本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

au Certified(認定中古品)のiPhone実際どう?|型落ちリユース品のメリット・デメリット

au Certified(認定中古品)のiPhone実際どう?|型落ちリユース品のメリット・デメリット アイキャッチ

最近のiPhoneは10万円越えが当たり前ですが、中古のiPhoneなら格安。キャリアでも認定リユース品として発売され、auは『au Certified』という名前で売られています。

でも認定品とはいえ中古ですから実際どうなの?というのが本音ですよね。

この記事では、「au Certified」の品質や、購入時の注意点などをまとめました。iPhoneをお得に購入したい方は、ぜひご一読ください!

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは
人気モデル激安セール開催

auマネ活プラン加入で最大27,500円OFFの大幅値引!ラストセールの可能性があるので狙っていた人はお早めに。
※各機種の割引適用条件はこちら

 

さらに人気の実力派モデルが
最大11,000円OFFセール開始

『5G機種変更おトク割』で5,500円割引+『スペシャルセール』適用で11,000円割引となります。在庫限りとなる可能性高いのでお早めに!

【au Online Shop スペシャルセール】
対象機種&詳しい条件はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 開催中のキャンペーン一覧 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年7月1日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

 
 

au Certified(au認定リユース品)とは?

au Certified(au認定リユース品)とは?

au Certified(エーユーサーティファイド)は、auが定めた基準をクリアした高品質なリユース(中古)スマホ。

『認定中古』ならではのポイントとして

  • バッテリー残量80%以上を検査済み
  • データ完全初期化済み
  • 30日間の無償交換保証
  • auの安心補償サービス同時申込可能

が挙げられています

中古品だと目に見えない動作不良が心配ですが、その点をキチンと埋められるよう専門業者の厳しい品質検査が行われています。

 

au CertifiedのiPhoneラインナップ

2024年4月現在、au Online Shopで購入できる認定中古品iPhoneは以下のとおり。

機種 容量
iPhone 13 Pro 128GB
256GB
iPhone 13 128GB
256GB
iPhone 13 mini 128GB
256GB
iPhone 12 Pro 128GB
256GB
iPhone 12 64GB
128GB

※2024年4月22日現在。最新の取り扱い状況は公式ショップにてご確認ください。

一部機種では、カラー欠品が始まっています。過去機種で欲しい色があったという人は、無くなる前に早めに押さえておきましょう。

【auオンラインショップ】
認定中古iPhoneの在庫を探す >>

 

au CertifiedにiPhone13 miniが登場!

au CertifiedにiPhone13はある?

2024年3月1日から、待望の小さいアイフォン『iPhone 13 mini』の取り扱いが始まりました!

近年は巨大化する一方のiPhone。小さい機種が欲しいけどSEじゃ物足りない、でもminiの在庫が手に入らない…と困っていた人も多いのでは。

ただし認定リユースの在庫は流動的。一部カラーでは早くもカラー欠品が始まっているので、逐一チェックしておきましょう!

 

au Certifiedには割引制度がある!

au Certifiedには割引制度がある!

au Certifiedは、オンラインショップ限定で最大5,500円の割引を実施中!

au Certified 機種変更おトク割の対象機種

  • iPhone 13 128GB/256GB
  • iPhone 13 Pro 128GB/256GB
  • iPhone 13 mini 128GB/256GB
  • iPhone 12 64GB/128GB
  • iPhone 12 Pro 128GB/256GB

ただでさえ安い認定リユース品がさらに安くなるチャンス。一部在庫切れも始まっているのでお早めに!

\ au認定リユース 5,500円OFF! /

 

au Certifiedのメリット・デメリット

au Certifiedのメリット・デメリット

au認定品とはいえ『中古』です。普通に新品と機種変更するのに比べてどのような違いがあるでしょうか。

メリット

良い点をざっと簡単にまとめると

メリット

  • 新品よりかなり安く買える
  • 分割払いができる
  • 品質は一定水準以上
  • 初期不良の心配をしなくていい
  • 大手キャリアが販売する安心感

最大のメリットは安いこと、そして分割払い可能なこと。例えばiPhone 12 Pro 128GBは発売当時117,705円でしたが、au Certifiedなら75,600円と約35%OFFになっています。

 

デメリット

悪い点をざっと簡単にまとめると

デメリット

  • ちょっと使用感がある
  • Appleの認定整備製品ではない
  • 付属品は同梱されない
  • 在庫が不安定
  • 機種のみ購入は不可(要回線契約)

デメリットは在庫が不安定なこと。下取りや返却プログラムで回収されたiPhoneを整備して販売しているので、安定供給は難しいようです。また付属品も同梱されていません。

 

実際、使用感はどうなの?

中身が大丈夫!と言われても手垢まみれ、傷だらけだったら嫌ですよね。

公式ページにはサンプル写真が公開されています。

引用:au Online Shop|au Certified

確かに使用感は若干あるものの、許容範囲かと思います。
(ケースを利用すればほぼ見えなくなるので)

ここでランクについても紹介されています。

  • au Certified
    …軽微な傷や汚れなどがあるが、比較的良い状態のもの
  • au Certified Premium
    …目立つ傷がなく非常にきれいな状態

外観の状態がとても良いものは『Premium』扱いとなり、価格差がつきます。

ランクはGB数・カラーを選ぶときに一緒に選択できるので、どれくらい価格差があるか?ちょっとの傷なら妥協できるか?検討しながらチェックして下さいね。

 

30日間の無料保証がある

30日間の無料保証がある

au Certifiedで購入した機種は、万が一機能不良があった場合に30日間無料で交換してもらえる『保証』が付いています。

起動しない・SIMカードを認識してくれない・タップしても反応しない・明らかに大きな傷がある…といった中古スマホならではの初期不良は無料交換保証を利用することができます。

ただし、以下に該当する場合は保証対象外となるのでお気を付けください。

交換できない症状

  • バッテリー消耗
  • 落下等による外観破損/水濡れ/ウイルス感染等が認められる場合
  • 改造や加工に伴う故障(本体/ソフトウェアを含む)
  • 製造番号(IMEI)が確認できない場合(紛失・盗難の場合も保証対象外となります)
  • 傷や汚れなど商品の外観が理由の場合
    ※ご購入の前に、auオンライショップの製品詳細ページにて商品外観に関する説明事項をご確認ください
  • 経年劣化(自然消耗による外装傷、液晶の画面焼け、ピクセル抜け、等)による症状
  • ご申告症状が再現されない場合
  • 端末性能、OSバージョンによる不具合症状(画面静止やアプリ誤作動等)
  • 料金プランや契約内容を理由とした機能不良によらない場合
  • 操作性など機能不良によらない場合 ※お客様都合による場合

簡単に言うと使い始めてから付いたキズや、もともとの本体性能による不具合は保証できませんというもの。これは新品でも同じですね。

 

au CertifiedでiPhoneを買う前の注意点

au CertifiedでiPhoneを買う前の注意点

新品に負けない品質、そしてリユース品ならではの安さが魅力のau Certified。とはいえ注意点がいくつかあります。

  • 付属品が同梱されていない
  • auショップでは購入できない
  • 回線契約がないと購入できない
  • 基本的に『在庫限り』

購入前に把握しておきましょう。

 

付属品が同梱されていない

新品のiPhoneを購入すると、充電のために使用するライトニングケーブルや簡単なマニュアルが付属します。

しかしau Certifiedにはこれらの充電ケーブル・アダプター・イヤホンなどは付属しませんので、手元にある旧機種の周辺機器は処分せず取っておきましょう。

 

auショップでは購入できない

au Certifiedを購入・契約できるのは、auオンラインショップのみ。

auショップ店頭や家電量販店では購入できません。

 

回線契約がないと購入できない

au Certifiedは端末だけ購入することができません。

すでにauやUQモバイルを利用中ならそのまま機種変更で購入できますが、もし他社回線を使っている場合は新規契約・または乗り換えをしなければいけません。

 

基本的に『在庫限り』

前述のとおり、au Certifiedは下取りやスマホトクするプログラムで回収した機種を整備して販売しています。

そのため在庫がどうなるかは『返却状況次第』になります。欲しい機種が欲しいタイミングで残っていればラッキー!もし品切れの場合はこまめに在庫を覗いてみて下さいね。

【auオンラインショップ】
認定中古iPhoneの在庫を探す >>

 

 

au Certifiedはどんな人におすすめ?

au Certifiedはどんな人におすすめ?

au Certifiedは『中古品』という性質上、誰にでもおすすめできるわけではありません。しかし

  • 安ければ最新モデルじゃなくてもいい
  • その辺の中古販売店だと不安

という方なら是非一度チェックしてみる価値はあると思います。

そもそもiPhoneの寿命は3年~5年と言われていますし、メーカーであるAppleも一人目のユーザーから譲渡や転売されることを前提にして作っているようです。

iPhone12

またiPhone自体が大きく進化していないのもau Certifiedを選ぶメリット。スペックのわりに年々値上がりしてますし、あえて最新モデルを選ぶ必要がないなら『状態のいい過去モデル』でも十分でしょう。

ここまでをまとめてau Certifiedがおすすめな人は

  • 現状のスペックで特に問題なく使えている人
  • 価格に見合うものを賢く取り入れたい人
  • 信頼できるキャリアから購入したい人

もともとiPhone自体が高スペックなので3~4世代前でも現在で十分通用します。

賢く活用できる人ならau Certifiedはかなりおトクな選択肢ですよ!

\ au認定リユース 5,500円OFF! /

 

関連記事:auでiPhone安く買う6つの方法【機種変更の値段安くなる】

auでiPhone安く買う6つの方法【機種変更の値段安くなる】

続きを見る

関連記事:iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?

iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?|購入日からどれくらい経過したか調べる方法 アイキャッチ
iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?|購入日からどれくらい経過したか調べる方法

続きを見る

関連記事:auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)

auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)|適用条件と手順を確認しておこう アイキャッチ
auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)|適用条件と手順を確認しておこう

続きを見る

-au, iPhone・apple製品
-, , , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.