本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

使わなくなったiPhoneを下取りに出すといくらで売れる?|ゲオやブックオフの買取価格とどっちが高いか

使わなくなったiPhoneを下取りに出すといくらで売れる?|ゲオやブックオフの買取価格とどっちが高いか アイキャッチ

使っていないiPhone、下取りに出すことでポイント還元や機種変更時の値引きを受けられることを知っていますか?

下取り場所によってはかなり高値がつくこともあるため、ただ処分するだけではもったいないですよ!

ここでは、使わなくなったiPhoneのお得な下取り方法や下取り価格について紹介します。

 

auで安く機種変更できました

 

auオンラインショップでは期間限定で
新生活応援 割引セール中
(セール期間:2024年3月31日まで)

機種限定で機種変更が大幅値下げ!
(※3月1日より対象モデル追加!)

 

さらに3/31までオンラインショップ限定で
春の機種変更フェアを開催中

発売されたばかりの最新モデルへ機種変更で
最大20,000円相当のau PAY 残高還元(不課税)
※一部モデルはストレージ容量指定があります

 

条件は超カンタン
(ほぼ誰でも適用できます)

  1. 対象機種へ au Online Shop から機種変更し
  2. 対象料金プランと故障紛失サポートに加入

【au 春の機種変更フェア】
対象機種一覧はこちら >>

 

auオンラインショップは自宅で完結!
(めちゃくちゃ楽ですよ本当に…)

 

しかも頭金0円だから安上がり!
(※店舗だと5,500~16,500円くらいかかる)

 

スマホトクするプログラムで
新機種がいきなり激安

例えばiPhone15なら、諸々の組み合わせで
8万円くらい安くなりました。
(この価格は3月31日まで!)

 

想像よりずっと簡単なので
サクッと機種変更しちゃいましょー!

【 最新モデルも頭金0円 】
au オンラインショップを見てみる >>

※2024年3月1日時点。キャンペーンは予告なく終了の場合があります

 

使わなくなったiPhone下取りどこが良い?

スマホで迷う女性 イラスト

iPhoneを手放す際、お得に下取りをできるのはどこでしょうか?考えられる引き取り先は3つ。

  1. 携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンクなど)
  2. アップルストア
  3. 中古ショップ(ゲオ・スマホ買取店など)

現在もし携帯キャリアを利用中で、機種変更を控えているならキャリア下取りが一番おすすめです。

機種変更の予定が当分なく、現在使っていないiPhoneを手放すなら中古ショップがおすすめ。ただ状態次第で買取額の差が激しいので、複数店舗を比べるのが鉄板です。

 

キャリア下取りがお得になりやすい理由

下取りはもともと機種変更を前提に行われるため、キャリア側とすればこのような思惑があるようです。

  • 機種変更を促すキャンペーンとして打ち出したい
  • 他社キャリアに流出するのを防ぎたい

つまりiPhoneを買い取りたいというよりは値引き材料の一つにしたいだけなので、画面割れ・機能不良など大きなダメージさえなければ一定以上の価格で下取りしてもらえるのです。

iPhoneの下取り価格 ドコモオンラインショップ引用:ドコモオンラインショップ

また各キャリアでは下取り価格の目安も公表しています。

事前にいくらぐらいで下取りしてもらえるのか?チェックできるのは嬉しいですね。同じキャリアなら機種変更もラクですし、下取り金を機種代金の値引きに充てられるのは大きなメリットでしょう。

↓↓  各キャリアの下取り価格はコチラ  ↓↓

 

使わなくなったiPhoneを下取りに出すといくらで売れる?

iPhone13 ProMax 1年半ほど使用

iPhoneを下取りに出すと『売る』というよりは

  • 機種変更時の代金から値引き または
  • 機種変更に使えるポイント還元

という形で値が付きます。

キャリアによって還元方法が異なりますが、現金で売れるという形式ではないので把握しておきましょう。

下取り先 還元方法
au
・Pontaポイント付与
ドコモ
・機種代金の値引き
・dポイント付与
ソフトバンク
・機種代金の値引き
・PayPayポイント付与
楽天モバイル
・楽天キャッシュで付与

では実際、iPhoneはいくらで下取りしているのでしょうか?

一例として2017年モデル『iPhone 8』~2020年モデル『iPhone12』で調べてみたところ、2023年9月7日時点での下取り価格は以下の通りでした。

※下取り額は日々変動します。最新の情報は各キャリアの下取り価格一覧をご確認下さい。
※楽天モバイルは他社キャリア製の下取り価格を引用しています。

 

iPhone 8

iPhone 8 下取り

下取り先 GB 良品 破損品
au
(Pontaポイント)
64GB 5,500Pt 1,650Pt
256GB 6,600Pt 1,650Pt
ドコモ
(値引き/dポイント)
64GB 4,000円
(4,000Pt)
1,200円
(1,200Pt)
256GB 6,000円
(6,000Pt)
1,800円
(1,800Pt)
ソフトバンク
(値引き/PayPayポイント)
5,760円
(6,000Pt)
2,160円
(1,800Pt)
楽天モバイル
(楽天キャッシュ)
64GB 3,600円相当 ~1,080円相当
256GB 5,400円相当 ~1,620円相当

 

iPhone X

iPhone X 下取り

下取り先 GB 良品 破損品
au
(Pontaポイント)

64GB 9,900Pt 2,750Pt
256GB 12,100Pt 3,300Pt
ドコモ
(値引き/dポイント)

64GB 9,000円
(9,000Pt)
2,700円
(2,700Pt)
256GB 13,000円
(13,000Pt)
3,900円
(3,900Pt)
ソフトバンク
(値引き/PayPayポイント)
10,800円
(12,000Pt)
2,880円
(3,600Pt)
楽天モバイル
(楽天キャッシュ)
64GB 8,100円相当 ~2,430円相当
256GB 9,000円相当 ~2,700円相当

 

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代) 下取り

下取り先 GB 良品 破損品
au
(Pontaポイント)
64GB 9,900Pt 2,750Pt
128GB 11,000Pt 3,300Pt
256GB 12,100Pt 3,300Pt
ドコモ
(値引き/dポイント)

64GB 8,000円
(8,000Pt)
2,400円
(2,400Pt)
128GB 9,000円
(9,000Pt)
2,700円
(2,700Pt)
256GB 10,000円
(10,000Pt)
3000円
(3,000Pt)
ソフトバンク
(値引き/PayPayポイント)
10,800円
(12,000Pt)
2,880円
(3,600Pt)
楽天モバイル
(楽天キャッシュ)
64GB 10,450円相当 ~3,140円相当
128GB 11,000円相当 ~3,300円相当
256GB 11,850円相当 ~3,560円相当

 

iPhone 11

iPhone 11 下取り

下取り先 GB 良品 破損品
au
(Pontaポイント)
64GB 14,300Pt 3,850Pt
128GB 16,500Pt 4,950Pt
256GB 17,600Pt 4,950Pt
ドコモ
(値引き/dポイント)

64GB 18,000円
(18,000Pt)
5,400円
(5,400Pt)
128GB 20,000円
(20,000Pt)
6,000円
(6,000Pt)
256GB 21,000円
(21,000Pt)
6,300円
(6,300Pt)
ソフトバンク
(値引き/PayPayポイント)
18,000円
(19,200Pt)
5,040円
(5,760Pt)
楽天モバイル
(楽天キャッシュ)
64GB 15,840円相当 ~4,750円相当
128GB 16,830円相当 ~5,050円相当
256GB 18,000円相当 ~5,400円相当

 

iPhone 12

iPhone 12 下取り

下取り先 GB 良品 破損品
au
(Pontaポイント)
64GB 29,700Pt 8,800Pt
128GB 33,000Pt 9,900Pt
256GB 37,400Pt 11,000Pt
ドコモ
(値引き/dポイント)

64GB 24,000円
(24,000Pt)
7,200円
(7,200Pt)
128GB 30,000円
(30,000Pt)
9,000円
(9,000Pt)
256GB 37,000円
(37,000Pt)
11,100円
(11,100Pt)
ソフトバンク
(値引き/PayPayポイント)
36,000円
(37,200Pt)
10,800円
(11,160Pt)
楽天モバイル
(楽天キャッシュ)
64GB 29,700円相当 ~8,910円相当
128GB 35,590円相当 ~10,680円相当
256GB 41,000円相当 ~12,300円相当

※金額は2023年9月7日時点のものです
下取り額は日々変動します。最新の情報は各キャリアの下取り価格一覧をご確認下さい。

↓↓  各キャリアの下取り価格はコチラ  ↓↓

 

関連記事:iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?

iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?|購入日からどれくらい経過したか調べる方法 アイキャッチ
iPhoneの使用年数を確認する方法。いつ買って何年使った?|購入日からどれくらい経過したか調べる方法

続きを見る

 

使わないiPhoneを下取りに出す流れ

使わないiPhoneを下取りに出す流れ

下取りはキャリアのショップ店頭や、各オンラインショップから申し込むことができます。

一例としてドコモオンラインショップの場合の流れを確認してみましょう。ドコモオンラインショップではiPhoneを下取りに出すとdポイントが進呈されます。

実際にdポイントがもらえるまでの流れは以下の通り。

  1. 商品をカートに入れた後の「購入手続き」ないで下取りプログラムに申し込む
  2. 電話機送付キット受取のための本人確認方法について選択
    (機種変更の場合)
  3. オンラインや本人限定受取郵便で本人を確認する
  4. 送付キットを郵送で送ってもらう
  5. 必要事項を記入し、iPhoneと一緒に送付キットを返送
  6. 送付内容に不備がなければdポイントが進呈!

下取りを申し込むと送られてくる『下取りキット』にiPhoneを入れて、「NTTドコモ下取り窓口」へ下取り申込み機種と申込書を送付。検品が終了し、機種・申込書に不備がなければ一括でdポイントが進呈されます。

 

下取りの形式を確認しよう

iPhoneの下取りには基本的に、ポイント還元や機種代金の値引きといった方法で値段がつきます。Apple Storeの場合は、Apple製品やサービスの購入に利用できるギフトカードがもらえます。

下取りでもらえるポイントには期限があるため、使い忘れに注意が必要です。また、クーポンは契約している携帯キャリアでしか使えない場合もあるため、注意が必要です。

 

破損のレベルで下取り額が変わる

下取り価格が下がってしまう機種の破損。大まかな基準は決められていますが、キャリアによって一部条件が異なるので確認しておきましょう。

破損の一例

・傷・シミ・変形がある
・画面が割れている

・電源が入らない
・タッチパネルが反応しない
・カメラや音声が壊れている
・SIMトレイが不足、破損している
・純正品以外のパーツが使われている など…

またあまりにも破損がひどかった場合、下取りを受け付けてもらえない場合があります。値段がつくかどうかはショップなどで一度確認してもいいかもしれません。

 

送付前に初期化を忘れずに

iPhoneが初期化されていないと、ロックが掛かったままになってしまうため下取りを受け付けてもらえません。データ移行が終わっているなら、必ず初期化してから送付しましょう。

また下取り後、機種内に残っているデータはすべて消去されます。そのため後からデータを復元して欲しい!ということができないので、念のため隅々まで確認を。

↓↓  各キャリアの下取り価格はコチラ  ↓↓

 

関連記事:ドコモ下取りプログラムを簡単解説!中古屋さんと比べて損?得?

ドコモ下取りプログラムを簡単解説!中古屋さんと比べて損?得?|iPhoneの下取り価格はココで確認 アイキャッチ
ドコモ下取りプログラムを簡単解説!中古屋さんと比べて損?得?|iPhoneの下取り価格はココで確認

続きを見る

関連記事:ドコモオンラインショップの下取り価格一覧【下取り流れの方法】

ドコモオンラインショップの下取り価格一覧【下取り流れの方法】

続きを見る

関連記事:auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)

auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)|適用条件と手順を確認しておこう アイキャッチ
auでiphone下取りに出す時やること(初期化や事前準備)|適用条件と手順を確認しておこう

続きを見る

 

使わなくなったiPhoneはゲオやブックオフで下取りに出せる?

使わなくなったiPhoneはゲオやブックオフで下取りに出せる?

ゲオやブックオフは、iPhoneなどの携帯端末を下取りではなく「買取」してくれます。

ゲオは壊れたスマホや携帯の買取において、iPhone・Androidスマホ・タブレット・スマートウォッチなどのガジェット製品の買取にも対応しています。

中古本の販売で有名なブックオフでは、近年は衣服やスポーツ用品などのリユースも行っています。iPhoneや電化製品の買取も行っており、店頭での買取だけでなく宅配での買取にも対応しています。

 

ゲオのiPhone買取価格を調べる方法

ゲオの買取価格を知るには、公式サイト内の「3STEPで買取価格を確認」入力フォームにデバイスやキャリア、端末のメーカーを入力することで、買取価格の一覧を確認できます。

  1. ゲオの買取|中古スマホ・タブレットへアクセス
  2. デバイス・キャリア・メーカーを選択

ゲオの公式サイトに掲載されている買取相場によれば、新品未使用のiPhoneであれば買取価格が10万円を超えることもあります。最上位機種のProであれば15万円を超える価格も実現できるようです。

多少古い端末でも、買取そのものは受け付けてくれます。ただし、正常動作が困難な故障や画面割れなどの大きな傷がある端末については、買取を受け付けてくれない場合があります。

もし買取が受け付けられなかった場合は、ゲオモバイルのお店に持ち込んでみることをおすすめします。ゲオで断られた端末でも、ゲオモバイルであれば対応してくれる可能性が高いです。

 

ブックオフのiPhone買取価格を調べる方法

ブックオフの買取価格を知るには、公式サイト内の「3STEPで買取価格を確認」入力フォームに種類やメーカー、機種を入力することで買取価格を確認できます。

  1. ブックオフのサイトへアクセス
  2. 種類・メーカー・機種を選択

最新モデルはもちろん、少し古い端末でも買取を受け付けているため、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

ただし、画面割れや故障、古い機種については店舗によって対応が異なる場合があるため注意が必要です。ジャンク家電を扱っている店舗に持ち込むと、低価格で買い取ってもらえる可能性があります。

 

なるべく高く売るには?

なるべく高く売るには?

①付属品を揃える

基本的にiPhoneの付属品なしの本体のみでも買取をしていますが、付属品が揃っている場合はリセール時に高く売ることができるため、買取価格にも反映されやすくなります。

②可能な限りキレイにしておく

買取されたiPhoneは、1台ずつきれいにクリーニングを施したうえで再販されます。もし端末に目立つ汚れが付いている場合は、なるべく手垢やホコリをクリーニングした状態で査定してもらった方が好印象。

ただ汚れを落とそうとして液晶画面やケースを強くこすることは禁物。表面に付着した汚れを軽く拭く程度に、メガネ拭きのような柔らかい布できれいにふき取ってくださいね。

③キャンペーン時期を狙う

各中古販売店でiPhone買取キャンペーンが行われており、新年度がはじまる春先や新製品発表後の10月頃など、ユーザーが買い替えを考える時期に設定されています。

キャンペーン期間中は、通常よりもiPhoneの買取価格がアップするチャンス。この期間中にiPhoneを売れば、通常よりも高い買取価格につながるでしょう。

④複数の店舗で見積もりを取る

iPhoneを各中古販売店に売る場合は、上記を踏まえてできるだけ多くの店で相見積もりを取ることがおすすめです。一番高い値段を付けてくれたところに売るのがポイント。

ただし車などと違って「かけ引き交渉」はできません。最初についた査定額から交渉によって上がることはほぼ無いので、低い査定の店舗はさっさと諦めて次に行くのがおすすめ!

⑤思ったより買取額が安かった時は…

下取りサービスへの切り替えも検討しましょう。公表されているキャリアの下取り価格をチェックして高い方を選ぶ方法もありますよ。

↓↓  各キャリアの下取り価格はコチラ  ↓↓

 

使わなくなったiPhoneをアップルストアに下取りに出す方法

使わなくなったiPhoneをアップルストアに下取りに出す方法

Appleの下取りサービス『Apple Trade In』は、現在使用しているデバイスを下取りに出すことで、新しいデバイスをお得に購入できます。

下取り額分の割引は、購入価格から即時に適用され値引かれます。また下取り額はギフトカードでも受け取ることができ、後から利用してもOK。

『Apple Trade In』はオンラインか近くのApple Storeで手続きできます。

 

アップルストアの下取りの流れ

オンラインで機種変更時に下取りに出す場合をご紹介します。大まかな流れは

  1. 欲しいiPhoneを決める
  2. 一緒に下取りを申し込む
  3. 下取りキットが送付される
  4. iPhoneを入れて返送する
  5. 査定結果がメールで届く
  6. 査定額が機種変更代から差し引かれる

Apple公式サイトで購入するiPhoneを選択したら、カラーと容量を選択して、「下取りに出すiPhoneをお持ちですか?」の選択肢が出ます。

ここで「はい」を選択し、下取りに出すiPhoneの情報やシリアル番号を入力します。シリアル番号は、iPhoneの設定→一般→情報から確認できます。または、購入した箱にも記載されています。

進めていくと、下取りと購入を注文することができます。本人確認のため、生年月日や職業などを入力する必要があります。本人確認が完了すると、下取りキットが配送されます。

下取りキットを受け取るためには、配送業者が本人確認を行います。下取りキットが発送され、商品の査定が行われます。

査定結果はメールで通知され、クレジットカード経由で返金されます。なお、下取りの対象にならないApple製デバイスは、無料でリサイクルされます。

アップストアのiPhone下取り相場

以下はApple公式サイト内の一部のiPhoneの最大下取り額の一例です。

最大下取り額は使用状況やモデル、容量によって異なる場合がありますので、「最大○○円」という表記には注意が必要です。

  • iPhone 13 Pro Max: 最大95,000円
  • iPhone 13: 最大65,000円
  • iPhone SE(第3世代): 最大34,000円
  • iPhone 11: 最大33,000円
  • iPhone XS: 最大23,000円

※確認日:2023年5月14日。最新の下取り額はApple公式サイトにてご確認下さい。

Apple公式サイトで確認できるすべてのiPhoneの下取り額は、上記のもの以外にもあります。使用状況・モデル・容量などによって最大下取り額が異なる場合がありますので、詳細はApple Trade Inにてご確認下さい。

 

iPhoneを下取りに出す前の注意点

iPhoneを下取りに出す前の注意点

下取り・買取に出す前に、以下の3つを確認しておきましょう。

  1. バックアップを取っておく
  2. 初期かはバックアップしてから実施
  3. 分割残債(◯◯回払いの残り)がないか確認

それぞれ解説していきます。

バックアップを取っておく

万が一のために、データのバックアップを取っておくことをお勧めします。iPhoneのデータをバックアップする方法には、iCloudを使う方法と、PCと接続する方法があります。それぞれの手順は以下の通りです。

iCloudによるバックアップ

  1. iPhoneをWi-Fiに接続
  2. 「設定」アプリを開き、冒頭にあるユーザー名をタップ
  3. 「iCloud」をタップし、「iCloudバックアップ」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップ

 

PCと接続する方法

【Windowsの場合】

  1. PCにiTunesがインストールされていることを確認
  2. iPhoneをPCに接続し、iTunesを起動
  3. サイドバーにある「場所」からバックアップするiPhoneを選択
  4. 「一般」タブから「今すぐバックアップ」をクリック

【Macの場合】

  1. MacOSのバージョンがCatalina10.15以上であることを確認
  2. iPhoneをPCに接続し、Finderを起動
  3. サイドバーにある「場所」からバックアップするiPhoneを選択
  4. 「一般」タブから「今すぐバックアップ」をクリック

 

初期化はバックアップしてから

初期化を行う前には、必ずデータのバックアップが取れたことを確認してください。

初期化は、iPhoneの「設定」から操作する方法と、パソコンにUSBケーブルで接続して操作する方法の2種類があります。

iPhoneの「設定」から操作する方法は比較的簡単ですので、以下の手順を参考にしてください。

  1. iPhoneを起動して「設定」アプリを開く
  2. 「一般」をタップし、その次に「リセット」をタップ
  3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  4. パスコードを入力し、操作を確認するために再度「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  5. iPhoneが初期化されるのを待つ

※iPhoneのバージョンによっては名称や手順が異なる場合がありますので、ご注意ください。

 

分割残債がないか確認しよう

下取りに出す前に、残りの分割払い代金がないか確認しておきましょう。残債があると、下取りに出してからも残債を毎月支払う形になってしまいます。

各キャリアの残債の確認は、自分のアカウントのMyページから行えますよ。以下のリンクから各キャリアのマイページにログインできますのでぜひ確認してみましょう。

 

/ 各オンラインショップへ飛びます \

 

スマホは手続きをする場所で支払い総額が違う!

ドコモオンラインショップ

いつもスマホの機種変更を、携帯ショップや家電量販店で行っている方…

実は超絶にもったいないことをしてますよ。

ショップでは、機種代金の他に「頭金」を請求されます。
※頭金の金額は1万円~2万円が一般的。

ドコモ頭金


この頭金、実はいくら支払っても端末の分割金額は減りません。

車や家の頭金と同じに考えると、結果的に多くのお金を取られますので注意しましょう!

スマホ 頭金

ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この分割払い時の頭金がかかりません。
ドコモであれば事務手数料も無料になります。

ドコモ頭金2

ドコモオンラインショップは事務手数料・頭金がかからない

ドコモオンラインショップを使うの最大のメリットは、事務手数料が無料、頭金も不要になること。

つまりオンラインショップなら、ドコモショップや家電量販店よりも10,000円~20,000円も安くスマホを買うことができるんです。

ドコモオンラインショップのメリット

・事務手数料と頭金がかからない
24時間365日機種変更ができる

・ショップに行く必要がない
・2,750円以上の購入で送料無料
dポイントが使える
・自宅以外でも受取先を選べる

ドコモオンラインショップのデメリット

・機種変更の場合は到着まで2~3日かかる

・新規契約/MNPは審査含め約10日かかる
・実機を直接触ることができない
・対面での相談ができない

わざわざドコモショップに行かなくても、自宅でスマホから同じ手続きができます。

購入した端末は自宅に送られてくるので、外出する必要は一切ありません。

ドコモショップまで行く時間、順番待ちの時間、交通費を考えると、オンラインショップの方が圧倒的にお得ですよ。

/ 各オンラインショップへ飛びます \

-iPhone・apple製品
-, , ,

Copyright© スマホの賢者 , 2024 All Rights Reserved.