LINEMO ロゴLINEMO ~20GB:2,728円 ソフトバンク
ahamo ロゴahamo ~20GB:2,970円 ドコモ
UQモバイル ロゴUQモバイル ~15GB:3,465円
※トクトクプラン
au
ワイモバイル ロゴY!mobile ~20GB:4,015円 ソフトバンク

※上部タブ切替で大容量プランの料金を比較できます。

サービス名 データ量:料金 対応回線
イオンモバイル ロゴイオンモバイル ~20GB:1,958円 ドコモ
au
IIJmio ロゴIIJmio ~15GB:1,800円
~20GB:2,000円
ドコモ
au
楽天モバイルのロゴ楽天モバイル ~20GB:2,178円 楽天
JCOMモバイル ロゴJ:COMモバイル ~20GB:2,178円 au
mineo ロゴmineo ~20GB:2,178円 ドコモ
au
ソフトバンク
NUROモバイル ロゴNUROモバイル ~15GB:1,790円
~20GB:2,699円
ドコモ
au
ソフトバンク
povo ロゴpovo2.0 ~20GB:2,700円
au
LINEMO ロゴLINEMO ~20GB:2,728円 ソフトバンク
ahamo ロゴahamo ~20GB:2,970円 ドコモ
UQモバイル ロゴUQモバイル ~20GB:3,278円
※コミコミプラン
au
ワイモバイル ロゴY!mobile ~20GB:4,015円 ソフトバンク

※上部タブ切替で低価格プランの料金を比較できます。

1GBあたりの金額で順に並べています。

サービス名 データ量:料金 対応回線
楽天モバイルのロゴ楽天モバイル ~無制限:3,278円
※1GBあたり算出不可
(最安)
楽天
ahamo ロゴahamo ~100GB:4,950円
※1GBあたり49.5円
ドコモ
povo ロゴpovo2.0 ~60GB:6,490円
※1GBあたり約108円
~150GB:12,980円
※1GBあたり約87円
au
NUROモバイル ロゴNUROモバイル ~40GB:3,980円
※1GBあたり約99円
ドコモ
au
ソフトバンク
イオンモバイル ロゴイオンモバイル ~30GB:3,058円
~40GB:4,158円
~50GB:5,258円
※1GBあたり約105円
ドコモ
au
ワイモバイル ロゴY!mobile ~30GB:5,115円
※1GBあたり約170円
ソフトバンク
IIJmio ロゴIIJmio
※データ追加購入
ドコモ
au
JCOMモバイル ロゴJ:COMモバイル
※データ追加購入
au
mineo ロゴmineo
※データ追加購入
ドコモ
au
ソフトバンク
LINEMO ロゴLINEMO
※データ追加購入
ソフトバンク
UQモバイル ロゴUQモバイル
※データ追加購入
au

※上部タブ切替で低価格プランの料金を比較できます。

-格安スマホ・SIM
-, , , , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.