【最新2020】ドコモ人気スマホランキング!いま機種変更するなら

更新日:

2020年docomoスマホ人気ランキング

【最新版】ドコモ人気機種売り上げランキング BEST10

※2019年12月27日 15:00更新

順位 機種名 販売価格 割引価格 実機レビュー
1 iPhone 11 Pro 126,720円~
(3,520円×36回)
84,480円
(3,520円×24回)
こちら
2 AQUOS sense 3  31,680円
(880円×36回)
こちら
3 Xperia 5  87,912円
(2,442円×36回)
58,608円
(2,442円×24回)
こちら
4 Galaxy S10  90,288円
(2,508円×36回)
60,192円
(2,508円×24回)
こちら
5 Galaxy Note10+   121,176円
(3,366円×36回)
80,784円
(3,366円×24回)
こちら
6 Xperia Ace  49,896円
(1,386円×36回)
7 Galaxy A20  21,384円
(594円×36回)
8 arrows Be3 34,056円
(946円×36回)
9 AQUOS R3  90,288円
(2,508円×36回)
60,192円
(2,508円×24回)
こちら
10 Google Pixel 3a  46,728円
(1,298円×36回)
こちら

オンラインショップ限定キャンペーン開催中!

ドコモオンラインショップ ウェルカムキャンペーン

ドコモオンラインショップでは、オンラインショップを初めて利用する方を対象に、5,000円~22,000円割引(dポイント付与)の太っ腹なキャンペーンを開催中です。

上で紹介した人気の機種も全て対象機種に含まれています。お得に機種変更するチャンスですよ!

キャンペーン開催期間:2019年12月17日(火)~2020年1月31日(金)
キャンペーン特設サイトドコモ ウェルカムキャンペーン

2019-20年ドコモ冬春モデルの人気ランキング

現在ドコモでは数多くのスマホが販売されていますが、スマホを選ぶ基準は人それぞれ。

どのスマホを選んだら良いか?と悩んでいる方は以下の5点を参考にしてみてください。

  •  操作性:毎日使うものなので使いやすいのが一番!
  •  バッテリー持ち:最近は2~3日持つのは当たり前。一週間充電不要のモデルもあり
  •  デザイン・色:好みじゃない機種は持つのもストレスに。妥協は禁止!
  •  画面の大きさ:映画・ゲームなど用途に合わせて。
  • カメラの性能:人物・風景・食事を高画質でキレイに撮影できる。

ここではドコモで発売された、2019年の秋冬~2020年春モデルで人気の機種をランキング形式で紹介していきます!

順位 機種名 特徴
1 iPhone 11 Pro iPhone初の3レンズカメラ搭載。最新のチップセットを搭載で動きもサクサク♪
2 AQUOS sense 3 一週間充電不要!驚異のバッテリー持ち。貴重な国内メーカー・モデル
3 Xperia 5 人気の縦長スマホが使いやすい!音質もいいので映画視聴にも最適。
4 Galaxy Note10+ 収納式のSペン付属でメモ取りがスムーズ!実はカメラが高性能。
5 Galaxy A20 2万円台で買える超低価格モデル。コンパクトサイズで初めてのスマホにも最適

1位:iPhone 11 Pro(Apple)

堂々の一位に輝いたのは、AppleのiPhone 11 Proです。

私もメイン機として使っているのですが、特にカメラの性能が素晴らしく「広角」「望遠」「ポートレート」撮影が非常にキレイです。

発売日 2019年9月20日
ディスプレイサイズ 6.5インチ
本体サイズ 158.0 × 77.8 × 8.1(mm)
重量 188 g
カメラ 1,200万画素 トリプルカメラ
プロセッサ A13 BIONIC
バッテリー iPhone XS Maxより最大5時間長い駆動時間
ストレージ 64GB、128GB、256GB
メモリ 6GB
価格 84,480 円~
POINT!○ トリプルカメラで撮影がキレイにできる
○ バッテリー持ちが大幅に向上
○ 操作性が良く大容量ゲームもサクサク
× 指紋認証が無くなった
× 重量があるので片手操作が疲れる
スマホ賢者
紛れもなく歴代iPhoneの中で最高モデル。欲しい機種が決まっていなければ選んでおいて間違いない機種じゃ。
ドコモオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
auオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
Softbankオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら

2位:AQUOS sense3 SH-02M(SHARP)

アクオスセンス3

貴重な国内ブランド「SHARP」の最新モデルとして登場したAQUOS sense3(アクオスセンス3)

本体価格も3万円台と非常に手頃なので、初めてのスマホとして持つのにもオススメです!

発売日 2019年11月1日
ディスプレイサイズ 5.5インチ
本体サイズ 147×70×8.9(mm)
重量 167g
カメラ 1,200万画素 標準・広角カメラ
プロセッサ Snapdragon 630
バッテリー 4,000mAh
ストレージ 64GB
メモリ 4GB
価格 31,680円
POINT!○ 一週間充電不要。圧倒的なバッテリー持ち
○ 重量は167gと非常に軽い
○ 価格が安いのでエントリー機として最適
× メモリー消費の多い3Dゲームには不向き
× カメラ性能は並

AQUOS sence3 radar chart
radar chart:価格.com
スマホ賢者
4,000mAhのバッテリーを搭載しているだけあって電池持ちの良さには圧巻。3万円台で買えるコスパ最高のスマホじゃ!
ドコモオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
auオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら

3位:Xperia 5 SO-01M(SONY)

続いたのはソニーのXperia 5(エクスペリア5)です。

前モデル(Xperia 1)で衝撃的なお披露目となった、縦に長い「シネマワイドディスプレイ」を継承し、よりコンパクトサイズになったXperiaが人気を集めています。

発売日 2019年11月1日
ディスプレイサイズ 6.1インチ
本体サイズ 158×68×8.2(mm)
重量 164g
カメラ トリプルカメラ(標準・超広角・望遠)
プロセッサ Snapdragon855
バッテリー 3,140mAh
ストレージ 128GB
メモリ 6GB
価格 87,912円
POINT!○ スリム型なので片手でも持ちやすい
○ 映画館のスクリーンと同じ21:9のアスペクト比
○ 有機ELディスプレイが驚くほどキレイ
× 指紋認証が反応しない時がある
× デザインは好みが分かれる

Xperia 5 radar chart
radar chart:価格.com
スマホ賢者
前モデルXperia 1よりも小さく片手での操作も楽々。映画やゲームなどエンタメ向けのハイエンドスマホじゃ!
ドコモオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
auオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
Softbankオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら

4位:Galaxy Note10+ SC-01M(SAMSUNG)

SAMSUNG電子から発売された、Galaxy Note10+(ギャラクシーノート10プラス)は根強いファンが多くいるNoteシリーズの最新モデル。

付属のSペンを使ってメモをしたり絵を書いたりできるのはもちろん。離れた場所から遠隔操作でカメラ撮影ができるなど、Sペンを使って様々なアクションができます。

発売日 2019年10月18日
ディスプレイサイズ 6.8インチ
本体サイズ 162×77×7.9(mm)
重量 197g
カメラ クアッドカメラ(標準・超広角・望遠・Tof)
プロセッサ Snapdragon855
バッテリー 4,300mAh
ストレージ 256GB
メモリ 12GB
価格 121,176円
POINT!○ ロック画面からでも瞬時にメモが取れる
○ 4つのカメラレンズで高画質の撮影可
○ メモリ12GB搭載のモンスタースマホ
× 本体重量は約200グラムと重い
× 価格が高い

Galaxy Note10+radar chartradar chart:価格.com
スマホ賢者
国内スマホでは初となる4つのカメラレンズを搭載したモデル。写真・動画が驚くほどキレイに撮影できるぞい。
ドコモオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
auオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら

5位:Galaxy A20 SC-02M(SAMSUNG)

SAMSUNGからもう1機種のGalaxyがランクイン。Galaxy A20(ギャラクシーエー20)の最も大きな特徴はズバリ「低価格」。

2.1万円で買えるスマホは、現在ドコモで発売されているすべてのスマホの中でも最安値で、シンプルなモデルを求めている方には最適です。

発売日 2019年11月1日
ディスプレイサイズ 5.8インチ
本体サイズ 150 × 71 × 8.1(mm)
重量 151g
カメラ 800万画素
プロセッサ Exynos 7884B
バッテリー 3,000mAh
ストレージ 32GB
メモリ 3GB
価格 21,384円
POINT!○ 月594円で機種変更できる圧倒的な低価格
○ バッテリー持ちが長い
○ 無駄を一切排除した究極の「シンプルスマホ」
× 低スペックなので高性能を求める人には不向き
× 本体の保存領域が32GBしかない(SDカード使用可)

radar chart:価格.com
スマホ賢者
スマホは電話とメール(LINE)カメラ撮影ができれば充分!という方にピッタリのスマホ。価格が安いので学生やシニア世代にも人気のモデルじゃ。
ドコモオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら
auオンラインショップ ⇒ 在庫情報はこちら

ドコモ「価格が安い」スマホランキングBEST5

順位 機種名 販売価格 発売日
1 Galaxy A20 21,384円
(594円×36回)
2019年11月1日
2 AQUOS sense3 31,680円
(880円×36回)
2019年11月1日
3 iPhone XR 50,160円
(2,090円×24回)
2018年10月26日
4 arrows NX 51,216円
(2,134円×24回)
2017年12月8日
5 iPhone 11 58,080円
(2,420円×24回)
2019年9月20日

現在ドコモで販売されている機種の中で、最も低価格のスマホはSAMSUNGの「Galaxy A20」です。

10万円台のスマホが多く発売されている中、新品なのに2万円代で買えるスマホはこの機種だけ。

ハイスペックではありませんが、電話・メール・カメラ・インターネットなどの基本的なスマホ操作なら全く問題なく使えますよ。

ドコモ「カメラ性能」スマホランキングBEST5

順位 機種名 カメラ性能 販売価格
1 HUAWAI P30 Pro 約4,000万画素
Leicaクアッドカメラ
広角・超広角・望遠・TOF
60,192円
(2,508円×24回)
2 iPhone 11 Pro 約1,200万画素
トリプルレンズカメラ
広角・超広角・望遠
84,480円
(3,520円×24回)
3 Galaxy S10+ 約1,600万画素
トリプルレンズカメラ
広角・超広角・望遠
68,640円
(2,860円×24回)
4 Google Pixel3 約1,200万画素
シングルカメラ
71,280円
(1,980円×36回)
5 Galaxy Note10+ 約1,200万画素
トリプルカメラ
広角・超広角・望遠
80,784円
(3,366円×24回)

P30 Proのメインカメラにはライカの技術を取り入れた、約4,000万画素の超高解像度カメラを採用。

また、5倍の光学カメラと10倍のハイブリットズームの望遠カメラでは、最大50倍のズームが可能。

4つのカメラレンズで一眼レフ顔負けの写真が誰でも簡単に撮影できますよ。

ドコモ「バッテリー持ちが良い」スマホランキングBEST5

アクオスセンス3 箱 本体

順位 機種名 バッテリー容量 販売価格
1 AQUOS sense3 4,000mAh 31,680円
(880円×36回)
2 Galaxy S10+ 4,000mAh 68,640円
(2,860円×24回)
3 LG style2 3,900mAh 38,016円
(1,056円×36回)
4 Xperia 1 3,200mAh 69,168円
(2,882円×24回)
5 AQUOS R3 3,200mAh 60,192円
(2,508円×24回)

バッテリー持ちを比べる指標の一つに「電池容量」があります。

ただ、電池容量が大きいからと言って単純に電池持ちが良いわけではありません。

SHARPのAQUOSモデルは独自のディスプレイ技術で省消費電力を実現しており、省消費電力+大容量バッテリーで長い駆動時間が特徴です。

ドコモ「重量が軽い」スマホランキングBEST5

順位 機種名 重量 販売価格
1 arrows Be3 約145g 34,056円
(946円×36回)
2 Galaxy A20 約151g 21,384円
(594円×36回)
3 Xperia Ace 約154g 49,896円
(1,386円×36回)
4 AQUOS sense2 約155g 30,096円
(836円×36回)
5 Galaxy S10 約158g 60,192円
(2,508円×24回)

いわゆる「エントリーモデル」と呼ばれるスペックを求めないスマホは、機能やデザインがシンプルのために本体重量が軽い傾向があります。

そのぶん値段も手頃な機種が多く、初めてスマホを使う方やシニア世代の方にも多く選ばれています。

毎日持ち歩くものなので、軽くて使いやすいスマホは選ぶ基準の一つになります。

ドコモ「本体が薄い」スマホランキングBEST5

GalaxyNote10+

順位 機種名 本体の薄さ 販売価格
1 Galaxy S10+ 7.8mm 68,640円
(2,860円×24回)
1 Galaxy S10 7.8mm 60,192円
(2,508円×24回)
3 Galaxy Note10+ 7.9mm 80,784円
(3,366円×24回)
4 Galaxy A20 8.1mm 21,384円
(594円×36回)
5 Xperia 1 8.2mm 69,168円
(2,882円×24回)

近年発売されているスマホは本体が薄くなっており、片手で持っても操作がしやすくなっています。

上のBEST5のランクを見ても分かりますが、どれも0コンマ何ミリ程度の差ほどしかありませんので、実際に手に持っても違いを感じるのは難しいでしょう。

画面の大きさは異なりますので、映画やゲームなどの使用用途に合わせて選んでみてください。

ドコモ「国内ブランド」で選ぶならBEST3

順位 機種名 メーカー名 販売価格
1 AQUOS sense3 SHARP 31,680円
(880円×36回)
2 Xperia 1 SONY 69,168円
(2,882円×24回)
3 Xperia 5 SONY 58,608円
(2,442円×24回)

ここ数年は韓国や中国・米国のメーカーが日本へ多く参入してきています。

そんな中でも「電化製品は日本製に限る!」という方もまだまだ多く、特にSHARPやSONYには昔から根強いファンがおります。

日本製のスマホは価格も安く、1台を長く使い続けたい方も安心して選ぶことができます。

番外編 AQUOS zero2は2020年注目モデル!

2020年1月に発売予定のSHARP「AQUOS zero2(アクオスゼロ2)

これまでSHARPの代名詞だったIGZOディスプレイから脱却し、他メーカーと同様の「有機ELディスプレイ」を採用するモデルとのことで注目が集まっています。

本体重量も140g台と非常に軽く、大容量8GBメモリを搭載するなどヘビーユーザーでも満足の完成度になるようです。

AQUOSzero2 発売日 価格
AQUOS zero2の発売日・価格!大画面で超軽量ってズルいw

ドコモオンラインショップなら安く機種変更できる!

スマホの機種変更は、大半の方がショップや量販店で行うと思います。

ただ、店頭での機種変更はめちゃくちゃ損をしていることを知っていましたか?

というのも、ショップや量販店の店頭では「手数料」を「頭金」という名目で請求されるんです。

ショップに置いてある料金表には「頭金」の記載があるのを見たことがあると思いますが、

実は頭金はいくら払っても端末代金から差し引かれませんので、払うだけ無駄だったんです。

では、頭金を払わないで機種変更するにはどうしたら良いか?

解決してくれるのがオンラインショップです。

オンラインショップで機種変更をした場合、頭金をはじめ事務手数料・送料がまるっと0円になります。

頭金の金額はショップが自由に設定できるため、具体的に○円安くなるとは言えないのですが、それでも店頭で機種変更をするよりも5,000円~20,000円は安くなりますよ。

ドコモ頭金

さらに、東京23区内であれば注文をした当日に端末が自宅に届きますし、それ以外の地域でも2~3日以内で配送されるので、時間的デメリットはほぼ無し。

購入した商品が届いてからあなたがやることは、古い端末から新しい端末へSIMカードを移し替えるだけです。

オンラインショップ開梱

機種変更が安くなるうえ、わざわざ混雑しているショップで順番待ちをすることも無いので、この機会にオンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか?

オンラインショップは来店不要!ウィルス感染のリスクを減らそう

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、日本各地の携帯ショップでは営業時間を短縮するなどの動きが出ています。

「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けるためにも、スマホの機種変更は来店不要のオンラインショップを活用しましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

現在ドコモで開催中のキャンペーン・割引情報

①5Gギガホ割 ドコモでは現在、 「5Gギガホ割」というキャンペーンを開催中。期間内にプランに加入で最大6か月、月額1,000円(税抜)割引になります。
ドコモの「5Gギガホ」プランへ加入すれば誰でも対象になりますよ!

キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
 「5Gギガホ割」の詳細を見る
②5G WELCOME割  

2020年春夏モデルで登場した5Gスマホ全てが対象機種で、割引額も5,500円~22,000円と大きいキャンペーン。
これから5Gに機種変更する予定の人はチェックしておきましょう!
キャンペーン期間:2020年3月25日(水)~
5G WELCOME割の詳細を見る

スマホは手続きをする場所で支払う金額が違う!

ドコモオンラインショップ
いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には「頭金」「事務手数料」が含まれています。

頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。

ドコモ 手数料
ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。

スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。

車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう!

スマホ 頭金
ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が無料。 ドコモであれば事務手数料も無料になりますよ。

4つのゼロ
ドコモ 頭金

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が0円

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット
・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる

・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる
ドコモオンラインショップのデメリット
・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない


わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能ですよ。
ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポートやデータ移行」が有料(3,300円)となりましたのでご注意ください。
受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップに行く必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップを使った方が圧倒的に時間の節約になりますね。


オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎです。

これからスマホの手続きを考えている方は、オンラインショップを使った方がお得ですよ!

Copyright© スマホの賢者 , 2020 All Rights Reserved.