ドコモ2019年夏モデルの機種情報!発売日と予約日を先取り予測してみた

2019年発売のドコモ夏モデルを大胆予測!

5Gの登場や、折りたたみディスプレイタイプのスマホの台頭などが注目されますが、

実際に2019年の夏モデルとしてドコモから発売される機種は、どのようなラインナップになるのでしょうか?

ここではネットの情報や海外のリーク情報などを参考に、私なりに2019年夏モデルのラインナップを考察してみました。

2019年3月の現時点ではあくまでも予測となりますが、新しい情報が出る度に随時更新をしていきます!

Xperia(エクスペリア)【SONY】

SONYのエクスペリアシリーズは、毎回ドコモから新機種が発売されるもでるなので、今回も数機種の発売が予想されます。

ただ、最近のXperiaはユーザーの期待と実機の乖離があり、少しずつ人気が下火になってきていることも事実。

次回の夏モデルで、Xperia人気の再燃を図りたいところですね。

Xperia1(Xperia XZ4)

Xperiaシリーズで最も夏モデルとしての発売が濃厚なのが、Xperiaのフラグシップモデル「Xperia1」です。

当初は前モデルの「Xperia Z3」の次に発売されるモデルのため、「Xperia Z4」になるのでは?という予測もありましたが、どうやらXperia1という名称で落ち着きそうですね。

また、2月にバルセロナで開催されたMWC2019で発表した時は、それぞれ「4G」と「5G」に対応した2モデルが出るとの見方がありましたが、どうやらXperia1は5G非対応となる可能性が高くなりました。

ちなみに発売想定価格は、海外で発表された価格を参考に日本円に直すと約106,000円。

Xperia1は、トリプルレンズ+4K有機EL液晶を搭載した上位機種のため、ある程度の価格は想定していましたが、やはり10万超えになりますね。

Xperiaを象徴する「パープル色」や「側面の指紋認証」など、Xperiaファンの声に応えたとみられるXperia1ですが、価格次第ではXperia人気の再燃となるかもしれません。

Xperia 10、10plus(プラス)

また、もう一つ発売が想定されるのが、Xperiaのミッドレンジモデル「Xperia10」と「Xperia10プラス」の2機種。

実はこの機種は発表から割とすぐに既に海外で発売されていて、日本からでも海外モデルを購入することができます。

価格はXperia10が45,000円。Xperia10プラスが51,000円と、一般的なミッドレンジモデルとしての価格帯です。

しかし、この機種はどのような理由があったかは不明ですが、発売してすぐに値下げされた機種。

もしかすると、あまり売れ行きが良くないことも懸念されるため、日本で正式発売されるかは怪しいところです。

Xperia XZ4 Compactはドコモ限定のミドルレンジモデル

実はXperiaのミッドレンジモデルとして、日本では「XperiaXZ4 Compact」が発売されるのでは?という見方も出ています。

この「XperiaXZ4 Compact」は、当初、2月のMWC2019で発表される予定でしたが、直前になり発表をキャンセルした幻の機種。

その後、リーク情報として信頼度の高いZackbucks氏がツイッターで「XperiaXZ4 Compactの日本発売はドコモ限定」という記事も出ており、

Xperiaの次期コンパクトモデルは存在する。日本(ドコモ)から今夏にミッドレンジ仕様でリリースされる。ただし、グローバルには展開されない。

これが、「ドコモ限定」なのか「日本の一例としてドコモ」を指していることは不明確ですが、ドコモから発売されることは濃厚です。

Xperia L3

もう一つXperiaシリーズで発売が期待されるのが、Xperiaのエントリーモデル「Xperia L3」です。

この機種も既に海外で発売されており、価格も約25,000円とお手頃なので、スマホにハイスペックを求めない学生や女性などには好まれそうです。

エクスペリアシリーズは3モデル発売と予測

2019年の夏モデルとして発売が予想されるのが、上で挙げた3モデル(4機種)です。

フラグシップ、ミッドレンジ、エントリーとそれぞれ性能と価格帯が違う機種を発売することで、様々な層のユーザーを取り込めそうですね。

尚、現在発売されているXZ3が「SO-01L」なので、モデル名はSO-02L/SO-03L/SO-04Lと続くのでは無いでしょうか。

Galaxy(ギャラクシー)【SAMSUNG】

サムスン電子から発売されている「Galaxy」は、S9やNoteなどの人気もあり、海外でもいま注目されている人気のブランド。

Galaxyもドコモの夏モデルとして発売が噂される機種もあり、その中でも最上位クラスのS10は日本のみならず、世界からも注目を集めています。

GalaxyS10シリーズとして3機種展開?

2019年2月に発表された「GalaxyS10」ですが、その時は「S10(エステン)」「S10+(エステンプラス)」「S10e(エステンイー)」の3機種のラインナップが報じられました。

日本でこの3機種すべてが発売されるかは分かりませんが、

S10プラス・フラグシップモデル(約11万円)
S10・・・・ミドルレンジモデル(約10万円)
S10e・・・・エントリーモデル(約8万円)

と差別化されているため、日本でも3機種同時リリースは十分に考えられます。

尚、GalaxyS10シリーズの海外発売日は3月8日と報じられています。

日本での発売は通常、海外の発売日から2~3ヶ月後なので、うまく行けば2019年の夏モデル発売に間に合いそうですね。

Galaxy Note10の発売はいつ?

現在発売されているGalaxy Note9(ギャラクシーノートナイン)の後継機種となる、Galaxy Note10(ギャラクシーノートテン)の発売も気になりますが、現時点では2019年の夏モデルに登場する可能性は低そうです。

ディスプレイに埋め込まれた指紋認証や、右上のパンチホールなど、タッチペンとの相性も気になるところ。

しかし、今までのGalaxy Noteシリーズは、例年8月~10月に発表されているので、このGalaxy Note 10が日本でも発売されるとしても、早くて2019年冬モデルの登場となりそうです。

Galaxy Fold はもう少し先になりそう

2019年に発表された、画面を折り畳めるスマホ「Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)」は海外での発売を4月26日としています。

日本での発売はそれから3ヶ月は遅れると推測されるので、私は2019年8月くらいになると踏んでいます。

ということは、上で紹介したGalaxy Note10と同時期の冬モデルとしての発売になりそうです。

そして早くも、Galaxy Fold 2(縦折り)の情報も出ているので、今後はサムスン電子だけでなく、各メーカーも更に折りたたみスマホの開発に力を入れてくる事でしょう。

AQUOS(アクオス)【SHARP】

SHARPのAQUOSシリーズは、根強いファンを持っている人気の機種で、私の知り合いでもAQUOSからAQUOSへしか機種変更をしない人が少なからずいます。

また現在の最新機種である「AQUOS sense2 SH-01L」は最初からドコモwithの対象機種として発売されているため、端末価格も3万円前後と非常にリーズナブルなのも人気の一つ。

一般的なスマホだけでなく、二つ折りのガラケータイプや、らくらくホンなども展開しているため、ユーザーの幅が広いのもAQUOSの魅力の一つです。

AQUOS R3(SH-04K)は夏モデルとして発売される可能性大

実はAQUOS R3の情報は、現在(2019年3月)時点でほとんど出回っておりません。

しかし、2019年1月17日に「SHARPがAQUOS R3の商標登録を出願」というニュースが流れていましたので、近いうちにR3を発売する可能性は非常に高いです。

SHARPのこれまでの流れを見ると、フラグシップモデルは

Rシリーズ・・2017年7月発売
AQUOS R2・・2018年6月発売

と例年発表されています。

ちなみに前機種のR2の商標出願日は「2018年3月9日」で発売日が3ヶ月後。

今回のAQUOS R3の商標出願日は「2019年1月17日」なので、3ヶ月後の発売であれば十分に2019年の春モデルとして間に合う計算です。

R3がフラグシップモデルとして発売されるかは不明ですが、期待はできそうですね。

簡単スマホのAQUOS sense3 は2019年の秋になりそう

現在、AQUOSの簡単スマホは「AQUOS sense2」という機種が発売されています。

順当に行けば次は「sense3」となるのですが、senseシリーズは「1」が2017年11月、「2」が2018年10月なので、「3」の発売は秋冬モデルになりそうです。

二つ折りケータイ(SH-02L)は2019年2月に発売済み

AQUOSケータイと言えば、二つ折りの機種を想像される人も多いと思います。

ちなみにバッテリーの持ちも長く、防水機能付きの「SH-02L」はスマホでは無く、「ガラケー」とも呼ばれるフューチャーフォン。

最近はフューチャーフォンを発売するメーカーが少なくなってきており、「スマホが苦手」という方にとってSHARPは最後の砦となっています。

SH-02Lが発売されたのは2019年の2月と割と最近。

その前に発売されたSH-01Lは2016年10月なので、約1年4ヶ月ぶりの発売となります。

ということは、次にAQUOSケータイが発売されるのは、2020年の6月くらいになりそうです。

arrows(アローズ)【富士通コネクテッドテクノロジーズ】

2018年3月に企業の事業再編・支援をする「ポラリス・キャピタル・グループ」の傘下に入った富士通コネクテッドテクノロジーズですが、それでも細々と新機種の発売を続けています。

最近ではハイエンドのスマホから脱却し、「arrows Be」という主に中高年向けのミドルレンジスマホを手がけています。

次の発売機種はF-05Kになるのか?

現在、arrowsブランドのドコモ最新機種は「arrows Be F-04K」「arrows NX F-01K」が発売されています。

ちなみに、arrows Be F-04Kは2018年5月25日に発売、arrows NX F-01Kは2017年12月8日に発売されたので、この流れで行くと「arrows Be」の新機種が2019年の5月に夏モデルとして発売されることが想定されます。

Huawei(ハーウェイ)

Huawei(ハーウェイ)は中国の深センというところに本社がある、通信機器のメーカー。

Huaweiスマホの特徴を一言で言うと、「ハイスペックなのに安い」これに尽きます。

少し前まではあまり耳にしなかったメーカーですが、ニュースの影響もありここ数年で知名度が広がってきた印象です。

2月には「HUAWEI Mate X」という衝撃的なスマホを発表したばかりで、その技術力の高さに世界が注目しています。

次に発売されるのはP30 pro(HW-02K)か?

ドコモにもHuawei機種の取り扱いがあり、最新の機種名は「P20 pro」という名前で、世界初の「Leciaトリプルカメラ」を搭載したこの機種を発表した時は、世界中を驚かせました。

その後継機となる機種が「P30 pro」(P21 proじゃないんですね…)で、CPU性能やRAM容量がアップされるだけでなく、何と今度はクワッドカメラ(カメラレンズ4つ)搭載になるのでは?という噂です。

ようやくSONYのXperia1がトリプルカメラ搭載の新機種を発表したばかりなのに、常に一歩先に行くのがHuaweiですね。

Huawei Mate Xの日本発売は未定

上でも紹介した、Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」

もはや折りたたみスマホというよりは、折りたたみタブレットと言った方がしっくり来るような気がしますが、Huaweiの発表では2,229ユーロ≒約29万円とかなり高杉くん。

開発に相当コストが掛かったようで、「これくらいの販売価格じゃないと採算が取れない」とCEOが発表時に漏らしていました。

海外での発売日は2019年の中頃と言われていますが、日本での発売日は未定なので、2019年の夏モデルとしてはまず発売されないでしょう。

というか、そもそも日本で発売されるかも微妙なところ。発売されたとしても29万円で買う人がいるのでしょうか…

LG(エルジー)【LGエレクトロニクス】

LGは韓国の総合家電・情報通信メーカーで、韓国ではSAMSUNGに次ぐ大手企業です。

最近では家電量販店のTVコーナーでも、パナソニック、ソニー、シャープの液晶テレビと肩を並べてLGの大画面テレビを目にする機会も増えた気がします。

LGの大きな特徴は、やはり「息を呑むほど鮮やかな有機ELパネル」これに尽きます。

低価格なのにキレイなディスプレイを採用したスマホも人気を集めています。

LG G8 ThinQ/G8s ThinQの夏モデル発売を熱望する声が

ドコモから発売されているLGの最新機種は「L-03K」なので、次は「L-04K?」と思っていましたが、LGは次期スマートフォンとして「LG G8 ThinkQ」を発表しました。

LG G8の大きな特徴は、ディスプレイ全体を振動させてスピーカーにする技術を採用されていることもあり、「G8を夏モデルで発売して欲しい」という声が多く上がっています。
実はLGの「Gシリーズ」は、世界的に見てもかなり人気のシリーズなのですが、G6は日本での発表なし。

次に発売されたiPhoneXをパクっ 参考にしたデザインの「G7」も日本での発表はありませんでした。

日本で「Gシリーズ」が発売されない大きな理由としては、ズバリLGスマホは日本での知名度が低いから。

しかし、ここまで販売熱望の声が多いとなると、2019年の夏モデルとして登場する可能性はあるかもしれません。

iPhone(アイフォン)【Apple】

iPhoneの新機種発表は例年9月。発売(予約開始)は10月~11月ですので、今年も例年通り夏のiPhone発売は無いでしょう。

2019年の秋に発売されると思われる「iPhone11(仮称)」に期待しましょう!

ドコモ2019夏モデルの発表と発売日はいつ?

ドコモの夏モデルは、例年5月半ばに発表⇒予約⇒発売されるので、2019年の今年も同じ流れになるでしょう。

ちなみに去年の新モデル発表会は2018年5月16日(水)でした。

というわけで2019年の新モデル発表会の日を予測すると…

2019年5月15日(水)

になるのでは無いかと私は思っています。

新機種の情報が明確になりましたら、随時このページに追記をしていきます。

ドコモ2019夏モデルはいつから予約できる?

ドコモの夏モデルの予約開始日は、新機種の発表のタイミングで行われます。

発売日や予約開始日が分かり次第Twitterでご連絡しますので、良かったらスマホの賢者Twitterアカウントをフォローしてお待ち下さいね。

ドコモオンラインショップはこちら

今までドコモショップで機種変更をしていた方へ

「少しでも安く機種変更をしたい」「お得に乗り換えをしたい」というドコモユーザーの方。

ドコモショップよりも、7,000円~13,000円も安く機種変更できる方法を知っていますか?

あまり知られていないのですが、ドコモにはオンラインショップというものがあり、スマホやパソコンからインターネット上で機種変更/新規契約/他社からの乗り換え(MNP)が出来るんです!

⇒ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップはドコモが運営するネットショップで、契約の変更だけでなく、最新のスマホやiPhone、アクセサリー、オプション品などを購入することができます。

店舗型のドコモショプとの大きな違いは、

オンラインショップは頭金と事務手数料を支払わなくてもいい

という点があります。

ドコモショップで機種変更や乗り換えを行った場合、必ず頭金(5,000円~10,000円)事務手数料(2,000円~3,000円)が発生します。

↓こんなやつです。

これは店舗型ドコモショップに対しての手数料なので、頭金を払ったとしても端末代金が安くなるわけではありません。

しかし、オンラインショップならこの頭金と事務手数料が無料

金額にすると7,000円~13,000円もお得になります。

店舗型のショップでは店員さんが対応するので手数料が発生するのは理解できますが、私達からしたら端末代金が安くならないのであれば払いたくは無いですよね。

現在開催中の限定キャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは端末代金が5,184円も安くなる「ドコモスペシャルキャンペーン」という限定キャンペーンを行っています。


キャンペーン期間:2019年2月1日(金)~2019年5月31日(金)

⇒キャンペーンの詳細はこちら

また、オンラインショップで注文した端末は「自宅」「ドコモショプ」のどちらでも受け取りが可能です。

受取先を自宅にすれば、機種変更のたびにドコモショプで2時間とか3時間とか待たされる必要はありません。

ドコモショプや家電量販店まで行く時間・交通費・手間を考えると、オンラインショップは15分で手続きが完了するので圧倒的に時間の節約にもなるんです。

ただ、機種変更をするにあたり「初期設定やプランの変更などを教えてもらわないと不安だよ!」

という方もいると思います。/

その時はオンラインショップで端末を注文して、受取先を「ドコモショプ」にしましょう。

ドコモショプ受け取りにすれば、面倒な初期設定やプラン変更を相談できるけど、オンラインショップで端末を購入しているので頭金/事務手数料は無料になります。

仮に自宅で受け取っても後日ドコモショプに持っていけば、普段と同じサービスを受けることもできます。

下の漫画のほうが分かりやすいと思うので載せておきますね♪

引用:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップについて不安がある方は、メリット/デメリットをまとめた記事を作りましたので、こちらも確認してみてください。

⇒ドコモオンラインショップで機種変更をするメリットとデメリット

オンラインショップは時間の面でもお金の面でも、店舗型のドコモショプに行くよりもメリットが多すぎるので、これからはどの携帯会社でもオンラインショップが主流となります。

これから機種変更/乗り換え/新規契約を考えている人は、ドコモのオンラインショップを使ったほうが絶対にお得ですよ!