AQUOS zero2の発売日・価格!大画面で超軽量ってズルいw

【速報】
ドコモ・au・SoftbankでAQUOS zero2の購入受付が開始されました!

人気のモデルなので在庫切れが予想されます。早目にチェックしておきましょう!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

AQUOS zero2(SH-01M、SHV47)の基本スペック

2019-20年秋冬モデルとして登場したSHARPのハイエンドモデルAQUOS zero2(アクオスゼロツー)

最大の特徴は6.4インチの大画面&143gの超軽量

有機ELディスプレイを搭載したゲーミングスマホですが、高性能なのでゲーム以外の用途でも力を発揮します。

まずはzero2の基本スペックから見ていきましょう!

AQUOS zero2
端末画像
発売日 2020年1月30日
販売価格
※()は割引後価格
ドコモ:87,912円(58,608円)
au:97,200円(64,800円)
ソフトバンク:95,040円(47,520円)
ディスプレイ 約6.4インチ
(有機EL液晶)
OS Android 10
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ容量 256GB
メインカメラ デュアルカメラ
約1220万/約2010万画素
サブカメラ 約800万画素
生体認証 顔・指紋
防水/防塵性能 IPX5/8 IP6X
バッテリー容量 3130mAh
本体サイズ 158 × 74 × 8.8(mm)
重量 141g
カラー ブラック、ホワイト
販売キャリア ドコモ(SH-01M)
au(SHV47)
ソフトバンク

AQUOS zero2は2019年夏モデルとして発売された「AQUOS R3」以来のハイエンドモデル。

zero2がオススメな人をまとめるとこんな感じです

AQUOS zero2がオススメな人!

  • SHARPのハイスペックモデルを使いたい
  • 長時間持っても疲れない「軽い」スマホが良い
  • 大画面で映画を楽しみたい
  • スマホで3Dゲームをガンガンやりたい
  • 10億色表現の高画質動画を楽しみたい

AQUOS zero2は8GBの大型メモリを搭載しているため、あらゆる動作がサクサク♪

また、SHARPがこれまで使ってきた「IGZOディスプレイ」を捨て、有機ELディスプレイを採用した「10億色表現」にも注目が集まっています。

zero2を安く機種変するならオンラインショップがオススメ!

突然ですが、AQUOS zero2を安く機種変更をする方法があります!

それは、オンラインショップを利用して機種変更することです。

携帯の「オンラインショップ」ってあまり馴染みが無いかもしれませんが、zero2へ機種変更をする場合、店舗型のショップよりもオンラインショップを利用したほうが約10,000円もお得になります。

お得な理由は、オンラインショップで手続きをすると「頭金」と「事務手数料」が無料になるから。

注文した端末は送料無料で自宅に送られてくるので、わざわざ混雑しているショップへ行かなくてもOK。

自宅にいながら空き時間でサクッと機種変更ができますよ♪(24時間対応)

AQUOS zero2の進化した機能&性能

それではAQUOS zero2に搭載されている特徴的な機能を紹介していきますね!

驚くほど軽い143グラムの超軽量モデル

まずは何と言っても一番驚いたのがAQUOS zero2の重量。

何と総重量はたったの約143グラムしかありません。

分かりやすく例えると、単一電池の重さが約140g。zero2がいかに軽いか分かると思います。

当然ながら、2019年秋冬モデルの中でも圧倒的に軽いですね。

各端末の重さを比較するとこんな感じです↓

機種名 本体の重さ
Galaxy Note10+ 約197g
AQUOS sense3 約167g
Xperia 5 約164g
Galaxy A20 約151g
AQUOS zero2 約143g

端末が軽いということは普段から持ち運ぶ際の負担が少ない&長時間持っていても疲れないという利点があります。

ゲームや映画視聴を多くする方は特に恩恵がありますね。

4倍速の有機ELディスプレイ

AQUOS zero2は従来のSHARP製IGZOパネルは使わず、有機ELディスプレイを採用しています。

ディスプレイが変わることで「フレームレート」が4倍(60fps⇒240fps)になるという大きな進化をしました。

簡単に言うと、1秒間に60回の黒画面を挿入していた従来のディスプレイに対し、zero2は4倍の240回になります。

「1秒間に240回も黒画面が入る」と聞くと画面がチカチカしそうですが、もはや早すぎて人間の目では切り替わっているかがわかりません。

▼フレームレート60fpsの場合(AQUOS zero)

▼フレームレート240fpsの場合(AQUOS zero2)

黒画面がより多く入ることで残像が残りにくく、これまで以上に発色が鮮やかでくっきりとした表示を実感できるはずです。

ディスプレイ内指紋センサーを搭載

AQUOS zero2ではAQUOSシリーズでは初めてとなる「ディスプレイ指紋センサー」を搭載。

ホームボタンの指紋認証と比べ、認証までのスピードと正確性が大きく進化しています。

▼ディスプレイ指紋センサー例(Galaxy Note10+)
GalaxyNote10+ 指紋認証

これも画面がIGZOから有機ELディスプレイに変わった利点のひとつ。

顔認証と合わせて使うことで、よりセキュリティ面も強固になります。

カメラレンズが2つに増えた

アウトカメラには、「標準」「広角」2種類のカメラレンズが搭載になりました。

前モデル(AQUOS zero)ではシングルカメラだったのでここも大きな変化ですね。

広角専用のレンズが付いたことで「引き」の写真が簡単&キレイに撮影できます。

広く風景を撮影したい時や、狭い店内で集合写真を撮る時などに重宝しますね。

通常撮影(AQUOS sense3で撮影)
アクオスセンス3 カメラ 通常

広角撮影(AQUOS sense3で撮影)
アクオスセンス3 カメラ 広角

内部性能(メモリ・CPU)が大幅にアップしている

AQUOS zero2に使われているCPUは「Snapdragon 855」という最新のチップセット。

前モデル(zero)に使われていた「Snapdragon 845」に比べて、グラフィック性能やAI性能が大幅にアップしています。

さらにメモリ(RAM)も6GBから8GBにアップしているので、高負荷のゲーム起動や複数アプリを立ち上げてもサクサク動きます。

パラレル充電で発熱を抑える

AQUOS zero2には2つの充電ICを搭載。

発熱源を分散することで、充電しながらのゲームや動画視聴でも本体が熱くなりにくくなります。

特にゲーム時の発熱は熱暴走や処理能力の低下など、性能にも大きく影響してきます。

ゲーミングスマホを名乗るだけあって、SHARPさんはこの部分もしっかりと対応してきていますね。

zero2の本体カラーは2色展開(3キャリア共通)

zero2のカラーは「アストロブラック」「ミスティホワイト」の2色。

AQUOS zero2 カラー

販売キャリアは「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の主要3社ですが、キャリア限定色の情報はありませんので、各キャリア共通でブラックとホワイトの2色展開になりそうです。

AQUOS zero2の発売日(ドコモ・au・ソフトバンク)

気になるAQUOS zero2の発売日は、現在ドコモとauのみ正式に発表されています。

ドコモでの発売日は、2020年1月30日(木)

auの販売日は、2020年1月31日(金)

※ソフトバンクは未定です。

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

AQUOS zero2の販売価格(ドコモ/au/ソフトバンク)

まずはドコモが先行してAQUOS zero2販売価格を発表しましたね。

AQUOS zero2は発売前から「約9万円前後になるのでは?」と予想されていましたが、大体想定通りの価格となりました。

ドコモ au ソフトバンク
通常価格 87,912円
(2,442円×36回)
97,200円
(2,700円×36回)
95,040円
(1,980円×48回)
割引価格 58,608円
(2,442円×24回)
64,800円
(2,700円×24回)
47,520円
(1,980円×24回)
キャンペーン Welcome特典
-5,000円
公式サイト 在庫を見る 在庫を見る 在庫を見る

ドコモとauでは12回分の分割払いが免除される割引プログラムや、期間限定の割引キャンペーンがあります。

これらの割引を使って、少しでも安くゲットしちゃいましょう!

「買うかも宣言」で2,000円分もらえる!?

現在AQUOS zero2のメーカー「SHARP」公式サイトで、

「買うかも宣言」キャンペーンを実施しています。

AQUOS zero2 買うかも宣言

これはキャンペーン名の通り、AQUOS zero2を「買うかも!?」と宣言して購入・応募をすると、Google playのギフトコード2,000円分がもらえちゃいます。

もちろん「買うかも」なので、必ず買わなくても大丈夫。

今は買うつもりはなくても、いざzero2が欲しくなった時に後悔しないよう、今のうちに「宣言」だけはしておいたほうが良いでしょう。

POINT!買うかも宣言〆切:2020年1月7日(火)まで

【まとめ】前作アクオスゼロから大きく進化した注目機種

2020年1月発売の「AQUOS zero2」は、前作のAQUOS zeroよりも大きく進化していました。

AQUOS zero2が前作zeroから進化した点を比較

※進化した点を赤文字で表示しています。

AQUOS zero2 AQUOS zero
端末画像
発売日 2020年1月30日 2018年12月21日
ディスプレイ 約6.4インチ Full HD+
(有機EL)
約6.2インチ WQHD+
OS Android 10 Android 9.0
メモリ(RAM) 8GB 6GB
ストレージ容量 256GB 128GB
メインカメラ デュアルカメラ シングルカメラ
サブカメラ 約800万画素
生体認証 顔・指紋 指紋
防水/防塵性能 IPX5/8 IP6X
バッテリー容量 3130mAh
本体サイズ 158 × 74 × 8.8(mm) 154 × 73 × 8.8(mm)
重量 143g 146g
カラー ブラック、ホワイト ブラック
販売キャリア ドコモ(SH-01M)
au(SHV47)
ソフトバンク

AQUOS zero2の情報まとめ!

  • 発売日は2020年1月中旬予定
  • 価格は未定だが10万円を切る見込み
  • シャープ製のハイエンドモデル
  • 6.4インチの大画面
  • 重量は143gと圧倒的に軽い
  • 内部も進化しているのでサクサク滑らかな動き
  • ゲーミング用のスマホにも最適

AQUOS zero2は間違いなく2019-20秋冬モデルの中でも超注目機種

あとはSHARPさんがどれだけしっかりとチェックして出荷するかにも依りますが、個人的には正直かなり売れると見ています。

最近は特にアジア圏メーカーのスマホが幅を利かせていますが、zero2の登場により「国内メーカースマホの新時代」が来ましたね!

zero2への機種変更は「オンラインショップ」がオススメ!

/ 各オンラインショップへ飛びます \

ドコモで開催中のキャンペーン①


ドコモオンラインショップ限定で「SPECIAL特典」開催中!


ドコモオンラインショップで対象機種へ機種変更入すると3,000dポイントがもらえるキャンペーンです。

最新のiPhone 11も対象機種に含まれるので、これから機種変更をする方はチャンスですよ!

【キャンペーン期間】
2020年2月1日(土)~

【対象機種】
iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone 8、AQUOS zero2、Xperia 5、AQUOS sense3、Galaxy A20、Galaxy Note10+、Galaxy S10、HUAWAI P30 Pro、Xperia ACE、arrows Be3、LG style2、Google Pixel3 a、らくらくスマートホンme

 SPECIAL特典の詳細を見る


ドコモで開催中のキャンペーン②


現在、ドコモオンラインショップでは、iPhone 7への機種変更で「11,000円の割引キャンペーン」を行っています。

【キャンペーン条件】
・過去6ヶ月以内に機種変更をしていない
・過去6ヶ月以内にXiからFOMAへの機種変更の回線変更をしていない
・過去6ヶ月以内に持ち込みでドコモ回線の新規契約をしていない

iPhone 7の在庫は残りわずかですので、恐らくこれが最後のチャンスになりそうです。
ホームボタン搭載の希少モデルなので、気になる方は早めにチェックしておきましょう!

ドコモ「iPhone 7割引キャンペーン」の詳細を見る

ドコモオンラインショップって何?

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップは、ネット上にあるドコモショップ。

わざわざドコモショップの店舗に行かなくても、Webだけで簡単に「機種変更」「MNP(のりかえ)」「新規契約」「下取り」「プラン変更」など、ドコモショップと同様の手続きができます。

4つのゼロ

ドコモオンラインショップの最大のメリットは、頭金と事務手数料の支払いが無料になること。

つまり、ドコモショップよりも7,000円~13,000円も安くスマホを買うことができるんです!

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金が0円
24時間365日機種変更ができる
・ショップでの待ち時間が無い
チャットサポートが受けられる
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・「自宅」「ドコモショップ」など受け取り先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる
・新規契約/MNPの場合は到着まで10日程かかる(審査含む)
・実機を直接触ることができない

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショップ」のどちらでも受け取りが可能です。

ドコモショップ店頭受取は無料ですが、2019年12月1日(日)より「初期設定サポート(dアカウント/Apple ID/Googleアカウントの設定、ドコモアプリケーションの設定、データ移行」が有料(3,300円)となりますのでご注意ください。

受取先を「自宅」にすれば、混雑しているドコモショップで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費、手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなりますよ!

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショップに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップでの手続きが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている方は、オンラインショップで手続きをした方が絶対にお得ですよ!