ドコモFOMAはいつまで使える?修理対応終了で困る前にやること

更新日:

ドコモのFOMA(フォーマ)とiモードはいつまで使える?

ドコモは2016年冬にFOMA用ガラケー(iモード携帯)の新規製造・開発・販売終了を発表しています。

加えて「FOMA」と「iモード」のサービスを2026年3月31日に終了すると発表しました。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第3世代移動通信方式の「FOMAR」および携帯電話からインターネットやメールを利用できるサービス「iモードR」を、2026年3月31日(火曜)に終了いたします
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/10/29_00.html

つまり、今使っているFOMA専用ケータイは仮に故障しなくても、2026年4月1日から通話もメールもできなくなります。

数年後には確実に機種変更を行う必要があります。

操作に慣れるためにも今のうちに「4Gケータイ」または「スマートフォン」への買い替えを検討しておきましょう。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

2026年3月以降もFOMAを使い続けたらどうなるのか?

ドコモがサービスの停止が発表したため、2026年4月1日からは通話・メール・ネット接続などの機能が一切使えなくなります。。

今使っているFOMA端末はそのまま持ち続ける事が可能なので、電話帳や画像、メールの内容は消えずに残ります。

つまり、電源は入るけど電話として使えない。という状態になります。

今使っているFOMAの契約がどのような扱いになるのか?は公式に発表されていません。

が、過去のmova(ムーバ)からFOMAへ移行した時の状況を振り返ると、恐らく今使っているFOMAの契約は「解約扱い」になると予想されます。

解約扱いになると、今使っている電話番号も変わる可能性があるので、引き続きいまの電話番号を使い続ける場合は、早めに機種変更をしたほうが安心です。

2026年4月から使えなくなるFOMA(ガラケー)機種

ドコモでは2016年の時点ですでにFOMA端末の新規生産を終了。

いまはどこのドコモショップ・家電量販店でもFOMA接続専用・iモード接続ができる携帯電話機の販売を行っていません。

2026年3月31日のサービス終了で使えなくなる機種は「3G専用機」で、3G+4G(LTE)対応の端末であれば、FOMAサービスが終了してもそのまま4G回線を使うことができます。

サービス終了で利用できなくなるモデルの見分け方

FOMAサービス終了に伴い、利用できなくなる端末をここに挙げるとキリがありませんので、使えなくなる端末を「見分けるポイント」を紹介します。

見分ける一つのポイントとしては、2015年の冬モデルまでに発売されたガラケーを現在も使っている方は注意が必要です。

また、現在加入しているドコモのプランで「FOM向けAプラン」に該当する場合は、FOMA専用機を利用している確率が高いです。

FOMA向けプラン一例

・バリュープラン
・ベーシックプラン
・パケ・ホーダイ ダブル(FOMAパケット定額サービス)
・パケ・ホーダイ フル
・パケ・ホーダイ シングル
・Biz ホーダイ
・パケットパック(FOMA)

現在、これらのプランに加入中の方は2026年3月31日のサービス終了時点で携帯電話が使えなくなる可能性があるので、必ず確認をしておきましょう。

>>「Mydocomo」で契約内容を確認する

「iモード」関連サービスも2026年4月から利用不可に

FOMA端末利用者の多くが「iモード」を利用していると思いますが、以下のサービスは2026年3月31日で利用が出来なくなります。

使えなくなるサービス

・iモード専用サイト
・iモード検索
・iチャネル
・iモードメール
・デコメール
・iモーションメール
・iモードメールPlus
・iアプリ

どのサービスがどのタイミングで終了になるかは発表されていませんが、利用できなくなって困るサービスがあれば、念の為ドコモに問い合わせたほうが安心です。

>> 近所のドコモショップを検索する

FOMAの修理対応期間はいつまで?

携帯電話の修理対応期間は各メーカーによって定められており、発売から4年~6年で対応終了となるのが一般的です。

ドコモの場合、FOMA端末として最後に発売されたのが富士通のarrowsケータイ(F-05G)で、2020年8月末にサポート期限が切れます。

自分が持っている携帯電話の修理サポート期限を確認しやすいよう、メーカー別で一覧表を作りました。

パナソニック

モデル名 発売日 修理対応期間
P-01H 2015年11月27日 2020年8月まで
P-01G 2014年11月7日 2019年8月まで
P-01F 2013年10月25日 2018年9月まで
P-01E 2012年11月3日 2019年8月まで
P-03D 2011年12月7日 2018年9月まで
P-06C 2011年7月29日 2018年9月まで
P-05C 2011年7月15日 修理受付終了
P-04C 2011年6月29日 修理受付終了
P-02C 2010年11月12日 修理受付終了

SHARP

モデル名 発売日 修理対応期間
SH-06G 2015年6月26日 2019年9月まで
SH-07F 2014年6月13日 2019年9月まで
SH-03E 2012年12月14日 2020年3月まで
SH-05D 2012年2月9日 修理受付終了
SH-03D 2011年12月10日 修理受付終了
SH-11C 2011年5月27日 2018年9月まで
SH-10C 2011年5月27日 修理受付終了
SH-02C 2010年11月26日 修理受付終了

NEC

モデル名 発売日 修理対応期間
N-01G 2014年11月13日 2021年3月まで
N-01F 2013年11月27日 2019年5月まで
N-01E 2012年11月14日 2019年12月まで
N-02D 2011年12月16日 2018年8月まで
N-03D 2011年12月9日 2019年2月まで
N-05C 2011年6月25日 修理受付終了
N-02C 2010年11月18日 修理受付終了
N-01C 2010年11月12日 修理受付終了

富士通

モデル名 発売日 修理対応期間
F-05G 2015年6月19日 2020年8月まで
F-07F 2014年5月23日 2019年10月まで
F-01E 2012年11月10日 2020年1月まで
F-06D 2012年1月20日 修理受付終了
F-04D 2012年1月13日 2018年10月まで
F-02D 2011年11月11日 2018年8月まで
F-11C 2011年6月30日 2019年1月まで
F-09C 2011年6月24日 修理受付終了
F-10C 2011年6月4日 修理受付終了
F-05C 2011年2月18日 修理受付終了
F-04C 2011年1月19日 修理受付終了
F-02C 2010年11月27日 修理受付終了

その他のメーカー

モデル名 発売日 修理対応期間
L-10C 2011年8月3日 修理受付終了
CA-01C 2011年7月16日 修理受付終了
L-01C 2010年12月22日 修理受付終了

FOMAから買い替えでスマホデビューするならこの機種!

今後ドコモで電話・メール・ウェブサイト利用などが一切できなくなる日がいずれやってきます。

早めに「FOMA/3G」モデルの携帯電話から、「4G/LTE/Xi/5G」対応のガラケーかスマホに買い替えをオススメします。

ただ、現在発売されれているモデルは非常に多いため、「どれを選んだら良いの?」と迷うはず。

ここではFOMA利用者が使いやすいモデルを厳選して紹介していきます!

折りたたみ式のスマホ&4Gケータイ

これまで二つ折りのケータイを使っていた方は、二つ折りの携帯電話のほうが慣れ親しんでいると思います。

4G携帯やスマホでも二つ折りのモデルがありますので紹介しますね。

arrows ケータイ(F-03L)

 arrows ケータイ F-03L

arrows ケータイ(F-03L)は富士通製のスマートフォン。

慣れ親しんだ二つ折り形状をしていますが、こう見えてもれっきとした「スマホ」です。

タッチパネルではなく物理キーを採用しており、10キーやメールボタンの配置は今までと同じ。機種変更をしたその日から違和感なく使い始めることができると思います。

ポイント

・3.4インチ大型ディスプレイ
・最大輝度モードで屋外でも見やすい
・大きな文字
・人混みの中でも声が聞き取りやすい
・防水・防塵性能あり
・価格:31,680円~

>>arrows ケータイ(F-03L)の詳細を見る

AQUOSケータイ(SH-02L)

AQUOSケータイ SH-02L

「いきなりスマートフォンは敷居が高い」と感じている方は、4Gタイプの「AQUOSケータイ(SH-02L)」がオススメです。

FOMA回線から4G回線を使うという部分は違いますが、それはあくまでも内部の話。基本的な使用感や操作方法はFOMAとほぼ同じです。

スマホではないのでLINEやアプリを入れることはできませんが、ワンセグ、おサイフケータイなどFOMAで慣れ親しんだ機能はそのまま引き継ぐことができます。

ポイント

・800万画素のカメラ搭載
・防水・防塵性能あり
・重量わずか125g
・ワンセグ対応
・おサイフケータイ対応
・価格:31,680円~

>>AQUOSケータイ(SH-02L)の詳細を見る

SH-03L

SH-03LはSHARP製の折りたたみ式ケータイ。最大の特徴はカメラが無いということ。

「携帯電話にカメラやテレビは不要」という方は、このモデルが適しています。

防水・防塵性能やおサイフケータイは利用できるので、メイン機としても十分に問題なく使うことができます。

上の「SH-02L」よりも機能が少ない分、1,600円ほど安く購入できます。

ポイント

・カメラ、ワンセグ非搭載
・防水・防塵性能あり
・本体重量124g
・おサイフケータイ対応
・価格:30,096円~

>> SH-03Lの詳細を見る

FOMAから一体型のスマホデビューするなら

FOMAから機種変更をきっかけに「どうせなら一体型のスマホを!」という方も多いと思います。

スマホは自分の好きなアプリを入れたり、高画質のカメラ撮影を楽しんだり、無料でテレビ電話をしたりと、FOMAやガラケーよりも多くのことができます。

その分、初めての人では使いこなしにくい機能があったり、必要以上のスペックを持った機種を選んでしまったりする危険性もあります。

ということで、ここでは「スマホ初心者が使いやすい一体型のスマホ」を紹介していきますね。

「かんたんモード」搭載のスマホ

初めてのスマホとして選ぶなら「かんたんモード」を搭載したスマホを選びましょう。

「かんたんモード」が使えるスマホは複数ありますが、特にオススメなのが「Galaxy A20(ギャラクシーエー20)」です。

Galaxy A20

この機種の最大の特徴は驚くほど端末の価格が安い点で、端末の値段はなんと21,384円

これはドコモで現在販売しているスマホの中でも最安値

価格は安いですが、おサイフケータイや防水・防塵機能などスマホとして必要最低限の機能はしっかりと果たしています。

また、電池の持ち時間が長いのも魅力で、無充電でも約140時間は使い続けることが可能です。

iPhoneデビューするなら「SE」がオススメ

iPhone SE

FOMAユーザーでも「iPhone」というスマホは耳にしたことがあるはず。

iPhoneは毎年1~2回新モデルが発売されますが、日本を含め世界中にユーザーが多い人気の機種です。

「初めてのスマホはiPhoneが良い」という方は、2020年4月に発売されたばかりのiPhone SEがオススメです。

iPhone SE2

最近は発売されるたびに大きくなっていくiPhoneですが、ユーザーの熱望を受け小型で使いやすいiPhoneが再販されました。

小さいiPhoneは使いやすいだけでなく、価格も手頃なので発売当初から爆発的に売れている超人気機種です。

シニア向けなら「らくらくスマートフォン me」

らくらくスマートフォン me

シニアの方が持つスマホでオススメなのが、シニア向けに作られた「らくらくスマートフォンme」です。

ガラケーでもらくらくフォンを使っていた方が多いと思いますが、らくらくスマートフォンは画面に表示される文字やボタンが大きく、簡単な操作で使えるスマホです。

初めてスマホに機種変更すると、どうしてfも画面タップの操作に慣れるまでに時間がかかるもの。

らくらくスマートフォンは、画面をタップした時にバイブが動作したり、少し長めに押さないと反応しないなど、初めての人でも直感的に使える仕様になっています。

ドコモのスマホ講習を活用する

ドコモでは初めてスマホを持つ方に向けて、分かりやすいガイドブックやドコモショップでのスマホ教室を開催しています。

スマホで分からないことがあれば気軽に相談でき、スタッフの方が親身にサポートしてくれます。

遠方に住む息子・娘に頼らずにスマホが使えるのでトラブルがあった時も安心ですね。

>> ドコモはじめてのスマホあんしんガイド

FOMAからスマホに乗り換えできるお得なキャンペーン

ドコモではFOMAからスマホに乗り換える方に向けたお得なキャンペーンを複数展開しています。

スマホからスマホへの機種変更などには使えない限定キャンペーンなので、あくまでもFOMA(ガラケー)からスマホに機種変更する方が利用できます。

はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」はガラケーからスマホへ変更する方向けの割引サービスです。

対象料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」で、いずれの場合も月額基本使用料から毎月1,000円が最大12ヵ月間割引されます。

「ギガホ」と「ギガライト」の違いは、月に使えるデータ量がいくらまでか?だけです。

外出先でインターネットや動画をたくさん見る方は「ギガホ」、家にWi-Fi回線があり外では動画などを見ない方は従量制の「ギガライト」がおすすめです。

>> 「はじめてスマホ割」の詳細を見る

はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポート

これまでガラケーを使っていて、今回初めてスマホデビューする方は「はじめてスマホ購入サポート」の割引が使えます。

ガラケーから対象スマホへの切り替えで、機種代金が最大20,000円(税抜)の割引となります。

割引額は購入機種によって異なりますので、機種変更前に必ず確認をしておきましょう!

>>「はじめてスマホ購入サポート」の詳細を見る

おしゃべり割60

おしゃべり割60

「おしゃべり割60」は60歳以上で初めてガラケーからスマホに乗り換える利用者向けの割引サービスで、音声通話のオプションが最大12カ月間、月額700円割引になります。

上で紹介した「はじめてスマホ割」と、この「おしゃべり割60」を併用すれば、合計で最大で1,700円も安く使い始めることができます。

スマホに乗り換えるならキャンペーンを利用できる今がお得ですよ。

>> 「おしゃべり割60」の詳細を見る

端末購入割引

「機種変更」「新規契約」「のりかえ(MNP)」時に対象機種の購入で、機種代金が5,500円~22,000円の割引(税込)となります。

上で紹介した、初めてスマホを持つ方にオススメのスマホも割引ラインナップに含まれていますので、機種変更前に割引額を確認しておきましょう!

>>割引対象機種と割引額を見る

ドコモキャンペーン
【知らないと損】ドコモオンラインショップ割引キャンペーン│2020年6月

FOMAからの乗り換えはオンライン購入がお得!

ショップや家電量販店で機種変更するよりも、オンラインショップを利用するのが圧倒的にお得です。

頭金や事務手数料が0円なので、ドコモショップよりも安く機種変更をすることができますよ。

これまでオンラインショップを使ったことが無い方は、この機会に一度使ってみてはいかがでしょうか?

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ
いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.